栃木県ってどんなところ?

栃木県は北関東に位置し県庁所在地は宇都宮市です。人口は約190万人。日光、那須などは観光地、保養地として知られています。自然豊かな場所で都市部があり、東京からも近いため、移住先候補としても人気があります。

地図GoogleMapリンク
人口人口推計、1,944,000 (2019年6月1日)
栃木県HP栃木県HP
栃木県移住支援サイトこちら

栃木県の歴史

7世紀後半、下野(しもつけ)国がまとまり下野国は9郡に分かれ、政治の中心として国府が置かれました。国分寺・国分尼寺・下野薬師寺がつくられ都からの影響を受けていたことがわかります。室町時代中期には関東管領上杉憲実が日本最古の学校といわれる足利学校を整備し、全国に知られるようになりました。徳川家康の死後、日光が幕府の聖地となり東照宮など華麗な建物が作られて保護、崇敬されました。1999年には日光東照宮、 日光二荒山神社、日光山輪王寺など国宝9棟、重要文化財94棟が、世界文化遺産として登録されています。

高速道路や新幹線など交通について

東京から宇都宮まで新幹線で約50分、車では約2時間と鉄道、道路ともにアクセスがよいのが特徴です。JR東北新幹線、JR宇都宮線(東北本線)、東北自動車道、国道4号が県内中央を通り、また宇都宮を中心にして、日光線、東武鉄道など栃木県内各地へと路線が伸びています。また、過疎によってバス便が減少している状況に対応するため、地域共助型生活交通として自家用車を使った運送など、現状に即した対策を試みています。

栃木県の地理・気候

栃木県は関東地方の北部、北関東といわれるエリアで、茨城県、群馬県、埼玉県、福島県に接する内陸県です。県の北部から西部には那須連山、日光連山、帝釈(たいしゃく)山地、足尾山地が連なる山岳地帯です。山岳地帯は日光国立公園、尾瀬国立公園(帝釈山、田代山湿原周辺)に指定されており、日光、鬼怒川、川治、塩原、那須などの観光地となっています。北部は奥羽山脈に連なる那須連山、日光白根山などの火山が並んでいます。那珂川、鬼怒川、渡良瀬川流域には肥沃な平野が広がり関東平野につながります。 北西部山岳部と奥日光は夏季は涼しく冬季は寒さが厳しい気候です。標高1000mを超える地域では厳冬期には零下20度以下まで下がることもあり、標高1400mを超える戦場ヶ原では零下30度前後を記録したこともあります。北部平野部、那須高原周辺は冬季は曇りや雪の日が多くなりますが、比較的冷え込みが緩い日も多くなっています。夏季は涼しいため避暑地となっています。県央の平野部の宇都宮市辺りでは8月の平均最低気温が県内で最も高く、熱帯夜も多いです。北部平野部では冷気もたまりやすく、黒磯や大田原では零下10度以下まで下がることがありますが、夏季は平野部でも涼しく熱帯夜になることはほとんどありません。県南の小山市や佐野市、足利市など、群馬県や茨城県に近接する地域は夏季は猛暑日となることも多く、栃木県内で最も暑さが厳しい場所です。冬は零下8度前後まで下がる日もあります。

栃木県の主な産業

栃木県は首都圏から近く、農業産出額は全国第9位、製造品出荷額等は全国第12位など、商工業、農業、観光とバランスのとれた産業活動を展開しています。日光国立公園をはじめとして、8つの県立自然公園があり、四季折々の豊かで美しい自然、さらに鬼怒川、那須、塩原といった温泉郷も多く、観光客が訪れています。 主要農産物はイチゴやニラ、生乳、米など。県内外からの人材の確保、生産性の向上と農産物の高付加価値化の推進を積極的に行っています。商工業では内陸における国内最大級の清原工業団地の地域経済への波及効果が大きく、企業の誘致や研究開発機能の集積・拡大に努めています。また、自動車や航空宇宙などへは重点的に振興を促進しています。産学官金ネットワークを活用しながら、中小企業の人材育成や研究開発などを支援しています。

フードバレーとちぎ

栃木県では「食」をテーマに地域経済を成長発展させ、「フードバレーとちぎ」を目指す取り組みを行っています。フードバレー (Food Valley)構想 はオランダが発祥で、先端企業が集まるシリコンバレーのように食品関連企業と大学、研究機関が集積したエリアの総称です。日本国内では帯広市(とかち)、新潟市、富士宮市などがフードバレーに取り組んでいます。栃木県は豊かな農産物や豊富で良質な水に恵まれた土地です。農業、食品製造業をはじめ、流通業、小売業、さらには観光・サービス産業など幅広い分野にわたって産業振興に大きな効果が得られると期待されています。 フードバレーとちぎ https://foodvalley-tochigi.jp/food_valley

栃木県の移住支援・就業支援制度

栃木県の移住支援・就業支援制度

栃木県の移住支援制度をまとめました。今年度の実施の有無、支援条件の変更などについてはホームページや県に確認をしてください。予算や応募者枠の上限で締め切られる場合もあります。

移住体験宿泊

栃木県内には移住体験ができるおためし住宅があります。栃木市(蔵の街やどかりの家、IJUテラス蔵人館)、鹿沼市(いちごいち家)、日光市(農山村生活体験の家、移住体験の家)、小山市(おやま暮らしお試しの家)、大田原市(南方古民家、ゆーゆーキャビン宿泊体験)、那珂川町(いきいき田舎暮らし体験住宅)ほか。田舎暮らし体験や農業体験など、お試しプログラムを用意しているところもあります。栃木県は東京からもアクセスしやすいので、移住希望先の環境に慣れたり、地元の方との交流を深めていくこともできます。

とちぎUIJターン就職サポート

都内におけるUIJターン就職の相談窓口として「とちぎUIJターン就職サポートセンター(通称ジョブモール東京サテライト)」を開設しています。学生のUIJターン就職を促進するため、首都圏大学と連携し、学内でのUIJターン就職ガイダンスを実施するなどの支援も行っています。栃木県公式就職活動支援アプリケーション「とちまる就活アプリ」、総合的就労支援機関「とちぎジョブモール」、奨学金助成制度(とちぎ未来人材応援事業)も活用できます。

栃木県移住支援事業

栃木県では「とちぎWORKWORK就職促進プロジェクト事業」の一環として、東京圏からの移住・定住の促進と県内中小企業等における人手不足の解消に向けて、栃木県移住支援事業を実施しています。東京23区在住または東京圏から23区に通勤する人が対象となる中小企業等に就職すると、世帯で移住の場合100万円、単身で移住の場合60万円の移住支援金が支給されます。ほかにもプロフェッショナル人材、県内でのテレワーク、起業・創業をするなどの場合に要件を満たせば移住支援金を受けられます。具体的な要件はホームページで確認できます。 【要件緩和!】栃木県に移住して最大100万円支給!栃木県移住支援事業開始! http://www.pref.tochigi.lg.jp/a03/iju_shien_jigyou.html

地域課題解決型創業支援補助金

「地域課題解決型創業支援補助金」は栃木県内の地域課題の解決のために、新たに創業する人に経費の一部を助成する事業です。地域経済の活性化及び地方創生の実現を図ります。 補助対象経費の2分の1以内、上限200万円です。事業例は観光による地域活性化、まちづくりの推進、子育て支援、教育関連、地域交通支援、社会教育関連、環境関連、社会福祉関連など。補助対象経費は人件費、店舗等借料、設備費、原材料費、借料、知的財産等関連経費、謝金、旅費、外注費、委託費、マーケティング調査費、広報費など。 ※令和3年度の募集期間は4/14〜5/14。次年度未定    「地域課題解決型創業支援補助金」について https://www.pref.tochigi.lg.jp/f03/chiikikadai_hojo.html

栃木県の子育て環境

栃木県の子育て環境

栃木県では県を挙げて子育て支援に取り組むため、「とちぎの子ども・子育て支援条例」を制定しています。結婚、妊娠、出産、子育ての各段階で支援を行い、子育て環境の整備をすすめています。お父さん向けの子育て情報冊子「父子手帳」の作成、所得制限なしの医療費の自己負担額を市町が助成する制度(小学校6年生まで)なども設けています。また、全国でも珍しい妊産婦を対象にした妊産婦医療費助成制度があります。病気やケガなどで病院にかかった時、医療費の自己負担額を市町が助成する制度です。所得制限はありません。自己負担額は医療機関(薬局を除く)ごとに、月500円(1診療報酬明細書)です。 とちぎの子育て情報サイト http://www.pref.tochigi.lg.jp/kodomo/kosodatesien/

栃木県で住むならどこがいい?

栃木県内で暮らしやすい、特徴ある市を紹介します。名所や景観、名物などがある魅力的な土地です。ぜひ訪れて雰囲気を感じてみてください。

宇都宮市の周辺に住むなら

栃木県で住むならどこがいい?

宇都宮市(うつのみやし)は、栃木県の中部に位置する市で栃木県の県庁所在地です。人口は約51万人。ギョウザの年間購入額が日本で有数の北関東最大の都市です。江戸時代には参勤交代や日光東照宮の造営などで往来も多く、小江戸と呼ばれるほど繁栄しました。昭和35年以降は宇都宮工業団地、清原工業団地などの造成がはじまり積極的に工業振興策を推進しています。昭和59年には宇都宮テクノポリスの地域指定を受け、産・学・住が結ばれたまちづくりを進めてきました。鉄道は東北新幹線の東京駅乗り入れで宇都宮と東京は53分と短縮され一層便利になりました。東北自動車道、日光宇都宮道路(日光道)、北関東自動車道が開通しますます人やものの交流が盛んになっています。日光、鬼怒川、那須、塩原などの観光地に囲まれ、都会的な雰囲気もあり、ちょっと足を伸ばせば田園風景が広がる「とかいなか」な暮らしができるまちです。移住希望者向けに、宇都宮市の暮らしや子育てなどの情報を集約した移住・定住アプリを作成しています。宇都宮市移住支援金、みや暮らし体験事業(お試し居住、日常生活体験ツアー)、オンライン移住イベントの開催もあり、移住者受け入れに積極的です。 宇都宮市 移住・定住アプリ、パンフレットの紹介 https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/shisei/machi/1013748/1015286.html

那須塩原市

那須塩原市(なすしおばらし)は、栃木県北部にあり関東地方の最北部に位置しています。人口は約11万人で県内第6位です。塩原温泉郷や板室温泉、三斗小屋温泉をはじめ、塩原渓谷や沼ッ原湿原を代表とした自然豊かな山岳部があり、JR東北新幹線と宇都宮線の那須塩原、黒磯、西那須野の各駅周辺と国道4号と国道400号沿いには市街地が形成されています。降水量は夏季に多く、山間部では冬季に積雪があり4月下旬でも雪が残っています。東北縦貫自動車道の西那須野塩原IC、黒磯板室IC、那須IC、鉄道は東北新幹線那須塩原駅(東京駅から約72分)JR宇都宮線西那須野駅(上野駅から約142分)ほか。観光のほか酪農も盛んで生乳の生産量が北海道の別海町、中標津町、標茶町に次いで全国第4位となっています。移住支援は、那須塩原市移住支援助成金、新幹線定期券購入補助事業、那須塩原市移住応援補助金(賃貸住宅に入居した人へ家賃の一部を補助)などがあります。

佐野市

佐野市(さのし)は栃木県の南西部にある人口約12万人の都市です。人口は県内第5位、佐野ラーメン、佐野厄除け大師やアウトレットモール、ショッピングモールがあり、休日には県内外から多くの人が訪れています。北部周辺は森林や山間地域、南部と西部は、住宅や工業、商業地が集積する都市的地域、農地です。東京から70キロ圏内に位置し、東北自動車道の佐野藤岡IC、北関東自動車道佐野田沼IC、東北自動車道佐野SAのスマートインターチェンジと、市内に3つのインターチェンジがあります。気候は年間を通して比較的温暖で降雪はほとんどありません。水資源に恵まれ、地下水から作られた水道水が各家庭に供給されています。移住支援は佐野市若者移住定住促進奨励金、佐野市奨学金返済助成事業(奨学金の一部を助成)、空き家バンク、空き家改修費用補助金など。 佐野市の定住ポータルサイト 佐野で暮らそう! https://www.city.sano.lg.jp/ijuteiju/index.html

小山市

小山市(おやまし)は栃木県南部にる人口県内第2位の約17万人の都市です。関東平野のほぼ中央に位置し市の中央に思川(おもいがわ)、東には鬼怒川が流れ、西南部にはラムサール条約湿地である渡良瀬遊水地が広がります。山や丘陵はなく思川流域、市東部の吉田用水、田川、鬼怒川流域は水田地帯で、その間の台地部は畑作、住宅地、商・工業地となっています。夏は暑さが厳しく、38℃ぐらいになることもあります。夕立が多く、発雷日数は全国有数です。冬は-8℃ぐらいまで下がることもありますが、降雪日数は年に数日程度のことが多いです。鉄道はJR宇都宮線と東北新幹線を軸に、JR水戸線、JR両毛線が小山駅で結節します。東京駅までは新幹線で約40分です。道路も、国道4号と新4号国道、国道50号の広域幹線道路が市内を縦横に走り、交通アクセスの良いまちです。立地を生かし陸の工業地として県下第2の都市となっています。隣接する茨城県結城市との繋がりが深く、ユネスコ無形文化遺産に登録された本場結城紬を生産している地区もあります。また、ラムサール条約湿地登録された渡良瀬遊水地や思川周辺の豊かな自然環境、徳川幕府に関連した貴重な歴史と文化などバランスのよい魅力のある都市です。移住支援はおやま暮らしお試しの家、小山市転入勤労者等住宅取得支援補助金、小山市新幹線通勤定期券購入補助金など。子育て支援日本一を目指して各種支援も整えています。 小山市移住・定住サイト おや! まぁ! おやまライフ https://www.city.oyama.tochigi.jp/site/iju/

下野市

下野市(しもつけし)は栃木県南部の人口約6万人の市です。宇都宮市、小山市に隣接しています。東に鬼怒川、西に思川などがながれる高低差の少ない開けた平坦地です。夏は高温多湿で雷が多く、冬は低温乾燥の温暖な気候で積雪はほとんどありません。8世紀に聖武天皇の詔により下野国分寺・国分尼寺が建立され、仏教文化の中心地となりました。江戸時代には日光街道の宿場町(小金井宿・石橋宿)を軸として繁栄しました。交通の便は良く、 国道4号、新4号国道、JR宇都宮線など首都圏の中心部と東北地方を結ぶ大動脈が市内を南北に通っています。東北自動車道の栃木ICまで約30分、さらに近年の北関東自動車道の壬生IC、宇都宮上三川ICの開通により利便性が増しました。鉄道では都心まで新幹線(小山から)で約40分、JR宇都宮線快速などを利用で約70分。JR宇都宮線の自治医大駅を中心にニュータウンによる新市街地が拡がります。 農業は、コメ、ムギ、ホウレンソウ、タマネギ、イチゴほか。特産品かんぴょうの生産量は全国一です。工業は、食料品、プラスチック製品、窯業・土石製品、金属製品などの製造業が盛んで、幹線道路、鉄道などの交通網を活用した物流拠点としての発展も期待されています。移住支援は空き家バンク、定住促進住宅新築等補助金制度、家庭菜園整備補助、移住希望者向けの個別市内ガイドなど。移住者のみを対象とした制度ではありませんが、新婚世帯へ新居の購入、引越しに関する費用などの一部を助成する補助金(上限30万円)が支給されるなど、身近な温かみのある支援が特徴的です。 プチハピしもつけ

フロントページ

大田原市

大田原市(おおたわらし)は栃木県の北東部あり、人口は約7万人。松尾芭蕉が句を残した雲巌寺が知られています。市の中央を流れる那珂川や里山など自然に恵まれた地で、栃木県なかがわ水遊園、日帰り温泉など見どころも多くあります。JR東北新幹線、那須塩原駅利用の場合、東京駅からは約70分、那須塩原駅から市の中心部までは、市営バスまたはタクシーで約15分です。高速道路は、東北自動車道西那須野塩原IC、矢板ICから約20分。国道294号、400号、461号の3路線の国道が通過し、道路交通網の整備が図られています。清流、肥沃な土、自然環境に恵まれ、コメの生産量は県内第1位。ウド、ニラ、ナスなどの野菜、ブルーベリー、スイカ、イチゴ、ナシ栗などの果樹栽培、お茶、コンニャク、和牛や乳牛の飼育も盛んです。工業野崎工業団地、野崎第二工業団地、中田原工業団地、品川台工業団地で、医療機器、通信機器製造などの生産、産学官の連携による新製品開発、新事業創出への取組も積極的に行われています。鮎を食べることのできる黒羽観光やな、県立なかがわ水遊園、天然温泉、ゴルフ場などレジャースポットも多くあります。また、平家物語に登場する弓の名手、那須与一ゆかりの地として町おこしを行っています。移住支援は空き家バンク、大田原市移住支援金、移住体験、大田原市移住・定住交流サロンの設置など。住、職、商業地、官公庁がコンパクトにまとまった便利な都市です。 大田原市移住・定住交流サロン ホームページ https://ohtawara-ijyu.jp/index.html

まとめ

東京から適度な距離で、豊かな自然と共存ができるのは栃木県の大きな魅力です。平日は東京で仕事して週末は栃木でのんびり過ごす、といった二拠点居住から移住をはじめることも可能です。