田舎で見かける代表的な虫一覧

田舎で見かける代表的な虫一覧

自然の多い田舎では、害虫から無害な虫、または役に立つ益虫まで、さまざまな種類の虫が身近にいます。家や周囲で見かけることの多い主な虫についてまとめました。

夏の厄介な虫の代表格と言えば、まず挙げられるのが蚊でしょう。毎年のように刺される人も多く、完全に防ぐのは難しくもある、きわめて身近な害虫でもあります。
蚊は都会を含むいたるところで生息していますが、田舎では田んぼや水路、茂みなど、蚊が繁殖しやすい条件が揃いがちです。刺されると、かゆみや腫れといった不快感はもちろんのこと、種類によっては深刻な感染症の媒介元ともなるため、極力避けたいものです。

ハエ・コバエ

こちらも身近な害虫です。
人を刺すことはないものの、まとわりつくように身の回りを飛ばれたり、飲食物にとまったりと、不快感は少なくありません。それだけでなく、ハエは動物の死骸や糞などの汚物を好むことから、大腸菌などさまざまな病原菌を媒介してしまう危険があります。

コバエはショウジョウバエやキノコバエなどの小さなハエの総称です。人体に直接的な害があるわけではありませんが、水回りや観葉植物などどこにでも現れ、また大量発生することもしばしばあり、わずらわしいものです。

スズメバチ

虫というジャンルに限らず、人類にとって危険生物のひとつであるスズメバチ。
他のハチと違って攻撃性が高く、刺されるとアナフィラキシーショックなど場合によっては命にかかわることもあります。禍々しい姿や不穏な羽音だけで恐怖を覚える人も少なくないでしょう。春から秋にかけて活動し、なかでも繁殖期を迎える夏は危険度が増します。

樹液に集まるため、緑豊かな田舎で特に多く生息します。樹木だけではなく家の軒下にも巣を作るなど、人間と生活圏が重なるため、被害はレジャー時だけに留まりません。

ゴキブリ

不快害虫と言えば、ゴキブリを挙げる人が多いのではないでしょうか。下水や排水溝といった不衛生な場所を通り、また生ゴミや死骸などを好むため、衛生面の懸念が強い害虫です。さらに生命力・繁殖力が高く、撲滅するのはなかなか難しいとも言われます。

都市部でもごく一般的な虫ですが、田舎の場合、古いつくりの木造住宅では隙間があり、侵入しやすい・繁殖しやすいといった側面があるかもしれません。

アリ・シロアリ

アリも家の中に入ってくることがよくある虫です。
気づくのが遅れると、行列をなしていたり、家の中で巣をつくってしまったりということになりかねません。被害としては、見た目の不快さや食害、噛まれる危険はもちろん、家電製品のコードをかじって故障させてしまうこともあります。

より深刻な被害をもたらすのがシロアリです。床下などから侵入し、柱など家屋の木部、場合によってはプラスチックや断熱材まで食べてしまいます。最悪の場合は家屋の倒壊にもつながりますし、近隣にも被害が広がる恐れもあります。

アシダカグモ(クモ)

クモは一般的に、害虫を食べてくれるなど人間にとってメリットがある「益虫」とされます。しかし苦手な人にとっては家の中で見るとぎょっとするものです。
特にしばしば見られるアシダカグモは、とても長い脚をもった大型のクモで、見た目から怖がられることも多いでしょう。さらに、アシダカグモが見られるということは、そのエサとなるゴキブリやハエなどの害虫が同じ家の中にいる可能性を意味します。遭遇しないに越したことはないのかもしれません。

ムカデ・ゲジゲジ

害虫の中でも、噛まれると特に痛く、時にアナフィラキシーショックの危険もあるのがムカデです。
林野や畑の多い田舎ではムカデが多く、都会でも考えられないような大きさの個体に出会うこともしばしばです。家の出入口やちょっとした隙間、排水口などから侵入してきます。夏が活動期で、夜行性のため寝ているときに遭遇した、靴や布団に潜んでいたなどの

怖ろしい経験談も枚挙に暇がありません。

ムカデの仲間のゲジゲジもまたその姿から忌避されがちですが、こちらはゴキブリ・ダニ・シロアリなどを食べてくれる、実は益虫です。微弱な毒はもっているもののほとんど無害と言われます。とはいえ独特の見た目と動きの速さから、虫が苦手な人にとっては目にしたくない生き物のひとつでしょう。

カメムシ・カナブン

カメムシは、家に侵入してくるほか、干した洗濯物につく、玄関灯に群がるなど、身近に現れます。
カメムシの厄介さは、刺激を与えると放つ強烈な悪臭です。追い払ったり駆除したりするにも注意する必要があります。農作物や観葉植物への被害もあります。

カナブンもまた、家に入ってきたり洗濯物についていたりする存在感のある甲虫です。しかし、カナブンは特に害はなく、幼虫は落ち葉を食べて分解してくれる、どちらかと言えば益虫の部類に入ります。
いっぽう、姿の似たコガネムシは、幼虫も成虫も植物に被害を出す害虫であるため注意が必要です。

最後に挙げるのは、虫といってもむしろ目にすると嬉しい部類に入るかもしれません。ホタルは言わずとしれた発光する性質をもち、神秘的な見た目とふしぎな生態が興味を惹く生き物です。古くから夏の風物詩でありながら、清流にしか生息できないため、現代では見られる場所が全国でも限られています。
光っていない姿を知らずに家の中で見かけてびっくりしたという人もいるかもしれませんね。

即効性抜群!具体的な虫対策まとめ

即効性抜群!具体的な虫対策まとめ

田舎ではさまざまな虫と関わることは避けられません。そこで大事なのは虫による被害を防ぐことです。虫ごとに具体的な対策方法をまとめました。

蚊は蚊取り線香や殺虫スプレーで駆除

蚊は1匹1匹への対処は難しいので、まとめての対策が有効でしょう。昔ながらの蚊取り線香は、ピレスロイドという殺虫成分が練り込まれた線香です。着火すると熱によって殺虫成分が揮発して空気中に放出され、周辺の蚊に作用します。

効果のある範囲は2~3mと言われ、1部屋程度なら隅に置いておくだけで一気に対策できるのが利点です。一方、火を使うため取り扱いに注意が必要なこと、煙で喉が痛くなる・洗濯物に匂いが付く可能性などはデメリットと言えるでしょう。コンセント式や電池式の、液体電子蚊取りというジャンルの製品もあります。

また殺虫スプレーも有効な手段です。蚊に効果のあるスプレーとしては、蚊に向かって直接かける他、室内にワンプッシュするだけのタイプもよく見られるようになりました。殺虫成分が壁などに付着し、部屋にいる蚊を一掃できるというものです。また庭仕事のときなどに、地面などにスプレーする屋外用の強力なタイプもあります。外出時は虫除け対策も忘れずにしましょう。

ハエ・コバエはフマキラー 超激取れキューブが有効

どこからともなく現れわずらわしいハエやコバエ。キッチンや食卓周りに現れることも多いため、殺虫剤を使いたくない場合もあります。そこで向いているのが、誘引して駆除するトラップタイプの対策です。めんつゆと台所用洗剤で手作りする方法も話題になりました。

製品で有名なのはフマキラーの「超激取れキューブ」です。コバエが好む色や香りで強力に誘引し、容器の中に誘い込みやすい形状でしっかり捕らえます。

スズメバチはフマキラーやポイズンリムーバーで対処

危険度の高いスズメバチは、見かけたら即時に対処する必要があります。特に近くに巣がある場合などは、確実に駆除しなければなりません。

フマキラー社ではハチ向けにもさまざまな製品を出しています。「ハチ・アブダブルジェット」や「ハチ・アブバズーカジェット」は、遠くまで届くジェットスプレーでハチの動きを止めて退治、しばらく巣作りを阻止します。巣に持ち帰らせて成虫も幼虫も退治する駆除エサタイプの「スズメバチ巣ごとキラー」、庭木に吊すトラップ式の「ハチ超激取れ」もあります。

駆除するほか、万一刺された場合にも備えておきたいところです。応急処置用として、ポイズンリムーバーを準備しておくとよいでしょう。口をつけずに毒を吸い出すことができる道具です。

ゴキブリは置き餌やスプレーで駆除

ゴキブリに薬剤で対処する方法のひとつは、ホウ酸団子に代表される置き餌タイプです。ゴキブリの出やすい場所に置いておくと、遅効性の毒で巣に戻ったあとの個体を退治、さらにその死骸を食べた仲間のゴキブリも退治することができます。巣ごと退治できること、死骸を見なくて済むことが大きなメリットです。

一方、出没した個体に即効性があるのはスプレータイプです。ピレスロイド系のイミプロトリンという成分は、神経を麻痺させて動きを鈍らせ、確実に仕留めるのに有効です。ほかに、効果が長く続くフェノトリン成分を使ったスプレーもあり、ゴキブリの通り道に吹きかけることで忌避効果を持続させる待ち伏せ効果があります。キッチン周りなど殺虫成分を使いたくない場合は、合成洗剤の泡で窒息させて退治するものや、凍らせて動きを止める冷却剤タイプが使えるでしょう。

シロアリはスプレーで直ちに駆除

家屋に深刻な被害が出る恐れがあるシロアリは、見かけたら早急に駆除しなくてはなりません。スプレーは殺虫成分をシロアリに直接吹きかけるため、即効性に優れています。商品によっては、侵入経路に吹きかけておくことで一定期間効果が持続する、予防効果があるタイプもあります。

ただし、シロアリは目につかないところに巣を作り、身を隠していることが多いものです。現れた個体をスプレーで退治するだけでは根絶は難しいでしょう。置き餌型の殺虫剤は巣ごと駆除が見込めます。

もしも既に被害が大きいと思われる場合は、信頼できる専門業者に調査・駆除を依頼する必要があります。また、住宅の防蟻処理としては、土壌への薬剤散布や木部への塗布・注入といった作業を定期的に行うことが基本です。餌となるダンボールや廃材を家の周囲に放置しないといった予防も忘れず行いましょう。

クモは益虫なのでケースバイケースで対処

アシダカグモなどのクモは、害虫を食べてくれるありがたい存在として、屋内で見かけてもそっとしておく人が多いようです。どうしても気になる場合は、ちりとりや虫取り網を使うなどして外に逃がしてあげるとよいでしょう。クモよけのスプレー製品や、クモが嫌うアロマやレモンをつかって、クモを寄せ付けないようにする手もあります。
何より、クモが家の中にいてほしくないのであれば、エサとなる他の害虫がいない環境を作ることが重要です。

カメムシは潰さず触れずに虫取り網で

刺激を与えると悪臭を放つカメムシは、叩いたり払ったり、掃除機で吸いこんだりするのは厳禁です。虫取り網で捕獲するとよいでしょう。ティッシュペーパーをそっと差し出してつかまらせ、ティッシュごとポリ袋に密封して捨てたり、外に逃がしたりする方法もあります。カメムシ用の殺虫剤には、瞬時に凍らせる凍結タイプのものが一般的です。

カメムシは時に大量発生するため、家に入れないことも大事です。他の害虫と同様、家のちょっとした隙間が侵入経路となるためしっかり対策しましょう。ほかにも侵入経路となる窓の網戸やカーテンに忌避剤をスプレーする、洗濯物にも注意するなどの対策が考えられます。

要注意!田舎暮らしはムカデ対策が必須

要注意!田舎暮らしはムカデ対策が必須

田舎暮らしで特に注意したいのがムカデです。触ると危険なうえ、動きが素早いため駆除が難しく、万一噛まれた際の対処にも知識が必要です。

ムカデコロリや熱湯で駆除する

アース製薬の「ムカデコロリ」シリーズは、毒餌剤のほか、ジェット噴射スプレーも出ています。薬剤以外だと、熱湯をかけることで退治することができます。

噛まれた時に絶対にやってはいけない事

もしムカデに噛まれてしまった場合、毒が回る!と焦って口で吸い出してはいけません。ムカデは刺すのではなく表面を噛むため、口内が毒に直接触れてしまい、喉や気道に炎症を起こす危険があるためです。
また、痛みや腫れをやわらげようと冷やすのもNGです。ムカデの毒は、低温で痛みが増すとされるからです。

ムカデに噛まれたときの対処法

噛まれたときは、まずお湯で患部を洗い流すのがよいとされます。温度は43℃程度、5分以上が望ましいでしょう。これは、ムカデの毒は噛まれた皮膚表面に付着するため、洗い流すことで毒の量を減らせることと、高温で変性し毒性が弱まることが期待できるためです。

洗い流したあとは、消炎作用のある外用薬を塗ります。虫刺され用のステロイド塗り薬を常備しておくとよいでしょう。
もしも吐き気やめまい、頭痛、じんましんなど、アナフィラキシーを疑う症状が出たらすぐに病院にかかりましょう。腫れや痛みが何日も引かない場合も、念のため受診したほうがよいかもしれません。

田舎暮らしがしたいけど虫は苦手な方へ

田舎暮らしがしたいけど虫は苦手な方へ

田舎暮らしでは虫が避けられないことがわかりました。一方、虫が苦手という感覚はなかなか意識して直せるものではありません。虫が苦手な人が、田舎暮らしをしたい場合、どうすればよいでしょうか。

田舎暮らしに虫は付き物

まず必要なのは、田舎暮らしには虫が付きものであると割り切ることです。駆除など実際的に対処するには、嫌でも虫と対峙せざるを得ません。これを受け入れられなければ、残念ながら田舎暮らしは難しいのではないでしょうか。

虫と出会った時の衝撃を乗り切る覚悟があるか

ここまで述べてきた通り、田舎暮らしではさまざまな種類の虫と遭遇し、中には危険なものや巨大なものもいます。そうした時、自分が本当にショックに耐えられるか、よくイメージしたほうがよいかもしれません。ただ、初めは虫を見るたびに騒いでしまったが、暮らしているうちに慣れてきたという声は多く聞かれます。

窓や網戸はしっかり閉める

田舎暮らしを決めたのであれば、虫に対する心構えとともに、実際的な予防や備えをしっかりしておきましょう。
まず、どの虫についても言えるのは、侵入経路をできるだけ減らすことです。なかでも窓や網戸を開けっ放しにすることは、虫を歓迎するようなものです。常に端までしっかり閉める習慣をつけましょう。
古い家屋は網戸がなかったり破れていたりすることも多いので、後付けできる網戸などを設置することをおすすめします。

水回りの掃除やこまめなゴミ捨てを心がける

ハエやゴキブリ、ムカデなど水回りを好む虫も多くいます。キッチンやお風呂場などは常に清潔にしておきましょう。排水口の水垢やカビは害虫を呼び寄せてしまいます。あわせて、排水口周りの隙間や配水管の劣化なども虫の侵入につながるため、チェックしたほうがよいでしょう。

またゴミの扱いも重要です。生ゴミは水分をしっかりきって密封する、飲み物容器は放置せずしっかりすすいで乾かすなどして、臭いや虫を防ぎましょう。キッチンのゴミ受けや三角コーナーのゴミも忘れずこまめにまとめます。
どの自治体でもゴミの収集日は限られていることがほとんどなので、出し忘れのないように管理しましょう。

殺虫剤や虫除けグッズは常に補充しておく

頼りになる殺虫剤や虫除けグッズですが、すぐに使える状態にしておかないと意味がありません。
足りなくなったら補充することはもちろん、虫除けや誘引系の薬剤は使用開始から効果がある期間が限られているため定期的にセットし直す必要があります。在庫をこまめにチェックし、必要なときに使えないといった事態を避けましょう。

まとめ

まとめ

田舎暮らしには付き物の虫。虫嫌いの人には厳しい環境かもしれませんが、自然に近い暮らしの裏返しでもあり、生活していくうちに慣れてきたという声も多いものです。やみくもに怖がるよりは、知識や実用的な対処法をしっかり身につけ、うまく付き合っていく心構えを持つのが現実的ではないでしょうか。