田舎へ移住して後悔する理由5選

田舎エリアは、都市部に暮らす人々から人気の移住先です。しかし、「自然が多くてのんびり暮らせそう」「都会育ちだから田舎暮らしに憧れていた」といったイメージや理想だけで田舎に移住した場合、移住後に後悔する可能性が高くなっています。田舎移住で後悔する主な理由には、以下の5つが挙げられます。

  • 都会からの移住で想像以上に不便だった
  • 車の運転が必須
  • 思ったより生活費がかかる
  • 収入が減って暮らしづらくなった
  • 転職が都会ほど気軽にできない

生活する上での不便さや、経済的理由から田舎移住を悔やむ層が多くなっています。後悔のない移住生活を実現するためにも、田舎暮らしのデメリットに関する知識を深めましょう。それでは、各項目をチェックしていきます。

都会からの移住で想像以上に不便だった

田舎の道

田舎へ移住する際は、都市部ほど便利な生活を送れないということを心に留めておきましょう。都市部と田舎では、公共交通機関や生活利便施設の充実度が全く異なります。人口の少ない田舎エリアの中には、バスや電車の本数が数時間に1本しかないという場所も存在します。移動手段が限られてしまうことから、遠方に通勤・通学したい場合は注意が必要です。

また、スーパー、郵便局、銀行、病院といった生活利便施設に関しても、都市部のように気軽にアクセスできない傾向にあります。市町村内に設置されていない場合も多く、利用時は近隣の自治体まで赴かなければなりません。時間と手間がかかることから、「都会だったらいつでも近所で買い物できたのに」「こんな生活をずっと続けていけるか自信がない」と後悔する層が多くなっています。

特に大都市から田舎エリアへ移住した場合、田舎暮らしの不便さを実感しがちです。田舎への移住を検討している方は、現地の生活利便性に関する調査を徹底しましょう。長期的にその地で暮らしていけるかを前提に、イメージトレーニングを行うことがポイントです。もし本格的な田舎暮らしを送ることが難しい場合は、利便性の良さを兼ね備えた田舎過ぎないエリアを検討するのがおすすめです。

車の運転が必須

田舎移住で後悔する理由のひとつに、車の運転をしなければならない点が挙げられます。田舎で暮らす人々の主な移動手段は、自家用車です。公共交通機関を利用する層が限られていることから、電車やバスの本数は少なめの傾向にあります。また、田舎の自治体では、市町村内の全てのエリアを公共交通機関が網羅していないということも一般的です。車なしでは行けないエリアが存在することから、田舎への移住時に車を用意する手間と出費が発生します。

そのため、「ずっと都会で暮らしていたから免許証を持っていない」「もう何年も車移動していないから、運転スキルに自信がない」という方にとって、負担の大きな生活になるかもしれません。田舎で移住生活を送る場合、車や運転に関する事前準備が必要になります。移住後に慌てなくて済むように、移住前から田舎で暮らすための準備を整えましょう。

思ったより生活費がかかる

田舎で移住生活を送る場合、生活費が高額になるケースがあります。都市部よりも生活費がかからないというイメージが強い田舎ですが、離島をはじめとする辺鄙なエリアは例外です。輸送費などが加算されることから、オンラインショッピングはもちろん、スーパーでも高めの価格設定が一般的です。

また、車が主な移動手段となっている田舎では、車関連の出費が多いというデメリットがあります。車の維持費やガソリン代などが継続的にかかることから、「田舎なら節約できると思っていたのに」「日用品代やガソリン代で家計が圧迫される」といった後悔の念を抱く移住者が多い傾向にあります。

収入が減って暮らしづらくなった

田舎に移住して働く場合、収入面に関する後悔を抱えやすい傾向にあります。一般的に、都市部の方が地方よりも高給です。そのため、都市部から地方の田舎エリアに移住する場合は、大幅に収入が減る可能性を考慮しなければなりません。田舎への移住を検討する際、現地での生活費にばかり着目しがちです。

「大都市に住むより生活費が安くなりそう」「今の生活よりも余裕が生まれそう」といったプラスイメージを抱かれやすい田舎暮らしですが、移住後の収入面での変化についても忘れないようにしましょう。移住先の平均給与額が低い場合、移住前よりも経済的負担が大きくなる可能性があります。思い描いていたような移住生活を送れなくなるケースもあることから、田舎への移住に対して後悔する層が多くなっています。

転職が都会ほど気軽にできない

田舎暮らしで後悔する理由に、転職に関する選択肢の少なさが挙げられます。都市部と比較して、田舎エリアには限られた数の就労先しかありません。また、都市部からの交通アクセスが悪い地域で暮らしている場合は、必然的に通勤できる範囲が狭まってしまいます。就労先の選択肢が非常に少ないことから、都市部のように気軽に転職できないというデメリットがあります。都市部から田舎へ移住する場合、「都会とは180度違う大自然に囲まれた環境で暮らしたい」「都市部から離れたエリアで本当の田舎暮らしをしたい」といった理想を抱きがちです。

しかし、都市部からのアクセスが悪い大自然を移住地に選ぶということは、生活に必要なものを全て田舎でまかなわなければならないということを意味します。衣食住に関連するものはもちろん、収入源となる就労先も田舎エリアで探す必要があります。もし就職した勤務先が自分に合わなかったとしても、転職先がすぐに見つかるとは限りません。

仕事に関するストレスや不安があっても転職できないことから、理想の田舎移住とは程遠い生活を送ることになりがちです。就労先の選択肢を広げたい方は、都市部へのアクセスが良い地域に移住しましょう。程良く田舎暮らしも楽しめるので、理想に近い移住生活を送ることができます。

田舎への移住を後悔しないためにしたい4つのこと

4本指を伸ばした女性

田舎で楽しい移住生活を送るためにも、移住前の準備を念入りに行うよう心掛けましょう。移住前に実践すべき準備は、以下の4つです。

  • 移住先の自治体や先輩移住者に相談をする
  • 中長期で田舎暮らしを体験しておく
  • 移住後の生活を具体的にイメージしておく
  • 就職先はよく考える

移住後の生活をより具体化するためにも、積極的に情報収集を行うことが大切です。移住体験者からの話を聞くのはもちろん、自身でも田舎生活を行うなど、多種多様な方法で移住生活に関する情報を集めるようにしましょう。では、各項目について詳しく見ていきます。

移住先の自治体や先輩移住者に相談をする

移住地や移住に関する知識・経験を持つ人に相談することで、田舎移住で後悔するリスクを下げることができます。移住候補地が決まったら、まずは移住先の自治体に連絡してみましょう。自治体によっては移住者専用の窓口を設けていることもあり、暮らし、就労、教育に関する質疑応答ができるというメリットがあります。

また、自治体に移住相談する際は、移住者向けの支援制度、移住ツアー、移住体験プログラムなどの有無についても確認しましょう。自治体が行っている支援制度を活用することで、よりスムーズに移住の準備を進めることができます。尚、移住に関する実体験を聞きたい場合は、移住経験者に相談するのがおすすめです。実際に田舎で暮らしている人から話を聞けるので、リアルかつ具体的なアドバイスを受けたい方に最適です。

先輩移住者に相談する際は、移住前の環境が自身と近い人を選ぶようにしましょう。大都市、都市部に近い郊外、地方都市、田舎など、移住前の環境は人それぞれです。大都市から田舎エリアへ移住する場合と、地方都市から田舎へ移住する場合では、田舎の生活利便性や環境の変化に対する考え方が異なる可能性があります。移住生活に関する後悔を防ぐためにも、移住前の環境ができるだけ自身に近い移住経験者に相談するよう心掛けましょう。

中長期で田舎暮らしを体験しておく

後悔のない田舎移住を実現するためにも、移住前の田舎暮らし体験に参加しましょう。移住者を募っている自治体の中には、移住検討者を対象とした移住体験を実施しているエリアがあります。田舎での生活を実際に体験できることから、自身が田舎暮らしに向いているか否かを見極めたい方におすすめです。移住前に田舎暮らしを行う場合は、できるだけ中長期で参加することが大切です。

短期間の体験では、田舎生活の本質を見極めることはできません。体験生活を始めて間もない頃は、物珍しさや新鮮さだけが印象に残りがちです。一方、中長期で田舎生活を行う場合、田舎で暮らすデメリットや問題点についても実感することができます。自身にとってのデメリットとしっかり向き合えるので、できるだけ長い期間にわたって田舎暮らしを体験することがポイントです。

移住後の生活を具体的にイメージしておく

田舎での移住生活を後悔する主な原因に、理想と現実のギャップが挙げられます。田舎暮らしに対して、「海が見える家でリゾート気分の暮らしができる」「自然しかない環境なら静かに暮らせる」といったイメージを持つ移住検討者は多く存在しています。しかし、海が近い家には塩害などの問題があり、自然しかないエリアには利便性に関するデメリットがあることも忘れてはいけません。

ネットや旅行で得た情報だけで判断するのではなく、長期的に生活することを前提に移住するか否かを考えましょう。都市部から田舎へ移住する際は、現地での移住生活を具体的にイメージすることがポイントです。生活の利便性はもちろん、台風や積雪などの自然災害、就労先や教育機関の充実度など、多岐にわたる分野でイメージトレーニングを行います。

また、生活費が安いというイメージを抱かれがちな田舎生活ですが、地域によっては高額になるケースもあります。住宅費、食費、交通費、交際費といった支出をできるだけ具体的に割り出し、移住後の収支バランスについて再確認してみましょう。イメージトレーニングを行うことで、田舎での移住生活をよりリアルに検討することができます。理想と現実のギャップが生じにくいことから、移住後の後悔を未然に防ぎたい方におすすめです。

就職先はよく考える

田舎移住で後悔しないためにも、就職先選びは慎重に行うようにしましょう。田舎に移住して仕事をする場合、さまざまな選択肢があります。移住先の田舎で就職する、都市部まで通勤する、リモートで働くなど、現代社会における働き方はさまざまです。

しかし、企業数の少ない田舎では、自身の経歴、通勤時間、収入面の希望に近い就職先が見つからない場合もあります。田舎への移住を検討している方は、移住後にどのような就職先があるのかという点も含めて移住地を決定するようにしましょう。

また、移住後の就職先を考える際は、移住生活の収支バランスを具体的に数値化することがポイントです。移住生活でかかる支出を再確認することで、就職時の収入に関する希望が変動する場合もあります。移住後に「思ったよりお金がかかって給料だけじゃ生活できない」「もっと稼げる職場に転職しないといけなくなった」といった後悔を生み出さないためにも、収支バランスに見合う職場を探すことが大切です。

最後に後悔しないための田舎暮らしのポイントを3つ紹介

オッケーポーズ

憧れやイメージだけで田舎に移住した場合、「こんな移住生活を送るはずじゃなかった」「田舎で移住生活を続けていくのはつらい」といった後悔の念を抱く可能性があります。田舎移住の失敗を防ぐためにも、田舎で暮らす際のポイントを抑えておくようにしましょう。以下は、田舎移住で心に留めておくべきポイント3つです。

  • 支援の手厚い自治体で暮らす
  • 田舎暮らしのメリットデメリットを理解する
  • 田舎独特のコミュニティや人との交流を楽しむ

事前調査を徹底することはもちろん、現地での生活を楽しむ心構えを持つことも大切です。それでは、各ポイントについて解説していきます。

支援の手厚い自治体で暮らす

田舎に移住する際は、各自治体が実施する移住支援制度に着目しましょう。移住支援が充実した自治体を選ぶことで、後悔のない田舎移住を実現することができます。ここでは、以下5つの自治体が行っている移住支援制度について解説していきます。

  • 北海道宗谷郡猿払村
  • 長野県南佐久郡佐久穂町
  • 宮崎県日向市
  • 兵庫県豊岡市
  • 沖縄県島尻郡久米島町

移住支援制度の詳細は、自治体によってさまざまです。自治体が独自で行っているユニークな支援制度もあるため、事前に必ずチェックするよう心掛けましょう。自身に合う移住支援制度を利用することで、後悔と無縁の田舎移住生活を満喫することに繋がります。では、各自治体の詳細を説明していきます。

北海道宗谷郡猿払村

北海道宗谷郡猿払村は、日本最北端に位置する村として知られる自治体です。オホーツク海に面しており、自治体の8割が森林という自然の多いエリアでもあります。漁業と酪農が盛んな猿払村では、以下の移住支援制度を受けることができます。

移住相談ワンストップ窓口
猿払村では、移住検討者のための移住相談窓口を設置しています。総務課のまちづくり係が担当しており、猿払村での移住生活に関するさまざまな疑問を解決することができます。

移住体験住宅
田舎暮らしを体験したい移住検討者のために、移住体験住宅を提供しています。道の駅「さるふつ公園内」に設置されたキャンプ場の中にあり、使用料は1日500円です。14日~30日の使用が可能となっていますが、試用期間中の半分の期間は現地で就労体験を行う必要があります。

空き家バンク
猿払村内で登録された物件が「空き家バンク」に掲載されています。移住後に暮らす住居の範囲が広がることから、スムーズに家探しを行うことができます。

猿払村は、移住検討者向けの支援制度が整っている自治体です。移住相談や移住体験に関するサポートを活用できるため、猿払村で暮らすメリットとデメリットをしっかりと見極めることができます。尚、猿払村の移住支援制度について詳しく知りたい場合は、以下のリンクを参考にしてください。
https://ijyu-sien.com/p/sarufutsu-village/

長野県南佐久郡佐久穂町

佐久穂町は、長野県東部の自治体です。千曲川や白駒の池といった自然を感じられるエリアであるものの、県庁所在地の長野市までは1時間半ほどの立地となっています。自然環境と都市部へのアクセスの良さが特徴的な佐久穂町が実施する移住支援制度には、以下が挙げられます。

空き家バンク
佐久穂町では、移住支援の一環として「空き家バンク」を設けています。所在地、概要、価格、区分が写真付きで閲覧できる仕組みになっており、移住後の家探しに役立てることができます。尚、「空き家バンク」の利用には登録が必須となるため注意が必要です。

創業支援
「ワンストップ相談窓口」と「創業塾」を利用して創業した場合、「創業支援」を受けることができます。登記の登録免許税の減額や、佐久穂町が実施する補助金の支給対象となります。

創業関連補助金
移住先で創業したい方は、「空き店舗等改修費用補助金」や「空き店舗等賃料補助」を利用することができます。「空き店舗等改修費用補助金」は、経費の2分の1以内で上限30万円です。「空き店舗等賃料補助」を利用する場合は、賃料の3分の1以内(月額)で上限3万円となっています。

佐久穂町では、創業に関する移住支援制度が充実しています。移住地で創業したいと考えている方は、ぜひ佐久穂町への移住を検討してみてはいかがでしょう?佐久穂町が実施する移住支援制度の詳細は、以下のリンクから確認できます。
https://ijyu-sien.com/p/sakuho-town/

宮崎県日向市

宮崎県日向市は、人口6万人弱の自治体です。海と山に囲まれた自然豊かなエリアとなっており、長閑な田舎暮らしを楽しみたい方に最適な移住地です。年間を通して温暖な気候が魅力の日向市では、以下のような移住支援制度が設けられています。

日向市移住支援金
条件を満たした移住者は、移住支援金の受給対象となります。東京圏内から日向市に移住して就職した場合、単身者で60万円、世帯では100万円の支援金が支給されます。

日向市移住促進レンタカー補助金
日向市への移住検討者向けに、移住の下見活動で必要なレンタカー代の補助を行っています。1日3,000円が上限となっており、最大利用日数は14日間です。ただし、利用前に日向市に移住相談を行った方のみが対象となります。

お試し滞在施設
県外から日向市への移住検討者を対象に、「お試し滞在施設」の提供を行っています。最大利用日数は14日となっており、1世帯1,000円で利用可能です。光熱費は料金に含まれますが、食費は利用者の負担となります。

日向市空き家利用活用促進事業補助金
空き家を貸借、購入する移住者に対して、改修費用にかかった経費の3分の2までの費用を日向市が負担します。リフォームの場合は上限20万円、家財道具の処分等は上限10万円です。

日向市では、移住支援金の支給や空き家改修に関する補助が実施されています。経済的支援が充実している自治体となっているため、移住時の出費が気になる方におすすめの自治体です。日向市が実施している移住支援の詳細が気になる方は、以下のサイトを参考にしましょう。
https://ijyu-sien.com/p/hyuga-city-2/

兵庫県豊岡市

豊岡市は、兵庫県北部に位置する自治体です。野生のコウノトリが暮らす自然に恵まれた地としても知られており、静かな環境が魅力の移住地となっています。豊岡市に移住する場合、以下のような支援制度を活用することができます。

宿泊費用・航空運賃・レンタカー費用の補助
移住の下見を目的に豊岡市を訪れた移住検討者に対して、宿泊費用、航空運賃、レンタカーにかかった費用を補助する制度です。大人は1人あたり1泊2,000円、子どもの場合は1人あたり1泊1,000円が補助額となり、1年度4泊までが上限となっています。また、航空運賃は1人あたり片道4,000円が対象となるものの、伊丹~但馬空港間の利用に限るため注意が必要です。レンタカー費用は1日3,000円が上限で、1年度6日分までが補助対象です。尚、事前に指定の窓口で移住相談を行うことが補助を受ける条件となります。

引っ越し費用の補助
「飛んでるローカル豊岡」に関連する物件、もしくは市が管理する物件を貸借・購入する場合、豊岡市が引っ越しにかかる経費を補助する制度です。上限は10万円ですが、就労や転入理由などの条件を満たす必要があります。

改修・清掃にかかる費用の補助
「飛んでるローカル豊岡」に掲載されている物件を貸借・購入した移住者に対して、改修や清掃にかかった経費を補助する制度です。経費の3分の2以内で、上限100万円が補助額となります。

住宅の耐震改修およびリフォームに関する費用の補助
豊岡市内の工事業者と契約して耐震改修を実施する場合、「耐震化促進事業補助金」や「耐震耐リフォーム補助金」を受給することができます。補助額は、全体補強や部分補強など工事内容により異なります。

お米の贈呈
指定の窓口で移住相談を行い、豊岡市へ移住した方に対して「コウノトリ育む農法のお米(10kg)」を贈呈しています。尚、対象となるのは2020年9月以降に移住相談を行った方のみとなります。

豊岡市は、移住に関する補助金が豊富な自治体です。引っ越しや移住後に暮らす住居関連の補助はもちろん、移住の下見にかかる費用も補助される点がポイントです。豊岡市への移住に興味がある方は、以下のリンクを確認してください。
https://ijyu-sien.com/p/toyooka-city/

沖縄県島尻郡久米島町

沖縄県島尻郡久米島町は、島での移住生活を楽しみたい方におすすめの自治体です。イーフビーチをはじめとする観光客向けのリゾート地もあり、美しい海を眺めながら日々の生活を送ることができます。以下は、久米島町が実施する主な移住支援制度です。

島ぐらしコンシェルジュ
「久米島 島ぐらしコンシェルジュ」は、久米島町の企画財政課が運営する情報ポータルサイトです。久米島町の生活や求人情報を掲載するほか、移住相談や移住フェアなども実施しています。移住相談は、メール、電話、オンライン、対面式から選択できるため、遠方で暮らす移住検討者も利用しやすいシステムになっています。

空き家活用促進補助金
空き家バンクに登録されている物件を貸借・購入する移住者向けに、改修や家財道具撤去の補助を実施しています。経費の2分の1までで、50万円の上限で支給されます。

久米島町は、情報ポータルサイトを活用できる点がポイントです。暮らしに関する情報が随時更新されており、移住検討者が情報収集しやすいという特徴があります。移住相談に関するサポート体制も整っており、多彩な相談方法から自身に合うものを選ぶことができます。久米島町への移住を検討している方は、以下のリンクから詳細をチェックしてみましょう。
https://ijyu-sien.com/p/kumezima-town/

田舎暮らしのメリットデメリットを理解する

田舎で暮らすメリットとデメリットについて知ることは、後悔のない田舎移住を実現する上で重要なポイントです。都市部と田舎には、それぞれメリットもあればデメリットも存在します。そして、どちらの生活がより自分に合うかという点は、一人ひとりの状況や性質によって異なります。

田舎への移住を検討している方は、田舎で暮らすメリットとデメリットについてリストアップしてみましょう。書き出したメリットやデメリットとひとつずつ向き合い、自身が理想とするライフスタイルにより近いものはどちらかを考えることが大切です。「都会で生まれ育ったから、いつか田舎で暮らしたいと思っていた」「環境をガラッと変えて田舎に移住したい」といったイメージだけで移住しても、満足度の高い移住生活を送ることはできません。

田舎特有の不便さや人間関係などのデメリットをあらかじめ認識しておくことで、スムーズな移住生活を送ることに繋がります。田舎暮らしのメリットとデメリットをしっかりと調査し、充実した移住生活を実現させましょう。

田舎独特のコミュニティや人との交流を楽しむ

田舎暮らしを成功に導く秘訣は、現地コミュニティでの交流を楽しむことです。一般的に、田舎エリアは都市部よりも人間関係が濃厚な傾向にあります。満足度の高い移住生活を送るためにも、積極的に現地住民と交流するようにしましょう。地域で開催されているイベントはもちろん、地元の小さなコミュニティに参加することも大切です。自身にとって居心地の良いコミュニティを見つけることが、田舎暮らしを楽しむための近道です。

「人見知りだから、コミュニティに参加してもすぐに仲良くなれない」「現地の独特の雰囲気になじめない」という方は、長期的な視点で交流を続けるように心掛けましょう。マイペースに現地住民との交流を重ねていくことで、段階的に田舎暮らしへの適応力を高めることに繋がります。

まとめ

後悔と無縁の移住生活を送るためにも、田舎暮らしする際のポイントを抑えることが大切です。田舎への移住を検討している方は、メリットとデメリットの両面から田舎暮らしを考えてみましょう。自身が理想とする移住生活にマッチするか否かを事前に吟味し、納得した上で田舎移住を決行することが成功の秘訣です。また、各自治体が実施する移住支援制度を活用することで、移住時の経済的負担を軽減することができます。移住前の準備を徹底し、田舎移住生活を満喫してくださいね。