埼玉県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

埼玉県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

埼玉県は、都市部にもほど近いため、バランスの取れた田舎暮らしが楽しめるエリアといえるでしょう。埼玉県内で田舎暮らしにおすすめの場所は下記の5つです。


・秩父市
・浦和区
・入間市
・戸田市
・和光市

それぞれの市町村の特徴に触れながらご紹介していきます。お気に入りの移住場所をぜひ見つけてくださいね。

秩父市

秩父市

埼玉県でもっとも広い面積を有している秩父市は、「いちご」や「かぼす」「ぶどう」など農作物が盛んな地域や、鍾乳洞やダムといった自然を感じられるエリアがあります。
山や川でのレジャーが楽しめる施設も点在し、秩父市にまつわる祭りやイベントも豊富です。また、温泉の名地としても有名で、とくに冬の寒い日には多くの観光客があたたかな温泉を求めて秩父市に集まります。商店街や百貨店などが並ぶ市街地エリアもあり、医療施設なども一通り揃っていることから、ほどよい田舎暮らしが実現するまちです。

浦和区

浦和区

さいたま市の中南部にある浦和区は、駅前にパルコや伊勢丹などの商業施設が集結したエリアです。都心に比べて人混みが少ないため、比較的ゆったりと買い物が楽しめます。
美術館や科学館、図書館なども多く、教育熱心な文教都市としても知られています。Jリーグの「浦和レッズダイヤモンズ」の本拠地でもあり、サッカーのまちとしても有名です。

入間市

入間市

埼玉県の南西部に位置する入間市は、交通の利便性がとても良いエリアです。
近年、高速道路の圏央道が開通し、コストコなどの大型ショッピングモールも誕生したことで話題の移住地です。
入間市内には3つの川が流れており、川のせせらぎや、四季折々の豊かな自然の景色を楽しむこともできます。また、日本三大名茶のひとつである「挟山茶」が生産されており、入間市の10分の1は茶畑が占めています。

戸田市

戸田市

埼玉県の南部に位置し、東京都に隣接している戸田市は、住人の平均年齢が埼玉県でいちばん若いと言われています。
オリンピックが行われた戸田ボートコースや、緑豊かなレジャースポットがあり、県外からも訪れる方の多いエリアです。戸田市のいたるところに公園があり、幼稚園や保育所が多いため、子育て世帯の移住に向いています。ICT機器を取り入れた授業や、英語教育などにも力をいれています。

和光市

和光市

東京のベッドタウンである和光市。東京都板橋区と練馬区に隣接しており都心へのアクセスは抜群です。
都心へもほど近い距離にある和光市ですが、家賃相場は東京23区に比べてグッと下がるのが特徴です。そのため、和光市から都内へ通勤する方も多くいます。
また、和光市はすぐに都会へアクセスできる距離でありながら、雑木林や畑が点在しており、緑溢れる公園も有しています。和光市の各所で湧き水が見られるなど、ベッドタウン生活に癒しのひとときをもたらしてくれます。
観光農園や市民農園などで収穫体験を行っており、農業に触れられる機会の多いまちなので、移住して農業をしたいといった方に適したエリアと言えるでしょう。

埼玉県での田舎暮らしのメリットデメリット

埼玉県での田舎暮らしのメリットデメリット

埼玉県に移住する際は、事前にメリットやデメリットについて把握しておくことが大切です。埼玉県での田舎暮らしは自分自身に合っているのかしっかり確認しておきましょう。

メリット

埼玉県で田舎暮らしをする場合、以下のようなメリットがあります。

・都心や他県へのアクセスがよい
・自然災害が少ない
・子育てに向いている

それではひとつひとつのメリットの詳細を見ていきましょう。

都心や他県へのアクセスがよい

埼玉県での田舎暮らしのメリットはなんといってもアクセスの良さです。
埼玉県には6つの新幹線、6つの高速道路が開通しているため、都心のみならず、他県へのアクセスも良好です。都心であれば電車の直通線が多いため、ビジネスマンにとっては大きなメリットではないでしょうか。
その上、東京に比べて家賃がぐっと下がるため、年々人口総数が増加傾向にあります。

自然災害が少ない

埼玉県には海がないことから、水害などの自然災害が少ないのもメリットといえるでしょう。
台風や地震などで大きな被害があったという事例はほとんどありません。
災害の少ない埼玉県は、マイホームを持ちたいと思っている方の候補地として有力となるでしょう。

子育てに向いている

埼玉県は、比較的どのエリアにも自然があるといった点から、小さな子どもがいる家庭に注目されています。
緑あふれる公園なども県内に多数あるのはメリットが大きいですよね。
また、ファミリー・サポート・センターや、ママ・リフレッシュ事業、パパ・ママ応援ショップといった優待カードなども発行しています。NPO法人やボランティア団体などが子ども食堂や学習支援教室、遊びの場を提供するなどの取り組みも広がっており、子育てサポートの充実さがうかがえます。

デメリット

数々の魅力がある埼玉県の田舎暮らしですが、デメリットについても知ることが重要です。
埼玉県での田舎暮らしのデメリットは下記の2つです。

・観光地スポットが少ない
・公共交通機関の使い勝手が悪い

デメリットについて知ることで、自分が埼玉県の田舎暮らしに適応できるかを考えるきっかけとなります。

観光スポットが少ない

埼玉県には、埼玉ならではの観光スポットが少ないことがデメリットとしてあげられます。
自然は多いが、観光スポットといった施設が少ないため、面白味にかけるといった声もあがっています。週末は、そのエリアならではの体験をしたいと考えている方には、マイナスな点といえるでしょう。
「自然に囲まれて生活したい」と移住したのはいいものの、のちに物足りなさを感じてしまう可能性が高くなります。

公共交通機関の使い勝手が悪い

都心へのアクセスは良好ですが、埼玉県内の移動は路線の乗り換えが不便といった声があがっています。
田舎暮らしでは、市町村内のエリアを公共交通機関が網羅していないことを把握しておきましょう。
面倒な乗り換えを避けるためには、車での生活がおすすめです。埼玉県の田舎に移住する場合は、運転スキルが必要になることや、車の維持費などがかかるといったことも頭に入れておきましょう。

埼玉県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

埼玉県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

埼玉県の田舎に移住したいけど、いまいち踏み切れないといった方は、各自治体の支援制度をチェックしてみましょう。
移住前から移住後のサポートなど、自治体によって支援内容はさまざまです。
ここでは、以下の3つの自治体をご紹介していきます。

・本庄市
・ときがわ町
・皆野町

移住支援を上手に利用して、快適な田舎暮らしを送ってくださいね。

本庄市

本庄市

水と緑に囲まれた本庄市は、埼玉県の西北部に位置しています。
交通網も充実しており、どの方面へのアクセスも良好です。移動に時間をかけずに旅先でゆったりとした時間も過ごせます。
田園風景なども楽しめるため、ほどよい田舎暮らしが満喫できます。

また、テレワークに特化した施設が充実していることもメリットです。
そのため、若い世代へ向けた支援制度「【U29】本庄市移住生活スタート応援金」があります。これは、東京圏から本庄市に移住する29歳以下の方を対象に、最大15万円を交付する制度です。
移住をしたいけど、金銭面に余裕がなく、なかなか踏み切れないといった若者世代の背中を押してくれる制度といえるでしょう。

本庄市移住情報サイト「本庄STYLE BOOK」では、各エリアの紹介や、子育て環境について、移住者のインタビューなどを動画で配信しています。公式マスコットの「はにぽん」にも、きっと癒されますので、本庄市への移住を検討している方はぜひのぞいてみてくださいね。

ときがわ町

ときがわ町

東京からのアクセスは車で約60分、人口は約1万人のまち「ときがわ町」。
そんなときがわ町には、清流「都幾川」が流れており、山々に囲まれたのどかな風景が魅力的なまちです。梅雨時期にはホタルに出会えるなど、都心に近いながらも豊かな自然があふれています。

ときがわ町は、住まいに関する移住支援が充実しています。
空き家バンク物件情報はもちろん、「ときがわ町移住定住促進リフォーム工事助成金」制度を実施しています。こちらは、移住者や、ときがわ町在住の子育て世帯などが空き家をリフォームする場合に助成金を支給する制度です。空き家を修繕工事する場合の粗大ごみなどの片付けや清掃も対象となっており、補助金の上限は50万円です。
詳細はときがわ町のホームページをご確認ください。

ほかにも、新築や建替、建売住宅の購入する場合に「ときがわ町定住促進住宅取得補助金」という支援もあります。補助金の対象者は、中学生以下の子どもがいる世帯や、満45歳未満の夫婦などです。新築・建替・建売の住宅取得の場合の補助金は30万円、中古住宅の場合は10万円です。そのほか移住者であれば20万円、町内の建築業者での施工で10万円、子育て世帯には5万円と、条件によって補助金が加算されます。

移住して住宅を取得するとなると大きな出費が伴います。ときがわ町では、空き家のリフォームや新築のマイホームを取得する場合にも補助金が出るので、住宅にかかる経費を抑えられます。

また、ときがわ町では「おためし住宅”やまんなか”」を実施しています。
ときがわ町での田舎暮らしを実際に体験することで移住後のイメージを持ちやすくなります。
施設体験量は1ヵ月30,000円、7日で10,000円ととてもリーズナブルに利用できるのも嬉しいポイントです。※光熱水費に1日500円かかります。
山の中にひっそりと佇む住宅は、開放感あふれる平屋の1軒家です。生活に必要な洗濯機やキッチン用品、炊飯器、掃除機、テレビだけではなく、wi-fiも完備されているので、予約すればすぐに田舎暮らし体験がスタートできます。
また、ただ住んでみるだけではなく、収穫体験や星空体験、川遊び体験といったイベントも開催しています。埼玉県での田舎暮らしを存分に満喫することができる素敵な移住支援です。
ときがわ町のおためし住宅で、鳥のさえずりや、心地よい風を実際に感じてみてはいかがでしょう。

皆野町

皆野町

埼玉県の西北にある皆野町は四方を山々に囲まれた、自然あふれるまちです。
破風山や簑山、大霧山といった山には、2時間前後で登れるハイキングコースもあるので、たくさんの登山客が訪れています。秩父音頭発祥の地として知られており、毎年8月には「秩父音頭まつり」が盛大に行われます。

そんな皆野町では、「寄ってんべえ みなのんち~移住相談センター~」を設置しています。皆野駅から徒歩1分の場所にあるセンターでは、観光から移住・定住に関する情報提供を行っています。
地域おこし協力隊のメンバーは、東京と皆野の2拠点で生活をしている移住の先輩なので、移住希望者の気持ちに寄り添ったアドバイスをしてくれることでしょう。
インターネットの情報じゃ分からない皆野町のリアルを知りたい方はぜひ利用してみてください。

皆野町でも、おためし居住用住宅「来てみ~な」を整備しています。
皆野町に足を運んでもらうきっかけとなるよう、DIYに興味のある方を募り、地元大工さんの指導のもと改修した住宅が使用されています。フローリング張りやペンキ塗りといった作業を実施したそうですよ。
使用期間は2日~7日で、使用料は無料です。
皆野町での暮らしを実際に体験することで、良いところや悪いところも感じ取れるので、その地に自分が向いているのかを見極められます。

まとめ

まとめ

埼玉県は、田舎と市街地のバランスが調和されており、都心部からの移住希望者にも人気が高いエリアです。埼玉県での田舎暮らしを考えている方は、メリットやデメリットの両面をしっかりと把握して移住地を決めましょう。
埼玉県はそれぞれのエリアで特徴がさまざまで悩んでしまうといった方は、各自治体が実施する移住支援制度に着目することで、自分が望んでいる移住地が見つかるかもしれません。
事前調査を行い、実際にそのエリアを訪れてみて、ぴったりの移住先を見つけてくださいね。