京都府で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

観光地としてのイメージが定着している京都ですが、田舎暮らしにもおすすめの移住地となっています。以下は、京都で田舎暮らしをしやすいエリア5つです。

  • 亀岡市
  • 京田辺市
  • 長岡京市
  • 舞鶴市
  • 宇治市

「旅行で行ったことはあるけど、暮らしぶりについてはイマイチ想像できない」「京都の働きやすさや子育てのしやすさってどうなんだろう?」といった疑問を持つ方は、京都の各エリアについて理解を深めてみましょう。では、各項目の詳細を解説していきます。

亀岡市

亀岡市は、人口8万5,000人ほどの自治体です。「丹波高地」や「愛宕山」がある山地に囲まれたエリアとなっており、河川も多い自然豊かな立地が特徴です。都市部では味わえない美しい自然景観を楽しめる亀岡市は、生活の利便性に優れているというメリットも兼ね備えています。市内には商業施設の「イオン亀岡店」があり、スーパー、病院、郵便局、銀行なども揃っています。

日常生活を送りやすい環境が整っていることから、初めて田舎暮らしをする予定の方でも安心です。また、亀岡市は、都市部へのアクセスがしやすい点もポイントです。県庁所在地の京都市からは車で約45分、大阪市からは55分程度となっており、通勤や通学ができる距離感となっています。2都市へのアクセスが良好となっているため、「田舎暮らしだと仕事が見つからないんじゃないか?」「子どもの学校は都会へ通わせることも視野に入れたい」といった不安や希望を持つ移住検討者の方におすすめの自治体です。

尚、亀岡市は、京野菜の生産地としても知られています。「聖護院かぶ」「丹波くり」「加茂なす」をはじめとする多彩な京野菜が現地生産されていることから、質の良い食材を低価格で購入することができます。

京田辺市

京田辺市は、京都府の南部に位置する自治体です。京都市までは40分程度の所要時間ですが、大阪府枚方市や奈良県生駒市とも隣接しています。市内には印刷会社や食品会社などの工場が設置されており、移住後に現地での就職を考えている方にも最適です。

また、京田辺市には、公共交通機関のバリエーションが多いというメリットがあります。JR西日本と近鉄の駅が計9駅あり、路線バスや高速バスも充実しています。車がなくても多方面へアクセスしやすいことから、老後の移住を検討しているシニア世代にとっても暮らしやすい自治体となっています。暮らしやすさが魅力の京田辺市は、自然が多い点もポイントです。

「生駒山地」「甘南備山」「木津川」をはじめとする大自然に囲まれた環境となっており、市内の至る所で緑を見ることができます。四季の移り変わりを自然と共に楽しめることから、「程良く便利な場所で田舎暮らしをしてみたい」「田舎過ぎず都会過ぎない場所に移住したい」と考えている方におすすめの移住地です。

長岡京市

長岡京市は、京都府の南西に位置する自治体です。「長岡天満宮」「乙訓寺」「勝龍寺城」をはじめとする神社仏閣や城などがあり、歴史や文化が根付いたエリアとなっています。観光地としても高い人気を誇っていることから、趣と活気の両方を感じられる移住地です。

また、長岡京市は、小さな子どもを持つ家族世帯が暮らしやすいという特徴を持っています。市内には保育所や保育園が多く集まっており、待機児童が少ない点もポイントです。「地域子育て支援センター」や「長岡京子育てコンシェルジュ」も利用可能となっているため、「知らない土地で不安だから、子育て支援が充実している自治体で暮らしたい」「子育てに関する不安を相談しやすいエリアで田舎暮らしをしたい」と考えている方に最適です。

尚、京都市まで車を使って行く場合、移動にかかる時間は30分弱となっています。「国道171号線」をはじめとする国道や京都府道などの豊富な交通経路があり、都市部への通勤を考えている移住者にもおすすめの自治体です。

舞鶴市

舞鶴市は、人口8万人弱の自治体です。山、河川、海岸、湾、島といった多彩な自然環境を持っており、移住エリアによって違ったライフスタイルを楽しめます。海に面している舞鶴市には、現地生活の海産物が安く購入できるというメリットがあります。

特にイワシ、さわら、ブリ、アジの漁獲量が多く、鮮度の高い食材を日常的に食べたい方におすすめです。食費の節約に繋がることから、移住後の生活費を全体的に抑えることができます。

また、畜産業や農業なども盛んに行われており、栄養バランスの取れた質の良い食生活を送れる点もポイントです。地形を活かした豊富な食材があるため、「子どもや高齢者の家族に健康的な食事を食べさせたい」「都市部だと美味しい食材が手に入らない」といった要望や悩みを持つ方にピッタリの移住地です。舞鶴市では、年間を通して多種多様な祭りやイベントが催されています。

無形文化財に指定されている「吉原の万灯籠」や「城屋の揚松明」のほか、「赤れんがフェスタ」「赤煉瓦サマー・ジャズin舞鶴」「まち遊びフェスティバル」をはじめとする観光客や若者向けのイベントも豊富です。特色の違うさまざまな祭りやイベントに参加できることから、退屈知らずの田舎暮らしに繋がります。尚、舞鶴市から京都市へ車で行く場合、所要時間は約1時間半です。

宇治市

宇治市は、京都府の南部に位置しています。人口は約17万人となっており、京都府内で2番目に人口の多い自治体です。京都市から宇治市までの移動時間は車で40分弱のため、都市部に近いエリアで田舎暮らしを楽しむことができます。また、宇治市には、教育機関が多いというメリットがあります。

市内には小学校から大学までさまざまな学校が集まっており、私立の中高一貫校がある点もポイントです。バリエーション豊富な選択肢の中から学校を決められるため、「子どもの教育を優先できる移住先に引っ越したい」「市内で教育レベルの高い学校に通わせたい」といった要望を持つ家族世帯におすすめです。交通アクセスと教育機関の豊富さが魅力の宇治市ですが、生活の利便性が高いという特徴も兼ね備えています。

市内には「ベルファ宇治」や「アル・プラザ宇治」などのショッピングセンターがあるため、買い物や食事を満喫できます。「平等院鳳凰堂」「金刀比羅神社」「丹後松島」などの観光イメージが強い宇治市ですが、移住地としても充実度の高い自治体です。

京都府での田舎暮らしのメリットデメリット

ここでは、京都府内で田舎暮らしをする際のメリットとデメリットについて紹介していきます。移住後の暮らしぶりを具体的に認識するためにも、あらゆる角度から京都移住を見てみましょう。

メリット

京都府で田舎暮らしをする主なメリットは、以下のようになっています。

  • 病院の数が多い
  • 公共交通機関が発達している

京都府は、利便性の良さが魅力です。そのため、不便さの少ない快適な田舎暮らしを楽しみたい方に最適な移住地となっています。各メリットの詳細は、以下で解説していきます。

病院の数が多い

京都府で田舎暮らしをするメリットのひとつが、病院数の多さです。2021年に実施された都道府県別の病院数の調査において、京都府は13位にランクインしました。府内の病院数は約8,000施設となっており、さまざまな市町村内に多くの病院が設置されています。

そのため、「医療機関が少ない場所だと不安の多い田舎暮らしになりそう」「地方に行けば行くほど病院数が減るイメージがある」といった悩みを抱えている方におすすめの移住地です。一般的に、田舎エリアは都市部と比較して病院数が少ない傾向にあります。しかし、病院があらゆる自治体にある京都府であれば、病気や怪我の際でも安心です。全く知らない土地に移住して暮らす場合、医療機関の充実度は非常に大切な要素となります。病院の多さが魅力の京都府へ移住し、精神的な負担の少ない田舎暮らしを実現しましょう。

公共交通機関が発達している

京都府で田舎暮らしをするメリットに、優れた公共交通機関があります。京都府には、JR西日本、阪急、京都丹後鉄道をはじめとする電車のほか、高速バス、路線バス、コミュニティバスなど数多くの公共交通機関が通っています。本数や路線数も豊富にあり、関西のあらゆるエリアを網羅している点もポイントです。府内外を問わずに公共交通機関で移動しやすいことから、「田舎に移住しても都市部で頻繁にショッピングしたい」「雇用機会を減らしたくないから都市部へアクセスしやすい移住地がいい」と考えている方に最適な移住地となっています。

田舎エリアに移住する場合、電車やバスの本数が少ない、公共交通機関が通っていないエリアが多いといったデメリットが浮き彫りになりがちです。一方、公共交通機関が発達している京都府に移住することで、利便性の高い田舎暮らしを楽しめます。

デメリット

京都府に移住した場合、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 人が多い
  • 住宅費が高い

京都府は、国内でも有数の観光地です。そのため、観光地ならではのデメリットがある移住先となっています。京都府内での田舎暮らしに憧れている方は、観光地で暮らす難しさについても検討することが大切です。では、各デメリットの詳細を見ていきましょう。

人が多い

京都府で田舎暮らしをするデメリットに、人の多さが挙げられます。観光地としての人気を確立している京都府は、年間を通して大勢の観光客で賑わっています。公共交通機関なども混雑しやすく、交通渋滞も避けられません。休日はもちろん、通勤や通学の際にも人混みに悩まされる可能性が高くなっていることから、ストレスが溜まりやすいという問題点を抱えています。

また、国内外からたくさんの人が集まる京都府には、マナーの悪い観光客が多いという特徴もあります。ゴミ捨てや騒音といったマナー違反行為が頻発しやすいことから、「思い描いていた田舎暮らしと真逆の生活になってしまった」「いつもマナー違反行為の対応に追われている」といった後悔の念を抱きやすい移住地です。田舎でリラックスした移住生活を送りたい方は、できるだけ観光客が少ないエリアを選ぶなどの対策を考えてみましょう。

住宅費が高い

京都府で田舎暮らしをする際は、住宅費の高さに注意が必要です。観光地としての需要を持つ京都府には、土地代が高騰しているという特徴があります。家賃や住宅購入にかかる住宅費が高額になっていることから、全体の生活費がかさみやすい移住先です。都市部と比較した場合、地方の住宅費の方が安いというのが一般的です。地方移住=住宅費を抑えられるとイメージされることも多く、節約を目的に田舎への移住を決行する層も存在します。

しかし、土地代が高額な京都府の場合、エリアによっては都市部と同程度の住宅費になることも覚悟しましょう。長期的に見ると大きな出費になってしまうことから、「田舎暮らしを楽しみながら節約できたら一石二鳥」「子どもの教育や老後のために貯金したいから田舎に移住したい」と考えている方は注意が必要です。住宅費が高額な京都で田舎暮らしをする際は、現地の住宅費相場を十分に調査してから移住するよう心掛けてください。

京都府で支援制度のあるおすすめ自治体3選

人口の過疎化が進む自治体では、移住者を増やすための支援制度を設けています。移住地を決める際は、各自治体が実施する移住支援制度の内容をよく確認しましょう。以下は、移住支援制度の充実度が高い京都府内の自治体3つです。

  • 綾部市
  • 福知山市
  • 京丹後市

移住支援制度の詳細はもちろん、各自治体の特徴や暮らしやすさのポイントについても解説していくので、京都府内での田舎暮らしを考えている方はぜひ参考にしてください。では、自治体の詳細についてチェックしていきましょう。

綾部市

綾部市は、京都府の北部に位置しています。「丹後高地」「由良川」「逆峠」をはじめとする緑や河川が多く、自然風景の美しさが魅力の自治体です。京都市からは車で1時間半ほどとなっており、程良い田舎暮らしを満喫できる移住地を探している方におすすめです。また、綾部市には、工業が盛んな自治体という特徴もあります。薬品、電子部品、食品といった幅広い分野の工場が集まっており、現地で多くの雇用機会を生んでいます。就職先の候補が豊富にあることから、移住後の就職活動に不安を感じている方にとって暮らしやすい自治体です。綾部市への移住に興味がある方は、以下の移住支援制度をチェックしてみましょう。

あやべ定住サポート総合窓口
綾部市への移住検討者を対象に、「あやべ定住サポート総合窓口」での移住相談を実施しています。サポートを受けるための条件には、移住後の自治会加入などが含まれます。

移住体験ツアー(空き家見学)
綾部市への移住に興味がある方を対象に、京都駅発着の移住体験ツアーを実施しています。移住支援内容の説明、質疑応答、移住者との交流、空き家見学、薪割り体験、買い物などがツアー内容に含まれており、日帰りと1泊プランから選択可能です。農業体験やテレワーク用の物件が用意されているため、古民家での田舎暮らしを体験することができます。

定住促進住宅
綾部市への移住を検討している方向けに、お試し住宅を完備しています。自然豊かな集落・水源の里に位置する住宅で、利用料金は1ヶ月1万円です。裏庭や駐車場があるほか、オール電化や薪ストーブなどの設備も整っています。ただし、利用者の年齢が50歳以下であるなどの条件を満たす必要があるため、注意が必要です。

空き家紹介
綾部市内で使われていない空き家を移住者に紹介する制度です。ホームページへの物件掲載や、入居希望者への物件紹介などを行っています。

宿泊費の一部助成及び指定施設利用券の配布
京都府外に在住している移住検討者を対象に、綾部市の物件を内覧する際にかかった宿泊費を助成する制度です。対象となる条件には、空き家バンクの登録物件を内覧すること、事前に予約していることなどが含まれます。助成金額は上限3,000円となっており、特産館や温泉などで使える利用券500円分も支給されます。

就職支援
綾部市の移住者を対象に、就職支援を実施しています。「ハローワーク綾部」及び「北京都ジョブパーク」と連携しており、就職相談、雇用先の紹介、セミナー、保険の支給といった幅広いサポートを行っています。

空き家活用定住促進事業費補助金
綾部市内の空き家を取得した移住者に対し、改修工事の補助を行う制度です。かかった経費の3分の2以内が補助金額となっており、上限は登録物件であるか否かで異なります。ただし、世帯内に55歳未満の方がいること、改修後は10年間住み続けること、市内の業者を使用することなどが受給条件となります。

綾部市は、移住支援に力を入れている自治体です。そのため、移住前のサポートはもちろん、移住後のアフターケアまで受けられるというメリットがあります。特に就職に関する支援を実施していることから、移住後の収入源を確保しやすい点がポイントです。移住後の住み心地を優先したい方は、綾部市を移住地の候補に加えてみてはいかがでしょう?

福知山市

福知山市は、城下町の特色が色濃く残る自治体です。明智光秀ゆかりの地として知られており、「福知山城」「長安寺」「養泉寺」などの歴史を感じられる観光施設が点在しています。また、「お城まつり」や「福知山ドッコイセまつり」をはじめとする祭りも多く開催されているため、「歴史や文化を感じられる場所で田舎暮らしがしたい」「趣深い城下町での暮らしに憧れている」という方におすすめです。

福知山市には、交通アクセスが良いというメリットもあります。京都市と大阪市からは車で約1時間半の所要時間となっており、神戸市までは約1時間20分です。関西エリアの主要3都市へ移動しやすい立地であることから、程良い田舎暮らしを楽しめる移住先です。福知山市に移住することで活用できる移住支援制度は、以下のようになっています。

移住相談
福知山市への移住を検討している方向けに「移住定住サポートセンター」を開設しています。暮らし、住宅、就職などの情報提供や質疑応答を行っており、移住への一歩を後押ししています。

お試し移住
福知山市では、市内にお試し移住用の住宅を完備しています。各住宅には家電製品が設置されており、最長で1年間の利用が可能です。「鬼の里Uターンプラザ」と「みわ上川合住宅」の2種類の住宅があり、使用料金は3か月まで無料となっています。「鬼の里Uターンプラザ」の場合、3〜6か月で2,900円、6~9か月で8,700円、9〜12か月で17,400円です。尚、「みわ上川合住宅」では、3〜6か月で2,500円、6〜9か月で7,500円、9〜12か月で15,000円です。

移住体験ツアー
福知山市での田舎暮らしを実体験できるツアーです。ツアー内容には、農業体験、古民家の宿での昼食、移住経験者との交流会、現地の文化紹介、空き家バンクやお試し住宅の解説などが含まれます。周辺を見学する時間も設けられているため、福知山市での暮らしぶりを移住前にチェックすることができます。

空き家見学
ZOOMをはじめとする会議アプリを活用し、空き家のオンライン見学を実施しています。現地に訪れる手間が省けることから、遠方で暮らす方や忙しくてまとまった時間を確保しにくい方に最適です。

空き家バンク
福知山市内の空き家を賃貸・売買できる制度です。オンラインから閲覧できる仕様になっており、動画付きの物件も取り揃えられています。「小学校から近い」「1階はリフォーム済み」「高台に位置している」などの情報が記載されているので、暮らしやすさを比較することができます。

福知山市農山村地域空き家改修費補助金
空き家バンクの登録物件を貸借・購入した移住者に対して、改修工事の補助金を支給する制度です。補助金額は、かかった経費の2分の1以内で上限100万円です。受給対象となるには、住宅などに関する条件を満たす必要があります。

福知山市では、移住検討者を対象とした移住支援が充実しています。お試し移住用の住宅提供や移住ツアー体験などを実施しており、移住検討者が実体験することで現地の生活を確認できる仕組みになっています。また、オンラインによる空き家見学も開催されているため、移住準備のために長い時間を割けない方にも最適です。自身にとっての暮らしやすさや快適度合いを移住前に確認できる福知山市は、田舎暮らしの成功率を高められる自治体です。

京丹後市

京丹後市は、人口5万人弱の自治体です。大宮町や丹後町をはじめとする計6つのエリアで構成されており、京都市内からは車で約1時間半の距離となっています。京都丹後鉄道、路線バス、AIシェアリングモビリティサービスなどの公共交通機関のほか、「大宮峰山インターチェンジ」や「国道178号線」も通る交通アクセスの良さが魅力です。

都市部へ気軽に出かけられることから、ショッピング、観光、通勤、通学に便利な立地となっています。また、日本海に面している京丹後市は、漁業が盛んなエリアです。鮮度の高い食材を日常的に安く入手できることから、「健康を意識して魚中心の食生活にシフトしたい」「都市部よりも安く魚を変える場所で田舎暮らしをしたい」と考えている方におすすめです。京丹後市では、以下のような移住支援を行っています。

移住相談
京丹後市では、「移住支援センター」による移住相談を実施しています。「移住支援センター」は火曜日以外の10時~19時にオープンしており、オンラインによる移住相談も対応可能です。

お試し住宅
京丹後市での移住生活をリアルに体感したい移住検討者のために、お試し住宅を提供しています。住宅は、丹後ちりめんの産地で移住体験できる「網野町島津お試し住宅」と、自然の中で田舎暮らしを満喫できる「弥栄町黒部お試し住宅」の2種類です。どちらも2階建て住宅となっており、電化製品などは備え付けられています。利用料金は、光熱水費込みで1ヶ月4万5,000円です。

空き家バンク
ホームページにて、京丹後市の空き家情報を掲載しています。エリア、構造、設備、間取り、価格、周辺施設情報などが写真付きで掲載されており、取得したい空き家の情報収集をスムーズに行うことができます。

定住促進奨学金返還支援補助金
大学等の奨学金返還を行う方が京丹後市へ移住した場合に、補助金が支給される制度です。支援期間は最大10年間となっており、期間中に返還した奨学金を年間の上限36万円で補助します。受給対象となるには、補助金の申請時に30歳未満であること、京丹後市に10年以上にわたって定住すること、京丹後市内で公務員以外の仕事に就くことなどが含まれます。

移住促進住宅整備事業
京丹後市へ移住する方を対象に、空き家のリフォームにかかる費用の補助を行っています。補助率は100%で、通常工事の上限は90万円、トイレの水洗化工事を実施する場合は上限140万円です。ただし、空き家バンクの登録物件であること、10年以上にわたって定住すること、水洗化工事の場合は市内業者を使うことなどが条件に含まれます。

引っ越し代補助
京丹後市へ移住する方を対象に、引っ越し費用の補助金を支給しています。補助額は、かかった経費の2分の1以内で上限10万円です。

京丹後市は、住宅に関する移住支援が豊富な自治体です。リフォームや引っ越しの補助を受けられることから、移住にかかる出費を軽減できるという特徴があります。また、奨学金の返還支援が行われている点もポイントです。京丹後市に移住することで、大幅に奨学金返済の負担を減らせる仕組みになっています。経済的メリットを感じられる自治体へ移住したい方は、京丹後市での田舎暮らしを検討してみるのがおすすめです。

まとめ

神社仏閣などの観光スポットが多い京都府は、趣深さを感じながら田舎暮らしを楽しみたい方に最適な移住地です。病院数や公共交通機関の充実度も高く、田舎エリアでも快適かつ安心の移住生活を送ることができます。しかし、人で混雑する点や、住宅費が高額になる点にも注意しなければなりません。人気の観光地に住むということの本質を理解し、デメリットについても目を向けてみるよう心掛けましょう。移住後の暮らしやすさを重視する場合は、自治体の移住支援制度を基準に移住地を決めるのもおすすめです。自身が活用しやすい移住支援制度を見極めることで、相性の良い自治体で満足度の高い田舎暮らしを叶えることができます。