大分県大分市ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口478,100人(推計人口、2015年)
自治体HP大分市HP
大分県大分市移住支援サイトこちら

大分市は大分県の中央部に位置しています。北は別府湾に面しており、海水浴場も豊富にあり、新鮮な海の幸も堪能することができます。また、大分市は野生のニホンザルが暮らしていることで有名な高崎山をはじめ、鎧ヶ丘などの山々にも囲まれており、自然あふれる地域といえます。

一方で大分県の県庁所在地として、大分県を代表する都市機能も備えています。大分駅には、JR日豊本線・久大本線、豊肥本線の鉄道3線が通っており、福岡方面、由布市方面や熊本方面へのアクセスも便利です。また、高速道路は東九州自動車道と大分自動車道が整備されており、福岡市へは1時間ほどでアクセスできます。

しかし、市内での移動となるとバスの本数が少ないため、自家用車がないと不便だと言われています。大分県は日本一の「おんせん県」としても有名ですよね。大分市にも温泉旅館や日帰り温泉が30カ所以上あります。大分市に移住すれば、暮らしのそばに温泉があるので、週末は温泉巡りができるという贅沢が手に入るでしょう。

大分市は、高度経済成長期の1964年に、新産業都市の指定を受け、九州を代表する工業都市として発展していきました。鉄鋼や石油化学のほか、昨今ではIT関連企業も進出するなど、あらゆる産業が集積している町でもあります。

温暖少雨の気候区に分類されており、最も寒い1月の平均気温は約6度ほどです。極端に暑かったり寒かったりすることがないので、過ごしやすい気候です。1年を通して降水量が少ないのも特徴です。

大分市は子育て環境も充実しています。大分市内には、親と子が無料で遊べる「こどもルーム」が11か所あります。ボランティアの方々によるリトミック教室や読み聞かせなどが行われており、子育て中のお父さん、お母さんが気軽に集まれる場所として人気です。大分市に移住したいけど、知り合いがいない、知らない環境で子どもを育てていけるのかと不安を感じている方にもこどもルームの存在は心強いですよね。

また、大分県全域で「おおいた子育てほっとクーポン」を発券しています。協賛店での割引きや、地域が行う子育てサービスに使えるクーポンです。おむつやミルクの購入、大分市が行っている一時預かりや病児保育、保育所への送迎のサポートなどに適用されます。第一子出生時には10,000円、第二子には20,000円と、子どもが増えるにつれ、クーポンの金額もあがっていきます。大分市に小さなお子さま連れで移住を検討している方はチェックしておきたい支援です。

大分県大分市の移住支援制度

大分県大分市の移住支援制度

大分市では、少子高齢化や過疎化が進行していることもあり、移住に関するさまざまな支援制度があります。詳細は大分市のホームぺージにて確認してください。

大分市住み替え情報バンク

「大分市住み替え情報バンク」では、大分市への移住を検討している方へ、市内の空き家や空き地情報を提供しています。物件の間取りや写真も掲載されているので、まずはのぞいてみてくださいね。思いがけず素敵な物件に出会えるかもしれません。
http://www.city.oita.oita.jp/o168/kurashi/sumaijoho/1425962813262.html

大分市移住者居住支援事業補助金

「大分市移住者居住支援事業補助金」は、大分県外から大分市内へ移住する方を対象とした制度です。
大分市内で住む場所が決まった際の引っ越し費用の補助を行います。補助金が出るのは、大分市へ移住する後押しになりますよね。手続きに関わる必要書類などの詳細は自治体のホームぺージをご覧ください。
https://www.oitacity-iju.jp/house

大分市創業者応援事業補助金

「大分市創業者応援事業補助金」とは、大分市内で新しく事業をスタートする方に、初期費用を補助する制度です。これまでに飲食店・放課後デイサービス、美容室など、さまざまな事業者が補助金制度を活用しています。大分市でカフェを開きたい!大分市で整体院をスタートしたい!など、新しい事業を始める際にとても心強い制度といえるでしょう。補助金の上限は200万円です。補助金制度を受けたい方は、自治体のホームページより、各種申請書類がダウンロードできます。まずは自治体へお問い合わせください。http://www.city.oita.oita.jp/o155/shigotosangyo/kigyoshien/documents/sogyo-leaflet.pdf

大分県大分市の観光情報

大分県大分市の観光情報

大分県大分市の観光スポットをピックアップしたのでご紹介します。

うみたまご

動物たちと”なかよくなる”水族館「うみたまご」は、キャッチコピーのとおり、動物と人間との距離が近いのが特徴です。イルカやセイウチのショーをはじめ、ペリカンとトレーナーの掛け合いも楽しめるイベントもあります。ショーのあとはセイウチの大きな体に直接触れることもでき、子どもだけでなく大人もはしゃげるイベントが目白押しです。また、うみたまごではバックヤードツアーも開催しています。大水槽の上から魚たちへエサをあげるなど、貴重な体験ができます。大分市に来たら、ぜひ訪れてほしい観光スポットです。

高崎山自然動物園

高崎山には約1000頭の野生のサルがいます。動物園のサル山をイメージして訪れる方は、野生のサルの生命力の高さに圧倒されるはずです。「さるっこレール」という、モノレールに乗車して向かった先にあるサル寄せ場には、大きいサルから、小さくかわいいコザルが集まる様子がたのしめます。柵などはなく、自然のサルを間近で見ることができます。30分に1度行われるサルの餌付けタイムは必見です!大分市に移住した際は、高崎山のサルに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

大分県美術館OPAM

2015年4月に開館した大分美術館「OPAM」は、「出会いと五感のミュージアム」「自分の家のリビングのような美術館」「県民とともに成長する美術館」という3つのコンセプトを掲げて運営している美術館です。大分にゆかりのある作家の作品を中心に展示しています。美術館といえば、中で何が展示されているのかが分かりづらく、入りにくいというイメージがありますが、OPAMは外からでも中の様子が見えるようガラス張りになっています。大分駅から徒歩15分というアクセスの良さも人々を惹き付ける理由でしょう。美術館内にはショップやカフェも併設されており、だれでも気軽に立ち寄れる空間です。開放感のある美術館にぜひ訪れてみてください。
https://www.opam.jp/

まとめ

大分県大分市は、自然もあり、都市機能もある魅力的な移住先といえます。子育て支援や移住する際の補助金なども充実しているので、移住したいけどどこがいいか迷っている方は、大分市に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。大分市の魅力に触れることで、今後のプランが見えてくるかもしれませんよ。