北海道宗谷郡猿払村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口2,884人 (2007年12月)
自治体HP宗谷郡猿払村HP

北海道宗谷郡猿払村は、日本最北端の村です。北海道で最も広い村ですが、人口はわずか2700人ほど。面積の8割が原野といわれるほど、手付かずの自然が目の前に広がっています。北海道を代表する「天然ホタテ貝」を中心とした漁業も盛んで、「さるふつブランド」の牛乳やバターなどの乳製品も有名です。

グルメな方にとって、嬉しい移住先と言えるでしょう。村内にはコンビニやスーパーがひとつ、ふたつしかないので、となりまちである稚内市のスーパーを利用する方も多く、車は必要不可欠です。デパートなどへ行くこと自体が「旅」という移住者もいらっしゃいました。現に北海道の道庁所在地であり、商業施設の多い札幌市までは車で5時間ほどの距離です。たまの週末には家族揃って、札幌市へ一泊予定でお買い物に行くなんていうプランを組むのも良いですよね。猿払村ならではの楽しみ方といえるのではないでしょうか。

買い物に関してですが、昨今では宅配サービスやネットショッピングでなんでも手に入る時代となったので、猿払村にお住まいの方も多く利用しているようです。暮らしていくのにさほど不便を感じることはないかもしれませんね。

最寄りの稚内空港までは、車で約1時間、稚内駅までは車で約1時間ほどの場所に位置しており、猿払村を訪れるためのアクセスは良好です。猿払村では、移住者の受け入れを積極的にしており、実際に移住の先輩も多い村ですよ。猿払村の夏の最高気温は平均23℃以下と過ごしやすい気候が特徴です。北海道は寒さが厳しいイメージがあると思いますが、寒さが厳しいゆえに寒さへの備えが万全なため、室内はとてもあたたかく、快適に過ごせるでしょう。

子育て環境も充実しており、生まれたときから5歳の保育園、幼稚園入園のときまで、絵本のプレゼントをする「ブックスタート」支援などがあります。育児の悩みを相談できたり、親子で遊べたりする子育て支援センターの開設、満15歳まで医療費無料の制度も実施しています。

また、猿払村で出産を迎える妊婦のみなさんには「安心出産ママ・サポート119 」を実施しています。妊娠や出産に関する妊婦さんの情報を事前に消防署猿払支署へ登録することで、緊急時に速やかに対応してくれるサポートです。出産する施設が猿払村から遠く不安を抱えている妊婦さんにとって安心できる制度といえます。

北海道宗谷郡猿払村の移住支援制度

北海道宗谷郡猿払村の移住支援制度

北海道宗谷郡猿払村の移住支援制度をご紹介します。住まいに関する支援から、相談窓口まで手厚いサポートを実施しています。詳細は猿払村の自治体へお問い合わせください。

猿払村空き家バンク

猿払村内にある空き家を有効活用する「空き家バンク」制度を実施しています。猿払村に売却や賃貸を希望する住宅を所有している方と、猿払村に移住を検討し、住まいを探している方とを繋ぐ制度です。猿払村では紹介のみを行っており、交渉や契約に関しては、空き家登録者と移住希望者間で行う仕組みとなっています。

移住相談ワンストップ窓口

猿払村には、移住相談ワンストップ窓口を設けています。猿払村に移住したいけど、何から初めていいか分からないという方は、まず窓口に相談してみてはいかがでしょうか。日々変わっていく住まいの情報や、イベント情報、不安や疑問に、村の担当者が応えてくれますよ。話すことで、猿払村への移住の道しるべが見えてくるでしょう。

猿払村移住体験住宅

猿払村への移住を検討されている方に、実際に猿払村での生活を体験してもらうための制度です。猿払村での「ちょっと暮らし」が体験できる施設は、道の駅「さるふつ公園内」のキャンプ場内に設けられています。海と村営牧場を見渡せる、大自然に囲まれた場所です。景観に馴染むよう作られた住宅の外観はとてもおしゃれな出で立ちで、内装は木のぬくもりが感じられる温かみのある仕様となっています。

猿払村の寒い冬もしのげるよう、断熱で作られているので、冬の移住体験でも快適に過ごせます。生活や就労を実際に体験する拠点として利用できるので、低料金での滞在が可能です。14日以上30日以内の利用期間で、使用料金は1日500円です。猿払村のちょっと暮らしは、使用期間のおおむね2分の1の期間、就労体験に参加できる方を対象としています。猿払村の水産加工場や、ホテルなどで就労していただきます。

今後、猿払村に永住を希望している方にとって、村の雰囲気や職探しもできる良い機会になるのではないでしょうか。お申込みについては、猿払村役場へお問い合わせください。
https://www.vill.sarufutsu.hokkaido.jp/hotnews/detail/00001967.html

北海道宗谷郡猿払村の観光情報

北海道宗谷郡猿払村の観光情報

北海道宗谷郡猿払村のおすすめ観光スポットをピックアップしてご紹介します。

エヌサカ線

絶景ロードとも言われている「エヌサカ線」は、海沿いのまっすぐな道です。全線にわたって、周辺には電柱やガードレールがなく、両側には平原が広がっています。まっすぐにのびた開放的な道は、ツーリングやドライブにおすすめのルート。地平線と青い空のコントラストが素晴らしいので、車や自転車を止めて、猿払村に吹く爽やかな風を感じながら、景観を堪能してみてください。

カムイト沼

アイヌ語で「神々の住む沼」という意味を持つカムイト沼をご紹介します。沼のまわりに広がる原生林が静かな水面に反射するさまは、思わずシャッターを切りたくなるほどの美しさです。

さるふつ公園

国道238号沿いの猿払村村営牧場の一角にある「さるふつ公園」。公園内にある、風雪の塔は昭和59年に生乳の生産2万トンを記念して建てられたんだとか。異国情緒溢れる建物は、さるふつ公園のシンボル的存在で、記念撮影スポットとして人気です。公園内にはキャンプやバンガローなどの宿泊施設もありますよ。

また、さるふつ公園内にある道の駅では、新鮮な魚介類などが並んでいます。その中のひとつ「さるふつまるごと館」では、さるふつブランドの牛乳やアイスクリームの販売をしています。季節によりますが、猿払村の名物である活ホタテを水槽から取り、そのまま焼いて食べることもできるんだとか。しかもそのホタテをさるふつブランドである「さるふつバター」で頂けるという贅沢体験もできます。ぜひ「さるふつ公園」の道の駅に立ち寄って、猿払村ならではの味を堪能してみてくださいね。

まとめ

北海道宗谷郡猿払村は、大自然に囲まれたのどかな村です。買い物に関しては決して便利とは言い切れませんが、都会では手に入らないおいしい空気や、新鮮な魚介などのグルメを堪能できます。移住希望者に向けた支援「猿払村移住体験住宅(ちょっと暮らし)」などを利用して、猿払村の魅力に触れてみてくださいね。