閲覧いただきありがとうございます!

私は、就職し最初に入った会社を長時間労働を理由にやめ、転職をしました。
その転職で妻とともに引っ越してきたのが、京都でした。

観光ではたびたび行ったことはあったものの、住むイメージはわかず暮らし始めました。

そんな私の京都で暮らし始めた体験談を記載させていただこうと思います。

1.住んでいる地域によって地価が全然違う
交通の便が良い場所は地価が高い、というのはよくあるお話で当然のことです。

が、京都はこの傾向だけでなく、その場所のイメージというのが結構強い印象でした。

実際、京都の方と話していると「あの場所は~」とか「いや、あそこは一等地だから~」という話をよく聞きます。

歴史ある街だからか、結構この辺を気にされる方が多いのかな、と思いました。

ただ悪い面ではなくて、気にしない人からすれば、逆に穴場の土地や物件なんかも見つけやすいように思います。

2.観光地が本当に多い
これは言わずもがな、かもしれませんが、京都の観光地へ日帰りで
しかも安い交通費で気軽に行けるのはかなり大きいです。笑

大阪へのアクセスもいいため、吉本新喜劇やお笑いが好きな人にはうってつけですね。
京都にも吉本の劇場があるため、私は月に1回は出向いて、ストレス発散しています。笑

観光地としても、京都に住んでいるからこそ、有名どころだけじゃなくて
ちょっとマイナーなところまで行けちゃいます。

ここまで日本の歴史をのんびり味わうのは、京都に住んでる特権かな、と思っています。

3.散歩が楽しい

先の話に通じますが、適当に街を歩いても結構楽しいです。

もちろん日本風な建物ばかりではないですし、普通に京都駅周辺や河原町は都会だったりするのですが、
ふとしたところに神社やお寺、日本家屋があったりして、「あれ、これなんだろう」となったりします。

鴨川沿いなんかも歩いているだけで風情があるので、どこを歩いても結構気づきや発見があったりして
楽しいです。

解説の立て札や石碑なんかも結構あって、「へー、ここってそんな場所なんだ」と知ることも多いです。

そこらじゅうが歴史スポットな街だからなのか、歩くのが楽しいのは初めての経験でした。笑

以上になります。
ちなみに余談ですが、大阪人と京都人が仲が悪いのは本当みたいです。笑

京都に入って初めて入った京寿司屋で、「大阪はガラが悪いから~」というお話をされました。笑
もちろん冗談で言っているんだとは思いますが。笑

でも京都人は腹黒い、なんて言われたりしますが、今のところそんなのを感じることは特にないですね。
皆普通の人間!ですね!