沖縄移住の理想と現実の違い

黄色のハイビスカス

リゾート地として高い知名度を誇る沖縄は、移住先としても人気があります。しかし、イメージだけで沖縄へ移住した場合、現実とのギャップに戸惑いを覚えるかもしれません。以下は、沖縄での移住生活における理想と現実の違いです。

・那覇市などの主要都市ではのんびりできない
・生活費が意外とかかる
・住宅に思ったよりお金がかかる
・実際に暮らすのと旅行は異なる

沖縄移住の理想と現実を知ることは、移住後の生活を充実させることに直結します。では、各項目を確認していきましょう。

那覇市などの主要都市ではのんびりできない

海に囲まれた自然豊かな沖縄は、「のんびりとした生活ができる移住先」というイメージを抱かれがちです。しかし、那覇市などの主要都市に移住する場合、想像よりも忙しない生活になる可能性があります。沖縄の県庁所在地である那覇市は、モノレールやバスなどの公共交通機関が発達しており、市内にはショッピングモールが立ち並んでいます。

シティライフに近い生活環境のため、さほどのんびりとした雰囲気でないのが現実です。また、那覇市をはじめとする都市部には、東京などに拠点を置く本土企業の支店が多く設置されています。そういった企業で就労する場合、こなす仕事量が本土の社員たちと同程度ということも有り得ます。そのため、ライフワークバランスの良い、ゆったりとした移住生活を送るのは難しいかもしれません。

生活費が意外とかかる

一般的に、地方移住=生活費が安いと考えられています。しかし、沖縄に移住する場合、必ずしも生活費が節約できるわけではありません。離島に分類される沖縄は、さまざまな物資を輸送により調達しています。輸送にかかるコストが商品の料金に上乗せされているため、食品や生活雑貨が高額になりがちです。また、通販サイトなどを利用する際にも、配送料に追加料金が加算されるケースがあります。思わぬ出費が発生してしまうため、理想通りの節約生活を送れない可能性が高くなっています。沖縄移住で生活費を抑えたい場合は、現地生産の食品をメインに購入する、離島の追加料金が発生しない通販サイトを活用するなど、工夫が必要です。

住宅に思ったよりお金がかかる

一般的な地方移住には、住宅費が節約できるというメリットがあります。しかし、沖縄の場合、住宅にかかるお金はそこまで安くありません。海に囲まれた地形である沖縄は、年間を通して高温多湿です。特に初夏から秋頃までは湿度が高く、家の中にカビが発生しやすくなっています。また、海に面した家に暮らす場合は、潮風による家の傷みも考慮しなければなりません。

ドアや窓のサッシが錆やすいのはもちろん、家全体が腐食する恐れもあります。そのため、沖縄で戸建て住宅を購入する場合は、カビや腐食の補修が必須となります。立地によっては数年ごとにメンテナンスする必要があるため、ランニングコストがかかることに注意しましょう。

また、沖縄は、国内有数の人気リゾート地です。リゾートホテル、複合施設、ショッピングモールなどの建設により、地価が高騰しつつあります。そのため、アパートやマンションをはじめとする住宅購入費や家賃も値上がりしており、地方の中でも住宅費の高い移住地となっています。沖縄への移住を検討している方は、事前に希望移住地の住宅費相場を確認しましょう。

実際に暮らすのと旅行は異なる

沖縄は、観光地として人気のスポットです。旅行で目にしたエメラルドグリーンの海が忘れられず、海辺の生活に憧れて沖縄移住を決める人も多く存在します。しかし、いざ長期間に渡って生活してみると、綺麗な海の景色にも飽きてしまう可能性があります。旅行は、非日常体験です。通常よりも高揚感を得やすく、旅行先で見たもの全てに感銘を受けやすい状態にあります。一方、その地に移住して長く暮らすということは、目にするものが日常の風景として溶け込んでしまうことを意味します。例え強い意志を持って海辺に移住しても、半年、1年と暮らしていく中で、海の風景に対する感動が薄れていくこともあるのです。沖縄の海に憧れて移住を検討している方は、移住前に現地での移住体験に参加してみましょう。長期間の移住体験をすることで、後悔のない移住生活に繋がります。

沖縄移住におすすめの人/向いている人は?

沖縄移住におすすめの人/向いている人は?

日本最南端の県である沖縄は、独特の暮らし向き、気候、風土を持つ地域です。ここでは、沖縄移住におすすめの人や、向いている人の特徴についてご紹介していきます。沖縄移住を視野に入れている方は、自身の移住目的や性格と照らし合わせてみましょう。

リゾート目的としての移住ではないこと

沖縄移住は、リゾートを移住目的としていない人に向いています。沖縄への移住と聞くと、リゾート地での楽しそうな日々をイメージしがちです。しかし、軽い気持ちで沖縄に移住した場合、リゾート生活とは全く異なる現実に強いギャップを感じてしまいます。沖縄に移住・定住するということは、現地で働き、現地の人と交流しながら生活していくということです。

リゾート気分から現実の世界に引き戻されてしまうため、「離島だし生活するには色々と不便」「利便性の高い都市部の方が暮らしやすい」と冷めてしまう可能性があります。一方、リゾート目的以外の理由を持つ移住者は、地に足のついた生活を前提に移住しています。そのため、現実的な暮らしを受け入れやすいという特徴があり、沖縄での移住生活を楽しむことが可能です。

細かいことが気にならず考え方がおおらかな人

性格がおおらかな人は、沖縄での移住生活に向いています。沖縄は、比較的マイペースで楽天的な人の多い地域です。そのため、時間に対しても寛容で、のんびりとした暮らしを好みます。性格がおおらかな人が沖縄へ移住した場合、沖縄の県民性と合致する可能性が高く、居心地の良い生活を送ることができます。

また、生まれ育った地域と別の場所に移住するということは、現地のルールに従って暮らすということです。これまで抱いてきた自分の価値観や常識と違うことも多く、できるだけ早い段階で新しいやり方に適応しなければなりません。

性格が几帳面で神経質な人の場合、現地の暮らしに慣れるまでに時間がかかったり、うまく適応できなかったりすることも多々あります。一方で細かいことが気にならない性格の方は、「そういうやり方もあるんだな」と素直に受け入れられるので、沖縄での移住生活を楽しむことができます。

地域の人との交流を楽しめる人

地域交流や人と関わることが好きな人は、沖縄移住に向いている人です。沖縄は、本土とは異なる文化や雰囲気を持っています。地元住民同士の絆が深く、地域交流も非常に盛んです。そのため、率先して現地住民との交流を深めることで、早い段階から地域コミュニティに溶け込むことができます。

もし人と関わることがあまり好きではない場合、無理をしながら地域交流していかなければなりません。自分自身に負荷をかけながら暮らすことになるため、理想の移住生活とはかけ離れた生活になってしまいます。一方で地域交流を楽しめる人は、自ら出会いの枠を広げていくことで、居心地の良い場所を獲得することができます。

現実的に沖縄移住を失敗しないために

沖縄のサンセット

沖縄へ移住する場合、移住後の生活を具体的にイメージすることが大切です。「沖縄移住に失敗した」と後悔しなくて済むように、移住前に以下のような準備をしておきましょう。

・移住前に支援制度などを活用して長期で実際の生活を体験しておく
・移住先で仕事を探す人は先に仕事を決めてから移住を検討する

では、各項目をチェックしていきます。

移住前に支援制度などを活用して長期で実際の生活を体験しておく

沖縄移住を成功させる秘訣は、長期間の移住体験をすることです。移住前に現地で実生活を送ることにより、移住後の暮らしを具体的にイメージしやすくなります。短期の滞在では、その地のことを深く知ることはできません。長期間に渡る生活を通して、はじめて現地の物価、気候、地域のルールなどを学ぶことができます。現地に溶け込んだ暮らしを体験し、自分が沖縄移住に向いているかどうかの判断材料に役立てましょう。

尚、移住者への支援体制が整っている自治体では、移住体験に関するサポートを行っていることもあります。お得に移住生活を体験できるので、事前によく調べるのがおすすめです。「想像していた暮らしと違って残念」と後悔しないためにも、長期で移住生活を体験してみましょう。

移住先で仕事を探す人は先に仕事を決めてから移住を検討する

沖縄移住を検討している方は、移住前に現地での就労先を決めておくようにしましょう。収入源の確保は、移住生活を成功させるための大切な要素です。慣れない土地での職探しは難航する場合が多く、内定をもらうまでに時間を要するケースもあります。移住後の時間を無駄にしないためにも、移住前にあらかじめ就労先を決めておくことがおすすめです。特に職種や条件にこだわりがある方は、準備時間をしっかりと取るように心掛けましょう。

まとめ

美しい海と自然に囲まれた沖縄は、理想の移住先として人気の地域です。しかし、旅行で訪れる沖縄と、実際に移住した場合の沖縄には大きなギャップがあります。沖縄での生活における理想と現実を知ることは、沖縄移住を後悔しないために大切なことです。移住後のリアルな沖縄生活を体感したい方は、長期の現地移住体験などを利用しましょう。また、沖縄へ移住する際は、移住前の準備を徹底するのがおすすめです。移住後にスムーズで快適な生活を送るためにも、移住前に就労先を確保しておくようにしましょう。