大失敗だった!後悔する沖縄移住の理由は

青い海や暖かい気候に恵まれた沖縄は、移住地として人気のエリアです。しかし、沖縄への移住者の中には、「沖縄での暮らしになじめない」「思い描いていた理想の沖縄移住じゃなかった」といった後悔の念を抱く人も多く存在しています。沖縄への移住生活が失敗してしまう理由に、以下の3点が挙げられます。

・独特な人との距離感が難しい
・イメージしていた理想の生活と違った
・旅行感覚で移住をしてしまった

沖縄は、独自の文化を持つエリアです。そのため、国内の他のエリアよりもカルチャーショックを受けやすい移住先となっています。沖縄移住を失敗に終わらせないためにも、3つの理由について詳しくチェックしていきましょう。

独特な人との距離感が難しい

沖縄は、県民同士の絆が強い県です。移住者=他の土地から来たよそ者と考える現地住民も多く、地域コミュニティに溶け込むのに時間を要する場合があります。そのため、「なんとなく近所の人たちと距離がある気がする」「旅行中はフレンドリーな印象だったのに」と感じる移住者も多くなっており、移住後の人間関係に悩む人が後を絶ちません。沖縄県民は、一度親しくなった相手とは濃い付き合いをする傾向にあります。しかし、そこまでの人間関係を築くこと自体が難しく、現地住民との距離感が理由で沖縄移住に失敗する層が多く存在しています。

イメージしていた理想の生活と違った

沖縄での移住生活を後悔する原因に、理想と現実のギャップがあります。一般的な沖縄移住には、以下のようなイメージが挙げられます。

・毎日美しい海を眺めながらスローライフを送れる場所
・自然に囲まれながらのんびりとした生活ができる
・温暖な気候の中で島国ライフを楽しめる

メリットのイメージが先行してしまいがちな沖縄ですが、移住生活にはデメリットがあることを忘れてはいけません。海辺で暮らすということは、住宅が潮風による影響を受けやすいことを意味します。腐食や錆などのケアを常に行う必要があり、補修代などで出費がかさむ可能性もあります。また、沖縄=自然に囲まれているというわけではありません。就労先などを優先した場合、都市部の那覇市などが移住先になることも十分考えられます。

のんびりとした暮らしとは程遠いこともあるため、「これならわざわざ沖縄に移住しなくても良かったのに」と後悔に繋がる恐れがあります。さらに、温暖な気候が魅力の沖縄ですが、高温多湿で日差しの強い地域です。家にカビが生えやすい、肌が紫外線ダメージを受けやすいといったデメリットがあることから、必ずしも思い描いていた理想の暮らしができるとは限りません。沖縄移住で失敗する原因は、理想だけで沖縄への移住を決めてしまうことです。

沖縄という地を一括りで判断するのではなく、さまざまな側面から考慮するように心掛けましょう。理想と現実を移住前に知っておくことが、沖縄移住を成功させるための秘訣です。

旅行感覚で移住をしてしまった​​

沖縄移住が失敗に終わる原因に、旅行感覚での移住が挙げられます。旅行地としても人気の沖縄は、毎年多くの観光客を迎え入れています。その中には、「このまま沖縄で暮らせたらいいのに」「旅行で行った沖縄が楽しかったから移住先に選びたい」と考える層も多く、旅行の延長で沖縄移住を実行しがちです。

しかし、遊ぶことだけを目的としている旅行と、実生活を送る移住は全く異なります。移住する場合、現地で仕事をしながら日々の暮らしを送らなければなりません。旅行の時には気にならなかった沖縄の物価や生活面での不便などが気になり、予想外に早く沖縄での移住生活にピリオドを打つ移住者も多く存在しています。美しい海や自然に囲まれた沖縄は、とても魅力的な移住地です。

しかし、安易に旅行感覚で移住を決定するのではなく、沖縄での長期生活におけるデメリットについても十分に考慮する必要があります。

沖縄の移住に失敗しないためのコツ

沖縄の移住に失敗しないためのコツ

沖縄移住で失敗しないために大切なことは、入念な準備です。以下は、沖縄への移住前にしておくべき3点となります。

・移住体験やお試し移住で長期間生活してみる​​
・実際に生活している先輩移住者に話を聞く
・家族でよく話し合ってから移住を決める

コツを押さえて行動することで、沖縄移住を成功に導くことができます。では、各項目の詳細を解説していきます。

移住体験やお試し移住で長期間生活してみる​​

沖縄への移住を決行する前に、必ず現地での長期生活を行うようにしましょう。沖縄の環境、文化、暮らしぶり、物価、気候に関する情報は、インターネットやSNSから収集可能です。しかし、現地での生活になじめるか否かという点や、近隣住民との人間関係については、実際に暮らしてみなければ分かりません。移住者それぞれの性格や価値観が異なる以上、沖縄での移住生活に関する向き不向きも変わってくるからです。

移住後に「ネットの情報で聞いていたよりも生活が不便だった」「思っていたよりも近所付き合いが上手くいかない」といった後悔をしなくて済むように、お試し移住で現地の生活を体感してみましょう。移住体験をする場合は、できるだけ長期で生活するのがおすすめです。短期のお試し移住は旅行感覚になりやすく、現地住民のような生活を味わうことができません。現地で日常生活を送り、買い物や自炊をしながら暮らすことで、はじめて沖縄での実生活を垣間見ることができるのです。

また、もし移住候補地が複数ある場合は、極力全ての候補地でお試し移住をしてみましょう。同じ沖縄県内であっても、都市部と田舎では暮らしぶりが異なります。より最適な移住先を見つけるためにも、複数のエリアを見て回ることはとても大切です。尚、自治体によっては、移住体験用の住居やツアーを用意しているエリアもあります。比較的安価にお試し移住ができるので、ぜひ利用するようにしましょう。

実際に生活している先輩移住者に話を聞く

沖縄への移住経験者から話を聞くことは、沖縄移住の失敗を未然に防ぐことに繋がります。特に、移住前の環境が自分に近い人からの意見は、移住後の生活を思い描く上で有益です。移住後の生活、仕事、利便性、家族との関係、地域交流など、さまざまな点におけるメリットとデメリットを聞くようにしましょう。体験者のリアルな情報を得られるので、インターネットなどで見落としがちなポイントを補うことができます。もし移住経験者の知り合いがいない場合は、移住支援などを行っている団体や自治体を通すのがおすすめです。実際に沖縄移住した人が相談にのってくれるシステムなども完備されているため、スムーズに情報収集することができます。

家族でよく話し合ってから移住を決める

沖縄移住で失敗しないためにも、移住前に家族でしっかりと話し合うことが大切です。移住するということは、職場や学校を含む生活環境がガラリと変わることを意味します。新生活に慣れるまでは精神的なストレスを抱えることも多く、家族間での協力なしには乗り越えられません。そのため、もし沖縄移住に反対している家族がいる場合、移住生活が難航する可能性があります。新天地で楽しい移住生活を送るためにも、家族同士の話し合いを徹底しましょう。移住のメリットとデメリットを意見交換することで、移住後の生活を具体化することに繋がります。その上で家族全員が移住に納得できるのであれば、沖縄移住の失敗率を大幅に下げることができます。

沖縄の移住失敗の原因は仕事も多い

沖縄への移住が失敗だったと感じる理由のひとつに、仕事が挙げられます。自身で事業を行っている、移住前から在籍している企業でリモートワークを行うといったケースは例外ですが、現地で就職する場合には以下のような失敗要因があることを覚えておきましょう。

・移住者のいない職場だと最初の人間関係が億劫​​
・収支が見合わず結果苦しい生活となる

現地で仕事をするにあたって、人間関係や経済面での問題に直面する移住者が多くなっています。では、各項目の内容を見ていきましょう。

移住者のいない職場だと最初の人間関係が億劫​​

移住者が自分のみという職場で働く場合、居心地の悪さを感じる可能性があります。沖縄は、地元出身者の繋がりが強い地域です。そのため、現地に溶け込むまでは人間関係に悩むことも多く、ストレスが溜まりやすい傾向にあります。現地住民しかいない職場では、移住者独特の悩みを相談できる相手もいません。職場での人間関係が億劫に感じられることから、「沖縄移住は自分に向いていなかった」「沖縄から別の場所に移住しよう」といった結論に達する移住者が多くなっています。沖縄移住の失敗を避けたい方は、移住者の多い職場で働く、積極的に自分から交流していくなど、自分に合う対策を考えることがポイントです。

収支が見合わず結果苦しい生活となる

大都市から地方への移住に対して、安価な生活費で暮らせると考える移住者は多く存在します。しかし、観光地として確固たる人気を誇る沖縄は、住宅購入費や家賃が高額です。リゾートホテルやマンションなどの建設ラッシュにより、沖縄の土地需要は高騰傾向にあります。そのため、住宅費全体が値上がりしており、一般的な地方移住のように住宅費を抑えながら生活することができません。

都市部と同等ということも多々あることから、予想よりも住宅にかかるコストが高額になりがちです。また、輸送物資に依存している沖縄は、日用品や食費の料金に輸送代が上乗せされています。ネット通販などの送料も非常に高くなるため、生活費全体がかさむというデメリットがあります。

しかし、全国的に見た沖縄の給料は、決して高くありません。首都圏などと比較した場合、沖縄には給与の高い業種や大企業の絶対数が少ないという特徴があります。そのため、現地で高収入を見込むことが難しく、収支が見合わない不安定な状態に陥る移住者が続出してしまうのです。経済的な安定を望めない場合、沖縄での移住生活を継続することは難しくなります。沖縄移住を失敗という形で終わらせたくない方は、移住後の就労条件や給与面に関してもよく考えるようにしましょう。

まとめ

沖縄は、失敗率の高い移住先として挙げられがちです。しかし、移住に後悔する原因や理由を掘り下げることで、沖縄移住の成功率をアップさせることができます。観光地やリゾート地の印象だけで移住するのではなく、沖縄の実生活について学ぶことが大切です。沖縄への移住を検討している方は、事前に長期間の移住体験をする、移住経験者から話を聞く、家族で沖縄移住に関して話し合うなど、準備と意見交換を徹底するように心掛けましょう。生活環境や仕事における問題を事前に考慮し、「沖縄に移住して良かった」と思える移住生活を送ってくださいね。