滋賀県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

滋賀県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

滋賀県のシンボルである「琵琶湖」周辺のエリアは、自然豊かで、田舎暮らしに最適なエリアです。
滋賀県内でおすすめの移住地を5つご紹介します。

  • 草津市
  • 彦根市
  • 近江八幡市
  • 長浜市
  • 甲賀市

自然環境や、子育て支援の充実、観光スポットなど、エリアによって、特徴や魅力は異なります。
移住するにあたって、大切にしたいポイントはどこなのかを考えながら読み進めてみてください。

草津市

草津市

滋賀県草津市は琵琶湖南端の東側に位置するまちです。
草津市は、JRや国道、高速道路といった充実した交通網を有しています。また「エイスクエア」や「イオンモール草津」「近鉄百貨店」といった大型商業施設もあるため、京都や大阪のベッドタウンとも呼ばれています。利便性の高いまちのため、年々人口は増加傾向にあります。

また、草津市は子育て環境も充実しており、妊娠・出産・子育てにおける切れ目のない支援を実施しています。
子育て応援サイト「ぽかぽかタウン」では、子育てに関する支援制度や、親子で楽しめるイベント、施設紹介など、子育てに役立つ情報を掲載しています。
1歳未満の子どもを育てている家庭を対象に、家事の援助や育児を支援してくれる「草津っ子サポート事業」もあります。
「移住したいけど、子育てのことを相談出来る人がいなくて不安」といった悩みをお持ちの方でも、草津市には、話を聞き、そしてサポートしてくれるサービスがあるので安心です。

また、草津市内には自然を満喫できる公園がたくさんあります。バーベキューやプールを併設した「矢橋帰帆公園」や、四季折々の花々が楽しめる「de愛ひろば」は、老若男女問わず愛されている公園です。

彦根市

彦根市

滋賀県の東北部に位置する彦根市もまた、交通の要衛でもあり、東西南北どこへでもアクセスしやすいのが特徴です。
琵琶湖と鈴鹿山脈に囲まれた自然豊かな彦根市は、宿場町の雰囲気が残る「夢京橋キャッスルロード」や、広々とした庭園に緑が広がる「玄宮園」、「彦根城」といった観光地も多くあります。

暮らしの面では、市内に3つの総合病院があり、休日の急病診療所も開設しています。スーパーやコンビニ、ホームセンターも彦根市内に点在しているため、便利な暮らしが実現します。
彦根市は、歴史のまちなみがあるエリアのほかに、農地が広がるエリアなどさまざまな顔を持っています。
ほどよい田舎暮らしをしながらも、彦根市のあらゆる魅力にふれることで、刺激的な生活がおくれるでしょう。
彦根市のことをもっと知りたい!という方は、彦根市が発行している移住サポートパンフレット「ひこね暮らし」を検索してみてくださいね。

長浜市

長浜市

長浜市は、滋賀県の湖北地方に位置するまちです。滋賀県では高島市に次いで、2番目に大きな面積を有しています。琵琶湖の自然と清らかな水が流れる集落、そして伝統文化が色濃くのこるまちでもあります。
長浜市の特徴と言えば、地域コミュニティの充実です。古くから自治体の取り組みが発達しており、世代問わず多くの有志があつまる「まちづくり団体」があります。
また、長浜市内の各地に子どもたちを支えるコミュニティも存在します。「移住先の人々とコミュニケーションを取り、助け合いながら暮らしたい」という方に最適な移住地です。

長浜市には3つの総合病院「市立長浜病院」「市立湖北病院」「長浜赤十字病院」があります。また、スーパーもたくさんあるため、お買い物に困ることはないでしょう。
都市機能の発達しているエリアから離れると、大自然も広がります。非日常を味わえるカヌーやカヤックなどのアクティビティも体験できるので、週末には地元民や観光客でにぎわいます。

滋賀県長浜市へ移住した方の本音や、支援制度などの情報は、長浜市の移住支援サイト「滋賀県長浜市 ナガハマキャピタル」で紹介されています。移住者たちのリアルな声などが見られるので、ぜひチェックしてみてください。

近江八幡市

近江八幡市

近江八幡市(おうみはちまんし)は、琵琶湖東岸の平坦な盆地に位置するまちです。大型商業施設や中核病院もあり、都市機能も充実したまちです。
織田信長が築いた安土城跡、豊臣秀吉が築いた八幡山城跡といった歴史的な史跡も残る一方、この地を愛したウィリアム・メレル・ヴォーリズによって建てられた異国情緒あふれる洋館が建ち並ぶまちなみが見られるエリアもあります。
また、琵琶湖八景のひとつに数えられているラムサール条約の保護湿地である近江八幡の水郷では、屋形船に乗り、水郷めぐりができます。ゆったりと流れる時間を過ごすことができるでしょう。

近江八幡市では、移住して創業を希望する方を応援する「移住創業プロジェクト」を実施しています。創業について学ぶ企業セミナーや、個別相談会、トライアルショップを通して、創業したい移住者の夢を応援してくれます。
「新しいまちでなにかをはじめたい!」といった方の背中を押してくれるサポートです。

甲賀市

甲賀市

滋賀県甲賀市は、琵琶湖からは離れた南東部に位置しており、南西端は京都府、南東端は三重県に隣接しています。里山エリアと市街地が近いため、利便性の良い田舎暮らしができます。
甲賀市は、歴史遺産である「忍者」と、日本六戸窯のひとつ「信楽焼」が日本遺産に認定されたことでも知られています。信楽焼の窯元には、観光客が多く訪れます。

本格的な田舎暮らしがしたい方は、伝統や資源を守りながら暮らせる集落地域がおすすめです。集落は不便だというイメージが強いですが、甲賀市では、都市部への通学バスの運行など、公共交通機関の発達も目指しているそうです。
甲賀市についてもっと知りたい方は「甲賀で暮らす~甲賀流!Life Style Book~」をご覧ください。

滋賀県での田舎暮らしのメリットデメリット

滋賀県での田舎暮らしのメリットデメリット

滋賀県への移住を決める前には、メリットとデメリットについてしっかり把握しておくことが大切です。
事前調査を行わずに移住を決行した場合、「こんなはずじゃなかった…」という後悔が生まれてしまうかもしれません。
滋賀県での田舎暮らしを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

メリット

滋賀県で田舎暮らしをするには以下のようなメリットがあげられます。

  • 移住者が多い
  • 夏の夜が涼しい

それではひとつひとつのメリットについてご紹介します。

移住者が多い

滋賀県には、大阪や京都からの移住者が多いこともメリットのひとつです。移住者による移住者のための交流会なども開催されています。
移住者と繋がることで、移住の前にも後にも役立つ有益な情報が得られます。また、移住者同士のコミュニティが広がっていくのも素敵ですよね。

滋賀県庁が運営しているYouTubeチャンネルでは、「滋賀の農山村ぐらし」と題し、滋賀県に移住した方の滋賀県暮らしのリアルを発信しています。滋賀県で農山村ぐらしをする移住者のインタビューなどが見られます。
また、今の暮らしを選んだ理由や、農山村での働き方について、未来の移住者に伝えたいことなど、移住者同士で座談会する様子も配信されています。
「滋賀県で田舎暮らしをしたいけど、実際どうなの?」「田舎でのご近所付き合いは?」といった不安をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

夏の夜が涼しい

滋賀県は、京都や大阪に比べると1~2度ほど気温が低いという特徴があります。
冬の寒さは厳しいことでも知られていますが、夏場の夜はとくに過ごしやすいといった声が多くあがっていました。「夏の暑さが苦手」「寝苦しい夜を過ごしたくない」といった方にとって大きなメリットだといえます。夜は窓を開けていると、涼しい風が吹き抜けて、比較的快適に過ごせることでしょう。

デメリット

滋賀県に移住する際は、デメリットについても考慮しておきましょう。
以下が滋賀県での田舎暮らしをする上で考えられるデメリットです。

  • 海がない
  • 雪が多い

滋賀県には、立地や気候に関するデメリットがあります。暮らしていく上で、自身がそのデメリットに対応できるのかをしっかり検討しましょう。
それでは、ひとつひとつのデメリットについて詳しく見ていきます。

海がない

滋賀県は福井県、岐阜県、京都府、三重県に挟まれており、海なし県ともいわれています。山や川、湖などの自然は豊富にありますが、海がない点は、海好きの方からしたらデメリットとしてあげられます。
海に行くまでには約3時間ほどかかるため「海の見える家でのんびり暮らしたい」「時間があったら常に海釣りをしたい」という希望がある方は、移住地を変更したほうが良いでしょう。

雪が多い

滋賀県は雪のイメージがなかなかないかもしれませんが、1mほど積雪する地域が多くあります。滋賀県に移住するなら、冬の雪対策が必要となることを把握しておきましょう。
大雪が降ったときに行う雪かきなど、慣れないうちは辛く感じるかもしれません。
また、道路の凍結も免れないため、車で出勤する方にとっては、とても不便です。雪がひどい日は、バスや電車といった普段は慣れない通勤スタイルに変更しなければいけないため、ストレスも大きいでしょう。
また、冬場にはスタットレスタイヤが必須です。滋賀県のなかでもとくに、近江西部、湖北エリアは、”雪国”のイメージを持っていたほうが、移住後のダメージを受けなくて済むでしょう。

滋賀県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

滋賀県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

滋賀県では、自治体ごとにさまざまな移住支援制度を設けています。
「滋賀県に移住したいけど、どのエリアがいいか分からない」という方は、各自治体の移住支援を確認してみましょう。
ここでは、以下の3つの自治体が取り組んでいる移住支援について紹介します。

  • 多賀町
  • 高島市
  • 大津市

滋賀県の移住支援は、移住前の情報集めの手段や、住宅を取得するための補助金など、経済的な支援も多数実施されています。
滋賀県で田舎暮らしをスムーズに始めたい方はぜひ参考にしてください。

多賀町

多賀町

鈴鹿山脈に囲まれ、清流が流れるなど、自然の宝庫である多賀町は、古くから伝わる遺跡や文化遺産などが多く残るまちです。歴史文化や自然環境の保全に力を入れており、移住者も増加傾向にあります。
とはいえ、人口が比較的少ないため、地域の人と助け合うなど、コミュニケーションも盛んです。
多賀市のおだやかな環境や人付き合いは、のんびり田舎暮らししたいといった方に最適な移住地です。多賀町が実施している移住支援をご紹介します。

・空き家改修費補助金
「多賀町空き家・空き地情報バンク」で購入した住宅の改修費用を補助する制度を実施しています。
対象となる空き家に10年以上定住する方や、地域行事などに積極的に参加出来る方など、対象条件がありますので、詳細は多賀町の自治体ホームページでご確認ください。
対象となるのは、外構や車庫の改修工事や、エアコン、ガスコンロなどを購入する費用、家財道具の撤去などにかかった費用です。上限は50万円で、18歳以上40歳未満の夫婦であれば、上限100万円の補助金が出ます。

・多賀町キラリとひかるまちづくり活動支援交付金
自治会で、地域課題を考え、その課題を解決するために取り組む事業に対して、交付金を支給する制度です。
自治会人口割合によって交付金の金額が変動します。

・若者定住支援事業
若者定住支援事業は、40歳未満の夫婦、または中学生以下の子どもを扶養している世帯に、固定資産税分相当額を3年間助成する制度があります。

・住宅リフォーム促進事業補助金
老朽化などによる住宅の修繕工事や、壁紙の張り替えに伴う工事に対して、工事費の10%を補助する制度を実施しています。

高島市

高島市

滋賀県の北西部に位置する高島市は、滋賀県最大の面積を有しています。高島市の72%が森林と言われているため、本格的な田舎暮らしをしたい方に適したエリアです。
東側には琵琶湖、西には森林があり自然に包まれたまちで、四季折々の景観を楽しめます。高島市は冬が寒いのも特徴的で、平野部においても30〜50cmほどの積雪があるエリアです。

琵琶湖岸では海水浴を、山・川沿いではキャンプにトレッキング、スキーなど、1年を通してさまざまなアクティビティを体験できるのも魅力的です。
高島市には・定住応援サイト「高島で暮らそう。」や、移住に関する情報を詳しくまとめた小冊子「高島で暮らそう。Handbook」を発行しています。また、Facebookでも移住情報を発信中なので、ぜひチェックしてみてください。
高島市が実施している移住支援は以下の通りです。

・高島市定住相談窓口
高島市役所には移住に関する情報を提供してくれる相談窓口が設置されています。
「高島市への移住を考えているけど、なかなか足を運ぶ時間がない」といった方は、窓口に問い合わせると、移住に関する資料を郵送してくれるサービスも実施しています。
また、高島市に移住を検討中で、はじめて高島市を訪れる方には、希望する地域への案内もしているそうです。専門の相談員である移住・定住コンシェルジュが在籍しているため、まずは相談してみるのがおすすめです。一度、自治体の窓口に問い合わせてから行くとスムーズでしょう。

・移住に関するイベントが豊
高島市では、移住希望者向けにさまざまなイベントを開催しています。
移住希望者と移住者の交流会や、JR西日本との共同プロジェクトである「おためし暮らし」など、さまざまなテーマを設けたイベントがラインナップされます。
気になるイベントがあれば、積極的に参加をし、移住後のイメージや、具体的なプランを立てていきましょう。

・高島市若者定住職業相談コーナー
高島市では、厚生労働省地方公共団体無料職業紹介事業を実施しています。
上記で紹介した「定住相談窓口」とハローワークが連携し、移住にともない職を探している方に求人情報などを提供しています。

・第1子から保育料が完全無料
高島市の特徴的な支援として、「第1子から保育料が完全無料」というのがあります。
高島市内の保育園や幼稚園、認定こども園を利用する際にかかる保育料がすべて無料となります。
この支援は高島市独自の施策です。「移住して子育てをしたい」という方に、嬉しい支援ですよね。

大津市

大津市は、滋賀県の南西端に位置するまちです。
滋賀県の県庁所在地で、中核市として指定されています。商業施設なども充実しており利便性の高い暮らしが可能です。
その一方で、コンビニエンスストアやスーパーなどがなく、茅葺屋根の民家が並ぶエリアもあります。
自身の希望にあった移住地を選択出来る点もメリットと言えるでしょう。
田舎でのんびり暮らしながらも必要なものがあれば、市街地に行ける環境があるため、ほどよいバランスを保つ移住地です。
大津市で実施している移住支援をご紹介します。

・大津市定住促進リフォーム補助金
大津市外から転入する方を対象に、住宅リフォームの補助金を交付する制度を行っています。
住宅の修繕や、改築・増築、模様替えなど、住宅機能向上にまつわる工事を対象としています。補助金額は補償対象工事の10%で上限は30万円です。対象者や申請期間については、大津市の自治体ホームページをご確認ください。

・結婚新生活支援事業補助金 
大津市内で、新婚生活をはじめる方を対象とした支援です。
住宅取得に関する費用や、リフォームの費用、引っ越し費用の一部を補助します。婚姻時の年齢が夫婦ともに39歳以下であることや、夫婦の合計所得金額が400万円未満であることなどの条件付きです。補助金額は、29歳以下の夫婦には上限60万円、39歳以下の夫婦ですと上限30万円となっています。

まとめ

まとめ

滋賀県は、自然や歴史文化が色濃く残る移住地です。
琵琶湖をはじめ、山や川など、豊富な自然の中で、さまざまなアクティビティが楽しめるとあって、アウトドア好きの方にも人気の移住地です。一方で、積雪や寒さに耐えられるのかという点も忘れてはいけません。
滋賀県で移住先に迷ったときには、各自治体の移住支援制度について調査しましょう。
事前準備をしっかりと行い、滋賀県での素敵な田舎暮らしを実現してくださいね。