理想通りのスローライフを送るためには

理想通りのスローライフを送るためには

田舎に移住しても、必ず理想通りのスローライフを実現できるわけではありません。
イメージだけで移住した場合、「思っていた生活と全然違う」「こんなことなら都会で暮らす方が良かった」といった後悔に繋がる可能性もあるので注意が必要です。田舎移住で憧れのスローライフを叶えたいのであれば、以下の2つを実践してみましょう。

  • 経験者に聞いて現実を知る
  • 希望に沿った土地に住む

事前にリサーチを行うことで、思い描いている理想と現実のギャップを埋めることができます。
また、スローライフを送るにあたって、移住先を見極めることはとても重要です。どのような土地や環境が自分に合うかをよく考えて、相性の良い移住先を見つけましょう。

それでは、各項目の詳細について以下で説明していきます。

経験者に聞いて現実を知る

スローライフを叶えるためにも、移住経験者に話を聞いてみましょう。
移住経験者は、リアルな実体験を基に田舎移住の現実を共有してくれます。メリットはもちろん、実際に住むことではじめて見えてくるデメリットについても教えてもらえるので、田舎での生活を色々な角度から考えることができます。

また、より有益な情報が知りたい場合は、自分と状況が似ている先輩移住者を見つけることがポイントです。
一口に田舎移住と言っても、移住前の環境はさまざまです。移住前の環境によって移住先の印象は大きく異なるので、都市部から田舎、地方都市から田舎、田舎から別の田舎など、自分と移住前の状況が同じ移住経験者を探しましょう。

都市部から田舎への移住は、環境の変化が最も大きくなっています。地方都市や別の田舎からの移住者よりもカルチャーショックを受けやすい傾向にあり、理想と現実のギャップに苦しむ層が多いのも特徴です。

そのため、例えば自分が都市部在住であるにもかかわらず地方都市からの移住経験者に話を聞いた場合、デメリットについて認識の誤差が生まれやすくなっています。田舎暮らしの実態について正しい知識を得るためにも、自分自身と似た価値観の移住検討者を見つけてください。

希望に沿った土地に住む

スローライフを送りたい場合は、移住先選びを慎重に行うことが大切です。田舎には、海、山、森、湖、川をはじめとするさまざまな環境があります。もしスローライフのイメージがある程度固まっているのであれば、理想を実現しやすい環境を選ぶよう意識してみましょう。

「海風に当たる家でのんびりと暮らしたい」「湖のそばに住んで雄大な景色を眺めながらウォーキングしたい」といった具体的な希望がある場合、移住するエリアは限定されます。海風を求めているのに山に住む、湖を眺めたいのに森に移住するといった事態を回避するためにも、自分の理想に合致する移住先を選ぶようにしましょう。

また、移住後に自給自足したい方は、あらかじめ移住希望地の気候についても確認することがポイントです。育てたい野菜や果物があっても、移住先の気候によっては上手く育たない可能性もあります。特に極端に暑かったり寒かったりする地域への移住を検討している場合は、どのような作物が適しているのかについてリサーチを行うようにしてください。

スローライフを送るための準備

スローライフを送るための準備

準備に時間をかけることは、理想的なスローライフを送る上で必要不可欠です。移住後にトラブルに見舞われるリスクを回避するためにも、以下のような準備を徹底しましょう。

  • 自治体の移住支援制度などについて調べる
  • 収支計画などを作成しイメージをしておく
  • 実際に訪問したり短期滞在をしてみる

移住支援制度を活用することで、快適なスローライフを送ることができます。選ぶ自治体によって異なるメリットが得られるため、自分自身が適用対象となる移住支援制度について調べることが大切です。

また、理想的なスローライフを叶える場合、経済的な余裕が必須となります。
移住を決行する前に収支バランスの確認を行い、しっかりと計画を立てるようにしましょう。具体的な移住後の暮らしを知るためにも、現地への訪問や滞在も視野に入れてください。では、それぞれの準備方法について詳細を見ていきます。

自治体の移住支援制度などについて調べる

スローライフは、移住支援制度を使うことで実現しやすくなります。移住支援制度とは、自治体が行っている移住者や移住検討者向けの制度です。実施内容は自治体ごとに異なるものの、主な制度には以下のようなものが挙げられます。

  • 移住相談窓口の開設
  • お試し住宅の提供
  • 移住ツアーの開催
  • 移住者交流会の実施
  • 空き家バンク
  • 移住支援金
  • 住宅取得やリフォームに関する補助金
  • 家賃補助
  • 新婚世帯の移住者に対する補助金
  • 起業支援金

活用できる移住支援制度が多ければ多いほど、経済面や精神面でのメリットが大きくなります。移住先での生活が送りやすくなるため、快適なスローライフを送りたい方におすすめです。

移住希望地の支援制度について調べるのはもちろん、「自分が適用される移住支援制度が多い自治体はどこだろう?」「この移住支援制度を受けたい場合はどの自治体がベストだろう?」といった点にも着目しながら移住先選びを行いましょう。

尚、移住支援制度の適用には、さまざまな条件が設けられています。年齢や移住前の住所などで適用対象か否か判断されるケースも多いので、具体的な詳細は各自治体の移住相談窓口などに問い合わせてください。

収支計画などを作成しイメージをしておく

スローライフを送りたい場合は、移住前に収支計画を立てるようにしましょう。
田舎移住に対して、「生活費が安く済みそう」「出費が減るから都会よりも余裕のある暮らしができる」といったイメージを持つ移住検討者は多い傾向にあります。

しかし、支出に着目しすぎるあまり、収入に関する調査を怠りやすいのも実情です。移住後は、収入源を確保するために仕事をする必要があります。ただし、田舎の給与相場は都市部よりも低めに設定されており、移住前よりも大幅に収入が減る可能性も考えられます。

厚生労働省が発表した2022年の「賃金構造基本統計調査」によると、47都道府県で最も年収が高いのは東京都の584万9,300円となっています。2位は神奈川県の541万5,500円、3位は愛知県の524万400円、4位は大阪府の511万8,600円と続いており、平均年収が高い都道府県は都市部に集中しているのが特徴です。

一方で平均年収が低い都道府県は、47位が沖縄県の367万2,100円、46位が青森県の374万4,500円、45位が宮崎県の374万7,900円、44位が秋田県の379万1,100円です。地方の中でも特に関東から遠い都道府県の平均年収が低いことから、田舎へ移住することで収入が減ってしまうリスクについて考えなければなりません。

例え支出が少なくなっても、収入が激減しては生活していくことが困難です。移住希望地の平均給与額などを調査し、収支バランスについて事前に検討するよう心掛けましょう。収支計画をしっかりと立てることにより、快適なスローライフを叶えることができます。

実際に訪問したり短期滞在をしてみる

現地への訪問や短期滞在をすることで、移住後の生活を具体的にイメージすることができます。ネットや口コミの情報だけでは、現地の雰囲気や環境を知ることは困難です。現地を訪れることで初めて見えてくるメリットとデメリットもあるので、移住を決める前に必ず下見に出掛けるようにしましょう。

自治体によっては、訪問ツアーや滞在に関するプログラムを用意していることもあります。
ツアーの場合は現地職員が同行するのが一般的で、移住先の紹介、空き家情報の提供、移住経験者との対談、収穫体験のほか、就職先候補の見学ができるケースも多くなっています。現地の雰囲気はもちろん、実際に移住した後の生活もイメージしやすくなるというメリットがあり、自分自身と移住先の相性をチェックできる点がポイントです。

また、短期滞在においても、支援を行っている自治体は多数存在します。無料、もしくは格安料金でお試し住宅の提供を行っている自治体もあるため、経済的な負担を最小限に抑えたい方に最適です。

実際に現地で生活することにより、地域住民と交流する機会も生まれます。どんな人たちと暮らしていくかというイメージがしやすくなるので、理想的なスローライフか否かを判断することができます。

良いことばかりじゃない?!スローライフの7つの現実

良いことばかりじゃない?!スローライフの7つの現実

スローライフに対して、「悠々自適で快適な暮らしを叶えられる」「ストレスフリーで楽しい生活」といったイメージを抱いている移住検討者も多くなっています。しかし、スローライフには、さまざまなデメリットもあるのが現実です。スローライフを求めて移住する場合は、以下の7点を考慮しましょう。

①田舎ルールが厳しい
②友だちができない
③コンビニが近くにない
④何もしない生活に飽きる
⑤就職先が見つからない
⑥助け合いの精神が大事
⑦虫や野生動物は避けられない

スローライフを送るためにも、全てのデメリットについて納得した上で移住することが大切です。各注意点についてお話ししていくので、自分自身が暮らしていく上で大きな問題となるかどうかについて考えてください。

①田舎ルールが厳しい

田舎独特のルールに従えない場合、移住生活は厳しいものになりがちです。
都市部から離れた立地の田舎には、独自のしきたりや常識があります。理不尽さを感じる決まり事も多くなっているものの、ルールを破ることで村八分の状態に陥ることも珍しくありません。
住民との人間関係が悪化する=田舎で生き抜くことが難しくなるため、納得いかない想いを抱えながらルールに従う移住者も多くなっています。

また、田舎へ移住するにあたって知っておくべきことが、暗黙のルールの存在です。ハッキリと明言されない暗黙のルールは、生活の中で周囲の空気や雰囲気を察しながら覚えていく必要があります。

「知らないうちにおきて破りなことをしてしまっていたらどうしよう」「常に暗黙のルールを意識しながら生活するのがしんどい」と感じやすく、精神的なストレスを抱えながら暮らす可能性も高くなっています。スローライフとは真逆のライフスタイルになってしまうため、田舎ルールに馴染めるかどうか考慮することがポイントです。

②友だちができない

友だちを作りにくい点は、田舎移住の大きなデメリットです。
田舎は、高齢者の割合が多い傾向にあります。若者世代の絶対数が少ないことから、友だちを作る機会自体があまりないという点に注意が必要です。
特に「田舎に移住して仲間とのんびり日々を過ごしたい」「気の合う友だちと趣味を楽しみたい」と考えている方は、移住希望地の高齢者の割合について事前に調べてください。

新天地で友だちができない場合、田舎暮らしに馴染むまでに時間がかかります。長期間にわたって孤立してしまうケースも多く、精神的に不安定な状態になる可能性も高いということを覚えておきましょう。

イメージ通りのスローライフを送りたいのであれば、若者世代が多い移住先を選ぶのがおすすめです。
自治体によっては、観光スポットがある、マリンスポーツができる、街並みがオシャレといった理由から若者に支持されている地域もあります。他の田舎よりも若者世代が多く暮らしていることから、友だちを作りやすくなっているのがポイントです。

③コンビニが近くにない

田舎でスローライフを送りたい方は、コンビニがない生活を受け入れなければなりません。
人口が少ない田舎は、利便性に欠けるというデメリットがあります。都市部のようにコンビニが密集しているわけではなく、場合によっては市町村内に1店舗もないケースも考えられます。

コンビニが近くにない場合、一か所で全ての買い物を済ませられない可能性が高めです。地元の商店街などで各店舗を回って欲しいものを探すという事態にもなり兼ねないため、非常に不便な生活となる点に注意しましょう。

また、コンビニがないエリアでは、24時間営業の店がないという自治体も多くなっています。特に高齢者が集まる本格的な田舎の場合、夕方に全ての店舗が閉まる、週末は店が開いていない、早朝は営業していないということもあり、別の街まで買い物に行く必要があります。

都市部のような利便性は皆無となっているので、「常に買いだめをしておかないと不安」「急に欲しいものができても買いに行けない」といった不満を感じている移住者が多いのが現実です。

④何もしない生活に飽きる

田舎は、のんびりとした環境が特徴的です。スローライフにピッタリな移住先ではあるものの、長期的に生活することで飽きてしまう可能性がある点に注意しましょう。

大自然に囲まれている田舎は、都市部のように遊ぶ場所が充実しているわけではありません。
娯楽施設や商業施設が全くない自治体も多く、「何もすることがなくて休みの日にヒマ」「最寄りの娯楽施設に行くまでに車で数時間かかる」といった不満が生まれやすくなっています。

何もない田舎は、物や情報に溢れた都市部で暮らす層にとって180度異なる環境です。物珍しさを感じることから、旅行で訪れる際には魅力を感じやすい傾向にあります。
しかし、実際に田舎に長期間住む場合、物珍しさは段々と薄れていきます。何もない環境という現実だけが残るため、飽きてしまう移住検討者が多いということを覚えておきましょう。

⑤就職先が見つからない

田舎で暮らすデメリットに、就職先の見つけにくさが挙げられます。
都市部のように人口が多くない田舎では、企業数や雇用機会が極端に少ないという特徴があります。移住してもスムーズに仕事を見つけられない可能性も高くなっており、遠方まで通勤することも視野に入れなければなりません。
通勤に長い時間を取られる、満員電車で疲労する、朝早く起きる必要があるなど、スローライフとは程遠い生活になる恐れがあります。

また、活用したい資格や経歴がある場合、就職先はさらに限定されてしまいます。田舎と都市部では需要の高い業種が違うというケースも多々あることから、「今までの職歴を活かせる仕事が見つからない」「田舎では自分のやりたい仕事ができない」といった事態にも陥りがちです。

もし就職先が見つからない場合、経済的・精神的なストレスが大きくなります。貯金を切り崩しながら生活することにもなり兼ねず、場合によっては田舎での生活を諦める必要も出てきます。
スローライフを成功させたい方は、事前に移住希望地の雇用率やニーズについて調べておくことが大切です。

⑥助け合いの精神が大事

田舎で生活していく場合、助け合いの精神を持つ必要があります。田舎は、少人数で形成された小さなコミュニティです。住民同士が家族のように濃い付き合いをしていることから、困った時はお互いに助け合うという特徴が見られます。

都市部からの移住者の場合、地域住民と密接に関わることに慣れていない傾向にあります。しかし、濃厚な人間関係を持つ田舎では、些細なこともみんなで共有しながら助け合うことが必須です。

「他人のことにはあまり関わりたくない」「自分のことは自分でやるからほっといてほしい」という方は生きづらい環境となっているため、田舎での生活に嫌気がさす可能性が高くなっています。

⑦虫や野生動物は避けられない

田舎に移住する際は、虫や野生動物との共存について考えましょう。山や森が近いエリアでは、都市部よりも虫や野生動物に遭遇する確率が上がります。

虫に関しては、家の中に入ってくる、サイズが大きい、殺虫剤がなかなか効かないといった問題のほか、住宅によってはシロアリの被害に遭う可能性も高めです。シロアリの駆除や家のメンテナンスに手間、お金、時間をかける必要が出てくるので、長期的に住むことでストレスが大きくなるというデメリットがあります。

また、サル、イノシシ、シカ、ハクビシンといった野生動物が多く暮らす田舎では、車との衝突やゴミ漁りなどに悩まされる住民も後を絶ちません。果樹園や畑を荒らす野生動物もいるので、「移住後は自給自足生活でスローライフを送りたい」「自分で畑を耕してご近所さんとおすそ分けしたい」と考えている方は注意が必要です。

田舎で暮らす場合、虫や野生動物との共存が必須となります。都会とは全く異なる環境になるため、虫や野生動物の被害に対処しながら定住できるかという点について検討するよう心掛けましょう。

まとめ

憧れのスローライフは、準備の徹底やポイントを押さえることで実現可能です。自治体の移住支援制度を活用することで経済的なメリットを得られるほか、収支計画や現地訪問・短期滞在により移住後のリアルな生活をイメージしやすくなります。

また、7つの現実についても理解を深めて、自分自身が長期的に暮らしていけるか検討するよう心掛けましょう。田舎移住でスローライフを送る場合は、経験者に話を聞く、希望に沿った土地選びを行うといったことも実践するのがおすすめです。

事前にしっかりとリサーチを行うことで、理想に近いスローライフを叶えることができます。スローライフの実態について知識を深めて、後悔のない快適な移住生活を送ってくださいね。