移住で使える助成金は?支援制度について確認しよう

更新日: Apr 14, 2021

移住で使える助成金は?支援制度について確認しよう

移住支援制度とは、国や地方自治体が移住生活の支援したり、補助金を支給したりする制度のことをいいます。 地方によってさまざまですが、住宅の改修補助金や体験移住、住宅の紹介や就業の支援などを制度化している地方があります。少し例を見てみましょう。

【移住支援制度の例】

  • リフォームなど、住宅改修費用の助成金支給
  • 住宅購入や新築を建てる際の補助金 ・就業体験
  • 短期移住体験
  • 住宅検索支援

このような移住支援が複数あります。 移住によっては、国からの助成金の制度もあるので、移住の前に事前に確認しておきましょう。

移住支援の種類は地域によって違う?

移住支援の種類は地域によって違う?

移住支援は、各地方の自治体によって制度はさまざまです。ここでは、各地方の自治体によってどんな制度があるか紹介をしていきますので、移住を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

就業支援をおこなっている自治体

移住を考えている人がまずはじめに気になるところは、仕事についてではないでしょうか。地方移住をして、仕事はあるのか就業できるのか不安を抱えている方も多いです。

そういった方のために、就業支援として地方での職業体験、就業に関する助成金や支援金を支給している地方があります。

これから移住してくる人と同じ境遇で、過去に移住してきた人に相談ができるイベントなども開催されているので、自治体のサイトなどでぜひ調べてみましょう。 このような就業支援制度をおこなっている自治体を紹介します。

北海道富良野市

北海道富良野市では、UIJターンの新規就業支援をおこなっています。富良野市に移住をし、定住を考えている方を対象に向けた制度です。 移住直前に連続して5年以上東京23区内で在住していたことなどが条件となります。

その他にも複数条件があるので、詳細はこちらを確認してみてください。 https://ijyu-sien.com/p/furano-city/

愛知県新城市

愛知県新城市は、就業支援としてマッチング支援事業制度をおこなっています。UIJターン希望者を中心に、移住者と企業を結ぶマッチングサイトを開設しているので「あいちUIJターン支援センター」のWEBサイトを確認してみましょう。 愛知県新城市の移住情報についてはこちら https://ijyu-sien.com/p/shinjo-city/

住宅支援をおこなっている自治体

住宅支援をおこなっている自治体

移住の際、居住地の確保や住宅について悩む方のために、住宅支援制度があります。憧れの移住生活を成功させるためには、住宅の充実も必須条件となってくるでしょう。 住宅支援で有名な制度であれば、「空き家バンク」があります。

空き家バンクは、移住の際に住宅を探している方に向けて、市町村の空き家を紹介しているサイトです。 空き家の所有者が市町村を通して自分の空き家を登録をして、その後家を探している移住者がいれば、自治体がマッチングしてくれてくれる仕組みです。

その空き家を利用すれば、助成金が支給されたり改修費用の補助金があるなど、自治体によって、さまざまな助成金があり、金額も違ってくるので移住の前に各自治体のサイトなどを確認しましょう。 以下に住宅に関する助成金を支給している自治体について少しだけ紹介します。

大阪府南河内郡千早赤阪村

大阪府南河内郡千早赤阪村は、住宅に関する助成金や補助金は豊富な自治体です。引越し費用の補助や家賃補助、空き家改修補助、新築マイホーム取得費用の助成金支給など、さまざまな制度が整備されています。

大阪の都心部とも近い、千早赤阪村は移住にもおすすめです。自治体のサイトを確認してみてくださいね。 千早赤阪村の移住情報の詳細についてはこちら https://ijyu-sien.com/p/chihayaakasaka-vill/

神奈川県足柄上郡中井町

神奈川県足柄上郡中井町は、子育て・若年夫婦世帯空き家改修事業補助金という制度があります。空き家バンクはもちろん、その空き家バンクから物件を取得した際の改修工事の一部費用を補助する制度があるのです。

補助金の支給を受けるには、条件があるので事前に確認してから申し込みましょう。 神奈川県足柄上郡中井町の移住情報についてはこちら https://ijyu-sien.com/p/nakai-town/

移住体験をおこなっている自治体

移住体験をおこなっている自治体

移住先は、自分にあっているのか心配な方もいるでしょう。そんな方のために、短期の移住体験をしている自治体もあります。 実際に住んでみて、その地域の雰囲気や魅力などを知って、移住後に定住できるかを見定める期間となります。

その期間の間に、地元の住民とたくさん触れ合って実際に住んだ後のイメージをしておきましょう。地域によっては、移住体験の間に就業体験をできる自治体もあるので、ぜひ申し込んでみてくださいね。

移住体験をおこなっている自治体の一例

神奈川県愛甲郡清川村

神奈川県愛甲郡清川村では、移住体験住宅が用意されていて、実際に体験で清川村に住むことができます。 期間は、3ヶ月から1年間で、ショートステイタイプのコテージもあるので、検討してみましょう。 神奈川県愛甲郡清川村の移住体験やその他の情報についてはこちら https://ijyu-sien.com/p/kiyokawa-village/

奈良県五條市

奈良県五條市では、無料の宿泊施設で移住体験ができる制度があります。古民家が施設として開放されていて、連続して7日以内、最大9人までの利用が可能です。 1週間という短期での移住体験が可能なので、ぜひ近隣住民などと交流をしてどんな地域なのか知ってから移住を検討しましょう。 奈良県五條市の移住情報についてはこちら https://ijyu-sien.com/p/gojo-city/

テレワーク移住とはどんなもの?助成金もある

テレワーク移住とはどんなもの?助成金もある

近年、働き方改革などが整備され、新しい働き方が少しずつ増えてきました。 ニュースなどでテレワークという言葉を目にすることが多いのではないでしょうか。テレワークもその中のひとつといえるでしょう。「出社せずとも働ける」という働き方が今注目をあびています。

実際、テレワークはどのような働き方なのかわからない、という人も多いでしょう。テレワークは、インターネットを活用して、働く場所を問わない働き方で、近年急速に進展しています。 そのテレワークを前提として、都心部から地方への移住を検討している人が増えています。

ワークスタイルとしてテレワークが推奨されたこともあり、東京圏内や他の都心部からも地方に移住して、自然などに囲まれてリラックスした環境で仕事に集中できるといったことも期待されています。

地方によっては、テレワークでの仕事を推奨してテレワーク移住の助成金や補助金を支給しているところもあります。国も地方創生の補助金を支給しているので、移住を考えている方は、再度確認をしてみましょう。

まとめ

自治体によって、さまざまな移住支援や助成金の制度について紹介してきました。 地方自治体によって細かく条件や対象者が定められているので、移住前に事前に自他調べをすることが豊かな生活をする上で重要なポイントです。 ぜひこの記事を参考に移住について前向きに検討してみて下さい。