移住とは

田舎の街並み

移住は、居住している市町村、都道府県、国を跨いだ生活拠点の変更です。日本国内における主な移住には、Uターン、Iターン、Jターンの3種類があります。各移住は、それぞれ以下のような特徴を持ちます。

Uターン:生まれ育った地方から都市部へ移住した人が、再び故郷へと移住すること
Iターン:都市部から地方へ移住すること
Jターン:生まれ育った地方から都市部へ移住した人が、故郷から近い別の市町村に移住すること

また、上記3つの他にも、都道府県や市町村が作った独自の移住名称があります。

移住の定義

移住とは、現在の住まいとは別の場所に移り住むことを指します。単に「居住地を変える」という意味のため、移住先で長く暮らすか否かは関係ありません。

移住と定住の違い

定住は、移住と似て非なるものです。移住には、「別の地に移り住む」という意味があります。一方で定住という言葉が指す意味は、「ある土地に永続的に暮らすこと」です。移住という言葉がその地に住み着くかどうか関係なく使われるのに対して、定住は長期間その地で生活することが前提となっています。

移住をするメリットとは?デメリットも解説

田舎の山

ここでは、移住に関するメリットとデメリットを3つずつご紹介します。地方への移住が自分に合うかどうか、今一度よく考えてみましょう。

メリット

新たな土地で暮らす移住生活には、さまざまなメリットがあります。以下は、田舎地方へ移住した場合に挙げられる主なメリットです。

・生活費を抑えられる
・自然の中で暮らせる
・子育てをしやすい

移住することで、経済面、自然環境、子育てにおける多彩な恩恵を受けることができます。それでは、各項目の詳細をチェックしていきましょう。

生活費を抑えられる

地方移住することで、生活費を節約できます。都市部と比較した場合、地方は物価が安い傾向にあります。住宅費は特に顕著で、都市部より大きな家でも低価格な家賃で暮らせるケースが一般的です。生活費の中で住宅費が占める割合は大きく、住宅費の節約は生活費全体の節約実現に繋がります。

もし生活費を大幅に抑えながら暮らしたい場合は、住宅費の相場を加味しながら移住先を決めるのがポイントです。また、移住する地域によっては、日々の食費を節約することができます。

たとえば、海が近いエリアでは海産物が安く、農業や酪農が盛んな地域では野菜や乳製品が低価格で販売されています。日常的に使う食材をリーズナブルに購入できるため、食費を抑えながら生活することが可能です。一見わずかな価格差に感じる食材費でも、長期的に見ると大きな節約になります。生活の基盤である衣食住の食と住にかける出費を減らせるので、移住により経済的負担の少ない生活を送ることができます。

自然の中で暮らせる

地方移住の魅力に、大自然の中で暮らせるというものがあります。海、川、山、畑といった自然に囲まれた環境では、都市部とは違った時間の流れを感じることができます。身近な植物や虫たちと共存しながら日々の生活を送るため、季節の移り変わりにも敏感です。山々が紅葉で色付く姿を目にしたり、田んぼに黄金色の稲穂が実ったり、自然の変化を感じながらストレスの少ない日々を過ごしたい方に最適です。

また、田舎エリアへ移住するメリットに、空気が澄んでいるという点が挙げられます。車が少ない地域では、排気ガスなどによる空気汚染の心配がありません。綺麗な空気の中で暮らせるため、心身ともに健康な移住生活を送ることができます。

子育てをしやすい

地方移住のメリットに、子育てのしやすさがあります。移住支援を積極的に行っている自治体に移住した場合、多種多様なサポートを受けることが可能です。以下は、子育てに関連する支援制度の例です。

・中学校を卒業するまでの医療費を全額助成
・2歳以上の子どもの保育料を無料
・子どもの数に応じて出産祝い金を支給
・子育て支援米を配給

過疎化が目立つ田舎地方では、人口密度の高い都市部よりも充実した子育て支援を受けられます。バリエーション豊富な助成金を用意している自治体もあるため、子育てにおける経済面での負担軽減に繋がります。また、日本各地で問題となっている待機児童に関しても、人口密度の低い地域なら心配ありません。子どもの数自体が少ないことから、比較的短い待機期間でスムーズに入園することができます。「移住後はすぐに子どもを預けて働きたい」「できるだけ多くの支援を受けながら子育てしたい」という方は、子育て世帯が暮らしやすい移住先を探してみましょう。

デメリット

リラックスしながら暮らせるイメージの移住生活ですが、完全にストレスフリーな日々を送れるわけではありません。地方へ移住する場合、以下のようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

・車の運転ができる必要がある
・大型の商業施設などが少ない
・近所や地域の人との交流を避けられない

地方で暮らす場合、都市部のような利便性の高い生活を送ることはできません。また、田舎ならではのルールに縛られることもあるので、事前に移住後の生活をイメージトレーニングするようにしましょう。では、各デメリットの詳細を確認していきます。

車の運転ができる必要がある

田舎エリアに移住した場合、車なしでは生活できない可能性があります。食料品店、病院、郵便局、銀行といった生活に必要な施設が近隣にない場合も多く、バスや電車の利便性も高くありません。数時間に1本しかバスが来ない地域もあることから、車移動が一般的です。もし車の運転ができない場合、徒歩や自転車で数時間かけて移動することになります。快適な移住生活とは程遠い暮らしを送ることになるので、「ペーパードライバーだから運転するのが不安」「そもそも運転免許証を持っていない」という方は、必ず移住前に車の運転ができるようにしておきましょう。

大型の商業施設などが少ない

移住先が田舎エリアの場合、大型の商業施設が少ないというデメリットがあります。商店街や個人商店で成り立っている地域も多く、商業施設が全くないエリアも存在します。都市部のような便利な生活環境ではないことから、常に計画的に買い物をしなければなりません。一般的な商業施設には、服飾、文具、雑貨、医療品をはじめとする多種多様な分野のテナントが入っており、全ての買い物を一度に済ませることが可能です。

しかし、商業施設のない地方で暮らす場合、衣料品店、文具店、雑貨屋、薬局などの店舗を1か所ずつ訪れる必要があります。各店舗が離れた場所で営業していることもあるため、買い物に多大な労力と時間を費やさなければなりません。もし大型商業施設などが少ない田舎へ移住する場合は、「都市部のように気軽に買い物できなくても大丈夫か?」という点についてよく考えるようにしましょう。

近所や地域の人との交流を避けられない

地域住民の交流は、都市部よりも地方の方が盛んです。近所づきあいが濃厚な傾向にあり、エリアによってはさまざまな祭りやイベントが開催されます。半強制的に参加しなければならないケースも多々あるため、疲労やストレスが溜まりやすいというデメリットがあります。以下は、地方で実施される催し物の例です。

・餅つき大会
・地域住民によるバザー
・月1回のゴミ拾い活動
・年1回の祭りとそれに伴う準備(炊き出しや飾りつけ等)

特に娯楽の少ない田舎エリアでは、多彩な催し物をしています。地域住民全体が協力してイベントを成功させるといった価値観を持つ人も多く、参加しない=近隣住民との間に亀裂が入ることを意味します。地域交流に多くの時間と手間を割かなければならないため、地方移住したことを後悔してしまうかもしれません。また、田舎エリアには、住民同士の距離感が近いという特徴があります。中には家のカギをかけない世帯もあり、隣人が無断で家の中に入って来ることが一般的という地域も存在します。都市部ほどにパーソナルスペースを尊重する文化や考え方がないことから、近所付き合いの濃い生活に溶け込む覚悟が必要です。

移住の目的とは

畑で野菜を持つ女性

住み慣れた環境から新天地へ移住することは、心身共に負担の大きな作業です。にもかかわらず、都市部から地方への移住者は増加傾向にあります。ここでは、移住する人々の主な目的について解説していきます。

自然の中で暮らしたい

大都市で生まれ育った人や、都会で長く暮らした人に多い移住目的が、「大自然の恵みを感じながら暮らしたい」というものです。自然の多い土地での生活は、心と体を豊かにしてくれます。森林が発するマイナスイオンには癒しや安らぎ作用があり、精神安定や体質改善にも効果的です。ストレスフリーでのんびりとした生活の実現を目的に、自然環境の良い地域へ移住する人が多くなっています。また、自然の多い地域は、子育て世帯や自給自足に憧れる層からも人気です。「緑に囲まれた自然環境でのびのびと子どもを育てたい」「自然と調和しながら生きていきたい」といった希望がある方は、地方への移住を視野に入れてみてはいかがでしょう?

都会の窮屈な生活に疲れた

都市部からの移住者に多い移住目的が、「都会の生活に疲れた」というものです。仕事中心の生活、満員電車での通勤、喧騒とした街に疲弊しているという人は多く、ストレスフリーな生活を求めて地方移住を実行しています。地方での暮らしには、都会のような窮屈さがありません。リラックスしながらのんびりとした日々を過ごせるため、ライフワークバランスの取れた生き方を叶えることが可能です。

旅行で気に入って住んでみたかった

旅行で訪れた地を気に入り、移住候補地にすることはよくあります。直感的に好きだと思うケースもあれば、自然環境、街並み、気候、人々の暮らしぶり、住民の温かさなどに感銘を受ける場合もあります。理想の移住生活を送るという観点から見て、憧れの地を移住先に選ぶことはとても大切です。しかし、実際に移住した場合の利便性や給与面に関するメリット・デメリットは、旅行では判断できません。もし過去に旅行で訪れた地を移住先にする場合は、事前に現地住民の生活について調査するようにしましょう。移住先の生活環境を知ることで、移住後の自分の生活を具体的にイメージしやすくなります。

移住に向いている人/向いていない人の特徴とは

植物に囲まれた家にいる女性

新天地で暮らす移住生活には、向き不向きがあります。ここでは、移住に向いている人といない人の特徴について解説していくので、自身が移住生活に向いているか否かの判断材料にしてください。

移住に向いている人

移住を検討している方の中には、「私って本当に移住に向いているのかな?」「移住後に後悔したら嫌だな」といった不安を持つ方もいるのではないでしょうか?移住に向いている人には、以下のような特徴が見られます。

・適応能力が高い人
・経済的に暮らしたい人

では、各項目の詳細をチェックしていきましょう。

適応能力が高い人

移住に向いている人の特徴に、適応能力が高い人が挙げられます。新しい土地では、特色、文化、気候のほか、人々の持つ価値観や常識も異なります。それらをいち早く受け入れられる人は、充実した移住生活を送ることが可能です。一方で、固定観念や自分の価値観を捨てられない場合、移住地になじむことはできません。いかに柔軟な考え方と適応能力を持つかで、移住への向き不向きが左右されます。

経済的に暮らしたい人

生活費や子どもにかけるお金を節約したい方は、移住生活に向いています。地方の住宅費や食費は、都市部よりも低価格設定です。また、移住支援に力を入れている自治体で暮らす場合、子どもの医療費や保育料が助成されるケースもあります。子どもにかけるお金を大幅に抑えられるため、経済的な生活を送りたい世帯に最適です。「都会は生活費が高すぎる」「子どもが多くてお金の心配が尽きない」という方は、地方移住により快適な暮らしを送ることができます。

移住に向いていない人

移住に向いていない人の特徴を知ることは、自分自身が移住生活に向いているか否かの判断材料になります。以下は、移住に不向きな人の特徴です。

・人付き合いが苦手な人
・子どもの教育面を重視する人

では、それぞれの内容を見ていきます。

人付き合いが苦手な人

人付き合いが苦手な人は、地方への移住に向いていません。田舎での暮らしと近所付き合いは、切っても切り離せないものになっています。井戸端会議に参加したり、地域イベントに貢献したり、地域の組合に加入したり、日常的に多くの現地住民と交流する必要があるため、精神的な負担が大きくなりがちです。「できるだけ近所の人とは付き合いたくない」「地域交流をサボって白い目で見られたら怖い」といった不安のある方は、地域交流が盛んでない地方都市を移住先候補にしましょう。

子どもの教育面を重視する人

地方移住は、子どもの教育に力を入れたい家庭には不向きです。特に田舎エリアへ移住した場合、子どもが受けられる学校教育は大きく狭まります。市町村内に少数の学校しかないケースも多く、選べる進路も限られてしまいます。希望する教育水準を満たせない可能性もあるため、注意が必要です。もし子どもの教育を重視する場合は、地方都市や公共交通機関が発達したエリアを選びましょう。地方都市であれば、進学先の選択肢が広がります。また、近隣市町村へのアクセスが良い地域へ移住することで、遠方の学校へもスムーズに通うことが可能です。大都市とは同等の教育環境が揃っていないことを十分理解し、事前調査と準備を怠らないようにしましょう。

まとめ

移住は、新しい居住地に移るという意味です。都市部から地方へ移住する場合、多くの人々は長くその地で暮らす定住を目的としています。しかし、移住にはメリットやデメリットだけでなく、向き不向きの問題もあるのが実情です。移住後に「やっぱり移住なんてしなければ良かった」と後悔しないためにも、移住前に自身の移住目的をよく考えることが大切です。移住先の事前調査や準備を徹底し、快適で楽しい移住生活を実現してくださいね。