鳥取県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口570,600人(2016年6月1日)
鳥取県HP鳥取県HP
鳥取県移住支援サイトこちら

鳥取県の特徴や歴史

砂漠を思わせる雄大な鳥取砂丘でおなじみの鳥取県。山陰地方の東側を占める位置にあり、最も人口の少ない都道府県として知られます。中国大陸や朝鮮半島との交易拠点であったため、弥生時代から多彩な道具や資材を手に入れ、高度なものづくり文化がありました。

国内で初めて弥生人の脳が発見された青谷上寺地遺跡、修験道の拠点であった三徳山に残る国宝「三佛寺投入堂」など、貴重な歴史の遺産が多く見られます。産業面では、境港で水揚げされる松葉ガニやマグロなどの豊富な海の幸は全国でも屈指の特産品です。農作物も豊富で、梨やブドウ、ラッキョウといった特産品を始め、河川沿いの平地では稲作、山間・山麓部では酪農と、バランスよく農業が行われています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

鳥取県はかつて日本で唯一高速道路のない県でしたが、近年道路開発が劇的に進み、利便性が非常に上がっています。鳥取自動車道の一部区間、および山陰道の県内区間は道路料金が無料で、県内外の移動に便利です。県内には2つの空港があり、羽田空港へ1日5~6便の定期便が運航されています。鳥取市の「鳥取砂丘コナン空港」、境港市の「米子鬼太郎空港」と、いずれも人気マンガにちなんだ名称で印象に残っている人も多いのではないでしょうか。新幹線を利用する場合は、県内には新幹線駅がないので、岡山駅または姫路駅まで特急列車を使うルートになります。

その他の情報

日本海型の気候で、温暖なイメージがありますが、実は全域が豪雪地帯に指定されるほどの降雪が見られます。一方で春と秋は晴天が多く、四季をよく感じられる気候といえるでしょう。日本海と中国山地に挟まれた東西に細長い地形で、山地による大きな起伏、河川沿いに広がる平野、白砂青松の海岸線と、変化に富んだ自然を楽しめます。県のシンボルである鳥取砂丘では、日本とは思えない神秘的な景観や、ラクダ乗りなどここでしかできない体験ができます。自然たっぷりの環境は、子育てにも大いにメリットとなるでしょう。鳥取県は「子育て王国とっとり」を掲げ、さまざまな子育て支援策や地域づくりに取り組んでいます。また、ストレス度合いの少なさを都道府県ごとに集計した「ストレスオフ県」ランキングで、鳥取県は女性版1位を獲得しており、女性の暮らしやすさも窺えます。 https://ijyu-sien.com/p/stress-off-pref/

鳥取県の移住支援・就業支援制度

鳥取県の移住支援・就業支援制度

鳥取県が実施・運営する移住支援制度には以下のようなものがあります。この他にも、市町村ごとにさまざまな各種支援事業が実施されていますので、移住先を検討する際に確認してみてください。

オーダーメイドツアーによる来県者支援

鳥取県に移住を考えている県外在住者が、移住準備のため来県する際に、交通費を補助する制度です。対象となる用件は、市町村などの関係団体への訪問、企業への採用面接や見学会、体験ツアーや各種研修会への参加などです。タクシーを除く交通機関の交通費、車の場合は高速道路料金やガソリン代、レンタカー代などが対象経費となります。助成額は実費の1/2、限度額は居住地によって異なります。定住機構のコーディネーターや市町村の移住相談員など、規定された相談員に面談などの上で推薦をもらう必要があります。 https://furusato.tori-info.co.jp/iju/think/support.html

鳥取県内国内便エアサポート支援事業

県が定める重点施策に関連して県内の空港発着便を利用する際に、費用が助成される制度です。このうち「移住定住促進エアサポート」事業は、鳥取県への移住予定者が、暮らし体験や移住手続き・就職活動のために来県する場合に対象となります。金額は1人あたり3万円を上限として経費の1/2で、年3回の往復分まで利用できます。航空便を予約してから搭乗日の7日前までに事前認定を申請し、行程終了後に実施レポートなどの必要書類を添えて請求する必要があります。 https://furusato.tori-info.co.jp/iju/think/support.html

とっとり暮らし住宅バンクシステム

県内の住宅や土地の情報をニーズに合わせて検索できる情報サイトが運営されています。「海辺暮らし」「街なか暮らし」といったロケーションや、「古民家風」「温泉が近い」などの生活環境などを選択して検索できます。空き家バンクとは異なり、掲載物件の問合せや手続きは、情報を登録した不動産業者を通じて進めます。 https://www.ietoti.jp/IJU/

鳥取県の子育て環境

鳥取県の子育て環境

鳥取県では「子育て王国とっとり」を宣言し、自然環境を生かし地域全体で子育てを支えることに取り組んでいます。「子育て王国とっとり条例」を公布し、県や市町村の責務と、保護者・子育て支援団体・県民・事業主の役割を明示していることから、実行につなげる姿勢が窺えます。人口あたりの保育所数は全国平均を大きく上回り、人口あたりの小児科医や産婦人科医の数は全国トップクラスです。さらに、鳥取県の小児医療費助成は18歳までと対象年齢が幅広く、心強いですね。

鳥取県で住むならどこがいい?

鳥取県で住むならどこがいい?

ここからは移住先におすすめの市町村をピックアップして紹介します。便利な都市部、海の幸豊かな港町、のどかな里山など、エリアによってさまざまな魅力があります。

鳥取市の周辺に住むなら

鳥取市は、人口185,081人(2021年6月30日現在)で、全国の県庁所在地の中で1番人口が少なく、人口密度も2番目に少ない市です。日本海に面しており、沿岸に広がる鳥取砂丘は南北2.4km, 東西16kmにもおよびます。「多極ネットワーク型コンパクトシティ」として中心市街地と地域拠点を公共交通で結ぶ取り組みがなされており、市街地の利便性と田舎暮らしの両立が期待できるでしょう。

豊富な自然を生かした子育て・教育環境があり、住みたい田舎ランキング「子育て世帯が住みたい田舎部門」1位になるなど、移住先として人気の町です。鳥取市の10%通勤圏には岩美町・若桜町・智頭町・八頭町が含まれ、これらに加えて兵庫県新温泉町と連携中枢都市圏を形成しています。

そんな鳥取市では移住支援が手厚く行われています。例えば、移住準備や視察のために市内を訪れる人向けに、レンタカー・タクシー利用補助金があり、前述した県の支援制度とあわせると交通費が広くカバーされます。また東京圏から移住し所定の用件を満たして就職・テレワーク・起業する人には、単身60万円・2人以上世帯100万円の鳥取市移住支援金が支給されます。

住まいについても、空き家バンクがある他、空き家バンクを利用して入居した物件の改修費などの補助、若者・子育て世帯向けの家賃補助など、数々の支援制度があります。暮らし体験プランをオーダーメイドで案内してもらえる「鳥取体験ガイド」や、移住体験施設も、移住計画に活用できるでしょう。市役所によるオンライン移住相談窓口が開設されており、リモート現地案内なども対応可能です。

倉吉市

倉吉市は鳥取県のほぼ真ん中に位置し、豊富な温泉や里山の自然に恵まれた町です。通称「白壁土蔵群」と呼ばれる打吹玉川地区は、江戸時代末期~昭和初期の町屋や土蔵が残る美しい町並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。特急「スーパーはくと」の停車駅があり、鳥取空港までは車で45分と、県外とのアクセスも悪くありません。倉吉市には空き家バンクがあり、制度を利用して物件を購入または賃借すると助成金を受け取ることができます。また県外からの移住者向けに住宅取得費用の補助がある他、若者世帯が家を新築した場合固定資産税の一部免除を受けられます。お試し暮らしをしてみたい人は、台所付きの湯治宿や里山のゲストハウスなど、タイプの異なる移住体験施設が利用できます。

境港市

境港市は県北西端の弓ヶ浜半島にあり、三方を海に囲まれた、まさに港の町といえるでしょう。日本屈指の水揚げ量を誇り、マグロやカニをはじめとする多種多様な魚介類が揚がります。水木しげるロードでも知られ、米子鬼太郎空港が属する市でもあります。住まいの支援として空き家バンクが運営されており、制度を利用すると改修費補助や入居時の奨励金が出ます。また、市の定期借地権付分譲地があり、土地区画整理事業で造成された「境港・健康シティ夕日ヶ丘」の分譲地を格安で借りられます。

西伯郡日吉津村

県北西部にある日吉津村は、北側は日本海に面し、残りの三方は米子市に囲まれた小さな村です。中国地方最高峰の大山を望み、一級河川の日野川が流れる穏やかな田園風景の中、ゆったりとした田舎暮らしを送れるでしょう。面積4.20k㎡、人口3,000人台とコンパクトですが、大手企業の工場があり実は強固な財政力を誇ります。大規模な総合ショッピングモールがあるなど、暮らしやすさは抜群といえるのではないでしょうか。子育てについても、妊娠期から就学まで小規模の村ならではの包括的なサポートが受けられ、複合型子育て拠点施設が新たに建設されるなど、安心な環境があります。

米子市

米子市は県西部の島根県との境、山陰地方のほぼ中央に位置しています。江戸時代から山陰の商業都市として栄え、「山陰の大阪」などと呼ばれてきました。現在も地元TV放送局や鳥取大学医学部・付属病院が置かれるなど重要な拠点都市となっています。鉄道駅や高速道路も多く、米子空港へ車で20分あまりと、山陰地方の交通の要衝でもあります。大山のふもとや駅近くなど、タイプの異なるお試し住宅があり、3日以上90日以内の範囲で利用できます。空き家情報は市の空き家バンクで閲覧できる他、希望条件を伝えて物件情報をメールなどで案内してもらえる窓口があります。

西伯郡南部町

南部町は、環境省による「生物多様性保全上重要な里地里山500選」に全町域が認定された、豊かな里山の町です。ホタルやオオサンショウウオといった生物が生息し、柿や梨などの農産物も豊かに実ります。米子市に隣接しているので、都市部に通勤しながらゆったりとした里山暮らしを楽しむこともできますね。土地や住宅購入に際し固定資産税相当額を3年間交付する定住促進奨励金や、新婚・子育て世帯の家賃を助成する子育て世代等応援定住促進奨励金があります。また南部町には最長1ヶ月利用できるお試し居住施設が設けられています。地域の交流拠点として使われる複合施設内にあり、交流を深めながら現地の暮らしが体験できます。

まとめ

人口が少なく、海・山・川そして砂丘という豊かな自然に包まれた鳥取県。県や市町村による移住支援制度も手厚く用意され、子育てサポートの熱心さも窺えます。人混みから離れ自然を感じながら暮らしたい、しかし生活の利便性も保ちたいというニーズを、鳥取県でなら叶えられるのではないでしょうか。