何にお金がかかるの?沖縄移住にかかる資金の内訳

海とお金

沖縄は移住先としてかなり人気のある地域です。1年を通じて温かく年間の平均気温は22.7度で、最高気温が30度を超える日が年平均で80日以上もある南国の気候です。有人離島が37つあり、どの島々からも青く美しい海を臨むことができるのが特徴的です。
奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島が世界遺産に認定されさらに注目されている地域でもあります。そして、沖縄の人は明るい性格で楽天的、ゆったりとした性格の方が多いと言われています。共通の先祖をもつ父系の血縁集団を「門中」といい、一族間の結びつき、連帯意識が強くあります。

その一方で約束の時間があいまいな「うちなータイム」と言われる習慣など独特な生活習慣も存在します。移住に人気な沖縄県ですが、移住を支援する「認定NPO法人ふるさと回帰支援センター」の窓口相談者が選んだ移住希望地域の人気ランキングでは、20位圏外です。
その大きな理由としては、沖縄での移住支援は他の県に比べても多くはなく費用が掛かることも理由の一つです。

沖縄は移住先としてかなり人気な反面、計画的に移住を行わないと沖縄での生活が苦しくなる可能性があります。ここでは、沖縄に移住するために必要な費用を紹介し、計画的な沖縄移住のお手伝いを行いたいと思います。

引越し先の家の初期費用

沖縄への引っ越しは、本土への引っ越しに比べると費用が掛かります。基本的に沖縄への引っ越しは「コンテナ引っ越し」になるからです。引っ越しトラックのまま沖縄に輸送するとトラック自体の郵送代金がかかる上にトラック自体の往復移動分も料金計上されるので、高額になってしまうからです。

引っ越しで使うコンテナは10フィート、12フィート、20フィートが基本的なサイズです。
10フィートは約4畳で12フィートで約5畳。20フィートで約8畳の大きさになります。単身や夫婦であれば10フィートで充分かと思いますが、大きめのベッドやタンスなどがある家族となると20フィート必要な場合もあります。

気になる料金ですが、東京から10フィートのコンテナでの引っ越しでおおよそ20万円〜30万円が相場となっています。コンテナの大きさで大体5万〜8万円程度の差が付き、12フィートとなると25万円〜35万円程度の費用が必要になってきます。

大阪からも同じ程度の費用で引っ越しが可能ですが、コンテナが大きくなったり港から少し離れた地域だとプラスで費用が発生します。もし北海道から沖縄に移住しようと考えた場合には40万円以上の引っ越し費用が必要になってきます。

コンテナサイズで費用が大きく変わるので、いかにコンパクトに荷物をまとめるかが重要になってきます。

荷物の輸送費

沖縄への荷物の輸送も船を使うため、本土への輸送量よりも高額になってきます。東京から沖縄まで60サイズの段ボールを送る際にかかる送料は、約1400円程度です。60サイズだと九州地方や北海道に送る金額と変わらないのですが、サイズが大きくなるにつれ沖縄は他の地域よりもかかる費用が段違いで増していきます。200サイズになると北海道に送る場合約3300円に対して、沖縄へは約5300円とかなりの差が出てきます。

ここでもいかにコンパクトに荷物を抑えることができるかが重要になってきます。さらに車やバイクを沖縄に送る場合の費用も沖縄へは本土よりもかかります。仮に東京から沖縄まで普通自動車を輸送しようとしたら約6万円程度必要です。

また、50cc未満のバイクを送る場合であれば約2万5000円で済みます。車も移住先で買い替えるなどの選択を考えるのも、費用を安く見積もる手段ではないでしょうか。

飛行機や電車などの渡航費

移住を考えた時に、現地に何度か確認などで訪問する必要があります。東京の羽田空港から那覇空港への直行便の運賃は約3万7000円です。仮に、陸路からフェリーを使って沖縄に行こうと考えた場合は東京から鹿児島までは、新幹線で約7時間半かかり運賃は約3万円。

その後、フェリーで那覇市まで行くと2等で約1万5000円かかるので単身で行く場合などは、飛行機が割安です。ただ、車で九州まで旅行したついでや家族連れなどで車移動が必要な場合にはフェリーも活用してみても良いでしょう。

ただ、沖縄は観光人気のある地域でもあるので格安航空が多くあり、東京から1万円以下でも渡航できるタイミングもあります。連休や夏休みなど、混雑シーズンを避けて沖縄に渡航するのがおすすめです。

沖縄移住にかかる資金を抑えるには

電卓を持った女性

沖縄への移住を考えた時に、やはりどうしても本土への移住よりも費用が掛かってしまいます。引っ越し費用や渡航費だけで、何十万円も使うとなると、その後の移住生活は厳しいものになることも考えられます。そこでいかにして沖縄への移住を少ない資金で行っていくかを紹介していきます。

空き家バンクや自治体が取り扱っている物件を借りる/購入する

沖縄移住後に重要になってくるのが、住居です。沖縄での賃貸は那覇市では、2K程度で6万円程度が相場です。石垣島か宮古島などの観光地は人気で、宮古島で2K賃貸で7万2000円程度。さらに石垣島や宮古島は深刻な住宅不足もあり、空き家物件も少なく家賃も高騰しています。

沖縄本島では不動産会社があり、広く住まいを紹介していますが本島北部や離島には不動産業が無いため、物件情報が出てこないことがほとんどだということも理解しておいてください。そこで自治体が運営する「空き家バンク」や「移住・定住住宅」の利用や地元住民の人づてで住まいを紹介してもらうといった方法があります。

空き家バンクは石垣市や宮古島市など、複数の自治体で運営されていますが、那覇市や沖縄市などにはありませんので注意が必要です。移住・定住住宅は子育て世帯や単身のみなど各市町村で条件は違いますが、国頭村では空き家を活用していたり伊是名村では古民家を改修した物件を紹介してくれるなど、沖縄での田舎暮らしを考えている人にはもってこいです。

移住支援制度を活用する

沖縄への移住にあたって事前に支援制度を確認しておくのも重要です。
住まいに関しては、前述の空き家バンクや移住・定住住宅だけでなく、お試し住宅を運営している自治体もあります。国頭村は概ね50歳未満でかつ高校生以下の子どもを扶養する世帯に対して、東村では概ね45歳未満の子育て世代を対象にお試し住宅を紹介しています。
新型コロナウイルス感染拡大防止で利用制限の可能性もあるので、事前に確認しておくことをおススメします。また沖縄には県内企業人材確保支援事業「りっか沖縄」や離島での仕事を紹介している「島ぐらしガイド」など就職紹介もあります。

新規就農や漁業を始める際にも「JAおきなわ担い手サポートセンター」や「沖縄県漁業協同組合連合会」で紹介や体験などを行っています。さらに石垣島や宮古島といった離島では保育士への渡航費助成も行われているので、職業選びの参考にしてみてください。

一方で、注意しなければいけないのが移住支援金や起業支援金の支給は沖縄県とその市町村では、現時点では行っていません。次年度以降は未定ですので、首都圏から移住する場合は状況を各自治体に確認しておきましょう。その他、沖縄移住に関する支援制度は下記ページで紹介しています。
https://ijyu-sien.com/p/okinawa/

格安な引越し業者を利用して繁忙期は避ける​​

沖縄への移住で最も費用が掛かるのが引っ越し代です。
その為、少しでも安い引っ越し業者を選ぶ為、1社だけでなく複数業者に相見積もりを行うことが大切です。さらに3月や9月など、年度の変わり目や転勤が多く行われる半期前などの繁忙期を避けることで引っ越し費用を少しでも安く済ませることもできます。もう一つ、台風シーズンは船の欠航が考えられるので可能であれば避けるべきです。

沖縄移住が始まってからかかる費用についても紹介

海と夕日

沖縄に移住してから掛かる費用についても紹介していきます。まず沖縄だからといって物価が極端に安いということはありません。それは、本土から沖縄への輸送費がかかるため、野菜などは全体的に高くなってしまう場合もあります。

一方で安いものとしてはガソリン代とお酒が挙げられます。他の地域に比べてガソリンやお酒にかかる税金が安いことが理由です。ガソリンは標準よりも1リットル当たり5.5円程度安く、お酒も標準よりも20パーセント軽減されています。さらに泡盛などの焼酎は35パーセント軽減されているので、沖縄の人のお酒好きはこう言ったところからも納得できます。他にもタクシー代や高速道路料金も安く設定されています。

ひとり暮らしなら約10-15万円前後​​

沖縄でひとり暮らしをする場合、大まかに見積もって10万円から15万円程度で生活は可能です。那覇市内で1Kに住むと家賃相場で約5万円程度必要です。
そこからさらに生活費や通信費を考えると15万円程度あれば、やっていけるのではないでしょうか。

一方で沖縄は最低賃金は693円と安く、推定年収も都道府県で46番目に低い県です。
その為、15万円でも収入を確保する為には計画的に仕事を探す必要があります。

​​家族世帯であれば20万円以上はかかる

沖縄で家族で生活していく場合は、やはり毎月20万円以上はかかると考えていた方が良いです。那覇市で2LDKに住もうと考えたら、6万円程度が相場です。さらに自動車は必ず必要になってくるので、その分の生活費がかかります。

その反面、「移住・定住住宅」に住むことが出来るなどの支援制度もあります。那覇市では児童手当として0歳から3歳まで1万5000円の支援はある他、こども医療助成もあります。子育てに関しては、本土の地域と同じく支援環境が整っています。

住む地域によって毎月の支出は変わる

沖縄では住む地域によって支出は大きく変わってきます。離島であればその分、輸送費で物価は高くなりますが家賃は下がる場合もあります。一方でできる仕事も限られる可能性も。

沖縄県で住みやすい街として「街の住みここちランキング2021<沖縄県版>」では、1位に中頭郡北谷町がランキングされています。中頭郡北谷町は東に沖縄市があり、那覇市とも約16キロと近く西海岸の美浜地区には「アメリカンビレッジ」があり、多くの地元県民や観光客が訪れる人気スポットでもあります。

総合病院や専門病院も多く住みやすい環境ですが家賃相場は若干高めです。沖縄本島や離島など、自分にあった地域を選択することが大切です。

まとめ

沖縄は国内観光地としてかなり人気の高い地域です。その為、移住地としても人気ですが、その代わり支援制度は本土の地域の様な充実度はありません。移住を検討されている場合は、沖縄のどの地域に移住するかなど、詳細まで考えておくことが重要です。その先に温かな南国ライフが待っていることでしょう。