東京都新島村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Apr 25, 2021

東京都新島村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

東京都新島村へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!新島村の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。新島村に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

東京都新島村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口2,697人 (推計人口、2016年6月現在)
自治体HP新島村HP

東京都新島村は、東京の都心部から約160キロの距離で、複数の島から成る村です。太平洋に囲まれた島で、冬は暖かく夏は気持ち良く過ごしやすい気候となっています。 本州からは、高速船で約2時間半もかからない時間で行くことができ、そこまで遠くない距離でしょう。

海に囲まれた海ということで、マリンスポーツが盛んでダイビングやシュノーケリングなどを楽しむことができます。 新島村は、縄文時代から人が住んでいたという歴史があり、複数の遺跡や遺品が出土しています。

1703年にあった、大地震で島が分かれて2つになったという説もあり、非常に歴史の深い島です。 漁業が盛んで、今で昔ながらの網漁がおこなわれています。岩のりなども高品質な商品として都心部へ出荷されており、シマアジなどの養殖なども盛んです。

魚が有名な新島村で生まれた特産品といえば、「くさや」です。300年もの歴史をもち、最高級品である新島村のくさやを全国に届けています。

村には温泉があり、24時間無料で解放されている場所もあります。マリンスポーツを終えた後に寄っていくのがおすすめです。他にも温泉施設が複数あるので、疲れを癒しましょう。

東京都新島村の移住支援制度

東京都新島村の移住支援制度

新島村の特徴を理解したところで、次は移住支援制度についても見ていきましょう。移住をしたい方に向けた制度が複数あるので、参考にしてください。

新島村空き家バンク

新島村には、空き家バンク制度があります。空き家バンク制度は、空き家を持っている所有者が物件の情報を登録し、購入者に提供することで空き家を活用を促す制度です。UIJターンの移住者を中心に、積極的に誘致をして新島村の活性化につなげていくための制度でもあります。

情報の登録先は、新島村のホームページとなっていて、村を通して購入検討者に情報が渡るので、安心して利用できるでしょう。住宅で悩んでいる方は、ぜひ空き家バンクを活用しましょう。問い合わせ先は新島村役場となります。

出産に関しての助成金

新島村では、出産に関する助成金の支援もおこなっています。都内などで妊婦検診をする場合の交通費を検診1回につき、限度30,000円で8回まで支援金として支給しています。

助成を受けるには、申請が必要になるので新島村役場に問い合わせてみましょう。 申請には、以下の持ち物が必要になるので、準備しておくのがおすすめです、 ・印鑑 ・母子手帳 ・住民票の写しなど ・病院の受診証明書や領収書など 出産後も利用できるので、出産の際にはぜひ使いたい制度です。

また、別の制度で東京以外での検診でも費用を助成してくれる制度があるので、新島村に居住している方は、利用してみてください。

新島村定住化対策事業交付金

新島村では、空き家バンクを利用した登録者や利用者が空き家の改修に活用できる支援制度です。 対象となるには、条件があるので確認しておきましょう。

対象者:新島村内の空き家を所有していて、空き家バンクに登録者 新島村空き家バンクを利用して、住宅を購入した移住者 新島村での税金に滞納がない者 支給費用:改修費:上限100万円 これ以外にも対象物件や事業などにも条件があるので、詳しく知りたい方はこちらを確認してから申請をしましょう。

東京都新島村の観光情報

東京都新島村の観光情報

ここからは、東京都新島村の観光情報について解説していきます。どんなスポットがあるのか移住前に知っておきましょう。

複数の温泉

新島村には、複数の温泉があります。日々の疲れを癒やしたり家族で温泉を楽しんだりして、週末を過ごすのも良いでしょう。

湯の浜露天温泉

24時間入れる露天風呂で、料金が無料の温泉となっています。6つのお風呂があり、水着着用で入浴する温泉となります。

24時間利用可能ということで、朝日や夕日を眺めながら、夜には満点の星空を見ながら入浴ができるので、楽しめるでしょう。

間々下温泉

間々下温泉には、室内風呂や露天風呂、サウナなどがあります。羽伏湾海岸の砂を利用した天然の砂蒸し風呂が有名です。マリンスポーツを楽しんだ後、海水で冷えた体を温めてくれるでしょう。

新島温泉ロッジ

村の集落から少し離れたところにあり、静かに過ごすことのできる温泉つきの宿泊施設です。建物は木がメインで造られていて、木の温もりを感じながら宿泊することができます。海からも徒歩圏内なので、自然を感じられる場所です。

羽伏浦海岸

羽伏浦海岸

サーファーの集まるサーフスポットでも有名な羽伏浦海岸も観光スポットでしょう。年間を通して、サーフィンに最適な波が打ち寄せて全国からサーファーが集まります。南北に6キロほど、真っ白な砂浜が続くロングビーチです。

まとめ

東京都新島村について紹介しました。新島村は、海に囲まれた自然豊かな島です。東京からは2時間半ほどで行くことができます。移住を考えている方には、たくさんの移住支援制度があるので、ぜひ移住を検討してみてください。