2022年版!田舎暮らしにおすすめの都道府県トップ5

2022年版!田舎暮らしにおすすめの都道府県トップ5

のんびりとしたライフスタイルを求めて、近年田舎エリアへの移住者が増加傾向にあります。しかし、一口に田舎と言っても、日本国内で田舎暮らしができる地域は数多く存在しています。
「地域ごとの違いがイマイチ分からなくて移住先を絞れない」「自分と相性の良い田舎ってどの地域なんだろう?」といった悩みを抱えている方には、以下の5つの都道府県がおすすめです。

  • 千葉県
  • 沖縄県
  • 山梨県
  • 静岡県
  • 長野県

都道府県ごとに、気候、地形、盛んな産業、利便性などは異なります。各エリアの詳細について理解を深め、自分にとって暮らしやすさ抜群の移住先を見つけましょう。
それでは、各都道府県の詳細を説明していきます。

第5位:千葉県

千葉県

千葉県は、関東地方の南部に位置する都道府県です。東京都、茨城県、埼玉県と隣接しており、海に面しているエリアが多いことでも知られています。首都の東京都からは40分ほどで、都市部へのアクセスがしやすい点も魅力です。
千葉県には、37市16町1村の計54市町村があります。主なエリアは湾岸、東葛、北総、南房総、中房総、九十九里の6つで、県庁所在地の千葉市や「東京ディズニーリゾート」がある浦安市は湾岸に位置しています。

また、東葛には東京のベッドタウンとして人気の高い柏市や松戸市があり、東京都の複数の市町村と隣接しているのが特徴です。
北総は、「成田空港」が位置するエリアです。神社仏閣や遺跡が豊富な自治体も多く、歴史や日本文化に興味がある方にとって理想的な移住先となっています。
南房総は、美しい海と温暖な気候を持つ地域です。特に館山市や南房総市には海水浴場が集まっており、南国の雰囲気の中で田舎暮らしを満喫できます。
中房総は工業地帯として有名な市原市があるエリアで、雇用機会が多いというメリットがあります。
6つ目の九十九里は、市の全域がジオパークとして指定されているエリアです。特殊かつ貴重な地質をしており、大自然の中でのびのびとした田舎暮らしがしたい方に最適です。

千葉県は、多彩な特徴を兼ね備えた都道府県です。東京都と同様の生活利便性を誇るエリアや、自然を感じられるエリアなど、住む地域によって全く違った生活を送ることができます。
自分の希望する田舎暮らしを叶えやすいのはもちろん、移住に対する後悔の念を抱きにくい点もポイントです。

第4位:沖縄県

沖縄県

田舎暮らしにおすすめの地域TOP4は、日本最南端に位置する沖縄県です。総人口は150万人ほどで、県庁所在地は那覇市となっています。
青い海と白い砂浜をはじめとする大自然や、独特の文化を持つことで知られる都道府県です。
沖縄県は、北部、中部、南部の3つに分類されます。
北部には東村や国頭村があり、沖縄県の中でも移住支援制度が整っているエリアです。人口数が少ない市町村が多いので、現地住民と家族のように濃い付き合いができるというメリットがあります。
中部は、県内で人口数が第2位の沖縄市や第3位のうるま市が位置する地域です。美しい自然環境と生活利便性のバランスが良く、初めて田舎暮らしをする方でも安心して暮らすことができます。
尚、県内で最も栄えているエリアは、那覇市がある南部です。沖縄県の中心として機能しており、企業数や学校数が多いという特徴があります。小中学校、高等学校、大学まで種類が豊富で私立の中高一貫校もあるため、子育て世帯にとって住み心地の良い移住先です。

沖縄県は、本格的な田舎暮らしから程良い田舎暮らしまで幅広く楽しめる都道府県です。どの程度の田舎エリアを求めるかによって移住するエリアを決められるので、失敗の少ない田舎移住を実現できます。

第3位:山梨県

山梨県

山梨県は、「富士山」「南アルプス」「八ヶ岳」「甲府盆地」などがある自然の多い都道府県です。海のない内陸県ではあるものの、山々や緑の美しさを堪能できる移住先となっています。
山梨県の主なエリアは4つで、中北地域、峡南地域、峡東地域、富士・東部地域に分けられます。
中北地域は、県庁所在地の甲府市があるエリアです。百貨店、商店街、ショッピングセンター、量販店などが豊富なほか、公立・私立共に小学校から大学まで設置されています。教育機関の種類が多いので、田舎の教育レベルに不安を感じている方でも安心です。また、自治体全域が「南アルプスユネスコエコパーク」に指定されている「南アルプス市」もあり、大自然と利便性の調和が取れたエリアとなっています。
峡南地域は、年間を通して温暖な気候が特徴です。第一次産業から第三次産業までのバランスも良く、色々なジャンルで仕事を見つけられるというメリットがあります。
峡東地域には「フルーツ王国」として知られる甲州市や「山梨県笛吹川フルーツ公園」のある山梨市が位置しており、県内でも特に果物の生産が盛んに行われているエリアです。
4つ目の富士・東部地域には、「富士山」「山中湖」「河口湖」があります。観光スポットとしても高い人気を誇るエリアとなっているため、息を呑むような美しい自然景観を眺めながら暮らすことができます。

尚、山梨県と東京都は隣接しています。移動時間は45分程度で、田舎暮らし初心者の方でも住みやすい移住先です。

第2位:静岡県

静岡県

静岡県は、田舎暮らしにおすすめの地域TOP2の都道府県です。中部地方に位置しており、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、愛知県と隣接しています。
東京都までの所要時間は1時間半程度、神奈川県までは1時間強、愛知県までは1時間20分ほどで、どの都市へ頻繁にアクセスしたいかによって移住先を決めることができます。大都会の3都県に近いことから、生活の利便性を維持しながら田舎暮らしを楽しめる都道府県です。

静岡県は、富士、伊豆、中部、西部の4つのエリアから構成されています。
富士には「富士山」や「白糸の滝」があり、豊かな自然や綺麗な水が魅力の地域です。梨、苺、稲作、お茶などの現地生産が行われていますが、工業や製造業が盛んに行われているという特徴も見られます。そのため、自給自足の田舎暮らしを楽しみたい方にも、就職先が多いエリアで暮らしたい方にも最適な移住先です。

伊豆には、温泉で有名な熱海市があります。観光地特有の賑わいを感じられるので、非日常体験のようなワクワクした気持ちで田舎暮らしを満喫できます。
中部には県庁所在地の静岡市があり、商業施設や娯楽施設が多く集まるエリアです。生活のしやすさが魅力ですが、静岡市の北部には「南アルプス」が跨っています。都市部に暮らしながら大自然の壮大さや美しさを日々眺められるので、ストレスの少ない生活を実現できる移住先です。
4つ目の浜松市は、自動車工業地帯として知られています。自動車以外にも楽器、輸送機器、繊維関係などの工場が豊富で、雇用機会が多いというメリットがあります。商店街やショッピングセンターなどの商業施設も多数集まっているので、便利な生活ができるエリアです。

静岡県は、第二次産業が盛んな都道府県です。田舎エリア特有の就職難に直面しにくく、経済的に安定した田舎暮らしを送ることができます。

第1位:長野県

長野県

田舎暮らしにおすすめの地域TOP1は、中部地方に位置する長野県です。県の総人口は200万人強で、県庁所在地は長野市となっています。
海に全く面していない代わりに、「北アルプス」「南アルプス」「中央アルプス」などの山岳が密集しています。
長野県は、大きく北信、中信、東信、南信の4つに分類される都道府県です。北信は長野市や千曲市があるエリアで、商業施設、病院、進出企業などが多いという特徴があります。生活しやすい便利な地域となっているものの、「千曲川」や「飛騨山脈」を持つ自然環境の良さもポイントです。
中信は、国宝の「松本城」があるエリアです。城下町として栄えていた歴史を持ち、歴史的建造物などが多く残っています。独特の趣や風情を感じられるので、落ち着いた環境で暮らしたい方に最適です。また、日本屈指のスキーエリアとして知られる白馬村もあり、ウィンタースポーツを満喫できる点も魅力です。
東信には、企業や工場が多数集まっています。製造業などが盛んに行われており、第二次産業への就職を希望している方にとって住みやすい移住地です。
尚、4つ目の南信は、「諏訪湖」のある諏訪市などが位置するエリアとなっています。

長野県は、どの地域を選んでも自然の豊かを感じられる都道府県です。
「日本アルプス」、河川、盆地、湖、自然公園などが県内にあるため、本格的な田舎暮らしを楽しめます。
尚、りんご、ぶどう、桃、苺をはじめとする現地生産の農作物も豊富で、現地生産の新鮮な食材を日常的に味わえる移住先となっています。

田舎暮らしのメリット・デメリット

田舎暮らしのメリット・デメリット

田舎での生活は、特に都市部で生まれ育った層から人気のライフスタイルです。
しかし、田舎暮らしをスタートさせる前に、田舎で生活するメリットとデメリットについても考えてみましょう。多方面から見つめることで、本当に自分自身が田舎暮らしに向いているか否かを判断することができます。
反対に、思わぬメリットについて再認識できる可能性もあるので、田舎暮らしに興味がある方はぜひチェックしてください。

メリット

ここでは、田舎で暮らす際のメリットについて紹介していきます。
「都会育ちだからいつか田舎で生活したいと思っていた」「ネットの体験談を読んで興味を持った」といった理由から、田舎暮らしに憧れる移住検討者は多い傾向にあります。しかし、田舎暮らしを始める上で大切なことは、自分自身にとってのメリットをきちんと認識することです。漠然と田舎での生活を夢見ている方は、この機会に田舎暮らしのメリットを深く理解しましょう。
以下は、田舎暮らしで得られる3つのメリットです。

  • 生活費を抑えやすい
  • 自然の中で子育てができる
  • 心の健康を維持できる

田舎に移住することで、経済面、子育て面、健康面のメリットを感じることができます。それぞれの詳細については、以下で詳しくお話ししていきます。

生活費を抑えやすい

田舎暮らしをするメリットのひとつが、生活費の抑えやすさです。
土地代が安い田舎エリアは、住宅購入費や家賃などの住宅費が安い傾向にあります。都市部よりも安い家の種類が豊富なので、住宅費を抑えながら暮らすことができます。
住宅費が高いエリアで暮らす場合、住宅費に家計全体が圧迫される、他のことにお金をかけられないといったデメリットが発生しがちです。

一方、家にかかる出費を節約できる田舎暮らしなら、貯蓄、教育費、娯楽などに浮いたお金を回すことができます。都市部とは全く違う余裕のある生活が実現するため、経済的メリットを感じたい方におすすめです。
また、田舎暮らしをすることで、食費の節約にも繋がります。
自然が多い田舎エリアは、一般的に第一次産業が盛んです。

海辺では漁業、冷涼な地域では酪農というように、土地の地形や気候に合わせて異なる食材が収穫・生産されています。地元産の食材は安価に取り引きされることから、田舎に住むことで食費を大幅に抑えることができます。

田舎暮らしは、衣食住の食と住にかかる出費を減らせるライフスタイルです。都市部とは比較にならないくらい安く暮らせるケースが多くなっているので、「都市部で暮らしているけど手元にお金がほとんど残らない」「もっと経済的に余裕のある生活がしたい」という方に最適な移住地です。

自然の中で子育てができる

自然の中でのびのびと子どもを育てたい方には、田舎暮らしがおすすめです。
都市部から離れたエリアには、自然豊かな環境が広がっています。壮大な山々、美しい海と砂浜、鳥の鳴き声が響く森林、水音が聞こえる川、異空間のような絶景が魅力の棚田など、移住する地域によってさまざまな自然を楽しめます。

動植物とふれあうことで子どもの五感を刺激することができるため、感受性や好奇心を育てたい子育て世帯に最適な移住地です。
子どもの感受性を豊かにするということは、思いやりや優しさを持った子どもに育てられるということです。感情を豊かにすることやコミュニケーション能力を伸ばすことにも繋がるので、都市部とはひと味違った子育てをすることができます。

また、好奇心旺盛な子どもには、探求心や研究心が強いという特徴が見られます。
いろいろな物事に対して興味を持ちやすいのはもちろん、学習能力を育むことにも直結するため、子ども自身が自分の好きなことや将来したいことを見つけやすい点もポイントです。
「思いやりに欠ける性格の子だから大きくなった時が心配」「うちの子あんまり何にも興味を示さないけどこのままで大丈夫かな?」といった悩みを持つ方は、感受性や好奇心を育てられる自然豊かな田舎に移住してみてはいかがでしょうか?

心の健康を維持できる

ストレスが多い方は、田舎への移住を検討してみましょう。
自然に囲まれた田舎エリアには、のんびりとした時間が流れています。都市部の喧騒や慌ただしさとは無縁の環境となっているので、人間らしいライフスタイルを送れる移住地です。
人、電車、ビルなどが密集しているエリアで暮らす場合、常に何かに追われているような忙しさを感じるというデメリットがあります。

落ち着いてゆっくり自分の時間を楽しむ余裕もなく、ストレスが溜まりがちです。精神的な疲労が蓄積しやすいことから、うつ病をはじめとする心の病気にもかかりやすい傾向にあります。
一方で田舎暮らしをする場合は、落ち着いた時間の中で穏やかな生活を送ることができます。マイペースでストレスフリーな暮らしを叶えられるので、「都会で人に揉まれながら生きていくのに疲れた」「もっと自分を大切にできる場所で静かに暮らしたい」という方にピッタリな移住地です。

尚、田舎暮らしを始めることで、自然の癒し効果を体感できる点もポイントです。
山々や森林などの緑が多いエリアには、マイナスイオンが溢れています。リラックス効果や免疫力の向上にも繋がることから、心身共に健康な状態を維持できるというメリットがあります。
都会の暮らしに疲れを感じている方は、ストレスの少ない生活を送れる田舎への移住を視野に入れてみるのがおすすめです。

デメリット

田舎へ移住する際は、デメリットについても知ることが大切です。良い面だけを見て移住を決行した場合、「イメージしていた暮らしと全く違った」「こんな田舎暮らしがしたかったわけじゃない」といった後悔に繋がりやすくなっています。
快適な田舎暮らしを手に入れるためにも、田舎で生活するデメリットについて考慮しましょう。以下は、田舎暮らしをする際に発生しがちなデメリット3つです。

  • 利便性が悪い
  • 就職先が少ない
  • 人間関係が複雑

手つかずの自然が多い田舎エリアでは、都市部と同程度の利便性を期待してはいけません。また、雇用先の絶対数も少なく、スムーズな就職活動ができない可能性が高くなっています。
田舎独特の人間関係になじめない移住者も多いので、知らない人とコミュニケーションを図るのが苦手な方は注意が必要です。
それでは、各デメリットについて詳しく見ていきましょう。

利便性が悪い

利便性の悪さは、田舎暮らしを始めるにあたって気を付けるべき点のひとつです。
移住するエリアによっては、土地開発が全く進んでいない場合もあります。商業施設や娯楽施設はもちろん、生活に必要なスーパー、銀行、郵便局、病院なども揃っていない自治体が多数存在している点に注意しましょう。
また、人口が少ない地域には、公共交通機関の便が悪いという特徴が見られます。電車やバスの本数が少ない、ルートが全エリアを網羅していない、そもそも市町村内に電車の駅がないといったケースも多くなっています。

都市部のような利便性を兼ね備えていないことが一般的なので、「便利な暮らしは生活する上での絶対条件」「不便な場所で暮らすのは自信がない」という方は要注意です。
利便性が悪いエリアで田舎暮らしをする場合、車の運転が必要不可欠となります。車なしでは行動範囲が狭まってしまい、日常生活をスムーズに送れなくなる可能性が高めです。

生活するために車の購入と維持を検討しなくてはならないので、田舎へ移住する際は利便性についてよく確認するように心掛けましょう。
都市部から遠すぎないエリアを選ぶことで、ある程度の利便性を確保することができます。田舎暮らしに初めて挑戦する方は、自分が適応しやすい移住先を選ぶのがおすすめです。

就職先が少ない

田舎に移住するデメリットに、就職先の少なさが挙げられます。
田舎エリアには、都会ほど仕事の種類が豊富ではないという特徴があります。商業施設や大きな会社などが全くないという市町村も多く、自分が就きたい職種の需要が全くないというケースも珍しくありません。
当初の希望とは全く異なる仕事をすることになる可能性もあるので、「田舎に移住してもキャリアを積みたい」「移住前からしている仕事をこれからもずっと続けたい」と考えている方は注意しましょう。

田舎での主な仕事の種類は、農業や漁業を含む第一次産業、公務員、販売業などになります。
医療従事者のような需要の高い専門職以外は仕事を選べないことが一般的なので、移住地のメジャーな就職先をあらかじめ調べておくことが大切です。
都市部から程近い立地のエリアで暮らす場合、大手企業の営業所や工場が進出しているケースが多くなっています。雇用のチャンスを増やせるのはもちろん、安定した収入を見込める点もポイントです。

また、県庁所在地とのアクセスが良いエリアには、通勤範囲を広げられるというメリットがあります。
田舎よりもバリエーションに富んだ職種を選べるので、より理想に近い田舎暮らしを叶えることができます。
移住先で需要が低い仕事に就くことを予定している方は、企業進出が盛んな自治体を選ぶ、県庁所在地の近くに住むといった対策を検討しましょう。

人間関係が複雑

田舎暮らしをする際は、現地住民との人間関係に注意が必要です。
一般的に、田舎エリアには独特のルールやしきたりが存在しています。地域によっては移住者をよそ者扱いするケースもあるので、「田舎で現地の人とたくさん交流しながら楽しく暮らしたい」「田舎は人が温かそうで親しみやすいイメージがある」と考えている方は気を付けましょう。

また、田舎エリアに暮らす人々には、他人との距離が近いという特徴が見られます。
一度親しくなると距離感がゼロになる人も多く、パーソナルスペースにドカドカと立ち入ってくる傾向にあります。勝手に家の中に入ってくる、プライベートなことを遠慮なく聞いてくる、自分のことを近所の人たちに噂話されるといったことも日常茶飯事なので、プライバシーを確保しながら暮らしたい方には不向きなライフスタイルです。
尚、横同士の繋がりが強い田舎で暮らす場合、地域交流への参加を強いられることも多くなっています。

自治会への加入、奉仕活動への参加、祭りの準備への貢献などが半分義務付けられているような自治体もあり、自分の時間を割いて協力することが必須となります。
断ると移住地で快適に暮らすことは難しくなってしまうので、人間関係でストレスを抱えやすいということを覚えておきましょう。

後悔しないための移住先の選び方

後悔しないための移住先の選び方

都市部からの移住者が後を絶たない田舎暮らしですが、後悔する層が多いというのが実情です。せっかく田舎へ移住しても、定住できなければ意味がありません。田舎暮らしを成功へ導くためにも、以下の4つを押さえることが大切です。

  • どんな田舎暮らしをしたいか想像する
  • 移住先の環境や空気感は合うか実際に訪問や移住体験をしておく
  • 移住後の収入源を決めておく
  • 先輩移住者の声も聞いてみよう

田舎暮らしを始める前に、しっかりと準備期間を設けましょう。時間をかけて情報収集することで、自分自身にとって田舎が暮らしやすいエリアかどうかを見極めることができます。田舎移住の成功率をアップさせることに繋がるので、焦らず慎重に準備することがポイントです。
それでは、各項目の詳細についてチェックしていきましょう。

どんな田舎暮らしをしたいか想像する

移住前のイメージトレーニングは、田舎暮らしを成功へ導く秘訣です。実際に田舎での生活をスタートさせる前に、自分がどんな田舎暮らしを理想としているのかよく考えてみましょう。
「海が見える場所で穏やかな暮らしがしたい」「自給自足しながら自然と共存したい」「田舎移住はしたいけど子どもの教育には力を入れたい」など、移住生活に求める条件は人によって違います。

単純に田舎暮らしを一括りにしてしまうと、自分の考えていた暮らしと全く違う生活になる可能性もあるので注意が必要です。
移住候補地を具体的に絞るためにも、移住する前に自分が希望する田舎暮らしがどんなものかを想像するのがおすすめです。希望や条件をリストアップすることで、自分にとって最適だと感じる移住地の特徴を知ることができます。
自分と相性の良い移住先を見つけられるので、田舎移住の失敗率を下げることに繋がります。

移住先の環境や空気感は合うか実際に訪問や移住体験をしておく

田舎への移住を後悔しないためにも、事前に移住体験を行いましょう。
移住体験とは、移住検討者が現地訪問を通して移住先の様子を学ぶことです。日帰りから数か月単位でできるものまであり、自治体によっては移住体験用の住居貸し出しも実施しています。移住先の住環境などを自分の目で確認できるため、より具体的に自分との相性を見極められる移住準備です。
移住体験をしておくことで、「本当にこの地で長く暮らしていけるのか」「自分にとってこの地は暮らしやすい場所なのか」といったことを深く考えることができます。

ネットや口コミの情報では見落としがちなメリットやデメリットも知ることができるため、できるだけ長い期間にわたって移住体験するのがおすすめです。
尚、家族での移住を検討している方は、家族全員で移住体験をするようにしましょう。誰か一人でも移住先になじめない家族がいた場合、ストレスの多い田舎暮らしになってしまいます。
満足度の高い田舎移住にするためにも、家族全員が気に入る場所を選ぶことが大切です。

移住後の収入源を決めておく

田舎暮らしを成功させたい方は、移住後の収入源について事前に考えておきましょう。
移住後の仕事についてノープランのまま引っ越した場合、経済的に困窮する恐れがあります。移住前の経歴や資格が移住先で活かせないケースも多く、予定していた期間よりも就職活動が伸びてしまうこともあるからです。
無職期間が延びれば延びるほど貯蓄を食いつぶすことになってしまうので、移住する前から就職活動を始めておくのがおすすめです。

経済的に苦しい生活に陥った場合、理想のライフスタイルとは全く違う暮らしぶりになってしまいます。
田舎での生活を楽しめないのはもちろん、心身共に疲れてしまうので注意が必要です。
移住先が決定したら、ネットや自治体などを活用して雇用先を確保しましょう。移住前に仕事と収入源を確保しておくことで、思い描いていた理想に近い田舎暮らしを実現することができます。

先輩移住者の声も聞いてみよう

田舎移住の失敗を避ける上で、移住経験者の体験談を聞くことはとても大切です。先輩移住者は、田舎暮らしの準備から移住までのプロセスを経験しています。
田舎で暮らすメリットとデメリット、移住支援制度、移住後の就職活動、子育て支援、子どもの教育、住宅探し、生活費といった幅広い分野に関する情報を実体験から学んでいるため、より具体的なアドバイスをもらえる点がポイントです。

移住の実体験を聞くことで、自分自身が移住した後の生活をリアルに想像することができます。現地での適応方法や都会出身者でも暮らしやすい地域の特徴なども聞けるので、自分に合う移住地を見極めることにも繋がります。
「口コミだとみんな良い事しか書いてなくて参考にならない」「ネットの情報だと漠然とし過ぎていてイメージしにくい」といった悩みを抱えている方は、先輩移住者から積極的に話を聞いてみましょう。

まとめ

まとめ

田舎暮らしには、選ぶ地域によって全く異なるライフスタイルになるという特徴があります。都道府県ごとにさまざまな自然環境、利便性、特色を持っており、田舎だからと一括りにすることはできません。
田舎に移住する際は、自分にとって住み心地の良いエリアを選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめの都道府県TOP5を基に、自分と相性抜群の地域を見つけましょう。

また、田舎に移住する場合、メリットとデメリットについても理解を深めておく必要があります。
定住できるかどうかの判断材料にするためにも、良い面と悪い面の両方から田舎暮らしについて検討してください。イメージトレーニング、移住体験、仕事先の確保、先輩移住者との会話といった移住前の準備を徹底し、後悔ゼロの素敵な田舎暮らしを叶えましょう。