山梨県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

自然の多い山梨県は、田舎暮らしに最適なエリアです。ここでは、山梨県内でおすすめの自治体5つについて紹介していきます。

  • 北杜市
  • 甲斐市
  • 南アルプス市
  • 甲州市
  • 中央市

一口に山梨県と言っても、自治体ごとに異なる特色を持っています。自然環境、交通の便、観光スポット、文化、教育、雇用先など、自身が重視する部分にスポットを当てながら移住先を決めることが大切です。山梨県での田舎暮らしに興味がある方は、各自治体の違いについてしっかりとチェックするようにしましょう。では、5つの自治体を紹介していきます。

北杜市は、山梨県の最北端に位置する自治体です。県内最大の面積を誇り、山、丘陵、河川、湖といった多種多様な自然環境に囲まれています。自然の豊かさが魅力の北杜市では、ブルーベリーや豆苗などの生産が盛んです。「日本三大ブルーベリー」のひとつにも指定されており、良質な食材を日常的に食べられるというメリットがあります。都市部よりも安く食材を入手できるため、食費を抑えたい方におすすめの移住地です。

また、北杜市は、都市部との交通アクセスが良好な自治体です。市内にはJR東日本、路線バス、「小淵沢インターチェンジ」や「長坂インターチェンジ」などの高速道路、国道20号線及び141号線が通っており、県庁所在地の甲府市へは30分弱の所要時間となっています。豊富なアクセス方法があることから、頻繁に都市部へ行く方にとって暮らしやすい移住地です。

尚、北杜市で田舎暮らしをする場合、就職活動がスムーズに進められる点もポイントです。製造業を行っている企業が集まっており、雇用機会が多いという特徴があります。そのため、「移住後は現地で就職して田舎暮らしを楽しみたい」「ライフワークバランスを重視したいから市内で就職したい」という方に最適です。

甲斐市

甲斐市は、人口7万5,000人ほどの自治体です。山梨県内で2番目に人口の多いエリアとされており、利便性や公共施設の充実度の高さが魅力です。市内にはショッピングセンターの「ラザウォーク甲斐双葉店」のほか、大型家電量販店、ホームセンター、スーパー、郵便局、病院があります。

日常生活に必要なものが全て揃っていることから、移住地の利便性を重視する方に最適です。また、甲斐市には、図書館、文化館、レクリエーションセンター、多目的運動場などが設置されています。子どもからシニア世代まで活用できる施設が多いため、地域住民との交流を通して移住地に適応できるというメリットがあります。

甲斐市は、山、峠、河川をはじめとする自然の多い自治体です。生活のしやすさと自然のバランスが良く、甲府市までは車で15分強の所要時間となっています。そのため、「いきなり田舎度合いが強い場所に移住したら不便さを感じそう」「ある程度の利便性を確保できる場所に住みたい」という田舎暮らし初心者の方にも安心です。

南アルプス市

南アルプス市は、山梨県の西部に位置しています。市内の全エリアが「南アルプスユネスコエコパーク」となっており、自然保護や生態系の保全に力を入れた自治体です。標高3,193mを誇る「北岳」や「御勅使川」が市内を通る南アルプス市には、その地でしか見られない固有の植物が多いという特徴があります。

大自然の恵みを日々感じられる立地となっていることから、「どうせ田舎暮らしをするなら自然と共生できる移住地がいい」「中途半端な田舎じゃなくて自然の豊かさをしっかりと感じられる田舎がいい」という方におすすめです。自然環境の良さが特徴的な南アルプス市ですが、観光地が多い点もポイントです。

特に神社仏閣や旧跡に関連したスポットが充実しており、「富田城」「古長禅寺」「油田遺跡」などがあります。また、「芦安温泉」や「塩沢渓谷河川公園」をはじめとする自然の恩恵を感じられる観光地も豊富なことから、休日ごとに違った過ごし方を楽しめます。県庁所在地の甲府市からも車で30分程度となっており、都市部から程良い距離で田舎暮らしを満喫できる移住地です。

甲州市

甲州市は、山梨県の北東部に位置する自治体です。果樹農園やワイナリーが多く、質の高いフルーツやワインを楽しみたい方におすすめの移住地となっています。山岳地帯と盆地という2つの地形を持つ甲州市は、自然景観の美しさが魅力です。緑の豊かさと荘厳な山々が織りなす独特の景色を楽しめることから、ストレスフリーな癒しの日々を送ることができます。

また、甲州市は、1年を通してイベントが多い点もポイントです。「ひな飾りと桃の花まつり」「甲州市ふるさと武田勝頼公まつり」「甲州市かつぬまぶどうまつり」などの祭りやイベントが開催されており、活気ある雰囲気の中で現地の文化や歴史を学ぶことができます。

祭りの準備などを通して地域交流も行えるため、「移住地の祭りに積極的に参加して充実度の高い田舎暮らしをしたい」「現地の人々と協力しながらコミュニケーションを深めたい」という方に最適な移住地です。尚、甲府市から甲州市までの移動時間は、約35分となっています。

中央市

中央市は、人口3万人ほどの自治体です。農業が盛んな地域として知られ、とうもろこし、米、トマトなどの作物の産地となっています。鮮度の高い現地生産の食材を安く手に入れられることから、「健康的な食事を低価格で楽しみたい」「都市部では食べられないような新鮮な食材が食べられる場所に移住したい」という方におすすめです。

また、中央市は、子育てのしやすさもポイントです。市内には児童館、認定こども園、保育園、幼稚園などが集まっており、児童手当や子ども医療費助成といった福祉も充実しています。自治体の子育て支援を活用できるため、家族で移住を検討している方にとって暮らしやすい自治体となっています。

尚、中央市から甲府市まで車や公共交通機関で移動する場合、所要時間は25分程度です。都市部までのアクセスがしやすい立地となっており、通勤や通学にも最適です。就労先や学校の選択肢を広げられることから、移住地での就職や教育面に関する不安を抱えている移住検討者も安心して暮らすことができます。

山梨県での田舎暮らしのメリットデメリット

山梨県への移住を決める前に、メリットとデメリットについて調査するよう心掛けましょう。ネットやテレビなどの情報だけで移住を決行した場合、思わぬデメリットにぶつかる可能性も考えられます。また、メリットについてよく知ることも、自身にとっての暮らしやすさを判断する上で非常に重要です。山梨県での田舎暮らしを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

メリット

自然の多い山梨県には、さまざまなメリットがあります。以下は、山梨県で田舎暮らしをする場合に得られるメリットです。

  • 現地生産の食材が多い
  • 空気が澄んでいる

山梨県に移住するメリットは、自然に由来するものが多くなっています。自然環境の良さを活かした現地生産の食材や、日常的に綺麗な空気を感じられる移住地です。それでは、各メリットについて詳しく見ていきましょう。

現地生産の食材が多い

田舎暮らしのために山梨県へ移住した場合、現地生産の食材が入手できるというメリットがあります。自然の豊かさが特徴的な山梨県は、ブドウ、桃、スモモ、ブルーベリーをはじめとする果物の生産地です。そのまま食べられるのはもちろん、ジャム、ジュース、ソースといった幅広い用途に使うことができます。頻繁に使う食材であることから、高品質かつ健康的な食事を日常的に楽しめるというメリットがあります。

また、水質が高い山梨県は、ニジマスの養殖漁業が盛んな地域です。全国2位の生産量を誇り、鮮度の高いニジマスを低価格で購入できる都道府県となっています。現地生産の食材が多いエリアに暮らすことで、食費を節約しながら快適な移住生活を送ることができます。「食にこだわりたいけど都市部だと鮮度や価格がイマイチで困っている」「美味しくて安い食材が手に入る県で田舎暮らしをしたい」という方は、山梨県への移住を検討してみてはいかがでしょう?

空気が澄んでいる

山梨県で田舎暮らしをするメリットに、空気が澄んでいる点が挙げられます。「富士山」や「南アルプス」といった山々の大自然を感じられる山梨県には、樹木などの緑が多いという特徴があります。樹木が持つ作用のひとつが、空気中に漂う二酸化炭素の浄化です。スギの木が東京ドーム5分の1程度の広さに植えられている場合、年間で1~3炭素トンの二酸化炭素を吸収するとされています。

そのため、森林が多い山々などの空気は非常に澄んでおり、健康的かつ心地よく暮らせるという特徴があります。マイナスイオンの効果も高く、ストレスを軽減しながら大自然の中でのびのびと生活したい方におすすめです。田舎特有の綺麗な空気を存分に味わいたい方は、山梨県への移住を視野に入れてみましょう。

デメリット

本格的な田舎暮らしにピッタリの山梨県ですが、田舎ゆえのデメリットも存在します。以下は、山梨県で田舎暮らしをする際に直面するデメリットです。

  • 教育機関が少ない
  • 医療機関が少ない

山梨県は、都会よりも人口密度の低い県です。そのため、教育機関や医療機関の数が少なく、不便さを感じやすいというデメリットがあります。山梨県への移住を考えている方は、事前に現地のデメリットについて理解するよう心掛けましょう。では、各項目の詳細についてチェックしていきます。

教育機関が少ない

山梨県で田舎暮らしをするデメリットに、教育機関の少なさが挙げられます。山梨県には、中高一貫校や大学が少ないという特徴があります。中高一貫校は公立・私立で全5校、大学は短期大学を含めても全12校しかありません。教育の選択肢が大幅に狭められてしまうことから、教育に力を入れたい子育て世帯は注意が必要です。

大自然の中で田舎暮らしをする場合、子どもの感受性を育てられる、のびのびと子育てができるといったメリットがあります。しかし、ハイレベルな教育を受けられる機関が少なく、都会ほど多くの教育機会に恵まれていない点にも考慮しなければなりません。山梨県内で田舎暮らしをしたい場合は、県庁所在地の甲府市から程近いエリアを選ぶなどの対策を練るようにしましょう。

「思ったような教育を受けさせてあげられなかった」「もっとよく教育面に関する調査をすれば良かった」といった後悔をしなくて済むように、将来のことも見越して移住地を決定してください。

医療機関が少ない

山梨県で田舎暮らしをする際は、医療機関の数が少ないことに注意しましょう。2021年の病院数に関する調査において、山梨県は国内最下位の47位を獲得しています。県内の病院数が2,059しかなく、46位の鳥取県とは100施設もの開きがある点もポイントです。大規模な医療機関を設置していない自治体もあることから、緊急時や病気の際に不便さを感じるエリアとなっています。

周辺に病院がない場合、通院や入院時に遠方の自治体まで出向く手間と時間が発生します。自家用車や公共交通機関を利用することになるため、ガソリン代や運賃代がかさむといったデメリットがあることも忘れないようにしましょう。山梨県で快適な田舎暮らしをしたい方は、医療機関が多い自治体について調べることが大切です。移住後の利便性を具体的にイメージし、住み心地の良い移住地を見つけてください。

山梨県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

山梨県で充実度の高い田舎暮らしをしたい方は、自治体が行っている移住支援制度について確認しましょう。移住前の情報収集に役立てられる、移住後に助成金を受け取れるといったメリットがあり、効率的かつ経済的な移住生活に繋がります。ここでは、以下のおすすめ自治体3つについて解説します。

  • 富士吉田市
  • 山梨市
  • 身延町

それでは、自治体が設ける移住支援制度についてチェックしていきましょう。

富士吉田市

富士吉田市は、山梨県の東南部に位置しています。「富士山」のあるエリアとして知られており、「桂川」や緑とのコントラストが美しい自然豊かな自治体です。東京からの移動時間は1時間強のため、都市部へのアクセスと田舎暮らしのバランスが良いというメリットがあります。また、富士吉田市は、教育機関が充実している点も特徴です。公立の小中学校や高等学校のほか、私立の中高一貫校である「富士学苑中学校・高等学校」や大学もあります。そのため、教育の選択肢を広げたい子育て世帯におすすめの移住地です。以下は、富士吉田市が実施している移住支援制度の詳細です。

オンライン移住相談
富士吉田市への移住を検討している方を対象に、オンライン移住相談を実施しています。市内の物件や助成金に関する情報を得られるほか、移住に関するさまざまな疑問を解決することができます。相談の対応時間は、平日の10時~18時です。

お試し住宅
富士吉田市では、お試し移住体験用の住宅を提供しています。利用可能期間は1週間~1ヶ月で、住宅内にはシェアオフィスも併設されています。利用料金は、個室で1ヶ月5万円、ドミトリーで3万5,000円です。尚、水光熱費や通信料は利用料金に含まれます。

空き家バンク
空き家を取得したい移住検討者のために、市内の空き家情報をホームページから閲覧できるシステムになっています。住宅の写真、間取り、設備、構造などが掲載されており、理想の空き家をスムーズに取得することができます。

移住支援金
東京圏や23区内に在住・通勤していた方が富士吉田市に移住した場合に、移住支援金を受給できる制度です。単身で60万円、家族世帯で100万が支給されます。ただし、受給対象となるには、就業マッチングサイトの利用、専門人材、テレワーク、起業などの就業に関する条件を満たす必要があります。

テレワーク支援奨励金
富士吉田市へ移住してテレワークを行っている移住者に対して、支援金を支給しています。1世帯あたり1ヶ月で1万円が支給される仕組みになっており、最長で2年間の受給が可能です。ただし、受給対象となるには、申請時の年齢が50歳未満であること、通勤日数、転入日やテレワーク開始日から90日以内の申請などの条件を満たす必要があります。

中古物件利用者すまい支援奨励金
空き家バンクに掲載されていた中古物件に入居する移住者に対して、20万円の支援金を支給しています。受給対象となるには、50歳未満であることなどの条件を満たす必要があります。

中古物件改修支援奨励金
空き家バンクに掲載されていた中古物件を取得して改修する場合、助成金を受け取ることができます。補助額は、改修にかかった費用の2分の1以内で上限50万円です。

富士吉田市は、移住前の準備がしやすい自治体です。移住相談やお試し住宅の提供を実施しており、現地の生活を具体的にイメージできるというメリットがあります。納得した上で移住を実行できるため、「思っていたよりも暮らしにくい場所だった」「理想の田舎暮らしとは違ったライフスタイルを送っている」といった後悔を感じにくい移住地です。また、富士吉田市では、テレワークに関する移住支援も行っています。移住後にテレワークで働く予定のある方は、助成金を受け取れる富士吉田市への移住を考えてみてはいかがでしょう?

山梨市

山梨市は、人口3万3,000人ほどの自治体です。東京までは車で1時間半の所要時間となっており、移住後も都市部へ行き来しやすいのはもちろん、移住前の下見がしやすいというメリットがあります。また、山梨市では、子育て世帯へのサポート体制が充実しています。

「子育て用品購入券」や育児支援祝金の支給、ベビー用品レンタル、病児・病後児保育、子ども医療費助成制度などが利用可能となっており、子育てのしやすさがポイントです。経済的負担を軽減できることから、「子どもにかかるお金を助成してくれる自治体に移住したい」「節約しながら子どもと田舎暮らしを楽しみたい」という方にとって最適な移住先となっています。尚、山梨市で田舎暮らしをする場合、以下のような移住支援制度を活用することができます。

移住定住ポータルサイト
移住定住ポータルサイトは、山梨市への移住を考えている方のために開設されたウェブサイトです。山梨市で暮らす魅力、子育て支援、医療機関、移住支援制度に関する最新情報などが掲載されています。

空き家バンク
山梨市で空き家を貸借・購入したい移住者向けに、空き家バンク制度を設けています。空き家情報は登録物件一覧から閲覧できる仕様になっており、住宅の傷み具合などもチェックすることができます。尚、一部の物件については、ウェブでの内覧が可能です。

お試し住宅
空き家バンクに登録済みの移住検討者を対象に、お試し移住体験用の2階建て住宅を提供しています。利用期間は3~15日間で、利用料金は無料です。

お試しサテライトオフィス
山梨駅から徒歩1分の立地にある一軒家をお試しサテライトオフィスとして提供しています。光熱水費や通信料は無料となっており、利用可能期間は最大1か月間です。オフィス内には家電、IHクッキングヒーター、冷暖房設備が整っています。

移住支援金
山梨市への移住前に東京23区に在住、もしくは東京圏在住で23区に通勤していた場合、移住支援金を受給できる制度です。移住元、移住先、就業、世帯などの条件を満たす必要があり、受給額は単身世帯で80万円、家族世帯で100万円です。ただし、18歳未満の世帯員がいる家族世帯については、1人につき30万円が加算される仕組みになっています。

住宅リフォーム補助事業
空き家バンクを活用して住宅を取得した場合、リフォーム工事の補助金を受給できます。10万円以上の工事を対象としており、増築、改築、修繕など幅広い工事に対応可能です。リフォームにかかった費用の10%以内で、一般リフォームの上限は10万円、耐震改修併用リフォームの場合は20万円です。

空き家解体補助事業
空き家バンクを活用して物件を購入した場合、空き家解体の補助金を受給できます。100万円以上の工事が対象となっており、補助額は20万円です。受給条件には、工事着手が補助金の決定後であることや、市内の解体業者を使うことなどが含まれます。

山梨市は、お試しサテライトオフィスを利用できる点がポイントです。移住前にサテライトオフィスの通信状況、周辺環境、使い勝手などを確認できることから、移住後にスムーズに業務を開始できるというメリットがあります。また、空き家バンクを通して物件を取得することで、リフォームや解体に関する補助を受けることができます。出費を抑えながら快適な住宅づくりを行える山梨市は、「空き家って修繕にお金がかかるイメージがある」「空き家でも住み心地の良い状態に作り変えたい」と考えている方に最適な移住地です。

身延町

身延町は、多様な自然環境が魅力の自治体です。市内には「身延山」「富士川」「本栖湖」があり、山、河川、湖といった異なる自然を楽しむことができます。日常的に自然の安らぎを感じられる身延町は、アウトドアアクティビティに興味を持つ移住検討者におすすめです。カヌー、カヤック、キャンプ、ウィンドサーフィン、トレッキングをはじめとするバリエーション豊富なアクティビティを満喫できるエリアとなっており、壮大な大自然の中でリフレッシュすることができます。

充実度の高い休日を過ごせることから、「田舎に移住して人生を豊かにしたい」「自然の中でアウトドアを楽しめるエリアに住みたい」という方にピッタリの移住地です。尚、身延町から東京までの所要時間は、車で2時間弱となっています。身延町へ移住した場合、以下のような移住支援制度を活用することができます。

移住・定住促進パンフレット
身延町への移住を検討している方向けに、移住・定住促進パンフレットの「みのぶLIFE/MEETみのぶ」を発行しています。移住に関する情報が数多く掲載されており、移住候補地を絞る際の参考に役立てることができます。

田舎暮らし体験住宅
身延町での田舎暮らしを体験したい移住検討者のために、改修した空き家を提供しています。期間は4月から翌年3月までの1年間で、最長2年間の利用が可能です。使用料は月2万円(年間24万円)となっていますが、光熱水費は含まれていないので注意が必要です。住宅タイプには平屋や2階建てなどがあり、農業体験ができる住宅も利用可能となっています。

空き家・土地バンク
身延町の空き家や土地を貸借・購入したい移住者向けの制度です。掲載されている物件を閲覧する際は、利用登録が必要となります。空き家・土地バンクのサイトでは写真や価格なども見られるため、気になる物件を効率的にチェックできます。

新築住宅祝金
新築住宅を取得した移住者に対して、祝金を支給しています。支給額は、住宅を新築した場合で50万円、町分譲地に建てた場合は100万円です。18歳未満の子どもがいる世帯は、1人につき20万円が加算されます。ただし、加算の上限は100万円となっています。

住宅購入祝金
身延町への移住者が空き家・土地バンクを利用して中古物件を購入した場合、20万円が支給される制度です。18歳未満の子どもがいる世帯は、1人につき20万円が上限100万円で加算されます。

引越祝金
空き家・土地バンクを利用して身延町へ転入した移住者に対して、10万円が支給される制度です。

身延町は、移住前に田舎暮らしができるというメリットがあります。農業体験を交えた田舎暮らしに挑戦できるため、自身が田舎暮らしに向いているか否かをチェックできる点がポイントです。また、最長で2年間にわたって田舎暮らし体験住宅を利用できる仕組みになっており、長期の移住体験を行いたい方に最適です。身延町では、空き家バンクと共に土地バンクが設けられているという特徴があります。土地探しをスムーズに進められることから、移住地で土地の購入を検討している方におすすめの自治体となっています。

まとめ

山梨県は、自然が多い移住地です。「富士山」「南アルプス」「八ヶ岳」をはじめとする大自然にあふれたエリアとなっており、現地生産の食材や綺麗な空気を日常的に満喫することができます。一方で、教育機関や医療施設の数が不十分であることも忘れてはいけません。特に子育て世帯やシニア世代の方は、長期的な視点で山梨県への移住を考えるよう心掛けましょう。また、山梨県が実施する移住支援制度を活用することで、さまざまな恩恵を受けることができます。各自治体と自身の相性や暮らしやすさをチェックし、山梨県内で楽しい田舎暮らしを実現してください。