憧れのUターン!Iターンとの違いは?

Uターン、Jターン、Iターン移住という言葉を知っていますか。聞いたことはあるけれども、内容までは詳しく知らないという人が多いのではないでしょうか。ここではUターンのメリットや特徴、Jターン、Iターンとの違いを紹介します。

Uターンとは「生まれ育った故郷から進学や就職を期に都会へ移住した後、再び生まれ育った故郷に移住すること」、Iターンは「生まれ育った故郷から進学や就職を期に故郷にはない要素を求めて、故郷とは別の地域に移住すること」(一般社団法人 移住・交流推進機構のHPより)。

つまり地方出身者が都会の大学などを卒業し就職した後に地元へ帰ることなどがUターン移住といえます。まったく知らない土地への移住ではないので、雰囲気や様子がわかっている点は心強いメリットです。Jターン移住は移住先が地元ではなく、地元近くの土地まで戻った場合に使われているようです。

Uターン移住をする魅力とは?

Uターン移住をする魅力とは?

地元へ帰ろうと考え始めるきっかけは、帰省が多いそうです。結婚、出産をして子育てが始まると都会の不自由さ、コストの高さが負担になってきます。保育園に入園しにくかったり、小学校が狭かったり、また犯罪や事故の心配など課題が多くなります。

そういった経験から、帰省した際に地方での暮らしの良さを改めて感じられるのが、きっかけとなるようです。家族のサポート、生まれ育った故郷の安心感、自然が近くゆとりある空間など気持ちの問題だけでなく、土地の価格の安さからマイホームが持てることや、ショッピングモールなどが広々として車で利用しやすいといった点も見逃せません。

また、子育てが終わった後の世代では、都会では取り組みにくかった趣味や自然に囲まれた環境を求めて故郷への移住を考えたり、親の面倒をみるためにとUターンする人もいます。

Uターン移住をする人への支援は?

Uターン移住をする人への支援は?

国は地方での起業や、東京圏からUIJターンにより起業、就業をする人へ支援金を支給する地方公共団体の取組を支援しています。起業支援金は地域の課題に取り組む起業(社会的事業)をする人に最大200万円を支援するものです。移住支援金は地域の中小企業などへの就業や、社会的起業をする移住者に最大100万円の支援をします(単身の場合は最大60万円)。

2019年度から6年間を目途に地方公共団体が主体となって実施するので、開始時期、支給額などの制度の詳細は地方公共団体により異なります。 ここでは移住先として注目されている県のUターン移住事情や支援を紹介します。

宮城県

県庁所在地、仙台市の人口は約220万人。 大都市ですが満員電車での通勤もほとんどありません。1982年に東北新幹線が開業してから東京までぐっと近くなりました。東北新幹線の全列車が停車する仙台駅は東京駅まで約1時間30分。仙台から東北主要都市へは新幹線でアクセスすることが出来ます。

宮城県のサポート

宮城県では「みやぎ移住サポートセンター」を設置し、Uターン就職希望者の支援をしています。総合窓口は有楽町の東京交通会館8階(電話 090-1559-4714)にあります。オンライン相談もできます。 みやぎ移住サポートセンター https://miyagi-ijuguide.jp 宮城県の市町村で実施している支援制度があります。

空き家情報、住宅取得支援、リフォーム支援、家賃補助など。実施している市町村、内容、条件などは異なります。Uターンを希望する市町村のホームページで確認してください。 みやぎ移住ガイド 移住のための支援情報 市町村が実施する支援制度 https://miyagi-ijuguide.jp/support/live

鳥取県

県庁所在地は鳥取市。面積は全国で7番目に小さく人口は約55万人で最も少ない県です。最近では梨を保存する技術の研究から発見された氷温技術が注目されています。

また、縁のある漫画家、作品を観光資源として全国に発信しています。米子鬼太郎空港、鳥取砂丘コナン空港などユニークなネーミングも好評です。移住にはとても熱心に取り組んでいて、移住サポートも充実しています。

鳥取県のサポート

鳥取県は移住者にさまざまなサポートを用意しています。鳥取県ふるさとでの新しいライフステージ支援補助金、移住定住促進エアサポート支援制度、鳥取県移住定住推進交付金、鳥取県新たな起業・創業人材移住強化補助金などがあります。

実施の有無や要件が異なる場合があるので、Uターンを希望する市町村のホームページで確認してください。 移住定住支援施策の紹介 https://www.pref.tottori.lg.jp/81751.htm 相談センターは東京と大阪にあります。就職については鳥取県立東京ハローワーク(電話 03-6280-6951)、鳥取県立関西ハローワーク(TEL 06-6346-1786)で相談できます。事前に電話やホームページから予約してください。

鳥取県への移住について詳しく案内しているホームページです。Uターンの促進と県内定住を目指した様々な取り組みを紹介しています。 とっとり移住定住ポータルサイト 鳥取来楽暮 https://furusato.tori-info.co.jp/iju/

宮崎県

宮崎県の県庁所在地は宮崎市です。人口は約106万人。冬でも温暖な気候でプロ野球などのキャンプ地として知られています。宮崎県では人口10万人あたりの病院数が全国第6位(平成25年厚生労働省医療施設調査)。県内全域を30分以内でカバーする救命救急体制を構築しています。

宮崎県のサポート

宮崎県の移住情報サイトではUターン移住者向けに宮崎の最新トピックスを紹介するなど、しばらく地元を離れていた人に向けての情報を発信しています。Uターン移住者の体験談も参考にしてください。

宮崎県への移住相談窓口、UIJターンセンターは宮崎本部、東京支部、大阪支部、福岡本部があります。 ふるさと宮崎ワーキングホリデー 宮崎県内に一定期間(2週間~1か月間)滞在し暮らしを体験できます。農業体験や企業で仕事体験、地域住民との交流など。

https://iju.pref.miyazaki.lg.jp/working/ Uターン体験談

https://iju.pref.miyazaki.lg.jp/uij/#u 移住・UIJターン情報サイト 

あったか宮崎ひなた暮らし 宮崎県への移住、UIJターンを応援するポータルサイト。https://iju.pref.miyazaki.lg.jp/

移住に関する様々な情報を発信しています。

群馬県

人口は約190万人で県庁所在地は前橋市です。伊勢崎市、高崎市、桐生市、太田市、館林市といった都市が平野部に点在しています。夏になると全国最高気温が話題になる地域です。利根川の上流にあるダムは群馬県内だけでなく東京都をはじめ関東の電力と上水道の供給源となっています。

高崎駅から東京駅までは新幹線で1時間弱、東京から100㎞圏内に位置し、東京と群馬の二拠点生活も検討できます。2020年の総務省によると、持ち家比率は71.4%で全国11位。ちなみに東京都は46.0%(46 位)です。群馬県に生活の拠点を構えながら東京へ通勤する人も少なくありません。

群馬県のサポート

群馬県ではGターン就職を呼びかけています。Gターンとは、外に出た方が就職のために戻ってくるUターン就職、都市部などから群馬県へ就職するIターン就職を総称したものです。Gはもちろん、群馬(Gunma)のGです。

群馬県が発行する就活支援の情報誌、Gターンガイドブックでは就職支援事業の紹介や、指標となる各種認証制度、群馬県の魅力、県内企業業種別売上高ランキングなど、Gターン就活に役立つ情報が満載です。 群馬県の移住情報発信サイト「ぐんま暮らしポータルサイト」 https://gunmagurashi.pref.gunma.jp/

まとめ

生まれ育った土地へ戻るUターン移住は、親や親族の世話や家業の継承など、家庭の事情で戻る場合も多いようです。一度離れたことで地元の特徴を再発見できるかもしれません。しっかり準備して新生活をスタートさせましょう。