新潟県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

新潟県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

新潟県は恵まれた自然環境を有しており、田舎暮らしをするのに適したエリアです。厳しい冬の寒さはありますが、雪が多いからこそウィンタースポーツを思う存分楽しめるというメリットもあります。
ここでは、新潟県で田舎暮らしをする際におすすめのエリア5つをご紹介します。

  • 長岡市
  • 見附市
  • 新発田市
  • 阿賀野市
  • 燕市

各エリアによってさまざまな特徴があります。各エリアの特徴についてチェックして、充実した田舎暮らしのための選択をしましょう。それではそれぞれのエリアの詳細をご紹介します。

長岡市

長岡市

長岡市は新潟県の中部に位置するまちです。
日本一と言われる「長岡花火大会」には、地元の人をはじめ、多くの観光客が集まります。長岡花火大会は、オンライン中継も見応え抜群です。
長岡市は新潟県第2の都市として、人口も2番目に多いまちです。長岡駅周辺には、さまざまな商業施設が建設され、人々の集まる憩いの場となりつつあります。

長岡市には信濃川が流れ、新潟県の中部にあるために、山や海へのアクセスも良く、思い立った時に自然を感じられる環境です。高層マンションのあるエリアがある一方で、まちの喧噪から離れて暮らせるエリアもあるため、理想のライフスタイルに合わせた暮らしが選択できるでしょう。

長岡市移住定住ポータルサイト「長岡のはじめ方」には先輩移住者たちのストーリーが紹介されています。Uターンや起業など、同じような境遇の先輩を探し、ぜひ参考にしてみてください。また、「長岡のはじめ方」にある移住ブログでは、先輩移住者のリアルな暮らしがつづられています。
あわせてチェックして、長岡市での田舎暮らしのイメージをふくらませてくださいね。

見附市

見附市

新潟県の中央部にある「見附市」は、新潟県内でもっとも小さなまちです。
信濃川水系の刈谷田川が流れており、豊かな水にも恵まれています。見渡す限りの田園地帯では、四季折々の景観が味わえます。
一方で生活に欠かせないス-パーや医療機関も多くあるため、田舎暮らしをしながらも不便さを感じることは少ないでしょう。
見附市は、田舎暮らし希望者からの注目も集まっています。新潟県の中心にあるため、新潟市や長岡市といった都市部への通勤・通学が便利な点も人気の理由です。東京圏に通う先輩移住者も多くいるようです。

見附市は教育環境に力を入れており、学力の向上を目指すだけではなく、見附市にあるイングリッシュガーデンをはじめとした施設で、さまざまな体験を用いた取り組みを行っています。「子どもにいろいろな体験をさせたい」と思っている子育て世帯の移住希望者にはぴったりな移住地です。

見附市は、「大凧合戦」や「見附まつり」など、1年を通して大きく盛り上がる行事が盛んです。
魅力に溢れた見附市のもっとくわしい情報は、見附市発行の「みつけ移住ガイドブック」をチェックしてみてください。暮らしや子育て、グルメのほかにも、勤労者世帯の1カ月の家計簿も公開しています。見附市の田舎暮らしの様子が目に見えて分かる貴重なガイドブックとなっています。

新発田市

新発田市

新潟県北部にある中外都市である新発田市(しばたし)には、日本海に面した白砂浜海岸が美しく広がっています。東部には、山々がそびえたつなど海と山の両方を持ち合わせた自然いっぱいのまちです。
市街地には、大型商業施設やドラッグストア、銀行なども点在し都市機能も発達しているため、田舎暮らしといえど、生活に不自由することはありません。

新発田市には、全国的にも有名な「月岡温泉」があります。石油を採掘している際に偶然温泉が湧き出たことから始まったそうですよ。温泉街には気軽にたのしめる足湯や、おまんじゅう屋さんなどが並び、食べ歩きできる場所としても人気のスポットです。着物姿の観光客が歩いている様子も風情があり魅力的ですよ。

新発田市の移住支援サイト「しばTURN」では、移住に関するイベント情報や、移住支援金についても掲載されています。本格的に新発田市での田舎暮らしを検討している方は、新発田市公式LINEアカウント「しばたTOMORROWライン」を、お友達登録してみてはいかがでしょう。移住に関するさまざまな情報をいち早くチェックできますよ。

阿賀野市

阿賀野市

新潟県阿賀野市(あがのし)は、新潟県の北東部に位置するまちです。県都である新潟市に隣接しているため、利便性も十分です。「都会での暮らしに疲れてしまったけど、ある程度の便利さは確保したい」という方にぴったりな移住地といえるでしょう。
阿賀野市の南側には「阿賀野川」が流れており、東側には標高1,000メートルほどある山々が連なる「五頭連峰」が見られます。
また、五頭連峰のふもとには「五頭温泉郷」という温泉があります。村杉温泉・今板温泉・出湯温泉という3つの温泉地があり、全国的にもファンの多い温泉です。

阿賀野市は、新潟県の酪農発祥の地としても知られており、良質な乳製品が多数存在しています。とくにヨーグルトやアイスクリームなどのスイーツが有名です。
子育てに関する経済的支援にも優れており、「子育て応援カード」を発行し、阿賀野市内の数々の協賛店で掲示すればサービスが受けられます。

阿賀野市のシティプロモーションとして立ち上げられた「あがのライフ~あがの暮らしで、あなたらしさを~」では、住まいや子育て、教育、仕事についての情報が掲載されているので、ぜひ一度ご覧ください。

燕市

燕市

新潟県のほぼ中央にある燕市(つばめし)も、市街地があり、田園エリアもある“いいとこどり”な田舎暮らしが実現するまちです。公共交通機関も充実しており、暮らしやすいと移住希望者からも注目されています。
燕市にある「吉田金属工業」は世界的にも有名で、金属用食器は国内シェア90%以上!このことから燕市は職人のまちとも呼ばれています。「ものづくりに興味がある」「移住先で新しいことにチャレンジしたい」という方には燕市で運命的な何かに出会えるかもしれませんよ。

燕市は移住支援も充実しています。
とくに参加費無料の「ツバメビト移住ツアー」では、お仕事メイン・子育てメインなど、移住後に気になる環境に応じたツアーを組んでくれます。現地視察に必要な交通費の2分の1を補助するなど至れり尽くせりな支援ではないでしょうか。
また、燕市の公式YouTubeチャンネルでは、燕市の日常やグルメが美しい映像とともに紹介された「ホームカミング」が配信されています。動画で見るとよりリアルな燕市を知ることができるので、ぜひのぞいてみてくださいね。

新潟県での田舎暮らしのメリットデメリット

新潟県での田舎暮らしのメリットデメリット

新潟県で田舎暮らしをするなら、メリットだけではなくデメリットについても理解が必要です。良い面・悪い面について知ることで「新潟県での田舎暮らしに求めるもの」などが明確となるでしょう。

メリット

新潟県で田舎暮らしをする場合、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 食べ物やお酒がおいしい
  • 自然と都市が共存している
  • 季節ごとのイベントが充実

食べ物やお酒がおいしい

新潟県は空気が良く、水が綺麗なことでも有名です。そのため、お米をはじめ肉や魚、野菜もおいしくいただけます。
グルメ通の方にとって、新潟県での田舎暮らしは毎日の食卓や週末の外食がとっておきなものになるのではないでしょうか。また、食材だけでなくお酒がおいしいことでも知られています。

とくに新潟県を代表する日本酒「久保田」は、全国各地の居酒屋にも取り入れられる1杯です。そのほか、八海山や越乃寒梅など、一度は耳にしたことのある逸品がそろっています。「美味しい料理と美味しいお酒に囲まれて暮らしたい」という方におすすめの移住地です。

自然と都市が共存している

上記で紹介した5つのまちのほとんどが、恵まれた自然環境がある一方、都市部の機能も発達しているまちばかりでした。トレンドのものなどに敏感な方には物足りなさを感じるかもしれませんが、ほどよく流行を取り入れたいという程度であれば、新潟県での暮らしはぴったりです。

新潟県では、高層マンションなどの高い建物は比較的すくないため、広々とした空を見渡すことができます。信濃川が流れているので、車でドライブする際に自然を感じられる点もメリットではないでしょうか。トレンドについていきながらも、日常では四季の移り変わりなどをしっかりと体感できる。新潟県への移住で、ちょうどよい田舎暮らしが実現するでしょう。

季節ごとのイベントが充実

新潟県では、季節ごとに数々のイベントを開催しています。

新潟県上越市にある高田公園に咲き誇る桜は、日本三大夜桜のひとつになっています。4月の初めから下旬にかけて行われる「高田城百万観桜会」は、桜の木々をライトアップした「さくらロード」の美しさに圧倒される方が続出。300を超える屋台が並ぶなど、地元の方はもちろん、多くの観光客でにぎわいます。
夏は「長岡花火大会」のほかにも、柏崎市で開催される「海の大花火大会」も人気です。
冬は、積雪を利用して作られるアート作品が並ぶ「十日町雪まつり」があります。また、「つなん雪まつり」では、寒空をランタンが彩るイベントも開催。

新潟県ならではのイベントはとっても魅力的です。新潟県への移住は「その土地ならではの行事を体験したい」という方に適しています。

デメリット

新潟県で田舎暮らしをする上で知っておきたいデメリットは以下の2つです。

  • 冬が寒く、晴れの日が少ない
  • 観光名所や遊ぶ場所が少ない

上記で挙げたデメリットに、自身がしっかり対応できるのかを見極めてから移住を検討しましょう。

冬が寒く、晴れの日が少ない

新潟県の冬はとにかく寒いです。都心部や九州地方から移住を検討している方は注意が必要です。海側に位置している新潟県は、積雪量は思ったほどではありませんが、毎日のように雨かあられが降っているとか。
そして冬が長いのも特徴的です。夏が過ぎ、心地の良い秋はすぐに終わりそしてやって来る冬…。冬の寒さが厳しいだけに、透き通った空気を感じることができますが、「寒いのが苦手」という方は、移住前に必ず一度訪れてどれほどのものなのかを体感しておくことをおすすめします。

また、冬の日はとくに晴れている日が少ない点もデメリットといえるでしょう。「晴れ渡った空が好き!」「どんよりした天気の日は気分が落ち込む」という方にはあまり向いていないかもしれません。

観光名所や遊ぶ場所が少ない

新潟県は各エリアでスーパーやドラッグストア、コンビニなどは点在していますが、これといった観光名所がない点は、人によってデメリットとなるでしょう。映画館や美術館などもありますが、地方ゆえに目新しいものの上映や展示は少なめです。
またファッションビルも新潟市の万代に集中しており、その他のエリアでは発展していないそう。都心部で暮らしていた方にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

新潟県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

新潟県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

新潟県で田舎暮らしをしたいけど、どのエリアが向いているのかわからないという方は、各自治体の支援制度をチェックするのがおすすめです。

編集部おすすめの自治体を3つピックアップしてみましたので、ご紹介します。

  • 三条市
  • 妙高市
  • 上越市

住宅や子育て、仕事に関する支援などバリエーションも豊富です。移住前の経済的な支援もあるので、ぜひ上手に活用してくださいね。支援制度の詳細については、各自治体のホームページでご確認ください。

三条市

新潟県のちょうど真ん中に位置する「三条市」は、スーパーや大型商業施設や映画館などがそろう市街地エリアを有する一方で、海や山に囲まれた自然も気軽に味わうことができます。市街地エリアから30分ほど車を走らせれば、自然を感じられる距離感も田舎暮らしをしたいと思っている方にとって注目される点でしょう。

「本成寺鬼踊り」をはじめ、「三条凧(いか)合戦」「しただふるさと祭り~雨生の大蛇祭~」など、伝統的なお祭りも1年を通していくつも開催されています。

三条市が発行している「“ちょうどいい”かんじ 三条で暮らす。」という冊子には、東京都での暮らしと比較した家賃や光熱費などの詳細を公開しています。

また、先輩移住者へのインタビューや、子育て環境についてなど気になる情報が満載です。ホームページで確認できるのでぜひチェックしてみてくださいね。また、三条市の移住コンシェルジュが運営している「コミュニティカフェBlanc」では毎月定期的にさまざまなイベントが開催されているので、足を運んでみるのはいかがでしょうか。

それでは三条市で実施されている移住支援制度をご紹介していきます。

・賃貸借等契約事業

三条市では、売りたい・貸したい空き家をお持ちの方と、空き家を探している移住希望者をマッチングする空き家バンク制度を実施しています。あわせて空き家バンク登録物件の所有者との契約で、三条市内の不動産が仲介した場合にかかる手数料を一部補助する制度「賃貸借等契約事業」もあります。賃貸借等契約事業を利用すると最大5万円の補助金が支給されます。

・空き家改修事業

空き家バンクに登録した物件を購入・賃貸した場合に、空き家の改修や不要物の撤去を行う際の費用を一部補助する制度があります。市外在住者には最大50万円、市内在住者には最大10万円の補助金が支給されます。詳細は三条市の自治体ホームページをご確認ください。

・引っ越し事業

空き家バンクで契約した物件に転入する際にかかる引っ越し費用の一部を補助する制度も実施しています。補助金額は最大10万円です。

・新規出店事業

これは創業に関する支援で、空き家を活用して三条市にて自身のお店を持ちたい方や、新しく事業を始めたいと検討中の方を応援する制度です。店舗の改修費は最大130万円まで支給されます。また、店舗の改修費用だけでなく、貸借料の補助も受けたい場合は、店舗改修費が最大70万円、貸借料が月額家賃の2分の1相当、月額最大5万円まで支給されます。

妙高市

新潟県の南西部に位置するまち「妙高市」は、世界有数の豪雪地でもあります。厳しい自然環境に置かれているまちですが、移住者が多い理由は、雪どけの春の景色や、からっと爽快な空が広がる夏の景色に魅了された方が多いからではないでしょうか。

妙高市では、人と人との交流が多く、子育て世代にも好評で、地域全体で子どもを見守ってくれる感じが心強いという声を多く拝見しました。子育て世帯への支援は、ファミリーサポートセンターや、病児・病後児保育室「スマイルポケット」の設置などさまざまです。

そんな妙高市が実施している移住支援制度についてご紹介します。

・空き家見学ツアー

新潟県外から空き家見学に来た移住希望者に、宿泊費を補助する制度を実施しています。子育て環境や移住後の暮らしにまつわる不安や相談に応じて、オーダーメイドのツアーを組んでくれるそうですよ。

・リモートワーク施設

妙高市には、「ハートランド妙高」「MYOKO BASE CAMP」というふたつの施設があります。この施設は、コワーキングスペースとしての利用が可能です。とくにMYOKO BASE CAMPは、働く・観光する・遊ぶ・交流するをテーマにかかげているため、宿泊する時間はないけど、妙高市のことが知りたいと思っている方におすすめです。異業種の方との出会いや、先輩移住者との交流の機会もあるかもしれないので、足を運んでみてはいかがでしょう。

・住宅取得など支援事業

妙高市で住宅を取得するためにかかった費用を補助する制度です。住宅を購入する場合は、最大で150万円、増改築する場合は最大80万円、家財道具の処分においては、最大20万円が支給されます。

・貸借住宅家賃補助

購入だけでなく賃貸物件に住む場合にも補助金が支給されます。2年間にわたり毎月1万5千円(最大36万円)が支給されます。さらに、賃貸契約の初期費用として最大12万円の補助もあります。

・夢をかなえる企業応援補助金

妙高市内で創業する方を対象に、店舗の取得や増改築にかかる費用を最大500万円まで支給する制度を実施しています。※中古物件の場合は300万円。さらに店舗の貸借料を2年間にわたり、10万円を支給します。

上越市

上越市は、新潟県の南西部に位置しています。新潟市、長岡市の次に人口が多いまちです。
自然豊かな山間地と大型ショッピングセンターや病院、映画館などもあり都市機能も充実しています。人との交流も盛んで、移住者も多いのが特徴的です。夏は青々とした緑が広がる棚田、冬にはウィンタースポーツを気軽に楽しめるなど、都会にはない魅力が味わえるまちです。
日本海側に面しているエリアもあるため、海辺での田舎暮らしも実現します。

上越市ではU・Iターン者に向けた支援が充実しています。それでは、支援制度について見ていきましょう。

・移住定住応援家賃補助金

上越市に転入して3年以内に住宅を取得する方もしくは住宅取得後1年以内に転入する方を対象とした制度です。新築や建売住宅の購入の場合には40万円、中古住宅購入の場合は20万円の補助金が支給されます。さらに子育て世帯および中山間地域へ移住した場合、各10万円が加算されます。

・空き家定住促進利活用補助金

上越市への転入に伴い、空き家を購入しリフォームをする方に向けた補助金制度です。上限は50万円ですが、子育て世帯や県外からの移住、市が定める誘導重点区域内へ移住する方には各10万円が加算されます。また、誘導重点区域内の空き家で公共下水道への接続工事を実施する方にはさらに30万円が加算されます。

・空き家活用のための家財道具など処分費補助金

新潟県外から上越市への移住に当たり、空き家バンクを利用して物件を購入した方または売主を対象とした制度です。家財道具などの搬出や屋内清掃にかかる費用を対象としており、支援の上限額は10万円です。

まとめ

まとめ

新潟県では、きれいな水で作られる米や野菜、お酒にいたるまで、豊富で新鮮なグルメが堪能できるエリアです。冬の寒さは厳しいですが、きっとそれ以上に魅力がたくさんあるはず。ぜひ自身の目で確認して、ぴったりなエリアを見つけてくださいね。
エリアに迷ったときは、各自治体の支援制度をチェックしましょう。支援制度を利用することで、スムーズに田舎暮らしが始められますよ。