山梨県ってどんなところ?

山梨県は、日本の中部地方に位置する人口約80万人の県です。県庁所在地は甲府市。昔は甲斐国と呼ばれていました。東京からのアクセスも良好で、移住者も多く住んでいます。

地図GoogleMapリンク
人口推計人口: 817,200人 (2019年1月1日)
山梨県HP山梨県HP
山梨県移住支援サイトこちら

山梨県の歴史

 戦国時代、武田氏は対立する有力豪族たちと戦い、国内をまとめました。信玄は年貢の生産量を調べる検地、信玄堤の建設などの治水政策、農業政策、城下町の整備、金山の開発などを行いました。越後国の上杉謙信と国境の領土を争い5回も対戦した川中島の戦いが知られています。信玄死去のちは勝頼が家督を継ぎましたが、長篠の戦い、甲州征伐で敗れ、武田氏は滅亡しました。江戸時代になると甲斐国は関東防衛の要所として重視され、幕府直轄領化されていました。甲州街道や駿州往還、佐久往還、青梅往還など街道が整備され交通の要所となり、運輸業が栄えました。

山梨県の交通

県庁所在地の甲府市へは、新宿駅から甲府駅までJR中央線(特急あずさ、かいじ)で約 100分、バスタ新宿から甲府駅前までの中央高速バスでは約120分です。車利用では、中央自動車道高井戸ICから甲府昭和ICまで約80分。鉄道は静岡県富士市の富士駅と甲府駅を結ぶ身延線(JR東海)、大月駅から河口湖駅間の富士急行線があります。また、小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶ小海線は、清里駅と野辺山駅間に標高1375 mのJR鉄道最高地点があることでも有名です。空港はなく、羽田空港と成田空港へは甲府駅ほかから連絡バスが運行されています。県内移動の交通手段は主に自家用車になります。住宅は駐車場付きが多く、ショッピングセンターの駐車場も広々しています。

山梨県の自然と気候

山梨県は周囲を山々に囲まれています。秩父山塊、3000m級の山々からなる赤石山脈(南アルプス)、南部には日本一の富士山、北部は八ヶ岳、茅ヶ岳が広がっています。これらの山岳地帯では森林、湖沼、渓谷など変化に富んだ景観が見られ、富士箱根伊豆国立公園、南アルプス国立公園、秩父多摩甲斐国立公園など自然公園にも指定されています。 盆地部は夏の暑さが厳しくなりますが、冬は比較的温暖で晴天が多く日中の気温は上がりやすいのが特徴です。これは周囲の山脈が北や西からの寒気を遮っているためです。降雪は豪雪地帯の南アルプス市と早川町を除くと少ないです。山麓地域では盆地部より気温が冷涼で1日の気温差が大きく、降水量も多くなります。

山梨県のおもな産業

山梨県には、ジュエリー、ワイン、織物、甲州印伝、印章、和紙など全国的に有名な地場産業があります。電子技術や電子機械などの立地も進み、活発な 生産活動が展開されています。山地に囲まれ水質が良好であることから、戦後は長野県の諏訪地域とともに精密機械産業が発達しています。農産物は栽培面積、生産量ともにブドウ、モモ、スモモが日本一です。山梨県産ブドウから作られる甲州ワインは国産ワインの先駆けで、2019年には「ワイン県」宣言を行ないました。都市部からアクセスが良いため、観光農園も多くあります。ミネラルウォーターは全国生産量の約4割を南アルプス山麓、富士山、三ツ峠山麓から産出しています。

山梨県の観光

四季折々、豊かな自然と歴史に恵まれた山梨県にはバラエティに富んだ観光スポットが目白押しです。富士山、八ヶ岳、南アルプス登山、富士五湖でのボートやカヌーなどの自然体験、温泉、キャンプなども人気です。歴史好きには武田信玄ゆかりの恵林寺、武田神社、信玄堤なども見逃せません。シャトレーゼ白州工場、サントリー白州蒸留所、桔梗信玄餅工場テーマパークなど工場見学は家族連れに人気です。八ヶ岳リゾートアウトレット、富士急ハイランドなどレジャー施設も多く、都心からのリピーターも多く訪れます。

山梨県の移住支援・就業支援制度

山梨県の移住支援・就業支援制度

山梨県が行っている移住者への支援制度を紹介します。現在の実施の有無、詳細な条件についてはホームページなどで確認してください。

お試し住宅

山梨県内の各市町村に宿泊体験ができるお試し住宅があります。利用の際には各市町村が定めた一定の要件を確認してください。料金、備品、間取りほか、期間も1泊2日から3か月までと市町村によってさまざまです。日常の買い物はどこでできるのか、病院までの近さなど自分で確かめられます。例えば、南部町では料金(住宅借上料+光熱水費)1週間7000円、光熱水費(電気、ガス、水道料)1日500円(定額)。南部町移住定住お試し住宅実施要項を確認し、企画課(0556-66-3402)へ日程の予約をしてください。

ふるさと山梨定住機構

移住を考えている人は、甲府市にあるふるさと山梨定住機構で相談ができます。ここでは山梨県への移住やUIターン就職を希望する人のために、専任コーディネーターが情報提供、移住後の支援などを案内してくれます。開設日時は月~金曜9:30~18:00、土曜15:00~18:00。日曜、祝日休み。JR甲府駅から徒歩約15分。電話055-244-7980。東京、有楽町にも移住について相談できる場所があります。「やまなし暮らし支援センター」(東京交通会館8階)、火曜~日曜10:00~18:00。 やまなし暮らし支援センター

移住支援金制度

山梨県移住支援制度は移住する直前の10年間のうち5年以上、東京23区内に住んでいた、または東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県(それぞれの都県の条件不利地域を除く)に住んでいて5年以上23区に通勤していた人が対象です。移住支援金の申請を希望する人は、山梨県が開設したマッチングサイトに掲載されている求人に応募し、就職することが必要です。移住支援金の支給申請先は各市町村になります。移住支援金を受領した後には5年以上の定住、1年以上の就業が必要で、これを満たさなくなった場合は、返還対象となります。就業マッチングサイトは移住支援金を利用しない場合も、掲載されている求人には応募できます。

山梨県の子育てサポート

山梨県の子育てサポート

山梨県では子育て家庭を応援する「やまなし子育て応援カード事業」を実施しています。18歳未満の子ども、妊娠中の人を対象に県内の協賛店舗で特典が受けられるお得なカードです。カードは住んでいる市町村窓口で受けとることができます。また、平成30年4月から山梨県内全域で病児保育の利用ができるようになりました。近くの施設が予約でいっぱいのときは、他の市町村にある施設を利用することができます。利用料金は市内2000円、市外2500円程度(施設によって異なる場合あり)。子どもを安心して預けられる体制を整備することで、仕事と子育ての両立を応援しています。ほかにも3歳になるまで第2子以降の保育料無料、やまなし子育てハンドブック作成など、県をあげて育児をサポートしています。 やまなし子育てネット

山梨県で住むならどこがいい?

山梨県で住むならどこがいい?

山梨県内には八ヶ岳や清里、山岳、高原地帯など人気のリゾート地があり、自然の中で暮らしたい人におすすめです。その一方で、生活しやすい都市部は東京からのアクセスもよく、移住先として検討しやすい環境がそろっています。山梨県内の移住しやすい市を紹介します。

甲府市の周辺に住むなら

甲府市(こうふし)は山梨県のほぼ中央のにある県庁所在地で人口約18万人。市街地は、甲府盆地の中心に位置し平坦地がほとんどですが、北は八ヶ岳、南は富士山、西には南アルプス連峰に囲まれ、北に高く南に低く傾斜しています。北側は秩父多摩甲斐国立公園に指定されているエリアで、渓谷美で知られる御岳昇仙峡があります。 盆地の中に位置するため夏は暑く冬は寒く、年間の寒暖の差は大変激しくなります。戦国時代には武田氏の本拠地で、武田氏滅亡後は浅野氏が入り甲斐国の政治的中心地となり、江戸時代には甲州街道の宿場町としても栄えました。近年では、宝石研磨産業が盛んになっています。また、医療施設が揃っているのも甲府市の特徴です。市立、県立、国立病院があり14の総合病院とかかりつけ医となる診療所、歯科診療所は合わせて300以上あります。救急医療センターや歯科救急センター、救急調剤薬局など専門性を高めた施設「甲府市地域医療センター」があり迅速な対応ができます。介護関連も充実しています 甲府市への移住を考え始めたらまず、コンシェルジュへ相談をすることができます。子育て世代は、子育て世帯等家賃助成制度、市営住宅子育て世帯等応援家賃助成制度が利用できます。移住情報HPが動画も見やすく、わかりやすくまとめられています。 甲府の暮らし方 〜甲府に住む人に知ってほしい6つのこと〜

南アルプス市

南アルプス市(みなみアルプスし)は、山梨県西部に位置する市です。人口はおよそ7万人。東京方面(調布IC)からは中央自動車道、中部横断自動車道で南アルプスICまでおよそ1時間30分。市名にカタカナを使用しているのはコザ市(現在は沖縄市)に続いて2番目であり、外来語を使用した市名は日本初です。2002年に一般公募で決まりました。甲府盆地の西部にあり、東側は平坦な国内最大級の扇状地、西側は国内第2位の標高3193mの北岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳など南アルプス(赤石山脈)3000m級の名峰が連なります。市の山として北岳が選ばれていることからわかるように、南アルプスは市民の誇りとなっています。市の鳥も高山地帯に生息するライチョウです。この高地地形を利用してサクランボ、モモ、スモモ、ブドウ、リンゴなどの果樹栽培が行われています。豊かな自然、清流と緑に恵まれた里山エリア、買い物や食事などが気軽に楽しめる市街地エリア、南アルプス市にはどちらもあります。移住支援は若者世帯定住支援奨励金事業、空き家バンクなどがあります。 市ホームページ 移住定住ページトップ

北杜市

北杜市(ほくとし)は県内の自治体では一番広く、甲府盆地の北西部にあります。県の北西端で、長野県に接しています。日本有数の美しい山岳景観に年間を通じて多くの観光客が訪れます。車では中央自動車道の須玉IC、長坂IC、小淵沢ICから、鉄道では中央本線日野春駅、長坂駅、小淵沢駅が玄関口です。名水の里としても知られ、日本名水百選に尾白川渓谷、三分一湧水、金峰山・瑞牆山源流の市内3か所が選ばれ、ミネラルウォーターの生産量日本一を誇っています。日照時間も日本一で、北杜市は2500時間を超えます(日本の平均年間日照時間は2000時間)。武川米、蕎麦、ブルーベリー、ブドウ、レタスなど農産物の生産が盛んです。観光地は八ヶ岳南麓高原エリア(清里、小淵沢、甲斐大泉)、甲斐駒ケ岳エリア(白州、武川)、茅ヶ岳・瑞牆山エリア(増富温泉峡と明野のひまわり)に、登山、自然観察や乗馬体験、美術館、工場見学など多数。観光に何度も訪れて移住を考えるようになったケースも多いようです。移住支援は北杜市移住定住お試し住宅、空き家バンクなどがあります。 山梨県北杜市 移住・定住ポータルサイト

甲斐市

甲斐市(かいし)は、甲府盆地の中西部位置する人口約7万人の市で、甲府市に次いで県内で人口は第2位の都市です。住宅地と農地が混在する市街化地域、豊かな森林資源と自然の景観が広がるエリアがあります。自然条件を利用した果樹栽培やワイン醸造が盛んです。また、釜無川の氾濫を鎮めるために作られた信玄堤は400年以上たった今でも姿をとどめています。近年は中央自動車道、国道20号、JR竜王駅、塩崎駅など、交通網が発達し、情報技術産業の集積地として発展が期待されています。秩父多摩甲斐国立公園に指定されている北部地域には昇仙峡などの景勝地が知られています。移住支援は甲斐市移住支援金制度があります。移住者限定ではありませんが、新規就農者への支援、特定創業支援事業、条件によっては甲斐市空き家バンク登録物件のリフォームで最大100万円が補助されます。移住定住に関する相談会の開催も盛んです。 甲斐市移住定住ポータルサイト よっちゃばるかい

甲州市

甲州市(こうしゅうし)は山梨県北東部に位置する市で、人口はおよそ28000人です。市内は扇状地で笛吹川流域、多摩川の源流域です。甲府市と並んで暑さが厳しく、2013年には40.5℃を記録しました。朝晩には気温が下がるので熱帯夜の日は少なくなっています。ブドウやモモの果樹園が多く、旧勝沼町には多くのワイナリーがあります。ワインは地元産の品種、甲州種が有名。武田信玄の菩提寺である恵林寺、風林火山の文字が書かれた孫子の旗など、武田家ゆかりの神社仏閣や品々が残され、歴史ファンが多く訪れています。移住支援対策は、甲州市移住支援事業補助金、移住相談会、お試し住宅など。 甲州らいふ 甲州市移住支援ポータルサイト

中央市

中央市(ちゅうおうし)は甲府盆地の中央南部にある市で、人口は約3万人です。甲府市、昭和町、南アルプス市、市川三郷町に接しています。市内に畑や田んぼがあり季節を感じられる風景が広がる一方で、スーパーや病院、学校もありちょうどいい田舎といえます。各種ランキングで住みやすい町として上位に上がり、移住しやすいと評判があります。移住希望者向けには、中央市移住支援金、中央市空き家バンク、オンライン(zoom)移住相談などが用意されています。 中央市HP 『ちょうどいい田舎暮らし』はじめませんか

まとめ

山梨県といえば富士山、富士急ハイランド、富士五湖など、観光で訪れたことがある人も多いと思います。都心からのアクセスも良く、豊かな自然に囲まれてるなど、移住におすすめできるポイントも多くあります。山梨県でライフスタイルに合った移住先を探してみてはいかがでしょうか。