東急東横線の自由が丘駅

渋谷には10分、横浜には20分と都内から神奈川の主要都市へすぐに行ける交通の便の良さ
様々なカフェやパン屋さんといった魅力的な飲食店の数々
そして桜並木や神社、地域のお祭りもあってどこか心が休まるような街の雰囲気

挙げたらキリがないですが、自由が丘という街は本当に心休まる居心地の良い住みやすい街です。
自由が丘の魅力を上記でお伝えした交通の便、魅力的な飲食店、街の雰囲気の3点に絞ってお伝えしたいと思います。


①どこにでも行きやすい交通の便
電車では東急東横線、大井町線として都内から神奈川方面も行きやすく、目黒線や日比谷線といった沿線もすぐに乗り換え可能で都内は網羅しています。
また、東名高速は東京IC、首都高速であれば三軒茶屋ICなども近いので車での移動も大変便利です。


②圧倒的な飲食店の数
自由が丘は駅から徒歩圏内に数多くの飲食店が連なっています。
パスタなどの洋食店やうどん、お蕎麦、寿司などの和食店、もちろん自由が丘が誇るカフェ、スイーツ、パン屋さんはかなりの数があります。
そしてどこのお店もレベルが高く、とても美味しい。それが一番大きいです。
「今日は洋食の気分だから近くのパスタ屋さんに行こう」という気軽な雰囲気でお店に入ってもどこも美味しいです。
カフェも若い方に流行るようなお店から雰囲気のある喫茶店まで幅広く展開しています。
私はよく休日に読書をしに喫茶店に行くことが多いのですが、日常の疲れを癒してくれる空間で素敵です。自由が丘の喫茶店おすすめです。
※写真は私のお気に入りの1つ、エル・ペスカドールというスペイン料理屋さんで、パエリアが本当に美味しいです。


③自由が丘駅の桜並木
駅を降りてすぐにベンチが並んだ桜並木があります。
そこの雰囲気が本当に良いんです。春になると桜がとてもきれいで感動します。
私個人的には夏の新緑シーズンがおすすめで、そこのベンチに座ってコーヒーを飲みながら風を感じると穏やかな気持ちになります。
カフェやお花屋さんも並んでいて、とても雰囲気が良いです。


私が住んでみて移住先にお勧めしたい一番に感じたのは都心なのに落ち着いた時間が流れる街の雰囲気です。
自由が丘という土地にいる方々はどこか落ち着いて穏やかな雰囲気をお持ちです。移住する前は勝手ながら慌ただしい都会的なイメージを持っていましたが、住んでみたらその逆でした。平日の朝出勤のタイミングでもどこか落ち着いた雰囲気でせわしくないのが街の雰囲気です。
現在の生活や仕事に疲れを感じる方、東京でも自由が丘という街でしたら穏やかな気持ちで日々を過ごせるかと思いますのでおすすめです。