群馬県多野郡上野村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Feb 26, 2021

群馬県多野郡上野村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

群馬県多野郡上野村へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!上野村の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。上野村に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

群馬県多野郡上野村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口1,076人;(推計人口、2020年10月1日)
自治体HP上野村HP
上野村 移住支援サイトこちら

上野村(うえのむら)は、群馬県の南西部(最南端)に位置し、埼玉県秩父市、長野県南佐久郡佐久穂町などと隣接しています。島嶼部を除くと関東地方で最も人口の少ない自治体(平成27年6月1日現在)です。

村内を流れる神流川の周辺からは縄文土器や石器類が出土し、古くから人々が住んでいたことがわかります。江戸時代は幕府の天領となり、将軍家に献上する鷹の繁殖地がありました。

御荷鉾(みかぼ)山や三国連山など1000~2000m級の山々に囲まれ、山野が村の総面積の90%以上を占めています。

神流川沿いに国道299号、これに続く国道462号を通って藤岡、秩父地域の市街地にそれぞれ80分程度、湯の沢トンネル経由で上信越道自動車道下仁田インターチェンジに約40分程です。

小規模校、少人数学級ならではの行きとどいた指導ができる教育制度があり、若い世代を主に対象とした定住対策も積極的に取り組んでいます。

群馬県多野郡上野村の移住支援制度

群馬県多野郡上野村の移住支援制度

上野村では定住する意志のある結婚中の45歳以下の人を「後継者」として、さまざまな助成制度を用意しています。「後継者」に対しての生活補給金、住宅資金借入金利子の助成、住宅取得応援金、村営住宅の貸付についてまとめました。また、村の子育て、村独自の教育なども紹介します。

生活補給金

「後継者」に定住を促進する助成制度です。安定的な所得が得られない人に1世帯あたり月5万円を3年まで支給します(2年目からは前年所得が150万円以下の人)。独身の場合は月3万円になります。

住宅資金借入金利子の助成

住宅資金として借り入れた資金のうち、新築は500万円以内、増改築は300万円以内の利子を全額助成します。助成期間は10年以内です。

住宅取得応援金

住宅取得により生じた不動産取得税相当額および、固定資産税相当額を助成します。助成期間は5年以内です。

村営住宅の貸付

上野村内に住所および勤務場所がある人に村営住宅貸付を行います。単身者から家族まで入居可能です。

家賃は一戸建て住宅12000円から、共同住宅 1DKタイプ7000円から、2DKタイプ11000円から、3DKタイプ12000円から。家賃は入居者の収入額により異なります。村の行事や地域の行事に積極的に参加し交流を楽しめることも要件です。

群馬県多野郡上野村の観光情報

群馬県多野郡上野村の観光情報

上野村は山や川の美しさが守られ、自然の中でキャンプ、BBQ、森林浴などを楽しめると首都圏から多くの人が訪れています。

神流川

村の中央を流れる「神流川」は平成16~19年度の4年連続して「関東一きれいな川」として認定され「平成の名水百選」に選ばれたことのある清流です。

イワナやヤマメ、カジカが見られます。シーズンにはつり人や、水遊びの子供たちで賑わいます。 「道の駅上野」は上野村の観光の拠点で、群馬県で一番最初に登録された道の駅です。十石みそ、猪豚、しいたけ、木工品などを販売しています。「神流川(かんながわ)」を見ながらBBQも楽しめます。十石みそソフトクリーム、店内の「森の菓子工房」で作られるプリンやパンもおいしいそうです。

上野スカイブリッジ

「上野スカイブリッジ」は長さ225mの巨大吊り橋です。高さ90mの橋上からの眺望は圧巻。まるで空中散歩をしているかのような非日常の世界を味わえます。時間になるとシャボン玉が飛ばされてファンタジックな風景が広がります。サクラ、紅葉、雪と四季それぞれの美しさを堪能できる人気スポットです。

上野スカイブリッジから徒歩7分ほどのところには「不二洞」があります。関東最大級の規模を誇る鐘乳洞で、3mを超す石の柱「灯の柱」やパワースポットとして人気の「閻魔の金剛杖」など、見どころには地獄、極楽にちなんだ名称がつけられ色鮮やかにライトアップされています。

まとめ

群馬県多野郡上野村は自然を感じながら暮らせる貴重な場所です。車を利用すれば首都圏から遠くないのも魅力です。移住先を探している人は一度訪れて村の澄んだ空気を体験してみてはいかがでしょうか。