沖縄県島尻郡南大東村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: May 19, 2021

沖縄県島尻郡南大東村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

沖縄県島尻郡南大東村へ移住を考えている人は必見! 大東村は沖縄本島から東の太平洋にぽっかり浮かぶサンゴの島です。島尻郡南大東村の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセスなどを調査しました。島尻郡南大東村に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

沖縄県島尻郡南大東村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口1,331人(推計人口、2021年3月1日)
自治体HP島尻郡南大東村HP

沖縄県島尻郡南大東村(みなみだいとうそん)は沖縄本島の約300km東に位置する南大東島にある村です。那覇空港からは飛行機で約1時間。

那覇泊港からのフェリーもありますが早い便で14時間かかります。南大東島には接岸できる桟橋がないため、上陸するときは鳥かごのようなケージに乗り換え、クレーンで吊り上げられて島に上陸します。

亜熱帯海洋性気候で冬でも温暖で、夏季には海風によって炎暑も和らげられています。年間降水量は1700mmほどで、沖縄本島や宮古島より少なくなっています。

海上から直接やってくる台風はすさまじい威力ですが、台風が少ないと高温な天気が続き干ばつが心配されます。南大東村は100年ほど前までは無人島で1900年に入植が始まりました。

開拓を進めた玉置半右衛門氏が八丈島の出身であったため、沖縄よりも八丈島の文化、風習が感じられるそうです。サトウキビの生産が村の中心的産業で、かつてはサトウキビ輸送のために島内に専用鉄道がありました。

また、漁業はほとんど行われていませんでしたが漁港の整備と航空便で販路が開拓されたため、マグロやカジキなどの漁業の拠点としての役割を果たしています。 近頃は豊かな自然を生かした観光地としても注目されています。島の学校は小学校、中学校までで、高校進学のためには離島しなければなりません。

沖縄県、南大東村の移住支援制度など

沖縄県、南大東村の移住支援制度など

沖縄県の就職支援事業を紹介します。島の教育環境についてのまとめも参考にしてください。南大東村だけでなく、沖縄県の制度の利用も検討してください。南大東村では県外、国外からの移住者にも暮らしやすい地域・環境づくりを目指しています。

沖縄県の就職支援事業

沖縄県では就職支援事業を行っています。 「県内企業人材確保支援事業 りっか沖縄」 県内のほか東京や大阪に相談窓口を設置し、県内企業への就職やインターンシップを希望する学生、UIターン就職希望者に対して相談対応、情報共有、県内企業とのマッチングなどのサポートを行います。

県内外で行われる各種イベント情報(セミナー、合同企業説明会、バスツアーなど)のメールマガジンも随時発信していきます。 https://uiokinawa.com/

「沖縄バイオ人材マッチング」 「沖縄バイオ人材マッチング」とは沖縄県内に事業所をもつバイオ系企業・大学・研究機関と人材をマッチングすることを目的としたWebサイトです。バイオ系とは医療・健康・食品・創薬・化粧品・環境など。求人、求職情報の登録を受け付けています。 https://okinawa-biojinzai.com/

南大東村の教育環境

南大東村では出産祝い金の支給、中学校までの医療費助成を行っています。学校は南大東村立南大東小、中学校があります。学習環境の向上のためインターネットなど通信環境の整備、学習支援センターの設置などにも力を入れています。

学校給食はマグロ、とうふ、たまご、野菜など地元産のものを主に使っています。村内には高校がないので中学卒業後、進学のためには島から離れることになります。

沖縄県島尻郡南大東村の観光情報

沖縄県島尻郡南大東村の観光情報

南大東島の周囲は高い岸壁に囲まれ砂浜はありませんが、岩場や断崖など面白い光景が見られます。平地ではさとうきびが栽培され、開放的なのどかな風景が広がっています。

一方、くぼんだ中央部は池や湿地、地下には多くの鍾乳洞や地底湖が点在する変化に富んだ地形が特徴です。目の前に広がる大海原と海の幸、オヒルギ群落、ダイトウオオコオモリ(天然記念物)や大ナマズといった珍しい動物や植物も。観光情報だけでなく珍しい南大東島の風景や見どころも紹介します。

「星野洞」

「星野洞」

南大東島は遠くの海でできたサンゴ礁がプレートに乗って日本付近に移動した後、海に沈み隆起した島です。そのため南大東島のほとんどはサンゴ礁を由来とする石灰岩でできています。島には100カ所以上鍾乳洞があるといわれていますが、特に大きく美しい鍾乳洞が「星野洞」です。

歩道や照明が整備されていて美しい鍾乳石を見学することができます。タケノコのように天井に向けて成長する鍾乳石の石筍(せきじゅん)、天井から下に向けてのびるものはつらら石と呼ばれます。つらら石が伸びる速さは、100年以上かかって1cmとか。

石筍とつらら石が合体したものを「石柱」といい、星野洞最大の石柱は4m以上もあります。また、国内でも珍しいストローのように空洞ができるソーダストローも見逃せません。

星野洞内には1m70cm以上のソーダストローがあり、東洋一の長さといわれています。見学の帰りは電動スロープでらくらく。さらに本格的に洞窟を体験したい人にはケービングや地底湖探検をおすすめします。 http://vill.minamidaito.okinawa.jp/cape/

「ビジターセンター 大島東まるごと館」

「まるごと館」は情報を集め発信する活動の場です。南大東島では島全体を博物館に見立て、自然、文化、歴史、産業など島のすべてを「展示」している「島まるごとミュージアム」活動を行っています。「ビジターセンター 大島東まるごと館」はその拠点となっている場所です。島を訪れたらまず立ち寄ってみてください。島内観光の休憩所としてもおすすめです。

「海水プール」

太平洋が目の前に広がる海辺の岩礁を削った、自然のプールです。島には砂浜がなく子どもたちはこのプールで夏を楽しみます。海水が入り込んでいるので魚やカニをプールでつかまえることができます。

「トローリング」

磯釣りでかなり大きな魚が釣れますが、もっと大物を狙いたい人はトローリングに挑戦。ベテラン漁師さんの案内で、船をチャーターしてマグロやサワラ漁を楽しめます。3月~5月は入れ食い状態の日もあるとか。アカハタ、ナワキリ(クロタチカマス)、ムラサキイカ、ソデイカなどもよく釣れるそうです。

「カヤック」

南大東島の中央付近には池が点在しています。これらの多くの池が細い水路でつながっていて、この水路を通ってカヤックで池めぐりができます。カヤックを担いで進む場面があったりアドベンチャー要素たっぷりです。池には魚や小動物が多く住んでいますが、珍しいスッポンや1mを超す大ウナギに会えるかも。

「星空観察」

島を訪れた人が絶賛するのが星空です。沖縄のほかの島からの観光客も驚くほどの星の数が見えます。さそり座、夏・冬の大三角形がはっきり見えて天上から水平線に続く天の川は圧巻です。

まとめ

南大東村は海や自然が身近にあり、あたたかい気候で過ごしやすい場所です。静かで犯罪もほとんどありません。出生率の高さからもわかるように子育てがしやすい環境です。沖縄県への移住は人気があり離島も多くありますが、南大東村も移住先の候補として検討してはいかがでしょうか。