長崎県西彼杵郡時津町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Feb 28, 2021

長崎県西彼杵郡時津町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

長崎県西彼杵郡時津町へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!時津町の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。時津町は「時」という文字が使われる日本で唯一の自治体です。時津町に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

長崎県西彼杵郡時津町(とぎつちょう)ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口29,207人(2020年11月1日)
自治体HP時津町HP
時津町 移住支援サイトこちら

長崎県西彼杵郡時津町(にしそのぎぐんとぎつちょう)は長崎県の南側、大村湾に面しています。東西に7km、南北に9kmとコンパクトな大きさです。

江戸時代には長崎街道の近道として「時津街道」が大名や役人に使われ、現在も「お茶屋」と呼ばれる要人が休息した屋敷が残っています。時津町から長崎空港へ直通で25分の高速船の定期便がありアクセス良好です。

近年、川平有料道路の開通、国道の整備がすすんだため周辺都市部への交通の便もよくなりました。そのため工場や企業が進出し、長崎市街地まで車で約25分で行けるため、長崎市のベッドタウンにもなっています。

長崎県全体は人口流出が著しい状況ですが、時津町は人口が増加傾向にあります。年間を通して温暖な気候でミカン、ブドウ、ビワなどが栽培されています。

時津町内の情報を1冊にまとめた「時津町子育て支援ガイドブック」の発行などで子育て世代を応援しています。山と海が身近である一方で、ショッピングセンターやホームセンターなど生活に必要な買い物ができる店舗も並ぶ、暮らしやすい町という印象です。

長崎県西彼杵郡時津町の移住支援制度

長崎県西彼杵郡時津町の移住支援制度

時津町独自の支援制度はありませんが、長崎県の移住サポートを受けることができます。就職、転職のサポート、開業支援などを紹介します。

就職・転職・開業支援

「ながさき移住サポートセンター」で長崎県内への就職・転職の相談ができます。県内の転職市場動向と求人情報を提供、求人案件の紹介、求人企業への推薦など。東京の窓口が有楽町の東京交通会館8階、ふるさと回帰支援センター内にあります。

ながさき移住サポートセンター(長崎本部)

また「西そのぎ商工会」では独立開業を目指す人向けに開業セミナー(創業塾)を開催しています。

西そのぎ商工会HP「時津・長与ウォーカー

移住定住促進PR冊子

「時津町移住定住促進PR冊子」は時津町民総活躍プロジェクト推進委員会(事務局:企画財政課)が作成した冊子です。時津町の情報がイラストや住民のコメント入りでわかりやすくまとめられています。こちらのページからダウンロードできます。

長崎県西彼杵郡時津町の観光情報

長崎県西彼杵郡時津町の観光情報

「さばくさらかし岩」は国道206号線沿いの山の斜面に見える、巨大なこけしのようにも見える巨岩です。頭の岩が落ちそうで落ちない様子から、合格「祈岩」のパワースポットとして知られるようになりました。

「崎野自然公園」ではキャンプ場や草スキー場、アスレチックなど子どもが思いっきり遊べます。時津町住民の憩いの場となっています。遊歩道の先には展望所があり、大村湾の絶景を楽しむこともできます。

大村湾

「二十六聖人上陸の地」は1597年に豊臣秀吉に処刑を命じられたキリスト教徒たちが到着した場所です。二十六聖人は大坂から追放され時津に上陸した後、殉教地長崎へ向かいました。長崎市には「日本二十六聖人記念碑」が立てられています。

隣接する長崎市にはほかにも有名観光地が多くあります。時津町から気軽に足を伸ばして、中国、オランダの影響が見られる異国情緒豊かな祭りや史跡めぐりが楽しめます。

まとめ

時津町は海と山の自然に恵まれ、公共施設、商業施設も充実した生活しやすい場所です。人口の増加からも人気がわかります。長崎県内で移住先を探すなら候補の一つとして考えてみてください。