三重県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

三重県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

日本のほぼ中央に位置する三重県は、ほどよい田舎暮らしが実現するエリアです。
ここでは、三重県で移住する際におすすめのエリアを5つピックアップしてご紹介します。

  • 松阪市
  • 鈴鹿市
  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 尾鷲市

三重県は、エリアごとにさまざまな特徴を持つまちです。
都市部とほどよくバランスを取りながら田舎暮らしができるエリアや、本格的な田舎暮らしができるエリアもあります。移住後にどのような暮らしがしたいのかを想像しながら読み進めてみてくださいね。
それでは、各エリアの詳細についてご紹介します。

松阪市

松阪市

松阪市は、三重県の中部に位置し、2番目に広い面積を有しています。東側は伊勢湾、南西部には台高山脈、北東部には伊勢平野が広がっており、のどかな田舎暮らしが実現できる移住地です。
松阪市といえば、甘く上品な香りや良質な脂肪が特徴的な「松阪牛」の生産地としても有名です。
また、歴史文化が楽しめる施設が点在しており、風情ある街並みも数多く残されています。
天然藍の先染め糸を使って作られる伝統的な織物である「松阪もめん」も、松阪市を代表する特産品です。松阪嶋と呼ばれる縞模様が特徴的で、手織りを体験できる施設もあります。
松阪市ならではグルメや伝統文化が多いため「特別感のあるまちに移住したい」「歴史や伝統的なものが好き」といった方にぴったりな移住先です。

暮らしに関しては、総合病院が3つあり、休日・夜間救急にも対応するなど充実した環境が整っています。
松阪市内には、スーパーやコンビニエンスストア、ホームセンターなどが点在しているため、生活に必要なものは問題なく手に入ります。
子育て支援にも力を入れており、中学3年生までは医療費全額助成や、遠距離通学である小中学生にはスクールバスや路線バスの定期券の購入費用を支給するといった制度があります。
森林公園や天文台、図書館など、週末に家族でお出かけする施設も充実しています。
松阪市は、満足度の高い田舎暮らしをしたい方におすすめです。

鈴鹿市

鈴鹿市

三重県の北部に位置する鈴鹿市には、世界的にも有名なレーシングコース「鈴鹿サーキット」があります。全国で唯一、8時間耐久ロードレースが開催されるなど、「モータースポーツの聖地」とも言われており、国際色豊かな一面も持ち合わせています。
鈴鹿市は西に鈴鹿山脈、東は伊勢湾に面しているなど、恵まれた自然環境の中にあります。四季折々の花が咲く「鈴鹿フラワーパーク」や、「桜の森公園」のほか、「千代ケ崎海水浴場」といったお出かけスポットもたくさんあり、子育て世帯にもおすすめなまちです。

豊かな自然環境を持ちながらも、市内にはイオン系列の施設が豊富にあるため、買い物には困りません。
鈴鹿市の伝統産業でもある「鈴鹿墨」は、1980年に伝統工芸品の指定を受けました。
鈴鹿市は、さまざまな魅力を持ち合わせたまちであるため、モータースポーツファンはもちろん、「移住先でたくさんの経験をしたい」と思っている方に適しています。

四日市市

四日市市

四日市市は、三重県最大の人口を有するまちです。
三重県北部の中心都市であり、国からは「施行時特例市」と「保健所政令都市」の指定を受けています。
四日市市は、紡績や製紙などの繊維産業を中心に、経済発展を支える産業都市であり、「ものづくりのまち」として発展していきました。工場夜景の綺麗なまちとしても有名ですよ。

茶畑や田園風景が広がる豊かな自然を有する一方で、中心市街地には百貨店や飲食店などが多く、都市的な魅力も兼ね備えています。
三重県北部に位置しているため、名古屋など中京圏へのアクセスが良い点も人気の理由です。
四日市市は「利便性も保ちながら適度に自然に触れたい」といった方におすすめの移住先です。

伊勢市

伊勢市

三重県南東部に位置する「伊勢市」は、歴史や文化に富んだまちです。
2000年以上前から伊勢市に鎮座している「伊勢神宮」が有名で、「神都」という異名も持っています。伝統的な雰囲気が漂う街並みをいたるところで感じられるため、歴史好きの方におすすめの移住地です。
海・山・川といった美しい自然に囲まれたまちでもあり、季節の移り変わりを肌で感じることができるでしょう。
また、比較的温暖な気候であることも、魅力のひとつです。

スーパーやコンビニエンスストア、ドラックストア、飲食店も多数存在し、住みやすい環境が整っています。
また、伊勢市内には約200箇所の医療機関があります。医療機関の充実は、移住希望地としてのポイントが高いのではないでしょうか。

伊勢市では、実際に移住した方たちによるYouTube「伊勢暮らしチャンネル」を配信しています。伊勢暮らしのリアルな生活がのぞけるため、「伊勢市が気になる!」という方には、ぜひチェックしてほしいチャンネルです。
また、移住希望者向けにパンフレット「住んでよし訪れてよし。伊勢移住パンフレット ISE CITY」も発行していますので、合わせて読んでみてください。

尾鷲市

尾鷲市

尾鷲市(おわせし)は三重県の南部、熊野灘に面したまちです。
古くから漁業が盛んで、200種類以上の魚が揚がる漁場を有しています。新鮮な魚が味わえることに加え、釣りやシーカヤックといった海遊びも楽しめます。
ここまで読むと「海のまち」というイメージが強い尾鷲市ですが、市の面積の90%は山林と言われています。実際に農業や林業も盛んに行われています。
海や山に囲まれた尾鷲市は、「本格的な田舎暮らしがしたい」「農業に興味がある」と思っている方に最適な移住地ではないでしょうか。
また、全国的に降雨量が多いのも特徴で、雨が降りだすと次第に面白いくらい強い雨になるのだとか。

尾鷲市は、買い物がしやすい市街地と本格的な集落、両方に魅力があります。
とくに田舎暮らしをすると、地域の人との触れ合いも多くなります。「移住先で困ったことがあったらどうしよう」といった不安を抱えている方にとっては、人付き合いがあることが移住する上での安心材料となるでしょう。
尾鷲市では、漁業や林業をはじめたいといった方に「おわせ×留学」という体験プログラムを実施しています。実際に、尾鷲市の魅力に触れられる良い機会なので、興味のある方はぜひ応募してみてください。

三重県での田舎暮らしのメリットデメリット

三重県での田舎暮らしのメリットデメリット

三重県で理想の田舎暮らしを実現するためには、メリットやデメリットについて把握することが大切です。
三重県は自分自身と相性の良いエリアなのか、しっかり見極めて移住を決行してくださいね。
それではメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

三重県で田舎暮らしをする場合、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 高速道路・空港へのアクセス環境の良さ
  • 人との触れ合いが盛ん

高速道路や空港へのアクセス環境の良さ

三重県は日本列島の中央部にあるため、首都圏各地にアクセスしやすいといったメリットがあります。
新名神高速道路や伊勢湾岸自動車道など、高速道路網が充実しており、県内外への行き来にも優れています。中部新国際空港や名古屋空港、関西国際空港までは高速で1時間ほどの距離なので、飛行機を利用するにも便利な立地です。

人との触れ合いが盛ん

三重県の中でも自然に囲まれた田舎暮らしをする際は、助け合いが必要となります。
農業や漁業が盛んなエリアでは、食材を分け合うなんてこともあるでしょう。ご近所さんはもちろん、ふらりと釣りに出かけた先で出会う人々なども自然に話しかけてくることが多いです。社交性に富んだ方や、アットホームな雰囲気が好きな方にぴったりです。

デメリット

農業や海の近くでのんびりとした田舎暮らしができる三重県ですが、やはり田舎ならではのデメリットに直面するでしょう。
以下が三重県での田舎暮らしのデメリットです。

  • 移動に時間や費用がかかる
  • 虫や動物に遭遇する

移動に時間や費用がかかる

三重県で田舎暮らしとなると、公共交通機関が発達していないため、移動に時間と費用がかかる点がデメリットとして挙げられます。
三重県の田舎に住むと、徒歩圏内で買い物することが困難なため、自家用車を所有する方が多いです。自家用車の維持費やガソリン代が発生することも把握しておきましょう。
「思ったより不便だった」「すぐに欲しいものを手に入れたい」といった方は、まずは実際に現地を訪れ、距離感や交通機関について確認するのがベストです。

虫や動物に遭遇する

三重県の自然豊かなエリアではやはり虫や動物に遭遇するといった事例も少なくありません。実際に三重県では、イノシシや二ホンジカ、ニホンザルやツキノワグマといった目撃情報が増加傾向にあるようです。
また、山中での暮らしに虫の発生は日常茶飯事となるため、「虫が苦手」という方は、万全な対策が必要となります。

三重県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

「三重県に移住したいけど、エリアが多くて決められない」といった方は、各自治体が行う移住支援に着目してみるのがおすすめです。
三重県では、自治体ごとに多種多様な移住支援制度を実施しています。
ここからは、下記の3つの自治体が取り組む移住支援についてご紹介していきます。

  • 亀山市
  • 津市
  • 熊野市

移住支援を上手に利用して、三重県での快適な田舎暮らしを送ってくださいね。

亀山市

亀山市

三重県の中北部に位置する亀山市の支援は、移住に関する相談窓口や体験ツアーなどを主に行っています。
亀山市は、シャープのテレビAQUOS「世界の亀山モデル」というキャッチコピーが有名です。液晶関連産業や、自動車関連産業、また、ローソクの地場産業として知られています。
山や、田んぼ、畑がたくさんあり、ハイキングやキャンプ施設なども充実しています。亀山市が実施している支援制度を紹介します。

・夏休み親子移住体験ツアー~かめやまオーダーメイドツアーをつくろう!~
こちらは2022年6月に発表された移住体験ツアーです。
夏休み期間を利用して、家族で亀山市の暮らしを体験するモニターを募集するといったもので、亀山市の魅力を発信することを目的としています。
モニターに選ばれた方は、参加費・宿泊費も無料です。

・いつでもご案内♪かめやま暮らしめぐり~亀山市内ガイド~
亀山市への移住を希望している方の希望に合わせて市内をガイドしてくれるサポートを実施しています。
亀山市の知りたいことや・見たい場所をあらかじめ伝えておくと、希望に沿ったコースで市内を案内してくれます。この制度を利用することで、亀山市での暮らしの様子がイメージしやすく、リアルな情報も得られることでしょう。
参加費や現地での交通費・旅行保険料は無料です。※自宅から現地までの交通費や昼食代、体験などに係る費用は自己負担となります。

・移住相談窓口~かめやま暮らし~
亀山市には、亀山市に移住を検討している方のトータルサポート窓口を設けています。
暮らしや仕事、子育て環境についての相談に乗ってくれます。「亀山市に移住したいけど、何からはじめていいか分からない」方は、まずは窓口に相談してみてはいかがでしょう。

・亀山市移住促進のための空き家リフォーム支援事業
亀山市内に移住し、空き家住宅のリフォームをする方に、費用の一部を補助する制度です。
亀山市内または三重県内の業者による30万円以上の工事を対象としています。補助額は費用の1/3で上限は30万円です。
詳細は、亀山市の自治体ホームページをご確認ください。

津市

津市

三重県の県庁所在地である津市では、UIJターンに向けた支援が充実しています。
津市は高速道路も近く、中部・近畿の結点として交通アクセスにも恵まれているのが特徴です。
大型ショッピングセンターや、美術館、博物館などの文化施設も多いため、移住しても充実した暮らしが実現するでしょう。
大学があることから、学生も多く、飲食店も豊富にあります。
一方で桜や紅葉の観光スポットがあるなど、自然豊かなエリアもあるため、バランスの取れた住みやすいまちといえます。
それでは、津市が実施している移住支援をご紹介していきます。

・UIJターン就職支援
UIJターンの方を対象とした支援が3つあります。
まず、「津市移住支援補助金」は、東京23区に居住していた方が津市に移住する場合に、補助金を支給する制度です。
単身での移住者には60万円、世帯で移住の場合は100万円が補助されます。また、18歳未満の帯同者がいる世帯の場合、1人につき30万円が加算されます。

次に紹介するのは、「津市ふるさと就職新生活応援奨励金」です。
津市外に住んでいる方が、津市内の企業へ就職かつ転入した場合に5万円が交付されます。さらに、三重県外に住所を有している津市出身者を対象とした「津市ふるさと就職活動応援奨励金」制度があります。
津市内の企業へ就職活動を行う際にかかる交通費の一部を奨励金として交付する制度です。

「一度は、津市を離れたけどやっぱり地元で働きたい」と思っている方はぜひ利用してください。

熊野市

熊野市

三重県の南部にある熊野市は、住宅に関する支援に長けています。
熊野市は熊野灘に面した海のあるまちで、本格的な田舎暮らしも実現できるエリアです。海のほかに、山や川もあるので、週末は家族でアウトドアを楽しむこともできます。
熊野市は子育て世帯に向けて、出産祝いとして地元の商品券10万円贈呈をはじめ、100円給食や、高校までの医療費0円など、全国でもトップレベルのサポートを行っています。「自然の中でのびのびと子育てしたい」と思っている方にはぴったりな移住先といえるでしょう。
それでは熊野市の移住支援についてご紹介します。

・空き家改修補助
熊野市の空き家バンクを利用して空き家を購入した方を対象とした制度です。
「雨漏りする」「床が抜けそう」といった不具合に対し、修繕費用の一部を支給します。支給額は、修繕にかかった費用の1/3で、上限額は約33万です。
対象となる改修工事の例などは熊野市のホームページよりご確認ください。

・市営住宅家賃補助
熊野市では、空き家だけではなく若者の移住定住を目的とし、市営住宅での家賃を一部助成する支援も行っています。
詳細は熊野市の自治体へお問い合わせください。

・熊野移住体験ツアー
移住希望者の移住に関する不安や知りたいことを汲み取り、その内容に沿った体験ツアーのプランを熊野市の職員が計画してくれます。
「仕事や住まいの見学ツアー」「子育て環境ツアー」といった、知りたいポイントに着目した体験を行ってくれるそうですよ。担当の職員さんが同行してくれるため、疑問に思ったことなどをすぐに聞けるのも嬉しいポイントです。
熊野移住体験ツアーに参加することで、より具体的な移住プランが見えてくることでしょう。

まとめ

まとめ

三重県は、都市部と田舎がほどよく調和している暮らしやすいまちです。そのため、田舎暮らし初心者でも比較的安心して暮らせる移住地ではないでしょうか。
今回ご紹介したおすすめの市町村や、自治体が行う支援制度を比較し、自分に合う移住先を見つけてください。