大阪府で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

大阪の夜景

大都会のイメージが強い大阪府ですが、田舎暮らしにも適したエリアとなっています。大阪府へ移住する際は、自治体選びに気を付けることがポイントです。自身が思い描く田舎暮らしを実現できる自治体を見極め、充実度の高い移住生活を送りましょう。以下は、大阪府内でおすすめの自治体5つです。

  • 吹田市
  • 堺市
  • 豊中市
  • 東大阪市
  • 高槻市

各自治体の地形、交通アクセス、歴史、自然環境、祭りなどの情報を含めて解説していくので、移住地選びの参考にしてください。では、自治体ごとの特徴を見ていきましょう。


吹田市は、大阪府の北部に位置する自治体です。「万博記念公園」や「太陽の塔」があるほか、神社仏閣などの観光名所が豊富なエリアとなっています。吹田市は、年間を通して降雨量が少なく、比較的温暖な気候が特徴です。住みやすい気候なので、老後移住を考えているシニア世代にとっても暮らしやすい移住地です。

また、良質なタケノコが収穫できる吹田市には、健康的な食生活を送りやすいというメリットがあります。都市部よりも鮮度が高い食材を低価格で入手できるので、「安くて美味しい食材を使って節約に繋げたい」「質の高い食生活を送れる場所で田舎暮らしをしたい」という方に最適です。病院の数も多く、市内には市民病院、大学病院、特定機能病院など豊富なジャンルの医療施設が設置されています。

選択できる病院の幅が広いため、自身に合う病院を見つけやすくなっています。尚、吹田市から大阪市まで車で移動する場合、所要時間は10分強です。吹田駅から大阪駅まではわずか3駅となっており、都市部へのアクセスが便利な移住地です。ショッピング、通勤、通学などで頻繁に都市部を訪れる予定の方は、交通アクセスの良い吹田市を候補に加えてみましょう。

堺市

堺市は、大阪府の南部に位置しています。大阪府内で2番目に人口が多い自治体として知られており、人口は約82万人です。大阪市までは車で20分弱のため、都市部から程近い自治体となっています。堺市には、教育の選択肢が多いというメリットがあります。

小中学校、高等学校、大学、専門学校の数が多く、幼小中高一貫校も設置されています。特色の異なるバリエーション豊富な学校があるため、「子どもに合う学校を見つけやすいエリアに移住したい」「たくさんの選択肢の中から学校を選ばせてあげたい」と考えている子育て世帯におすすめです。また、公共交通機関の便が良い点もポイントです。

市内にはJR西日本、南海電気鉄道、泉北高速鉄道、Osaka Metro、阪堺電気軌道、路線バス、高速バスが通っており、大阪府内の各方面へアクセスすることができます。大都市と同程度の利便性を兼ね備えているので、快適かつ満足度の高い田舎暮らしに繋がります。尚、教育機関の豊富さと便利な環境が魅力の堺市ですが、自然を感じられる点も特徴です。山、河川、湖、湾岸に囲まれた堺市は、程良い田舎暮らしを楽しめる自治体です。日常的に自然を感じられることから、ストレスの少ない癒しの日々を送ることができます。

豊中市

豊中市は、大阪府の南部に位置する自治体です。「待兼山」「島熊山」「猪名川」をはじめとする山や河川の多いエリアで、大阪市までの所要時間は20分程度となっています。大都市へのアクセスが良いため、移住後の就職先や通学先を広範囲から選べる移住地です。また、大阪府から程近い立地の豊中市には、大手企業が多いというメリットがあります。

住宅総合メーカー、鉄道会社、航空会社、加工食品会社、製薬会社、不動産会社といった幅広い分野の会社が本社を置いており、雇用機会が生まれやすい点もポイントです。就職先の選択肢が多いことから、「移住後の就職活動がスムーズに進む自治体に移住したい」「就職先のことを心配しなくていい場所で田舎暮らしがしたい」という方にピッタリです。尚、豊中市に移住することで、子育てがしやすい環境を手に入れることができます。

子育て支援事業に力を入れており、児童手当、医療費助成、子育て関連の講座なども充実しています。令和4年時点での待機児童もゼロ人となっているので、子育てのしやすさを重視する世帯にとって暮らしやすい移住地です。ストレスフリーな田舎暮らしを実現したい方は、子育て支援が充実している豊中市への移住を考えてみてはいかがでしょう?

東大阪市

東大阪市は、「ラグビーのまち」として知られる自治体です。市内には「東大阪市花園ラグビー場」があり、活気ある雰囲気を感じることができます。東大阪市は、生活の利便性と自然環境のバランスが取れた移住地です。商業施設の「フレスポ東大阪」や「イオンタウン東大阪」があり、郵便局、銀行、病院、スーパー、教育機関なども揃っています。

公共交通機関、高速道路、国道なども充実しており、大阪市までの所要時間は車で15分と利便性に優れています。一方で、「生駒山」や「天井川」を望めるエリアとなっている点もポイントです。生活のしやすさと自然の美しさを兼ね備えた東大阪市は、「自然があって便利な場所で田舎暮らしを楽しみたい」「あまり田舎過ぎる場所だと長く住めない気がする」という方におすすめです。また、東大阪市には、子どもが遊べるスポットが多いという特徴があります。

大きな遊具を設置した「花園中央公園」やプラネタリウム、スポーツホール、科学展示室を併設した「ドリーム21」があり、子どもを思う存分遊ばせることができます。遊びを通して好奇心や探求心を育めるため、子育て世帯に最適な移住地です。

高槻市

高槻市は、人口35万人ほどの自治体です。神社仏閣、城址、古墳をはじめとする歴史関連の観光名所が多く、趣深さを感じることができます。観光名所を通して現地の歴史や文化を学べるため、「歴史の勉強を兼ねて子どもと遺跡や古墳を巡りたい」「歴史が好きなので国宝や重要文化財が多い場所に移住したい」という方に最適な移住地です。また、高槻市では、祭りやイベントが多く開催されています。

「えびす祭り」「東天川のだんじり祭り」「安岡寺火渡り」などを含む伝統的な祭りはもちろん、「高槻ジャズストリート」「食の文化祭」「高槻シティ国際ハーフマラソン」といった現代的なイベントが行われている点もポイントです。

古くから引き継がれてきた祭りと若者世代が楽しめるイベントが融合しており、高槻市の魅力を多方面から知ることができます。歴史の息吹を感じられる高槻市は、農業が盛んなことでも知られる自治体です。いちご、しいたけ、トマト、大阪しろななどが特産品となっており、美味しい農作物をリーズナブルな価格帯で購入することができます。
農薬使用回数や化学肥料使用量の制限に関する基準認証を受けた「大阪エコ農産物」の農作物もあるため、食の安全が気になる方にも安心です。尚、高槻市から大阪市へ移動する場合、所要時間は車で35分となっています。

大阪府での田舎暮らしのメリットデメリット

メリットデメリットの札

大阪への移住を実行する前に、現地で暮らすメリットとデメリットについて考えてみましょう。イメージだけで移住してしまった場合、思わぬ問題点にぶつかる可能性があります。また、メリットについて詳しく知ることで、自身にとっての暮らしやすさを再発見できるかもしれません。情報収集をきちんと行い、後悔のない大阪移住を実現しましょう。ここでは、大阪府で田舎暮らしをする際のメリットとデメリットを各2つずつ紹介していきます。

メリット

大阪府に移住して田舎暮らしをする場合、以下のようなメリットを感じられます。

・積雪量が少ない
・観光スポットが多い

地形による気候や、周辺施設に関するメリットが挙げられます。大阪府の暮らしやすさを確認し、移住地を決める判断材料に役立ててください。では、各項目を見ていきましょう。

積雪量が少ない

大阪府で田舎暮らしをするメリットに、積雪量の少なさが挙げられます。積雪が多い地域には、エリア周辺の空気が冷えやすいという特徴があります。一方で大阪府は、冷たい空気が府内に入り込みにくい地形です。海を遮るようにそびえ立つ六甲山により、海側からの寒気が府内に流れ込むことを遮断しています。
気温が極端に下がらないことから、雪が降っても積もりにくい住環境が実現しています。積雪量が少ない地域に住むということは、雪かき、水道凍結、暖房器具のコスト、住宅の積雪対応、交通機関の麻痺といった問題と無縁で暮らせるということです。肉体的、精神的、経済的な負担を減らせるため、高齢になっても快適な田舎暮らしができる移住地です。

観光スポットが多い

大阪府で田舎暮らしをするメリットのひとつが、観光スポットの豊富さです。大阪府には、「道頓堀」「通天閣」「ユニバーサルスタジオジャパン」「天神橋筋商店街」「なんばグランド花月」「大阪城」をはじめとする有名観光スポットが多く集まっています。多彩なジャンルの観光スポットがあるため、若者からシニア世代まで楽しめる環境です。
また、関西エリアに位置する大阪府は、奈良県、兵庫県、京都府、和歌山県と隣接している点もポイントです。旅行地として人気のエリアに程近いことから、充実度の高い休日を過ごすことができます。「田舎って遊ぶ場所が何もないイメージだから不安」「飽きずに長く暮らせる移住地ってどこだろう?」といった悩みを持つ方は、色々な場所へお出かけできる大阪府へ移住してみてはいかがでしょう?

デメリット

利便性の良さが魅力の大阪府ですが、デメリットを兼ね備えていることも忘れてはいけません。大阪府で田舎暮らしをする際は、以下のようなデメリットについて考慮するようにしましょう。

・お試し住宅が少ない
・本格的な田舎暮らしができるエリアが少ない

日本三大都市のひとつである大阪府は、大都市ならではのデメリットを持つ都道府県です。田舎暮らしには不向きな要素も多いことから、理想のライフスタイルを実現できない可能性を秘めています。それでは、各項目について詳しくチェックしていきます。

お試し住宅が少ない

大阪府に移住するデメリットに、お試し住宅の少なさが挙げられます。人口数が多い大阪府では、移住支援に積極的でない自治体も存在します。また、移住支援のための土地や住宅の確保が難しいこともあり、お試し移住体験を行っていないエリアが大多数です。お試し住宅がない自治体に移住する場合は、現地の生活を実体験できない、移住後の生活を具体的にイメージできない、現地と自身の相性を確認できないといったデメリットに注意しましょう。

長期的に暮らしていける場所かどうかを見極めにくいことから、田舎暮らしが失敗に終わる確率が大きく跳ね上がります。大阪府内への移住を検討している方は、お試し住宅の有無について事前に調べることが大切です。

お試し住宅がない自治体に移住する際は、安く借りられる物件を短期間のみ使用するなどの対策が必要となります。きちんと準備のプロセスを踏まないまま移住した場合、理想とかけ離れた田舎暮らしになってしまう可能性も考えられます。お試し住宅が少ない大阪府は、移住に対する後悔を抱えやすい移住地だということを覚えておきましょう。

本格的な田舎暮らしができるエリアが少ない

大阪府は、日本で3番目に人口が多い都道府県です。人口数は883万人を超えており、郊外でも都市開発が進んでいます。そのため、大都市から大阪府内に移住しても、本格的な田舎暮らしがしにくいというデメリットがあります。山、海、河川、湖、湾岸といった豊富な自然環境を持つ大阪府ですが、自然が占める規模はあまり大きくありません。

住宅街、ビル、工場などが占める割合の方が大きく、テレビや雑誌で見かける大自然の景色とは程遠い風景になっています。自給自足できるほどの本格的な田舎エリアは限られるため、「動植物と共生しながら田舎の生活を楽しみたい」「自然しかない場所でのびのびと田舎暮らしをしたい」と考えている方は注意が必要です。

大阪府で支援制度のあるおすすめ自治体3選

6車線道路

大阪府に移住する際は、自治体選びに注意しましょう。国内第2の都市である大阪府は、人口の多いエリアです。その他の地方よりも移住支援体制が整っていない場合も多く、自治体によってはほとんど支援していないケースもあります。移住前に各自治体の移住支援内容を確認し、自身にとって住みやすい移住地を見つけることが大切です。以下は、大阪府内で移住支援に力を入れている自治体3つです。

  • 阪南市
  • 岬町
  • 千早赤阪村

それでは、各自治体の特徴や移住支援内容について説明していきます。

阪南市

阪南市は、人口5万人弱の自治体です。工業、農業、漁業と幅広い産業が盛んな地域となっており、移住後の就職活動をスムーズに進めることができます。大阪市からの所要時間は、車で約50分です。「阪南インターチェンジ」や「国道26号」があるほか、JR西日本、南海電気鉄道、路線バスなどの公共交通機関も充実しており、都市部との行き来がしやすい立地となっています。

また、阪南市は、「山中渓の桜」「波太神社」「わんぱく王国」などの観光名所が多い自治体です。自然、歴史、遊びと多彩なお出かけスポットが揃っていることから、「現地の名所や観光地を巡れる場所で田舎暮らしをしたい」「出かけられる場所が多い方が飽きずに長く暮らせそう」と考えている方におすすめの移住地です。阪南市に移住した場合、以下のような移住支援制度を活用することができます。

移住・定住ポータルサイト
阪南市への移住を検討している方向けに、移住・定住ポータルサイトを開設しています。阪南市の概要、テレワーク、ライフスタイル、子育て支援に関する情報を得られるほか、移住者のインタビューも閲覧可能です。移住ムービーなども視聴できるため、移住地の情報を視覚的に収集できる仕組みになっています。

移住相談
阪南市での移住生活に関する不安や疑問を解決すべく、移住相談窓口を設置しています。ホームページ内のお問い合わせフォーム、メール、電話での相談に対応しており、受付時間は平日の9時~16時です。

空き家バンク
阪南市と空き家等関連団体が提携し、空き家の所有者と貸借・購入希望者のマッチングを実施しています。相談から契約まで対応しており、スムーズに空き家を取得することができます。空き家バンクに登録されている物件は、ホームページからチェック可能です。

空家等利活用相談会
空き家の所有者及び貸借・購入希望者のために、空き家の利活用に関する相談会を実施しています。相談料は無料となっており、専門家から有益な情報を収集できるイベントとなっています。

阪南市空き家バンク活用促進事業補助金
空き家バンクに登録された物件を取得した移住者に対して、補助金を支給する制度です。移転登記費用や引っ越し費用に対する補助を実施しており、補助額は最大20万円です。

フラット35
「阪南市空き家バンク活用促進事業補助金」の交付を受けた移住者は、ローンの金利を引き下げることができます。「フラット35」と提携している金融機関でローンを組む必要があり、リノベーションや維持保全型など種類を選択できる仕組みになっています。

阪南市で田舎暮らしをする場合、移住・定住ポータルサイト、移住相談、空家等利活用相談会を活用できる点がポイントです。移住前の準備を効率的に進められるのはもちろん、現地の情報を十分に得てから移住を決行できます。移住したことを後悔しにくい自治体となっているので、長期間に渡って快適に田舎暮らしを楽しめます。

岬町

岬町は、大阪府の南西部に位置する自治体です。「和泉山脈」「番川」「大阪湾」がある自然環境の良い立地で、移住エリアによって異なる雰囲気の暮らしを楽しめます。大阪市までは車で1時間10分ほどとなっており、程良く都市部から離れたエリアとなっています。都市部の忙しなさとは無縁の生活を送れるため、「のんびりとした時間の中で田舎暮らしを楽しみたい」「都市部からあまり近すぎない場所で暮らしたい」という方に最適です。

また、岬町は、子育てがしやすい自治体です。子育て支援センター、預かり保育、保育所のほか、子ども用のショートステイも設置されています。待機児童数もゼロ人を実現していることから、バリバリ働きたい子育て世帯にとって住み心地の良い移住地です。以下は、岬町で受けられる移住支援制度の詳細です。

移住相談
岬町への移住を検討している方向けに、「企画地方創生課」が移住相談を行っています。メールフォームか電話での相談を選択できますが、電話での相談は9時~17時半までの対応となっています。

お試し移住
岬町への移住を検討している方向けに、お試し住宅を提供しています。利用可能期間は最大90日で、利用料は無料です。ただし、20~45歳の方限定となります。

空き家バンク
岬町では、市内の空き家情報をホームページで紹介しています。物件の写真、価格、土地面積、所在地、交通情報などを閲覧できるため、効率的に空き家取得を行えます。

空き家再生事業補助制度
岬町で中古住宅を取得して再生事業を行った移住者に対して、5万円の補助金を支給しています。再生事業には、空き家の改修のほか、清掃や家財道具の撤去が含まれます。

新築住宅取得補助制度
岬町で新築住宅を取得した移住者に対して、10万円の補助金を支給する制度です。3年間遡って岬町に居住歴がない移住者や、義務教育中の家族を扶養している世帯には5万円が加算されます。尚、受給対象となるには、45歳未満であることと、同居者の年齢が45歳未満、もしくは婚姻・義務教育中の世帯員を扶養していることなどの条件を満たす必要があります。

中古住宅取得補助制度
岬町で中古住宅を取得した移住者に対して、経費の一部を助成する制度です。補助額は5万円ですが、義務教育中の家族を扶養している世帯には3万円が加算されます。尚、受給対象となるには、45歳未満であることと、同居者の年齢が45歳未満、もしくは婚姻・義務教育中の世帯員を扶養していることなどの条件を満たす必要があります。

紀陽銀行住宅ローン
岬町で住宅を取得する移住者に対して、住宅ローンの金利引き下げを行う制度です。「紀陽銀行」と連携して行っており、最大2.075%の引き下げが適応されます。

民間賃貸住宅家賃補助制度
若年夫婦や子育て世帯が岬町に移住した場合、家賃補助を受けることができます。若年夫婦は、夫婦のいずれかの年齢が40歳未満で、婚姻から3年以内の夫婦を指します。子育てとは、義務教育中の子どもと同居する世帯のことです。補助額は月1万円となっており、期間は最大2か月間です。

結婚新生活支援補助金
岬町に定住する新婚世帯に対して、住宅取得・貸借費用や引っ越し費用を補助する制度です。補助額の上限は50万円です。受給対象となるには、夫婦の年齢が39歳以下であること、夫婦の合計所得金額が400万円未満であることなどの条件を満たす必要があります。

結婚祝金制度
岬町に定住する新婚世帯に対し、結婚祝金を支給しています。祝金は夫婦1組につき5万円です。受給条件には、夫婦のいずれかが39歳以下であることや、6か月間以上に渡って夫婦関係を続けていることなどが含まれます。

岬町奨学金返還支援事業助成金
奨学金の貸与を受けた方が岬町へ移住した場合、補助金を受給できる制度です。補助額は、前年度の奨学金返済金額の2分の1以内です。上限については、岬町内で就業した移住者の場合は10万円、その他で5万円となります。

岬町は、移住支援制度が豊富な自治体です。移住相談を実施しているほか、住宅、結婚、奨学金といった幅広いサポートを行っています。移住支援制度が多い自治体に移住することで、経済的にも精神的にもストレスの少ない移住生活に繋がります。また、大阪府内では貴重な「お試し移住」ができる点もポイントです。移住地の環境をあらかじめチェックできるので、後悔の少ない移住生活を送ることができます。大阪府内でバラエティー豊富な移住支援を受けたい方は、岬町について調べてみてはいかがでしょう?

千早赤阪村

千早赤阪村は、人口5,000人弱の自治体です。大阪府で最も人口の少ない自治体として知られており、府内で唯一の村です。「金剛山」や「千早川」がある自然の恵みを感じられるエリアで、「下赤坂の棚田」は日本の棚田百選にも選ばれています。息を呑むような美しい自然景観のそばで暮らせるため、本格的な田舎暮らしを始めたい方に最適です。また、農業が盛んな千早赤阪村には、新鮮で良質な学校給食を食べられるというメリットがあります。食育にも力を入れている自治体であることから、子育て世帯にとって暮らしやすい移住地です。尚、千早赤阪村から大阪市内へは、車で1時間程度となっています。のびのびとしたライフスタイルを実現できるエリアでありながら、都市部へのアクセスがしやすいという特徴を兼ねています。以下は、千早赤阪村で田舎暮らしをする場合に活用できる移住支援制度です。

空き家バンク
空き家の所有者と貸借・購入希望者を繋ぐシステムです。千早赤阪村では、空き家に関するホームページやパンフレットなどを作成しており、対面や空き家情報バンク専用ダイアルを通して移住者に空き家を紹介しています。

空き家改修補助
千早赤阪村で空き家を取得した移住者に対して、改修にかかる費用の一部を助成する制度です。台所や浴室を含む水回りの工事、内装や外壁などの改修工事、家具の撤去や除草作業などの費用が対象となり、補助金額はかかった経費の2分の1以内で上限10万円です。ただし、改修した空き家に5年以上住み続けること、昭和56年6月1日以降に建設された空き家であること、別荘としての利用は認められないなどの条件があります。

新築マイホーム取得費用補助事業
千早赤阪村で新築住宅を取得した移住者に対して、100万円の補助金を支給しています。新築住宅には、注文住宅、建売住宅、併用住宅が含まれます。ただし、取得した住宅に5年以上住み続けること、中学生未満の子どもがいる世帯か夫婦が共に40歳未満の世帯であること、取得にかかった費用が1,000万円を超えていること、新築登記から1年を経過していないことなどが受給条件に含まれます。

家賃補助
千早赤阪村内に定住する場合、中学生未満の子どもがいる世帯や、夫婦が共に40歳未満の世帯は家賃補助を受けられます。補助金額は家賃の2分の1以内で、上限は月2万円です。補助期間は36か月間となります。

引っ越し費用の補助
千早赤阪村への移住者に対して、引っ越しにかかった経費の2分の1以内で上限10万円を補助する制度です。受給対象は、中学生未満の子どもがいる世帯や夫婦が共に40歳未満である世帯です。

人口が少ない千早赤阪村は、移住支援活動を積極的に行っている自治体です。移住支援制度の種類が豊富という特徴を持っており、住宅に関するさまざまな補助を受けることができます。住宅費の大幅な経費節約に繋がるため、「移住って出費が大きいイメージがしてハードルが高い」「住宅費を抑えられる自治体で田舎暮らしをスタートさせたい」という方におすすめです。大阪府内で移住支援制度が充実した自治体を探している方は、多彩な補助金制度を持つ千早赤阪村を視野に入れてみてはいかがでしょう?

まとめ

大都市である大阪府は、程良い田舎暮らしができる移住地です。利便性に優れているほか、積雪量が少なく、近距離に観光スポットが多いというメリットがあります。一方で、お試し住宅や本格的な田舎暮らしに適したエリアが少ないといったデメリットも存在しています。移住前の準備や移住後のライフスタイルに大きく影響することから、後悔する可能性がある点にも注意が必要です。自身にとっての優先順位を考え、理想に近い田舎暮らしを実現してください。