自給自足生活とは?メリット・デメリットをご紹介

自給自足生活とは?メリット・デメリットをご紹介

自給自足生活を行うということは、全ての責任が自分にやってくるという事です。その中には命に関わる危険性もあります。ここでは、自給自足生活によって発生するメリット・デメリットを紹介していきます。

自給自足とは衣食住を全て自分で賄う事

自給自足生活にあこがれている人も多いことでしょう。物価がどんどん高騰しており世界情勢も不安定な中で「自分の力で生きている」と感じられるのが自給自足生活です。

自給自足というのは、単に食べ物だけを賄うのではなく、生活などに必要な物資を、自ら生産していく必要があります。
つまり既製品を購入するのではなく、自分で作ったり自然の中から採取したりする生き方の事を指します。例えば自分で米や野菜を作り、山から山菜や火を起こすための薪を手に入れ、川から川魚などを得る事は食の自給自足です。

さらに衣服や家具、家に至るまで自作するといった生活が衣と住の自給自足となります。現代のモノがあふれている時代に自給自足生活を行うというのは、かなり難しいことですが実際に行っている人も少なからずいるのも現実です。

自給自足生活では「農業」がマスト

自給自足をしていく上で、毎日の食べ物を自分で手に入れるのが最も重要になってきます。その上で必要不可欠な作業が「農業」です。現在社会において海や山での狩りや山菜を取って生活していくことは容易ではありません。

なぜなら狩りや漁業にはそれぞれに「資格」が必要ですし、山菜でお腹を満たすことは不可能だからです。さらに山にはそれぞれ所有者がいますので、勝手に他人の山に入ることは違法行為になってしまいます。

そこで必要になってくるのが「農業」です。農業であれば自然との闘いはあるものの、自分の裁量で食料をある程度、確保していくことは可能です。

また農業を行う上で鶏やヤギなどを飼育する人も多いです。これは雑草などを食べてくれる上に、卵や乳などの高たんぱくな食材を与えてくれるからです。農業と酪農は自給自足に欠かせない存在です。

野菜づくりは自給自足生活の醍醐味

自給自足の醍醐味といえば野菜づくりです。自分が食べるものを自分の手でつくるという事がいかに素晴らしいかは語りつくせません。

まず安全性が格段に上がります。自分が食べる食材なので農薬や保存料を使う事がまずありません。スーパーなどで購入する食材でも生産地が分かりにくい物もありますが、自分の手でつくる野菜は出どころがしっかり分かるので安全・安心面が格段に上がります。

次に味も美味しく感じます。何よりも取れたての食材を食べれるのですから、味も濃く栄養価も高いことでしょう。そして自分が汗水たらして作った野菜ほど、収穫の時の喜びはひとしおです。苦労をかみしめて味わう野菜は格段においしく感じます。

さらに季節や地域によってですが、自分の食べたい野菜を作れるのも醍醐味です。農家ではないので生産性を気にすることなく自分が食べる分だけ作れるのは最高の贅沢なのです。

都会の煩わしい人間関係とは無縁の世界

自給自足生活を行う上で最大のメリットと言えるのが「人間関係」との離別です。都会でサラリーマン生活をしていると嫌でも上司や同僚、部下などの人間関係の中で仕事をしなければいけません。さらに田舎暮らしをしていても、ご近所さんなど地元のコミュニティとの関係性が発生します。

この田舎特有のコミュニティが元で移住を断念したり、移住後に絶望して都会に帰っていく方もいる程です。田舎のコミュニティは濃く、隣近所だけでなく集落単位での集りなどもあるので、煩わしく感じる人も多いことでしょう。

しかし自給自足生活を行うことで、他者との交流を断絶することが可能になります。そうすることで煩わしく感じる人間関係から解放される事こそが最大のメリットではないでしょうか。

通勤時間は0だけど労働時間は果てしない

会社勤めとは大きく違い、自分が住んでいる場所で働くということも可能になります。そのため満員電車や渋滞など通勤に伴うストレスは一切なくなります。会社に通うだけで往復2時間もかかる事が多い都会での生活とは打って変わってストレスフリーに。

しかし反面、労働時間は大きく変動します。農作業においても繁忙期と閑散期があるので、労働時間に大きな片寄りが発生します。
山間に住んでいる場合は、夏場はかなり忙しくなります。夏野菜の収穫だけでなく生い茂る雑草との闘いでもあります。雑草を放置すると害虫が発生し野菜を食われてしまうこともある上に、住環境にも大きく影響します。
さらに台風シーズンになると大雨による河川の氾濫や土砂崩れなど自然災害との闘いも発生します。自給自足生活にとって夏はかなり忙しくなることでしょう。

かといって冬が安全かと言うと、そうでもありません。大雪が降る地域では雪かきの仕事が発生しますし、薪ストーブなどを用いている場合は、薪を準備する必要もあります。

この様に自給自足生活を行うと労働時間は8時間という訳にはいかず、自然環境によって大きく変動することを頭に入れておくべきだと思います。

1人で自給自足生活を送る〇〇さんの生活費

1人で自給自足生活を送る〇〇さんの生活費

自給自足にはどの程度のお金がかかるのでしょうか?ここでは1人で自給自足を行った場合の生活費を洗い出していきたいと思います。

食費

食費に関しては、自給自足生活の成り立ちによって大きく変動します。すでに田畑を持ち、1人で作業できるのであれば、それで事足りる場合もあります。しかし多くは自分で生産した米や野菜だけで生活していかれる方は少なく必要最低限の食材は購入する場合がほとんどです。

まずお米は1人で田んぼに掛かる全作業を行うのは難しいです。その為、お米を生産している場合はかなり小さな田んぼになり、収穫も年に1回なので、1人文の1年間での消費量には及びません。ですのでいくらか購入する必要が出てきます。

次に野菜に関しては、自給自足で賄える場合もあります。季節ごとに野菜を作り変えることによって継続的に生産と消費のバランスが取れることでしょう。

肉や魚などは、調達できてもごくたまにと考えるべきですので購入する必要があります。また調味料や飲料なども購入すべきかと思います。

ですので自給自足生活を送っていても、月に1万円程度の食費は考えておいたほうが良いでしょう。

住居費

住居費ですが、アパート・マンションに住みながら自給自足生活は出来ないので最低でも庭付きの一軒家住まいになります。そして田畑を耕せるほどの広い敷地も必要になってきます。そして自給自足生活をするとなると、どんなに田舎でも賃貸では難しいと思います。

収入が安定していないと思われ、家や土地を借りる際に大きな障害となります。そこで山中などの広い土地を購入し家を建てる自給自足や田舎の広大な田畑のある家を購入することをおススメします。

山中など不便な場所でも自給自足生活は可能なので、できるだけ安い土地や家を購入すべきです。通常の家の購入よりも安く100万円もあれば十分すぎますし、場所によっては譲ってくれる場合もあります。

ただ気をつけておかなければいけないのが、固定資産税です。持ち家には必ず固定資産税が発生するので、忘れないようにしてください。ただ山中の家や土地などの固定資産税は数千円程度なので、大きな負担になることはないでしょう

光熱費

現代社会において、電気は必ず必要になってきます。ですので光熱費も支出に見ておいた方がよいでしょう。通常の電気代であれば、使っていると安くても2千円程度は必要になってきます。これは各電力会社と契約した際には基本料金が掛かるからです。

ここで必ず考えてほしいのが太陽光発電です。1人の生活程度であれば最低限の電力は太陽光発電で賄えます。そこでソーラーパネルとバッテリーの購入をおすすめしたいのですが、初期投資が必要になります。
家の屋根に設置する太陽光発電の場合、最低でも30万円は考えておいた方が良いです。簡易的なバッテリーの太陽光発電も5万円はかかります。

また、天気によって電力供給がストップする場合もあるので注意が必要です。その為、電力会社との契約をした上で太陽光発電システムを投入するエコなハイブリッドをおすすめしたいです。

自動車保険・自動車税

自給自足生活を行うにあたって自動車も必要になってくるでしょう。山中の家に住んでいる場合、緊急時だけでなく買い物や荷物の運搬に自動車は欠かせません。

そして保険の加入も必要になってきます。任意保険に入っていなくても田舎だから大丈夫というのは大きな間違いです。田舎の道路は道幅も狭く、整備が行き届いていない場合もあり事故につながりやすいからです。
さらに野生動物との事故や災害によって倒れた木や大雪による被害も考えられます。

その様な観点から、安くても良いので任意保険への加入を勧めます。1年間で5万円程度の保険であればすべて事足りると思いますが、もう少し安価な保険でも1人であれば充分かと思います。

そうすると自動車税も必然的にかかってきます。普通車の場合最低でも2万5千円程度が必要になります。そこで軽トラをおすすめしたいです。軽トラであれば1トン超~2トンであっても11,500円と安上がりなのに合わせて荷物の運搬に最適だからです。

問題点はほとんどの軽トラがマニュアル車だということです。ここを注意して自動車を考えてみてはいかがでしょうか。

趣味代

趣味に関する費用はまちまちですが、何かあった方が自給自足生活にもハリが出てくるでしょう。週に1回のパチンコや美味しい物を食べに街に出るなど、何か息抜きが無いと自給自足生活を続けていくことは難しいと思います。

その為、少しでもよいので、娯楽費を設定しておくべきです。毎月1万円は自分の趣味に使うなど、メリハリのある生活を心がけてはいかがでしょうか。
ただ問題は趣味に時間を使えない可能性があるという事です。農作業や家や倉庫などの修繕、草刈りに雪かきなど年中を通してやらなければならない事が多岐に渡ります。
趣味に使えるお金と共に時間の捻出も重要になってきます。

夫婦で自給自足生活を送る〇〇さんの生活費

夫婦で自給自足生活を送る〇〇さんの生活費

夫婦で自給自足生活をする方も増えてきています。以前は自給自足生活というと仙人の様な生活を想像されていたと思いますが、現在はそうではありません。むしろ夫婦で協力し合った方が自給自足生活も継続しやすいと思います。ただ2人分の生活費がかかるという事を忘れてはいけません。

食費

食費に関しては、夫婦2人であれば2人分の食料を自給自足で賄う事で何とかなります。田んぼ仕事も2人であればある程度こなせますし、野菜作りも2人の方が生産量が倍以上になることでしょう。何よりも、繁忙期でなければどちらかが休めるので効率的な農業が可能になります。

ただ肉や魚を食べたいとなってくると、食費がその分かかってきます。そこで少しだけ譲歩して「ご近所付き合い」をしてみてはいかがでしょうか。ご近所の方におすそ分けをしてもらえる可能性が高く、ジビエなども手に入りやすくなることでしょう。

この様に工夫をすることで食費が1人分1万円程度であった場合に、2人でも1万円弱で賄えることもあります。少しの工夫で食費は大きく削減されることでしょう。

住居費

住居費に関しては1人での自給自足生活とほとんど費用は変わりません。しかし家族がいるという事で奥深い山中での生活にためらいも生じることでしょう。少し山間に入ったポツンと一軒家程度がふさわしいのかもしれません。

そして水道や電気、ガスなど家族で暮らす際には必要かを話し合った方が良いと思います。
お風呂に毎日入りたいのであれば薪をくべるお風呂だとかなり手間がかかりますのでガスが必要になってきます。この様に夫婦によって掛かる費用はまちまちですが、DIY前提で古民家を購入するなど、安上がりにすませたとしても100万円程度は準備しておいた方が良いと思います。
なぜならば自給自足生活を挫折する場合、殆どが最初の1年だからです。1年目からハードルを高く安く済ませようとすると、1人なら我慢できても夫婦間だともめごとに繋がる可能性があるからです。

光熱費

光熱費に関しては2人暮らしでの方がお得に感じるでしょう。太陽光発電を併用すれば夫婦で生活した場合でも、電力会社の基本料金で、大きくは事足ります。

ただ、ここで問題となってくるのがどの様な生活スタイルを送っているかです。携帯電話は1人1台であれば、2人分の電力は必要ですし、パソコンやテレビなど2人で生活するにあたって必要なものは何なのかを確認すべきです。

1人1台必要なものも数によって掛かる電力も違ってくるので、夫婦のライフスタイルを合わせておくべきです。そして必ず2倍近くになるのが水道代です。水道を活用している場合は、飲み水やお風呂、洗濯など2人分で必ず増えるので注意が必要です

自動車保険・自動車税

自動車保険や自動車税も1人での生活から大きく変わってきます。1人1台で車を所有するのであれば完全に倍の金額になります。しかし1台であっても、自動車保険には変化があります。任意保険の場合、運転する人が自分以外にいる場合にはその分、金額が上がります。

今回の場合は夫婦という事なのでそこまで大きな増額は無いのですが、それでも保険料は上がると考えておいた方がよいでしょう。大きく見積もって5万5千円程度の費用が必要になりますが、ここも保険内容で減額が可能です。

自動車税は1台であれば、増額はあり得ませんが夫婦で運転する場合に軽トラなどでは狭く感じるかもしれません。軽自動車であれば1万円程度の費用で事足りるのですが、普通車以上であれば税金も上がります。

趣味代

趣味に関わる費用も計算しておくべきですが、夫婦で共通の趣味があれば尚良いでしょう。費用も2人分の方が安上がりになりますし、共通の会話もできるので円満な家庭を築けることでしょう。

さらに趣味を活かして副収入という事も考えられます。例えば木工細工など自然の中でできる趣味をおすすめします。とはいえ、やはりたまに息抜きしたいと思いますので夫婦で1万円程度など趣味の費用もあらかじめ計上しておくことをおススメします。

日本で100%の自給自足生活は極めて困難

日本で100%の自給自足生活は極めて困難

自給自足生活についていくつかまとめておりますが、実際のところ現在の日本において完全なる自給自足生活は極めて困難です。ここでは自給自足においての注意点をまとめております。

自給自足生活でも現金は必要

自給自足生活を送っていたとしても最低限の現金は必要となってきます。持ち家や土地を所有している場合は固定資産税が掛かりますし、病気になれば治療費もかかってきます。

家のメンテナンスや農機具にもお金がかかりますし、自動車を所有していれば維持費もかかってきます。

自給自足生活を送っていたとしても、何かとお金がかかってくるのです。現代社会において物々交換という事は難しいので、どうしても現金での取引になります。
仙人の様な自給自足生活を送っている人の多くは兄弟や親戚の援助があってこそ成り立っています。自給自足生活を突き詰めても現代社会との関わりは完全には切れることは無いでしょう。

最初から農業一本で食べていくのは難しい

農業を行って自給自足生活をできると考える人も多いことでしょう。しかし、実際には最初から農業だけで食べていくのは難しいです。
農業において最も重要なのは「土地」です。その場所の土によって作物の収穫高が大きく違ってきます。まず1年目から豊作ということはないでしょう。

そして農業経験のない人間がいきなり農業を始めたとしても、知識が無いので自分が食べていくだけの野菜や米を収穫できるはずがありません。その為、自給自足生活1年目だとしたら現金が多く必要になります。

そもそも農業を行うにあたって種や苗、肥料に農機具は必要不可欠ですので初期投資が必ず必要になります。この様に農業を始めたからといって食べる物に事欠かないというのは浅はかな考えと言わざるを得ません。

仕事もしつつ農業もこなす「半自給自足」が現実的

自給自足生活を行う上で、最初は仕事をしながら農業を行う「半自給自足」生活をおすすめします。半自給自足は仕事をしながら休日や朝方に野菜の手入れをするというもので、まずは農業に慣れていくことが重要でしょう。

以前は会社務めが必須だったため、通勤に時間がかかることから農業との兼ね合いは難しいとされてきました。しかし現在ではテレワークでの仕事も増え、インターネット回線が引いてあればどこでも仕事ができるという時代になりました。

そのおかげで農業から仕事、仕事から農業への転換が比較的自由に出来るので「半自給自足」 の生活も成り立つという訳です。

田舎で自給自足を始める前に読んでおきたい本5選!

田舎で自給自足を始める前に読んでおきたい本5選!

ここでは田舎に移住して自給自足生活を始めたい方に向け、おすすめの本を紹介します。実際に移住される前に自分がどの様な生活を送りたいかの参考にしてみてください。

①『農家が教える自給農業のはじめ方』

こちらは2007年に、農山漁村文化協会から発行された書籍です。筆者の中島正さんは大正9年生まれで自然卵養鶏を実践・提唱し、60年以上農業を続けて自給自足農業を行ってこられた方です。

中島さんは2018年に亡くなられましたが「薬を与えず自然を与えよ」の考えのもと、自然環境を生かした農薬不使用の自給自足農業や山菜採取、さらには簡単な農産加工など自給自足の知恵が詰まったハンドブックです。

②『完全版 自給自足の自然菜園12カ月』

この本は2016年に宝島社が発行しています。「家庭菜園の先生」として人気の高い竹内孝功さんによる自給菜園の入門書です。
竹内さんは9歳の時、自然農法「わら一本の革命」を読んだことから自然農法を始め、無農薬家庭菜園のコンサルタントとして活躍されています。筆者の新田穂高さんも城県の農村に家族で移住し「オーガニック自給菜園12カ月」などを執筆されている農家ライターです。この本なら簡単に始められる自然農法を知ることができます。

③『コップひとつからはじめる 自給自足の野菜づくり百科』

この本は2019年に内外出版社から発行されています。NHK総合テレビ「ぐるっと関西おひるまえ」で、野菜づくり講師として出演している筆者は家族5人分のお米と野菜を作り、自給自足生活を実践している農家でもあります。

この本の特徴は「都会でもできる自給暮らしのレッスン!」という場所を選ばない自給生活におススメの野菜を30種紹介してくれていることです。移住前に野菜作りをスタートするきっかけにピッタリな一冊です。

④『田舎で子育てしたいなら自給自足でセミリタイア』

パーマカルチャー研究所より2021年に発行された本書では、自給自足しながらセミリタイアするという、新しい考えに出会えます。11年間のサラリーマン生活を経て、北海道での自給自足生活を始めた筆者による自給自足の方法がふんだんに盛り込まれた一冊です。

「お金を稼ぐためには家族が犠牲になる、家族を守るためにはお金が必要」という矛盾点の打開策を求めてタイのジャングルで自給自足の暮らしをする村へ合計300日以上滞在し気付いたことには、目から鱗です。移住前に「生き方の本」としてぜひ、読んでいただきたいです。

⑤『農家に教わる暮らし術 買わない 捨てない 自分でつくる』

本書は農山漁村文化協会から2011年に発行された本です。
自給自足の原点でもある「自分で賄う」という考えのもと、からだにも自然にもやさしい日用品づくり、ベランダでできる生ゴミ堆肥づくり、庭木の枝でできる炭焼きなど農家ならではのアイデアがいっぱいあります。「現代農業」にも掲載されていた記事を中心にした内容で、信頼性も抜群です。

昔ながらの農家はなんでも自分で作っていたということから、この本には自給自足の原点が記されています。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?自給自足を始めるために、移住したいと考える人が多くいますが、簡単にいかないのが現実です。
それでも農業をしながら自分の分は自分で賄うという精神は人間の原点です。農業を通じて自給自足の生活に近づけることで、本来のストレスの無い人生を送れることでしょう。