週末農業がおすすめの理由

週末農業がおすすめの理由

週末農業とは、会社員勤めなどの本業をお持ちの方が週末限定で農業をすることです。「将来的には専業農家を考えている」「自然とふれあいながら自給自足の生活が送りたい!」そう思っている方は、週末農業から始めてみるのがおすすめな方法です。ここでは、週末農業がおすすめな理由についてご紹介していきます。

新しい趣味ができる

気軽に始められると話題の週末農業。1日単位でお試し体験できるものや、農園の会員になることで定期的に参加できるものまで自分のライフスタイルに合った農業体験を選ぶことができます。自分のペースで収穫作業を楽しめることはもちろん、1年を通して旬な野菜や果物などを収穫できることから、新しい趣味として週末農業を楽しむ人も多いです。また、お子さんと一緒に農作業をおこない自然とふれあう教育目的で始められる方もいらっしゃいます。自分に合ったスタイルで始めてみることで、新たな楽しみが生まれるきっかけになるかもしれません。

副業として収益を得られる可能性がある

収穫した野菜を販売して、副業として収益を得たいという方もいらっしゃるでしょう。専業農家のように大きな収益を上げることは難しいかもしれませんが、週末農業で収穫した野菜を販売し利益を得ることは可能です。ネットやSNSなどを活用して情報発信をおこない、収穫した野菜の購入者を募ってみたり、無人販売や直売所に出荷するといった方法が挙げられます。あらかじめ、野菜セットの販売を想定して少量多品目の栽培をおこなうことで、販売しやすくなるというメリットも覚えておくと良いでしょう。

将来移住を考えている人は準備として

将来的に移住を検討されている方の中には、「豊かな自然の中で農業を営みたい!」そう考えていらっしゃる方の割合が年々増えてきているように感じます。しかし、農業に対しての知識や経験がない状態でいきなり専業で始めるのはとても勇気がいることです。こうした時に週末農業が将来の準備として役立ちます。週末だけとはいえ、自ら野菜や果物を栽培しその過程を見守っていくことにより、農業に対しての理解・知識・経験を深めていくことが可能です。将来移住して就農を検討されている方は、まずは週末農業から始めてみることをおすすめします。

週末農業を始めたい!何からすればいい?

週末農業を始めたい!何からすればいい?

週末農業にはたくさんのメリットがあります。しかし、いざ週末農業を始めるとなった際に、何から始めてみればいいか分からないとお悩みの方も少なくないでしょう。ここでは、実際に週末農業を始める際に何をすればいいのか具体的にご紹介していきます。

週末農業の体験に申し込む

まずは、週末農業を体験することから始めていきましょう。農作業がどのようなものなのか実際に肌で感じることで、自分がイメージしていたものと比較することが大切です。農業のイメージがつきづらい都心であっても、農業体験ができる貸し農園がいくつも存在するほか、誰でも参加することができるボランティア農業なども開催されています。また、社会人向けの週末農業スクールを開校している法人もあります。こうした体験農業に積極的に参加し、農業に対する理解と経験を深めていきましょう。

貸し農園などの農地や畑を借りる

週末農業の一般的なスタイルとして、貸し農園と契約して農地や畑をシェアしながら農業をすすめる方法があります。ほかにも、地主の方から直接畑を借りる方法もありますが、トラブルに発展しないよう条件面などについては詳しく打ち合わせをする必要があります。農地や畑を借りる際のポイントとして、初期段階では小規模な敷地から開始することをおすすめします。大規模な農地や畑を借りてしまうと、当然管理面での負担も大きくなってしまうため、手入れが行き届かず管理しきれない、場合によっては挫折してしまうといったケースも少なくありません。最初は小規模農園から始めて、作業や管理方法に慣れてきたら徐々に規模を広げていく方が気持ちに余裕ができて楽しく週末農業をすすめていけます。

作りたい農作物を決めて知識をつける

週末農業では、事前に作りたい農作物を決めて栽培の知識をつけておくことが大切です。初心者が陥りやすい失敗のひとつに、同じ農作物を大量に育てすぎて収穫後に食べきれず後悔に繋がるということがあります。そうならないためにも、事前に作りたい農作物を決め、どれくらいの量の栽培をおこなっていくのかを決めておかなければなりません。最初は少量多品目の栽培を心掛けてみることをおすすめします。また、農作物によって栽培方法や時期が異なる点にも注意しておく必要があります。せっかく手間暇かけて収穫した農作物の出来に後悔しないためにも、どのタイミングで何の種を撒くのか、どういった栽培方法が適切なのか、あらかじめ栽培する農作物についての知識を深めておきましょう。

週末農業を楽しむなら週末移住を検討しよう

週末農業を楽しむなら週末移住を検討しよう

週末農業を楽しむうえで、選択肢として検討したいのが週末移住です。それぞれのライフスタイルが多様化する現代において、平日は都会で仕事をしながら週末だけ田舎暮らしを体験するといった週末移住が人気を集めています。

週末移住とは

週末移住とは、普段生活している場所とは違う地域に、週末や休日を利用して移住することを指します。一般的には、平日は都会で働き週末や休日だけ田舎での生活を楽しむ人が多く、「二地域居住」や「デュアルライフ」とも呼ばれています。旅行と異なる点は、特定の地域に生活拠点を構えることが前提となっており、こうした暮らし方は、地域活性化の一環として国土交通省からも推奨されています。

週末移住で農業を楽しもう

都会から生活拠点を移さずに貸し農地などを利用して農業を楽しむ方法もありますが、最近では週末移住で農業を楽しんでいる人の割合もとても多い傾向にあります。週末移住で農業を楽しむメリットとして、地域の農家から直接ノウハウを学べる点や都会ではなかなか味わうことのできない採れたてで新鮮な農作物を味わうことができるのも週末移住で農業をする魅力のひとつです。自治体によっては、週末移住希望者と地域の農家をマッチングさせる活動をおこなっているところもあるので、各自治体の情報を調べてみるのもおすすめです。

いつか移住したい人も実際の暮らしを試せる

将来的に移住を考えられている方は、ぜひ積極的に週末移住を検討してみてください。週末だけとはいえ、実際に地域の生活を体験しながら農業を営むことで移住後の生活をイメージすることができる点は大きなメリットとなります。移住後の失敗談として「イメージしていた暮らしではなかった」「田舎での生活が合わなかった」などといった声が多く聞かれます。このような後悔をなくすためにも、事前に実際の暮らしを体験しておくことがとても重要となります。

週末農業をおこなう際の注意点

ここまでご紹介してきた通り、週末農業にはたくさんの魅力があります。また、将来的に移住して就農を検討されている方にとっては、週末農業での経験が必ず活きてくることでしょう。しかし、週末農業には事前に理解しておかなければならない注意点もあります。メリットだけでなく、こうした注意点も押さえておくことで週末農業をスムーズに始めていきましょう。

収入を得る目的としては始めない方がいい

週末農業で注意しておかなければならないことが、収入目的で始めてしまうことです。週末農業といっても、例えば野菜を販売するとなった際にライバルとなるのは専業農家の方です。また、単価数十円から数百円の農作物でまとまった収入を得ようと思うと、より多くの販売数が求められます。

週末農業を収入目的で始めてしまったことで、収益が出なかった時のショックから挫折に繋がる可能性もあります。将来的に移住して就農を目指している方にとって、収入面の計算はとても重要なことですが、週末農業の段階では過度な収入には期待せず、まずはノウハウや経験を積むイメージで始めてみることが大切です。

自分で土地を借りる場合は農機具などの準備が必要

自分で土地を借りる場合は、農業に必要な機械や道具を準備していかなければなりません。全国新規就農相談センターが発表した「平成28年新規就農者の就農実態調査」によれば、農業に必要な機械や道具などにかかった費用は平均で約411万円というアンケート結果も発表されています。これはあくまで専業農家のデータなので参考程度にはなりますが、機械や道具にかかる費用は頭に入れておく必要があるでしょう。貸し農園などを利用すれば、無料で必要な機械や道具を使用できるところが多いので、週末農業では貸し農園などを利用していくのが現実的かもしれません。

ノウハウがないので勉強が必要

初心者から週末農業を始める場合は、ある程度の農業に対する知識を習得してから開始する必要があります。また、実際に農業を始めてからも栽培に関するノウハウが必要になってきます。独学で勉強するのも手段のひとつではありますが、貸し農園の菜園アドバイザーに指導を受けたり、社会人向けの週末農業スクールで学んでみるのも選択肢として検討してみましょう。

まとめ

ライフスタイルの変化とともに、その人気も高まりつつある週末農業。農業といえば、始めるのが難しく機械や道具などの準備に多くの費用がかかることを想像しがちですが、今は誰でも気軽に始められる環境が整っていることがお分かりいただけたと思います。また、その始め方や方法もみなさんそれぞれの生活に適したスタイルを選ぶことが可能です。大自然とふれあいながら、自分で育てた農作物を収穫するという特別な週末の時間。ぜひ、週末農業で楽しい農業ライフをスタートさせてみてはいかがでしょうか。