移住支援情報ポータルサイト移住支援.com

メニュー

残業の少ない都道府県ランキング!移住すれば残業なし?ワークライフバランスが充実?

更新日: Nov 24, 2020

残業の少ない都道府県ランキング!移住すれば残業なし?ワークライフバランスが充実?

地方移住すれば、残業のないのんびりした生活を送れるのでしょうか? 働き方改革やワークライフバランスが求められる今、残業時間が少ないのは都会と地方のどちらなのか。「残業の少ない都道府県ランキング」を紹介します。

残業が少ない都道府県に移住すればワークライフバランスは充実する?

国を挙げて働き方改革が進められ、ワークバランスの意識が高まる中、残業時間の実情はどのようになっているのでしょうか? 地方では都会よりも余暇時間が長いという声も聞かれる一方で、労働力不足により残業が多くなるケースも考えられます。都道府県別の傾向を、企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」の調査から見てみましょう。会員の投稿結果から 「残業の少ない都道府県ランキング」を紹介します。

残業が少ないのは何県? 都道府県別ランキング

順位都道府県平均残業時間(月間)
1佐賀県16.7
2秋田県18.6
3沖縄県22.1
4山口県23.4
5鹿児島県24.1
6鳥取県24.2
7島根県24.7
8富山県25.7
9千葉県25.9
10和歌山県26.3
11宮崎県26.4
12新潟県26.6
13滋賀県26.7
14香川県27.1
15兵庫県27.1
16大分県27.2
17福井県27.4
18宮城県27.5
19愛媛県27.7
20奈良県27.8
21岩手県28.1
22熊本県28.2
23青森県28.3
24茨城県28.3
25長野県28.6
26高知県28.6
27福島県28.7
28北海道28.9
29徳島県28.9
30神奈川県29.3
31京都府29.4
32山形県29.6
33岡山県29.8
34愛知県29.9
35山梨県29.9
36岐阜県30
37福岡県30.1
38静岡県30.2
39大阪府30.3
40栃木県30.4
41埼玉県30.9
42東京都30.9
43群馬県31.3
44広島県31.5
45三重県31.7
46長崎県32.9
47石川県33.3

上記の表は、企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」に投稿された企業情報の残業時間を都道府県別に集計したものです。残業時間の平均が少ない順のランキングとなっています。

残業時間が少ない都道府県ランキング1位は、佐賀県の16.7時間/月でした。トップ10は中国・九州地方などの地方圏が目立ちます。千葉県が9位に入っていることを除くと、東京都・大阪府・愛知県の三大都市圏はいずれも下位に位置しています。

ただし、同社の調査による企業別残業時間ランキングでは、都市圏の大手企業が上位を占めており、残業時間が少ないことがわかりました。都会には多数の企業があり、中には残業時間が多い企業もあります。都道府県別の残業時間ランキングでは、残業時間が多い企業の影響を受けた都市圏が下位にランクインする形となったのです。

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」調べ(調査期間:2015年4月1日~2018年3月31日)

佐賀県と秋田県で残業が少ない理由は?

佐賀県と秋田県で残業が少ない理由は?

残業時間ランキングの上位となった都道府県は、なぜ残業が少ないのでしょうか。残業時間が少ない都道府県ランキング1位の佐賀県と2位の秋田県を見ると、地元の大手企業では特に残業時間が少ない結果となりました。地元の大手企業では比較的社員数も多く、働き方改革に取り組む余裕があると考えられます。

1位の佐賀県の残業が少ない理由は?

佐賀県の平均残業時間は16.7時間/月です。残業時間が最も少ないとされる佐賀県の中でも、特に残業が少ない結果となった勤務先は、佐賀市に本店を置く第二地方銀行の「佐賀共栄銀行」です。

佐賀共栄銀行は店舗数34、行員数376という小規模の普通銀行です。平均残業時間は1.8時間と、佐賀県の平均と比べても群を抜いて少ない数字でした。佐賀共栄銀行は、子育てサポート企業として特に水準が高いとされる「プラチナくるみん認定」を九州・沖縄地区の企業で初めて取得しています。

2位の秋田県の残業が少ない理由は?

秋田県唯一の一部上場企業で地元の大企業でもある「秋田銀行」は、定時退行日が設定されるなどワークライフバランス改善を評価する声が聞かれました。女性の活躍推進として仕事と家庭の両立支援策を充実させるなど、働き方に関する取り組みも行っています。秋田銀行の前身の第四十八国立銀行は、1879年に開業した歴史ある第一地方銀行です。

株式会社秋田銀行|秋田市公式HP

実際どうなの? 残業が少ない都道府県で働く人のクチコミ

実際どうなの? 残業が少ない都道府県で働く人のクチコミ

残業が少ない県で働く人は実際どのように思っているのでしょうか。それぞれの県を代表する企業に勤める人の投稿から、働き方に関するクチコミを紹介します。

1位:佐賀県(残業16.7時間/月)佐賀共栄銀行

基本的に定時退社で、残業したとしても1時間程度というクチコミがありました。残業が認められるのは繁忙日や顧客と時間外に約束がある場合などに限り、事務作業などは持ち越せるものは持ち越して処理するなど、無理のない勤務体制が窺えます。

2位:秋田県(残業18.6時間/月)秋田銀行

銀行の営業職は忙しいと言われますが、こちらの回答者は過度な残業や休日出勤はなく、個人で時間管理をすることによって定時退社も可能とコメントしています。プライベートと仕事を両立できる、概ねワークライフバランスが確立されているとの声もありました。

3位:沖縄県(残業22.1時間/月)株式会社ネットワーク

ネットワークはニアショア開発に注力するシステム開発会社です。東京と沖縄県の二拠点で、首都圏の案件を沖縄県で作業しています。IT関係は激務や残業の多いイメージがありますが、こちらの企業では36協定の遵守・残業時間の管理とフォローなどが行われているとのことです。プロジェクトによっては残業や休日出勤もあるものの、働き方についての意識が感じられます。

4位:山口県(残業23.4時間/月)ファーストリテイリング

誰もが知るアパレル会社の販売職の方から、労働時間について「かなりホワイト」と表現する声がありました。残業をよしとしない考えが浸透していて、販売職でありながら休日出勤や長時間勤務もない環境が回答者から評価されています。

5位:鹿児島県(残業24.1時間/月)南国殖産

南国殖産は鹿児島を代表する総合商社です。建築設備・燃料・通信機器など幅広く扱っています。営業職に就く回答者の部署では残業時は月2~3時間程度におさえられるとのことでした。完全週休二日制で休日出勤もほとんどなく、有休消化も問題なくできるようです。

6位:鳥取県(残業24.2時間/月)LASSIC

LASSICはリモートワークを駆使し先端技術で地方創生の牽引役を目指すIT企業です。残業時間はプロジェクト次第ではあるものの、基本的には1日8時間勤務との回答がありました。時短勤務など、ある程度融通がきくというコメントもあり、ワークライフバランスの取り組みが窺えます。

7位:島根県(残業24.7時間/月)山陰合同銀行

山陰合同銀行は、山陰地方最大規模の地方銀行です。基本的に残業はなく、残業する場合は上席の許可を得る必要があります。就学前だけでなく小学3年生まで時短制度が使えるなど、仕事と家庭の両立を整えやすい体制が見てとることができます。労働条件や福利厚生についても高く評価する声がありました。

8位:富山県(残業25.7時間/月)日医工

日医工は、医薬品関連が多い富山県の中でも最大手のジェネリック医薬品メーカーです。本社勤務の薬剤師だった方から、残業・休日出勤は全くなかったとのクチコミがありました。職種による差はあると考えられますが、プライベートと仕事のバランスが取りやすいことは大きな魅力ですね。

9位:千葉県(残業25.9時間/月)オリエンタルランド

千葉県を代表する人気テーマパークの運営会社で、就活生からの人気が高いことでも知られます。代理店営業職の回答者によると、残業時間には波があるものの36協定の遵守が徹底されているようです。休日や有休消化についても計画的に取ることができ、プライベートを充実させられるとのコメントがありました。キャリコネ「契約社員の残業時間が少ないランキング」で1位を獲得しています。

10位和歌山県(残業26.3時間/月)紀陽銀行

和歌山県に本行を置く唯一の銀行で、地元の重要な金融インフラとしての役割を担っています。金融業界は働き方改革の取り組みが進められており、この銀行でも本部による時間管理や「早帰りの日」制定などが行われています。回答者からも、残業時間が格段に減りつつある、一般職はほとんど残業がないのではないかとのクチコミがありました。

まとめ

まとめ

企業クチコミサイトから、残業時間が少ない都道府県について紹介してきました。地方でも比較的社員数の多い大手企業は、残業時間抑制などの取り組みがなされている印象です。総合的に見ると残業時間が多い傾向にある三大都市圏でも、大手企業は働き方改革に積極的に取り組んでおり、残業時間減などの成果を出しています。

残業時間は、勤め先の規模や業種、職種による差が大きく、都道府県によって一概に残業の多寡は判断できないと考えた方がいいでしょう。地方への移住・転職によってワークライフバランスの実現を目指している人は、所在地だけでなく個別の勤務先や職種までしっかり考慮した上で転職先を見極めたいところです。

移住支援.comは、地方移住を検討中の方へ移住情報をご提供する移住支援ポータルサイトです。

地方移住を失敗しない移住にできるよう、移住に関する仕事や求人・賃貸や古民家など物件情報、移住先での生活環境や自治体の支援制度など、移住に関する様々な情報で移住を支援します。地方への移住をご検討の方は、移住支援.comにお任せください!

© 2020 ijyu shien.com