高知県高岡郡中土佐町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Mar 25, 2021

高知県高岡郡中土佐町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

高知県高岡郡中土佐町へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!高岡郡中土佐町の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。高岡郡中土佐町に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

高知県高岡郡中土佐町ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口5,913人(推計人口、2021年1月1日)
自治体HP高岡郡中土佐町HP

高知県の高岡郡中土佐町は、平成18年に1月1日に大野見村と合併して出来た街です。中土佐町は、高知県の中西部に位置しています。

旧中土佐町地域であった海岸部と大野見村地域であった山々に囲まれた海抜300以上の台地とで大きく二つに分けられます。 周辺都市へのアクセスは、高知市役所までは車で45分程度になります。また電車では、土佐久礼駅まで長沢・大坂線で乗り換えなく行くことが可能です。

九礼大正町市場では、新鮮な魚介・青果類が売られています。また遊ぶためにも 、美術館から酒蔵やカツオのタタキづくり体験ができる黒潮工房などがあり、ほかにもレジャーにオススメな久礼地区が近くにあるのもポイントになるでしょう。

旧中土佐町は、北西から西南にかけて山嶺が並んでおり、その尾根の先端には土佐湾に突出して岬になり、壁状の海岸線を形成しています。これらの山嶺に源が送り出す数本の中小河川が 土佐湾に注いで、河口域は漁港となり、河川流域には平野が散在して耕地をなしています。

日本最後の清流四万十川や緑豊かな山野、青い海、土佐湾に展開するリアス式の海岸線などの変化に富んだ自然環境に恵まれた町です。

高知県高岡郡中土佐町の移住支援制度

高知県高岡郡中土佐町の移住支援制度

魅力がある高岡郡中土佐町は、移住支援制度についてみていきましょう。どのような移住支援制度が設けられているのでしょうか。

中土佐町移住支援事業補助金

中土佐町では、東京圏の一極集中是正とともに地方の担い手不足の解消を目的として、中土佐町移住支援事業補助金があります。移住支援事業補助金を受けるためには、どのような条件が必要なのか解説していきます。

対象者

  • 直近5年以上、東京23区に在住していた方
  • 直近5年以上、東京圏に存在し、且つ、東京23区に通勤していた方

次のいずれかの方

  • 高知県のマッチングサイト(高知求人ネット)に、移住支援金の対象として掲載する求人に新規就業した方
  • 高知県の事業による企業支援金の交付決定を受けた方

以上の条件をクリアすると、移住支援事業補助金の対象者となります。補助要件等についてヒアリングをしてもらうことも可能なので一度、問い合わせてみましょう。

中土佐町移住者及び子育て世帯等住宅改修費補助金

中土佐町移住者及び子育て世帯等住宅改修費補助金は、空き家 を改修する場合に、上限182万4千円 の助成を行うものになります。

補助対象となる条件

  • 下記の入居対象者に空き家を貸すこと
  • 中土佐町空き家等情報紹介事業への登録(13年間)
  • 耐震性が確保されていること(上部構造評点が1.0以上) ※町の耐震補助を同時申請可能
  • 県税及び町税等について世帯員を含め滞納がないこと
  • 暴力団等排除措置対象者でないこと
  • 所有者(登記名義人)の申込であること及び抵当権等設定をしていないこと ※売買物件を取得後の活用や所有者の承諾があれば、入居対象者も活用できます。

【注意】改修中、改修後の物件は対象外となります。 以上となります。なお、申込み頂いた物件が必ずしも事業対象となるわけではありません。一度、問い合わせが必要になってくるでしょう。

入居対象

  • 単身者:独身かつ40歳以下の者
  • 新婚世帯:夫婦のどちらかが40歳以下で入籍後3年以内の世帯
  • 子育て世帯:夫婦のどちらかが40歳以下で中学校卒業までの子供を養育している世帯
  • 町外移住者:町外に3年以上居住し、「中土佐町へ住所を定める者」もしくは「中土佐町に住所を定めた日から3年以内の者」
  • 地域おこし協力隊:着任から任期終了後1年を経過するまでの者 以上になります。自身が当てはまっているか確認してから問い合わせてみると良いでしょう。

中土佐町空き家バンク

空き家バンクという、市が運営している空き家の登録サイトを活用して物件を購入された人を対象者としています。 補助金の額としては、限度額が10万円となっており、対象経費の半分となっています。

高知県高岡郡中土佐町の観光情報

高知県高岡郡中土佐町の観光情報

高知県高岡郡中土佐町には、どのような観光スポットがあるのでしょうか。観光情報についてみていきましょう。

黒潮工房

高知では、有名な食文化としてカツオがあります。
カツオはタタキで食べるのが有名ですが、黒潮工房ではカツオのタタキ造りが体験できます。


時期が決まっており、4月から10月までの暖かい時期で開催されているので、行ってみましょう。


初級コース、中級コースと別れているので親子連れでも楽しめるので、家族で出かけてみるのもおすすめです。
造ったタタキはその場で自分で食べることができるので、ランチや夜ご飯としても良いでしょう。

双名島

双名島

久札の浦は、古書でも有名な伝説をもつ場所です。鬼の親子が岩を運んで人々を助けたことで、双名島ができたとされています。
岩に穴があり、それは鬼が金棒で刺した箇所として見られているようです。足を運んで、ぜひ確かめてみましょう。

ホタルウォッチング

中土佐町では、ホタルウォッチングができるのも魅力です。6月上旬から6月下旬にかけて川辺でホタルを見ることができます。
その時期になると下ル川、川奥地区などは川辺が幻想的な雰囲気になり、ホタルウォッチングを楽しめるでしょう。


ホタルの出現は、気温や天候によって変化するので、暖かくて天気の良い日に覗いてみるのがおすすめです。

まとめ

高岡郡中土佐町について紹介してきました。海や山に恵まれた変化に富んだ自然の中で過ごしてみては、いかがでしょうか。観光スポットは、上記以外にもたくさんあります。また山や海に面しているため、食物も美味しいことでしょう。支援制度も充実しているので、詳細を確認して、移住に踏み切ってみましょう。