限界集落とは?

限界集落とは「人口の半数以上が65歳を超えており、観光葬祭などの社会的共同生活の維持が困難になった集落」のことを言います。限界集落になってしまう地域にはある特徴があります。

  • 人口が50人未満
  • 人口減少が続いている
  • 山間地や離島
  • 役所や役場から10km以上離れている
  • 集落が行き止まりになる

他にも、自治体の対策が遅すぎたり、部外者を受け入れ難い地域性だったりと多くの問題があるのも実情です。

このような場所に魅力を感じる人が少なく、若い世代が都会へと移り住んでしまうため、高齢者が残り、限界集落となってしまいます。

限界集落へ移住するメリットデメリット

限界集落へ移住するメリットデメリット

限界集落へ移住するには、メリットもあればデメリットもあります。もし、限界集落へ移住を考えているのであれば、引っ越した後に後悔しないためにもメリットやデメリットを把握しておくことが重要です。ここでは限界集落へ移住するメリットデメリットを紹介します。

メリット

限界集落はのんびりした生活ができるだけでなく、美しい自然に囲まれて暮らしたり、新鮮な食材を食べられたりなどさまざまなメリットがあります。ここでは、限界集落に移住する場合のメリットを詳しく見ていきましょう。

自然に囲まれた暮らしができる

限界集落は山間地や離島といった、自然に囲まれたところにあります。都会では見つけられない虫や動物、植物に出会えるのも限界集落の魅力です。

また、交通量も少ないため排気ガスによる汚染も少なく、美しい空気を吸えるのもメリット。健康にも良く、子供を自然豊かな環境でのびのびと育てられます。

新鮮な食材で、美味しい食事が食べられる

限界集落では、野菜や魚といった新鮮な食材を手に入れられます。近くで採れる農産物は安く手に入るだけでなく、近所の人がおすそ分けしてくれるケースもあります。

その地域ならではの、旬の食材を食べられるので、食に対して楽しみが増えるでしょう。

家賃などの生活費が安い

都会に比べると家賃や物価が安く、生活にかかる費用を抑えられます。生活費が安く済むため、趣味や貯金にお金を使えるでしょう。また、土地代や固定資産税も安く、費用を抑えたマイホームを購入できます。

地域に住む人と交流を深められる

限界集落では世帯数が少ないため、協力して暮らしていかなければなりません。そのため、地域に住む人と密な関係を築けるでしょう。都会の気薄な隣人関係に物足りなさを感じている人にとっては、居心地の良い環境と言えます。

また、道行く人がみんな顔見知りのような環境なので、都会に比べると治安が良いのもメリットです。地域全体で子供の様子を見てくれるため、安心して子育てができるでしょう。

デメリット

美しい自然に囲まれ、生活費が安く済むなどさまざまなメリットがある限界集落での暮らしですが、デメリットがあるのも実情です。田舎暮らしに憧れを抱き、引っ越してみたものの「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、デメリットを把握しておくことは大切です。ここでは、限界集落に移住した場合のデメリットを紹介しますので、参考にしてくださいね。

自然環境に苦労する

限界集落は美しい自然に囲まれていますが、その環境に慣れていないと苦労する可能性もあります。例えば、山間地は気温が低いため、寒さが厳しく、冬は暖房代が高くなる傾向にあります。

また、春や夏などには虫がたくさん発生するため、苦手な人は苦労するかもしれません。しかし、比較的新しい住居を探したり、草刈りを頻繁にしたりなど対策をすれば快適に過ごせるでしょう。

公共交通機関や施設が整っていない

限界集落では、公共交通機関が整っていないところが多く、生活する上で車は欠かせません。電車やバスがあったとしても数時間に1本という少ない本数だったり、バス停や駅まで遠かったりする地域も。

また、買い物や病院、カラオケや映画館といった施設も少なく、移動に困ることも出てくるでしょう。そのため、限界集落に移住するのであれば、車の免許は必須です。

さらに、小学校や中学校はあっても高校や大学などがない集落が多く、子供が都心部に出ていく場合もあります。そうなると早い段階で我が子と離れて暮らさなければならないため、覚悟が必要になるでしょう。

仕事を選べない

限界集落では、お店や会社が都会より少ないため、働ける業種に限りがあります。例え仕事があったとしても給料が高くないというケースも考えられます。

しかし、都会で働いた経験を活かして起業する人や自然に囲まれた環境で仕事をする人など限界集落だからこそできる働き方もあります。

電波が悪い

限界集落はへき地にある地域が多いため、電波の悪さも考慮しなければいけません。携帯電話の場合、電波を全く受信しない可能性もあるでしょう。

もし、固定電話や固定回線を引くのであれば安定した通信環境を整えられます。移住先で電話やインターネットを活用した仕事するのであれば、固定回線を引くと安心です。

地域ならではのルールや慣習がある

限界集落では密な人間関係が築けますが、独自のルールや慣習があるため、従わないと孤立してしまう可能性が高くなります。ゴミ出しや会合の席など地域ならではのルールがあり、都会から移住したばかりだと違和感を感じるかもしれません。しかし、彼らはそのルールに従って暮らしているため、どんな慣習やルールでも従うようにするのが無難でしょう。

限界集落での生活は大変?実際の暮らしについて

限界集落に移住したいと考えていても、実際の暮らしが気になる人もいるでしょう。ここでは、仕事や住居、生活や人間関係に着目して、限界集落での実際の暮らしを解説します。

仕事について

限界集落に移住する前に、仕事を探しておきましょう。なぜなら、移住してから探そうとしても限界集落で仕事を見つけるのは難しいからです。

限界集落では一次産業を主な産業にしているため、農業や林業、漁業といった仕事が見つけやすい傾向にあります。さらに慢性的な後継者不足に陥っている限界集落では、仕事探しを支援するサイトなどがあるので、気になる集落があればチェックするのがおすすめです。

また、リモートワークの普及によって、インターネットさえつながれば仕事ができる環境が整います。リモートワークが可能なら、会社に勤めていても限界集落へ移住できるでしょう。

高齢化が進んでいる限界集落では、看護や介護の仕事も求人が多く、資格のある人は重宝されます。移住先や近隣のハローワークを利用すると紹介してもらいやすいため、移住前に確認しましょう。

住居について

限界集落には空き家がたくさんあるものの、居住できる家がなかなか見つからないケースが少なくありません。なぜなら、借りたい家が見つかったとしても、所有者が不明だったり、紹介してくれる人に会えなかったりする場合があるからです。

限界集落に不動産屋があることも少ないため、近隣の町で家を探してもらう必要が出てきます。限界集落の活性化に向け、自治体が管理しているケースもあるため、確認すると家を見つけられるかもしれません。

また、万が一家を見つけたとしてもリフォームが必要なる場合もあります。快適な住居にするために修繕費がかかることを想定し、家探しをすると良いでしょう。

生活について

家賃や土地代などが安い反面、車の維持費やガス代、自治会費といった生活費がかかります。限界集落では車が必須なため、ガゾリン代は高くなるでしょう。

自給自足をしている人の多い限界集落では、近所から食べ物のおすそ分けをもらうこともあります。都会に比べると物価も安いため、生活にかかるお金を抑えられます。

スーパーやコンビニ、専門的な病院などに行く場合は、不便を感じるかもしれませんが、車があれば問題ありません。また、ネットを活用し買い物もできるため、さほど問題はないでしょう。

人間関係について

限界集落でトラブルが起きがちな人間関係。集落独自のルールや慣習に最初は戸惑うかもしれませんが、しっかりと時間をかけコミュニケーションを取ることが大切です。

もし心配ならば、お試し移住などで限界集落の暮らしを体験してみると良いでしょう。実際に暮らしてみると人脈を広げられ、近所の人にも顔を覚えてもらえるので、スムーズに移住できます。

限界集落での暮らしに向いている人

限界集落での暮らしに向いている人

限界集落では不便なことがあるため、向き不向きがあります。限界集落への移住を考えている場合、自分がその暮らしに向いているのか確認する必要があります。最後に限界集落での暮らしに向いている人を紹介しますので、自分が当てはまるかチェックしてみてくださいね。

自然が好き

先述した通り、限界集落には美しく壮大な自然がありますが、寒さに厳しかったり、虫が多かったりします。また、自然に囲まれているということは、自然災害が起きやすいところでもあります。このように自然環境を受け入れて住める人にとっては、限界集落はぴったりと言えるでしょう。

工夫をしながら楽しめる

限界集落は都会に比べると不便です。しかし、その不便を工夫しながら楽しめるのであれば、限界集落に移住しても問題ないでしょう。

例えば、限界集落では店が少ない上に、夜間営業している店もほぼないため、急に必要になったものをすぐに購入できません。そのため、普段から生活用品や食料品などをストックしたり、集落を出たときにまとめ買いしていたりすると安心です。

また、限界集落では施設が整っていないケースも多く、人材不足でもあります。何か困り事があったとしても、自分で何とかできる力を身につける必要があります。

そのため創意工夫が得意な人や逆境を楽しめる人であれば快適に過ごせるでしょう。

コミュニケーション力が高い

世帯数の少ない限界集落では、都会より密な関係を築くケースがあります。特に若い人が移住した場合は、さまざまな頼まれごとをするかもしれません。そのため、距離の近い人間関係や複数人での付き合いが苦手な人には向いていないでしょう。円滑なコミュニケーションが取れ、人付き合いを煩わしいと思わない人が限界集落での暮らしが向いています。

まとめ

自然が多くのんびりとした時間を過ごせる限界集落での暮らし。憧れから移住を考える人もいるかもしれませんが、今回紹介したさまざまなメリットやデメリットを把握し、自分に合っているかを確認するのが大事です。限界集落の暮らしは不便なこともありますが、自然を感じられたり、温かい人柄に触れられありできるので、得られるものの方が多いでしょう。どんな限界集落に住みたいのか、住居はどうしたいのか、どうやって生活を成り立たせるのかをしっかり考慮し、快適な限界集落の暮らしを送ってくださいね。