山形県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口推計人口、1080,000 (2019年6月1日)
山形県HP山形県HP
山形県移住支援サイトこちら

山形県は東北の日本海側に位置し、東京から北に約300km、山形新幹線で約3時間の距離にあり、全国生産量の7割を占めるさくらんぼと、鮮やかな四季で知られています。蔵王、月山、鳥海、吾妻、飯豊、朝日と日本百名山に数えられる秀麗な山々に囲まれ、南から連なる米沢、山形、新庄の各盆地と庄内平野を「母なる川」、最上川が流れる、美しい自然に恵まれた地域です。

県内は、南から置賜(おきたま)、村山、最上、庄内の4つの地域に大きく分かれ、それぞれ特有の文化・自然が楽しめます。まずは特徴や魅力を探ってみましょう。

山形県の特徴や歴史(歴史がある自治体であれば)

古代、県内では、修験の山・出羽三山、「めでた、めでたの若松さま」と花笠音頭にも唄われる若松寺、山寺として全国に知られる立石寺など、今に伝わる古刹も開かれています。平安末期の山形県は奥州藤原氏の影響下にあったものと見られ、義経伝説が庄内、最上地域に多く残されています。

南北朝の混乱期、宮城県北部に本拠を置く斯波氏は当時最上と呼ばれていた山形を本拠としたので、苗字も最上氏と改め支配を広げていきました。一方、福島県北部が基盤の伊達氏は、宮城県南部を経由して置賜地域に進出し、戦国期にはその本拠を置賜地域に移します。

米沢城に生まれた、独眼竜の異名を持つ伊達政宗の代になると、置賜地域、宮城県南部、浜通りを除く福島県を版図とする南奥州最大の大名となりますが、豊臣秀吉の命により宮城県にお国替えとなります。江戸時代には、天領からの米の積み出しや最上紅花などの特産品で最上川舟運は盛んになり、西廻り航路の開設により酒田湊は日本海随一の活況を見せました。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

東京駅から山形新幹線を使うと約2時間で米沢駅に、さらに約30分で山形駅に着くことができます。山形空港へは、東京・大阪・名古屋・札幌からそれぞれ約1時間強で着くことができます。山形空港からは、東根市、天童市、村山市、寒河江市、河北町、尾花沢市、大石田町へのライナー(予約制乗合タクシー)もあります。

東京から庄内空港までも約1時間です。高速バスを使うと、東京から約5時間10分で山形駅につきます。また、仙台駅から新庄駅間、米沢市役所間の都市間バスも走っています。マイカーで東京から北陸自動車道や山形自動車道などを利用して山形や酒田へ行く人も多くいます。

その他の情報

まず県内の気候ですが、県内全域が日本海側気候であり、県全域のおよそ90%の地域が特別豪雪地帯です。夏は蒸し暑く冬は温暖ですが、日照時間が少ないです。気温が高いために雪は降っても解けやすく、山形市の場合、積雪量はそれほど多くはありませんが、酒田市や鶴岡市などでは突発的に豪雪となる年もあります。

一方、内陸側は内陸性気候で寒暖の差が激しく、置賜地方などでは−15°近くまで下がることも珍しくありません。夏は非常に暑いですが比較的乾燥していて朝晩は涼しくなり、熱帯夜も庄内地方と比べると少ないです。地形としては、奥羽山脈、朝日連峰がそびえているように、県域の85% を山地が占め、総面積に対する森林の割合は75%、農業用地の割合は15%です。

県の中央には最上川が流れ、県民の多くがこの川の流域に住んでいるため、母なる川とも呼ばれています。磐梯朝日国立公園をはじめ、蔵王国定公園など、たくさんの自然公園があります。また、全市町村に温泉が湧き出ており、県内の温泉地は229ヶ所もあります。

山形県の移住支援・就業支援制度

山形県の移住支援・就業支援制度

続いて、山形県にはどのような移住・就業支援制度があるのか見てみましょう。

山形県若者定着奨学金返還支援事業

山形県では、若者定着奨学金返還支援事業として、「やまがた就職促進奨学金返還支援事業」を行っています。これは、山形県の将来の担い手となる若者の県内回帰・定着を促進するために、奨学金の貸与を受ける大学生やUターンを希望する社会人が県内に定住・就業した場合に、奨学金の返還を支援するものです。「

やまがた若者定着枠」「産業人材確保枠」「Uターン促進枠」の3つの枠を設けて募集を実施します。

JOBやまがた移住支援金

移住・就業支援マッチングサイト「JOBやまがた移住支援金」では、東京圏から山形県に移住し、同サイトに掲載された求人に就業した人に、世帯移住の場合は最大100万円、単身移住の場合は60万円の支援金を支給します。東京23区の在住者または通勤者で、移住先や就業に関する要件などを満たす必要がありますが、移住支援金を受けられるチャンスです。

山形県Uターン就職面接交通費助成金

山形県内の企業へ就職を希望している人に対して、山形県内で実施される採用面接を受けるため、またはインターンシップに参加するために要した交通費の一部を助成します。山形県外に住んでいて、山形県東京事務所内にある「山形県Uターン情報センター」に利用者登録し、山形県内で採用面接またはインターンシップ(3日間以上)が行われていることが補助金の交付条件です。

補助金額は、対象経費の2分の1(100円未満切り捨て)または1万円のいずれか低い額(1人につき2回まで)になります。対象となる経費等詳細は山形県Uターン情報センターに問い合わせてください。

山形県の子育て環境

山形県の子育て環境

「自然豊かなところで子育てがしたい」という理由から移住を検討する人も多いと思います。山形県では、子どもや子育て家庭を支援するさまざまな取り組みを行っています。

具体的には、保育料の負担軽減策(2021年9月から、市町村と連携して、保育料無償化に向けた段階的負担軽減への取り組み)、「山形県出産支援給付金」(新生児1名につき、58,000円を給付)、「やまがた子育て応援パスポート」(18歳未満の子どもまたは妊婦のいる家庭が対象で、3,400店舗を超える協賛店でパスポートカードを提示すると、価格の割引や景品のプレゼントなどの特典が受けられる)などがあります。

また、県内には、子ども連れが無料で利用できる屋内や屋外の大規模遊戯施設があります。年齢にあわせた遊具があるので、小さな子どもでも安心して利用でき、週末は各施設とも幅広い世代で賑わいます。「やまがた子育て応援サイト」 https://kosodate.pref.yamagata.jp/が参考になります。

山形県で住むならどこがいい?

山形県で住むならどこがいい?

では、山形県で住むならどこが良いのでしょうか。おすすめの街をいくつか紹介します。

山形市の周辺に住むなら

山形市は、山形盆地の南部3分の1ほどを占め、扇状地の上に市街地が立地しています。市の東部は奥羽山脈による山岳地帯、南西部は丘陵が占めています。盆地の中に位置するため、内陸性気候で寒暖の差が激しく、夏は暑く冬は寒いです。冬は寒さが厳しく底冷えとなり、雪の降る日も多いですが、降雪量は山形県内では少ない方です。

市内に空港はなく、最寄りの空港は東根市にある山形空港です。隣接する宮城県の仙台空港も、利用されることが多いようです。山形駅は山形新幹線の停車駅でもあり、いくつかの鉄道路線が集中しているターミナル駅です。山形市の人口は246,421人(2021年4月1日)で、県都として多様な都市機能が集積しています。

中でも、中核的な医療施設が多数立地し、今後山形大学において次世代型重粒子線がん治療施設が整備される予定となっています。また、都市部と豊かな自然環境が共存した子育てに適した住環境といえましょう。支援制度をみてみましょう。リフォーム工事を行う人に、工事費用の一部を助成します(移住世帯への支給額の加算あり)。0歳~中学校3年生までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。

鶴岡市

鶴岡市は、古くは城下町として栄え、山・平野・川・海に抱かれた豊かな自然環境のもと、ユネスコの食文化創造都市にも認定された食材と食文化の宝庫です。また、高度な研究機能やバイオ関連産業の集積が進み、ベンチャー企業も続々と誕生・躍進を遂げています。支援策をみてみましょう。

就職に対する支援として、鶴岡ワークサポートルームでは、鶴岡市在住の満35歳以下の若者、鶴岡市へのUIターン希望者と鶴岡市内事業所とのマッチングを行っています。移住希望者等が市内の宿泊施設やコワーキングスペース等を利用して、テレワークや鶴岡での生活を体験する取組みに対して、経費の一部を助成します。

住宅支援としては、県外在住の移住希望者向けに、市営住宅の一部を最長1年間手軽な家賃で借りることができる、お試住宅があります。また、移住相談窓口等を利用し、県外から移住して賃貸住宅に入居した場合、家賃の一部(月に上限1万円)を最大24か月補助します。ふるさとやまがた移住・定住推進センターの補助金と合わせると、月に2万円となります。

天童市

将棋駒とラ・フランスの生産量が日本一の天童市は、いで湯のまちとしても知られています。交通は東京から飛行機で約70分、新幹線で約2時間40分と首都圏からの日帰り移動も可能です。

また、教育・医療・商業施設等の都市機能が充実しているほか、特に子育て支援に力を入れています。住宅支援としては、定住促進・子育て世帯支援事業費補助金(新築・購入)があります。これは、天童市内に自己居住用の住宅を新築または購入する子育て世帯や移住定住者に対して、新築・購入費用の一部を補助するものです。

転入世帯で子育て世帯に対しては25万円、転入世帯には15万円、子育て世帯には15万円が補助されます。また、0歳から高校3年生(18歳)までの医療費(保険診療分)の自己負担額が無料です。結婚を機に、天童市で新生活を始める新婚世帯の住宅賃借費用の初期経費(家賃、敷金、礼金、仲介手数料)や引越し費用の一部を補助する「結婚新生活支援事業費補助金」制度もあります。

南陽市

南陽市は県南部に位置しており、北に丘陵、南に沃野が広がり、四季の変化に富み、果樹栽培が盛んです。開湯920余年の伝統ある赤湯温泉や宮内熊野大社など歴史と伝統を持つ街です。

支援制度としては、県外からの移住世帯が持家住宅のリフォーム工事等を行う際の費用を支援したり、これから南陽市に転入する(既に転入している場合は転入から5年未満の)世帯が、市内に持家住宅の新築又は購入する際の取得費用の支援を行います。山形県外から移住した人が賃貸住宅に入居した場合等に、その家賃の一部(上限月1万円)が、最大24ヶ月補助されます。

子育てに関する支援としては、中学3年生までの医療費の自己負担額の全額を助成します。市内に持家住宅の新築又は購入を行う子育て世帯への費用を支援します。

東根市

山形県内陸部の中央に位置する東根市は、山形空港、新幹線停車駅、高速道路ICを有し、仙台圏とのアクセスにも優れています。先進的な子育て支援への取り組みにより、県内トップクラスの出生率と婚姻率を誇り、毎年人口が増加しています。

次世代を担う農業者となることを志す青年就農者に対し、就農直後の経営確立に資する資金を交付しています。経営が不安定な就農初期段階の青年就農者に対して上限150万円(最長5年間)を交付します。東根市に定住することを目的に、市内に自ら居住するための住宅を新築又は購入し、転入した人に対して助成金を交付します。(基本額15万円。その他「子育て加算」、「地区加算」、「中古住宅加算」あり).。

また、高校生世代までの医療費を全額助成します。

酒田市

酒田市は、最上川と日本海が出会う河口に位置し、北前船の寄港地として古くから栄えた港町です。近年は酒田港を活用した産業、大手情報通信企業の立地などが進んでおり、企業でも人材を求める意欲が高まっています。支援策をみてみましょう。

「移住定住者住宅支援費補助金」は、移住者が中古住宅・空き家を購入する費用の10分の1以内で上限25万円、あわせて改修等を行う費用の10分の1以内で上限20万円を支援し、借りる空き家の改修等を行う費用の2分の1以内で上限25万円を支援します。中学生以下の児童と生計を同一にする人、またはその予定にある人は加算があります。

「住宅リフォーム総合支援事業」は、住宅の向上を図るリフォーム工事を行う人に、工事費の2割、上限24万円を支援するものです。県外からの移住世帯、新婚世帯、子育て世帯は、補助率・上限額の引き上げがあります(最大30万円)。子育て支援としては、0歳児~中学校3年生までの医療費の自己負担額(所得制限なし)を助成します。

まとめ

山形県は豊かな自然が魅力ですが、冬の積雪は見逃せません。山形新幹線で東京から約3時間なので、定住支援相談窓口への事前相談の上、雪の季節に一度訪れて実際に寒さを体感してみてはいかがでしょう。