長野県下伊那郡泰阜村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: May 19, 2021

長野県下伊那郡泰阜村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

長野県下伊那郡泰阜村へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!下伊那郡泰阜村の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。下伊那郡泰阜村に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

長野県下伊那郡泰阜村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口1,514人(推計人口、2021年4月1日)
自治体HP下伊那郡泰阜村HP

泰阜(やすおか)村は、長野県南部に位置する農山村です。居住地の標高は天竜川の河畔の320mから分外山山麓の770mと、標高差が450mもあり、常緑樹と落葉樹が混在し、植生が豊富で白いタンポポ、かたくりなど多様な花が楽しめます。

村の広さは、山林が86%を占めており、土地は洪積層からなる比較的肥沃な土地の南部地域と、花崗岩崩積土からなる北部地域で、19の集落が山間に点在しています。

夏は最高で35度程度、冬は最低で-10度程度と、比較的冷涼な気候です。雪はシーズン中に何回か降りますが、最大でも15センチ程度とあまり積もりません。夏から秋にかけての台風は、中央アルプスや南アルプスの影響で直撃することはまれです。

東京からは、高速バスで飯田市のバスターミナルまで4時間、名古屋市からは2時間程度です。バスターミナルから泰阜村までは車でおおよそ30分です。自家用車の場合は、三遠南信自動車道「千代IC」から約10分で泰阜村に着きます。

泰阜村からアクセスできるJR飯田線の駅は5つです。そのうち金野駅と田本駅は秘境駅として知られています。一部を除き路線バスはありませんので、自家用車が必要です。

1875年に設立してから今日まで合併をせず、自立した一つの村として歴史を刻みながら、全国に先駆けた最先端の取り組みを行ってきました。1980年代ごろから在宅福祉に力を入れ、福祉の村として有名になりました。

1986年には山村留学の受け入れを始め、現在ではNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターが毎年約20人の子ども達と共同生活を送っています。2019年には全国で初めて郵便局に行政支所業務を委託し、他自治体からの注目が集まっています。

長野県下伊那郡泰阜村の移住支援制度

長野県下伊那郡泰阜村の移住支援制度

泰阜村では、移住を希望する人に対してオーダーメイドで村内を巡るツアーや、オンラインによる移住相談など、多様なコンテンツを用意しています。

泰阜村オンライン移住相談会

オンライン会議ツールzoom等を利用し、インターネット上のテレビ通話によって移住に関する相談ができます。資料などを画面共有しながら説明できるため、電話による問い合わせよりイメージがつかみやすいと思います。

前日までに電話、メール、LINE公式アカウントなどで予約してください。原則として平日の午前9時から午後5時までです(土・日曜、祝日も応相談)。

オーダーメイド型移住体験ツアー

泰阜村では、移住希望者向けにオーダーメイド型移住体験ツアーを随時実施しています。小中学校や村営住宅、病院、商店など希望の場所や人を案内し、日帰りから1泊2日まで対応します。案内は無料ですが、宿泊費、交通費、食費等の諸費用、集合場所までの交通の手配、宿泊の手配等は本人負担となります。

泰阜村移住体験宿泊費補助金

泰阜村に移住を希望する人が、見学や相談の際に村内の宿泊施設を利用する場合、1グループあたり15000円を上限としてその宿泊費の2分の1を補助します。

利用には事前申請等の手続きが必要です。住所が村外にある人で、滞在期間中に泰阜村職員と面談し、移住相談を行う人が交付対象者になります。対象経費は、村内宿泊施設の宿泊費(食費、交通費、体験費等を除く)です。

村営住宅家賃助成金

村営住宅入居者で中学生以下の子がある世帯の住宅使用料を月額の20%相当額減免します。村営住宅(公営住宅、特定公共賃貸住宅を含む)に入居している人で、中学生以下の子がある世帯で、定住の意志がある人であることが要件になります。

ただし、公務員(嘱託職員を除く)は除きます。

子育て支援

泰阜村では、子育てを応援するため、妊娠期から大学卒業までさまざまなサポートを実施しています。主なものをあげましょう。(1)出産祝金として、第1子10万円、第2子20万円、第3子以降50万円を支給します。

(2)18歳まで医療費が無料(1レセプトにつき300円の事務手数料がかかります)です。

(3)電車通学する高校生の子がある世帯に、定期購入額の50%相当額を支給します。

(4)小学校・中学校の給食費の1/2相当額を村が負担します。

(5)チャイルドシートの購入価格に対して、1台につき10000円を限度として交付します(1人2回まで)。

(6)ながの子育て家庭優待パスポート(県内の協賛企業でお得に買い物などができる優待カードです。子どもが3人以上になるとグレードアップします。詳しくは長野県のホームページを確認してください)を配布します。

長野県下伊那郡泰阜村の観光情報

長野県下伊那郡泰阜村の観光情報

豊かな自然を生かしたスポーツ施設や公園など、家族で楽しめるスポットがあります。いくつかご紹介しましょう。

あいパークやすおか

長野県のサンセットスポット百選に選ばれているあいパークやすおかは、サマーボブスレーやパターゴルフ、マレットゴルフがあり、親子でもアウトドアスポーツを楽しめます。

また、村出身のアララギ派歌人である金田千鶴を偲んだ金田公園から眺める恵那山をはじめ中央アルプスや南アルプスの山々、飯田市街地の眺望は素晴らしいものです。

田本駅

田本駅は絶壁の駅と呼ばれ、よくこんな場所に駅を作ったと思われるほどの、ほんのわずかなスペースに申し訳程度のホームがあるだけの駅です。

いわゆる秘境駅で、ホームの後ろにはコンクリート壁がそびえた建ち、線路下には天竜川が流れています。駅へは車でいけず、徒歩によるしかありません。秘境駅ランキングでも上位に入っています。ゼッペキノートと呼ばれる駅ノートが存在します。

左京川百年公園

泰阜村の中央に位置し、左京川と関川との中州にある自然を生かした公園で、バーベキューなどの食事もできます。近くに左京の宿があります。公園内キャンプもできます。

スポーツランド泰阜

1周1.2kmの起伏に富んだモトクロスコースで、全国から愛好者が集います。地元のMX愛好者有志が運営し、各種大会も開催されます。

まとめ

泰阜村では、村外からの移住希望者を積極的に支援しています。さまざまな制度や助成金もあるので、関心のある人は、何回か村を訪れて実際の暮らしを体験してみてはいかがでしょうか。