田舎でネットを使う方法は主に5種類

田舎でネットを使う方法は主に5種類

田舎暮らしを行う際に必ず必要となるのが、インターネット環境です。田舎暮らしをしていく中で動画視聴やネット通販、さらには仕事を行う上でもネット環境は重要です。ここでは田舎暮らしでも活用できる5種類のネット環境を紹介します。

光回線

光回線は光ファイバーを利用した通信手段で従来の電話回線などよりも通信速度が速く、かつ長距離の通信にも適しています。光回線の最大の特徴は通信速度が速いことです。

従来、通信回線として広く利用されてきたADSLは速くても最大50Mbps程度でしたが、光回線の通信速度は一般的なもので、最大1Gbpsとその差は20倍です。

光回線では動画の視聴や大容量データのやり取りが短時間で可能となりデータを安定して送受信することが出来ることも特徴的です。

光回線なら、ストレスのないネット環境で生活できることでしょう。

ホームルーター

ホームルーターはモバイル回線を使ってインターネットに接続するルーターです。ホームルーターの最大の特徴は工事が不要で、契約・購入した後はコンセントにさせば、すぐにWi-Fiの電波が発生します。工事の日数や費用を掛けることなく手軽にインターネット生活が出来るのがメリットです。

設定も簡単で通常のフリーWi-Fiを設定する要領で簡単接続が可能です。さらにモバイルルーターや固定回線より料金が割安な場合も多く、お家でのインターネットを手軽に始めるならホームルーターもおススメです。

モバイルルーター

モバイルルーターはインターネットに接続するために使う小型で軽量な通信端末で持ち運びが可能なルーターです。非常に小型でバッテリー稼働の為、自宅でも外出先でも時間と場所を選ばず、インターネットに接続できることが最大の特徴です。

さらに1つのモバイルルーターでは機種にもよりますが、通常は端末を10台程度同時接続できる仕様になっているので、スマホやPCなど同時にインターネットに接続することが可能ですが、通信回線はその分、遅くなってしまうのがデメリットです。

海外旅行など、スマホの通常の通信では高額になってしまう場合にもモバイルルーターは重宝します。ただ、通信制限が掛かる機種がほとんどなので大容量のデータ送受信にはあまり向きませんし、ホームルーターに比べると料金が高くなるのがデメリットです。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビに契約しているなら、ケーブルテレビインターネットも選択肢のひとつです。ケーブルテレビでは、テレビ放送で使用する同軸ケーブルに加えて回線を組み合わせることでインターネットの仕様が可能になります。ケーブルテレビのネット回線のほとんどが光ケーブルを使用していますが、放送局から各家付近の電柱などに設置してある変換器までは光ケーブルで繋いでいるものの、変換器から家までは同軸ケーブルで接続されているので光回線夜も通信速度が劣ってしまうのが難点です。

しかし最近では通信速度も高速になりつつあり、テレビや電話に最近では電気料金などケーブルテレビ会社で行っているサービスとのセット割もあるので、お得です。

また光回線が届いていない山間地域などでは、光回線を家まで引くよりかは、ケーブルテレビを導入する方が安上がりになります。

スマホのテザリング

最も簡単なインターネット接続方法として、ご自身がお持ちのスマホでのテザリングがあります。スマホのモバイルデータ通信で「インターネット共有を設定」を選択するだけで、PCなどをネット回線につなげることが可能になります。

接続方法はWi-Fi接続やBluetooth接続、USB接続などがあります。
Wi-Fi接続は室内のフリーWi-Fiなどをスマホを通じて接続する方法で通信速度は他に比べ速いのですが、スマホのバッテリー消耗が激しいことが難点です。Bluetooth接続はバッテリーの消耗は少ないものの、通信速度が遅いのがデメリットです。そしてUSB接続は通信速度も安定し、スマホを充電しながら通信できるメリットはありますが専用ケーブルが必要になってきます。

いずれにせよ他のネット回線と違い、契約をせずにインターネットにつなげられるのはテザリングだけです。

田舎暮らしなら光回線!メリット・デメリットを合わせて紹介

田舎暮らしなら光回線!メリット・デメリットを合わせて紹介

移住をして田舎暮らしを行う際には、ネット環境はかなり気になるところです。もしも可能であれば新しい生活に光回線を利用する事をおすすめします。

モバイルWiFiと比べて3倍以上速い光回線

光回線の最大の魅力は通信速度の速さです。その差は3倍以上と言われており、大容量のデータ通信が光回線では容易にできます。光回線なら動画視聴やオンラインゲームなど、田舎暮らしで暇を持て余した時にも重宝します。

モバイルWi-Fiは持ち運びに特化しており、どうしても速度が遅い傾向がありますし、データ容量にも限りがあります。光通信なら通信速度が速いだけでなく、通信容量も無制限なのでどれだけ利用しても問題ありません。

安定した繋がりやすさが魅力

光回線の魅力として挙げられているのが、安定性です。有線によって安定的に通信速度を維持できるので、ホームルーターやモバイルルーターの様に通信回線が混雑して重くなることもありません。

よく言われているのが動画視聴には30Mbps程度が必要でオンラインゲームには100Mbps必要と言われています。この速度を維持できないと画面がカクついたりするので、安定した繋がりやすさが重要です。

光回線なら、その条件をクリアし快適なネット生活を実現させます。

光回線ならリモートワークも十分可能

光回線の安定した通信速度であれば、田舎生活をしながらのリモートワークも可能になります。リモートワークにかかせないオンラインミーティングもストレスなく出来ますし、大容量のデータのやり取りもスマートに行えます。

そして昨今、増えている動画制作は動画の大容量データのやり取りが必須です。映像の編集を終えても、データのアップロードだけで何時間も掛かることがあります。しかし光回線なら短時間でのアップロードも可能になるので、リモートワークを考えている方には光回線はかなり重要になっています。

田舎では工事費用が高くなりがち

田舎暮らしをしていて光回線を新たに導入しようとする場合、工事費用が高くなる可能性があります。
まず集合住宅ではない場合は光回線が導入されている家でない場合が多いです。その場合は、近くの電柱まで引かれている光回線を自宅まで引き込む必要があります。

すぐそばまで光回線が来ていれば良いのですが、もしそうでなければかなりの距離の引き込み工事が必要になってきます。

そうなれば光回線を引き込むのにかなりの金額が必要になってきてしまいます。

都市部より回線工事が難しいケースも

光回線を引き込む際に、工事を行っても難しい場合があります。
都会では電柱が地中に埋め込まれており、引き込み工事が容易にできる場合が殆どです。しかし田舎ではそうはいきません。
例えば山間部で家の近所に光回線が全く来ていない場合は、他人の所有地にある電柱を介して光回線を引き込まなければならないこともあります。その場合、電柱の土地所有者に工事許可が必要なので、簡単に引き込む事が出来ないです。
他にも景観の保全の為に電柱の数に指定がある地域などでは、個人の要望で電柱工事を行う事が難しいのが現実です。

田舎暮らしに強いオススメの光回線4選!

田舎暮らしに強いオススメの光回線4選!

田舎暮らしをしていく中で、オススメの光回線があります。ここでは4つの代表的な光回線の特徴を紹介していきます。

①高品質かつ安定の「フレッツ光」

光回線にはフレッツ光を使った回線と独立回線の2種類あります。フレッツ光はNTTが提供する光回線インターネットで、提供エリアが全国に対応しているのが特徴です。そのため、全国の地域で契約が可能なのがメリットです。実績と歴史に裏付けされたフレッツ光は安定性と速度、品質共に充実しています。

しかし一方で利用ユーザーが多く、通信が混雑する場合もあります。また月額料金も若干高めであり、解約には契約解除料が掛かるなど独自の縛りがあるのがデメリットです。

②速さにこだわるなら「NURO光」

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズが展開している光回線で、独自の回線設備を使っており、最大2Gbpsの高速通信が特徴です。他社のプランだと最大1Gbpsが主流なので、いかに速いかが分かります。

また月額料金も2,000円代からと安く、キャンペーンも度々実施しているのでお得に契約することが出来ます。

ただ、提供エリアに限りがあり山梨県や長野県、さらに島根県といった移住者に人気の地域では提供をしていません。また開通工事に時間がかかるのもネックです。

③ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモ光は、NTTのフレッツ光を使った光コラボレーションモデルの1つで、契約者数が700万件を突破し日本で1番選ばれている光回線です。
ドコモユーザーであれば、スマホ1台につき毎月1,100円も割引が適用になるのでかなりお得です。通信速度も安定し速いのが特徴で、ドコモと言うブランドも相まって人気です。またサポート体制も充実しており、何かあった際も安心です。
ドコモを利用している方なら、間違いなくドコモ光がオススメです。

④独自回線で混雑しにくい「auひかり」

auひかりは、KDDIが提供している光回線でauスマホとのセット割で、月1,000円程度を家族分割引されるという「auスマートバリュー」の適用がされるため、auユーザーに人気な光回線です。独自の光ファイバーを利用しているため、他社回線よりも回線が安定していて、混雑する時間帯でも速度が出やすいのが最大のメリットです。さらにキャンペーンがお得で高額キャッシュバックも期待できます。

一方で提供エリアが狭く、まだ全国区ではありません。さらにマンションで利用する場合は光ファイバーを共有して利用するため、戸建てのプラントと同じ速度が出るとは限らないのもデメリットです。

各光回線の対応エリアと料金を比較

各光回線を比較した結果、対応エリアで言えば「フレッツ光」が最も広範囲に渡ってサービスを提供しています。通信速度では「NURO光」が他を圧倒しています。

そして料金面ではドコモユーザーなら「ドコモ光」が、auユーザーなら「auひかり」が割引やキャンペーンが利いて通常よりも安く上がるので、検討材料の1つとして考えてみてはいかがでしょうか?

光回線がエリア外の時はWiMAXを試そう

光回線がエリア外の時はWiMAXを試そう

田舎暮らしをして、光回線が利用できない地域に住んでしまった場合は「WiMAX」を試してみてはいかがでしょうか?WiMAXなら工事は不要で契約と同時に利用が可能です。

5Gに対応したホームルーターは下りが最大2.7Gbpsと超速ネットが楽しめます。さらに最大の特徴は通信容量が無制限であることです。
最近ではキャリアの大容量プランも出てきていますが、価格はその分、高騰しています。WiMAXはどれだけ利用しても価格は変わらないので安心ですが、3日で10GBの通信制限がかかるのが唯一のデメリットです。

auの4GLTE回線によりサクサク快適

auの4GLTE回線はキャリアの中ではかなり速く、下り最大100Mbpsで上り最大25Mbpsと光ファイバー並みのスピードで快適なネットライフが楽しめます。しかしWiMAXの「Speed Wi-Fi 5G X11」や「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」なら下り最大2.7Gbpsを実現し、上りも183Mbpsと高速。この様に他を圧倒する超速ネットがWiMAXの特徴です。

TryWiMAXで15日間無料で使える

自分の住むエリアでWiMAXが使えるのか気になるという方にもってこいなのが「Try WiMAX」です。実際にWiMAXを、15日間無料でレンタルできるサービスで動画やwebサイトを快適に閲覧できるかなどの不安点を解消するにはもってこいです。サービスエリア対象内でも、WiMAXの電波が届きにくい建物内もあるので、お試しできるのはありがたいです。

Try WiMAXでは「モバイルルーター」や「ホームルーター」の中から選べ、最高速度が2.7GbpsとWiMAX史上最も最高通信速度が高い「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」もレンタル可能です。実際に試したうえでの契約をオススメします。

速度制限がかかるケースにはご注意を

 WiMAXのメリットとして通信容量が無制限であると挙げましたが、実際には3日間の通信量が10GB以上になると、混雑緩和のため、通信速度が制限されます。ただ実際に制限されるのは翌日の夜間(18時から翌深夜2時頃)なので日中は制限なく利用可能です。また通信制限中の速度は、およそ1Mbps程度となります。

WiMAXの申込は「GMOとくとくBB」がオススメ

WiMAXを契約しようと考えたら「GMOとくとくBB」がオススメです。他社WiMAXプロバイダと比較して高額なキャッシュバックキャンペーン特典があり、約2万円のキャッシュバックキャンペーンが好評です。ただし2年〜3年の契約期間が設けられており、解約違約金(契約解除料)が発生する場合もあるので注意が必要です。

移住先でネット回線が引けない場合の対処法

移住先でネット回線が引けない場合の対処法

移住先でネット回線がどうしても引けない山中の家などの場合はどの様にしていけばよいのでしょうか?ここではそれでも諦めない、田舎でのネット生活の方法を紹介します。

ネット回線を自費で引く

ネット回線が引かれている地点から、自宅までを実費で引くのも手です。実際に近所の家まで光回線が来ている場合などは、通信会社に相談すれば工事は可能です。

しかし回線を引くと高額な費用が掛かる他、引っ越した場合には無駄な投資になりかねません。実費で回線を引く場合はよく考えてからがよいでしょう。

スマホのテザリングで代用する

ネット回線は引かれていないが、5G対応地域などということもあります。スマホの契約によってはネット回線を契約するよりもテザリングの方が安くて便利ということも考えられますので、検討してみてはいかがでしょうか?

自治体に相談してみる

田舎の地域であれば、自治体がケーブルテレビや光回線を引いてくれる可能性もあります。事実、空き家に移住した場合や新居を建築した場合など新規契約が見込まれる世帯に対しては自治体が責任を持って地元地域の電気店に依頼をして、無料で工事してくれることもあります。移住後に自治体の担当者に確認しておくことが大切です。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?昨今はテレワーク導入する企業が多く、移住後のネット環境は重要担っています。今後、移住して田舎暮らしを考えている方は、インターネットをどこの会社を使って利用するかも考えておくべきだと思います。