1.【住みやすさ】
福島県は東北地方の最南端に位置しており、福島市は県庁所在地で福島県内で北のほうに位置しています。
福島駅は新幹線が通っており、東京まで約1時間30分。
仙台まで約20分と大都市へのアクセスも良いです。
県の面積が全国5位でありながら、県全体の人口は180万人ほど。福島市の人口も30万人に満ちません。
大都市のように人で密集することはなく、ゆとりのある暮らしが可能です。

2.【グルメ・食べ物】
福島市の名産やグルメというと何が思い浮かぶでしょうか?
私の一押しは『円盤餃子』です。
餃子をフライパンに円盤状に並べ焼き、そのままさらに移して提供されます。
1皿20~30個が多く、従来の餃子に比べ野菜が多くヘルシーになっています。
食べやすいため1人で20~30個平らげてしまう人が多いです。
福島市は野菜果物の収穫量が全国的に見て多いです。
特に果物である『桃』は全国2位となっています。(2020年)
主力品種はあかつき、東京オリンピックでソフトボールのアメリカ代表が福島市に来た際に
桃を食し、メディアの前で絶賛していたのは記憶に新しいです。
桃を生かしたスイーツも多く販売されているので、夏の福島市民は桃が主食になっている人も
いるんだとか(笑)
桃以外にも梨やりんごの収穫も盛んのため、1年を通して新鮮で美味な果物を味わうことができるのも魅力の一つです。

【温泉】
福島市には3つの温泉街があります。
飯坂温泉、土湯温泉、高湯温泉。
飯坂温泉は福島市街地からアクセスしやすい好立地にあります。福島駅から車で約20分です。
温泉旅館も多く、自然も豊な場所ですので四季折々の顔が見られます。
少し踏み込むと共同浴場が多数あるのも特徴です。1回200~500円で入浴が可能で、熱々の温泉に入ることができます。
地元の人しか知らない穴場も多く、移住した際にはお気に入りの共同浴場を見つけるのも楽しいかもしれません。
土湯温泉、高湯温泉は福島市街地からは離れたところにあり、飯坂温泉よりも四季を強く感じることができます。
秘境と呼ばれる温泉もあるので、一度足を運んでみることをお勧めします。

以上福島市の魅力をお伝えしました。
書ききれませんでしたが、春の桜、夏の花火・わらじ祭りなど季節ごとに様々な魅力があります。
移住したさいには、ぜひ四季折々の福島市を感じてもらえると嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。