福岡県北九州市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Jun 30, 2021

福岡県北九州市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

福岡県北九州市へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!北九州市の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。北九州市に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

福岡県北九州市ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口961,300 (推計人口、2015年)
自治体HP北九州市HP
北九州市移住支援サイトこちら

福岡県北九州市は九州の北東端に位置し、北は日本海に、東は瀬戸内海に面します。本州の下関市と関門海峡を挟んでわずか650mの近さで向かい合い、九州の玄関口として陸海空の物流インフラが発展しています。

かつて製鉄業で栄え、福岡市に抜かれるまで九州一の人口を誇る大都市であったため、多くの住民を支える都市機能が整備されてきました。なかでも新幹線小倉駅のある小倉北区は古くから城下町として栄えた町で、現在でもオフィス街や国際会議場などが置かれ、九州の拠点のひとつです。

地域には公共交通機関や高速道路が充実しており、九州各地とのアクセスにも優れています。また海上の人工島に造られた北九州空港は九州唯一の24時間運用空港で、早朝・深夜便の運航や国際航空貨物便などに重要な役割を果たしています。

こうした大都市でありながら、市内の多くの河川でホタルが見られるほどに、綺麗な水と豊かな自然が残されていることも北九州市の大きな魅力です。

気候は瀬戸内海気候と日本海気候の中間的な特徴をもち、比較的温暖ですが、九州の他の地域と比べると夏でも猛暑日は少なく、過ごしやすいといえるでしょう。また水道料金の安さや物価の安さは大都市の中でトップクラスとされ、生活コストの点でもメリットがあります。

福岡県北九州市の移住支援制度

福岡県北九州市の移住支援制度

北九州市ではオンライン移住相談やお試し居住といった、移住検討段階で利用できる制度が充実しています。また転入者への支援事業があり、移住定住推進に力を入れていることが窺えます。

お試し居住

北九州市には、市内での暮らしを実際に体験するトライアル移住や、仕事・住まいを探すための滞在に使えるお試し居住施設が設けられています。

1〜3週間滞在できる「お試し居住スタンダード」、2泊3日から利用できる「お試し居住ライト」の2種類があります。「スタンダード」はメゾネットタイプの住宅で暮らしを体験し、専属の移住コーディネーターが希望に応じて手厚くサポートしてくれます。料金は1週間10,000万円、以降1日1,000円です。

「ライト」はより気軽に市内での暮らしを体験できるプランで、初めの3日間5,000円・以降1日1,000円と料金もリーズナブルです。便利な街なかにありコワーキングスペースが利用できるゲストハウス、門司港近くのゲストハウス、大自然の中にある庭付き一軒家の3タイプから選ぶことができます。 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/trial/

オンライン移住相談

北九州市での暮らしについて、また起業・創業に関して、zoomを利用して相談員と話すことができるオンライン専用移住窓口が設けられています。

13:00~21:00の中で相談者と相談員の都合があう日時に対応してもらえます。現地の相談窓口、都内にある北九州市東京事務所でも、対面のほか電話やメール、オンラインでの相談を受け付けています。 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/sumai/online-emigrate-consultation.html https://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/support/

北九州わくわく地方生活実現支援事業

東京圏から市内へ移住し就業または起業した人に、最大100万円を支給する事業です。移住直前に連続1年以上かつ通算5年以上の間、東京23区に在住していたか、東京圏に住み23区に通勤していた人が対象となります。

就業・起業の条件は、福岡県のマッチングサイトに掲載された求人に就業するか、県が定める「ふくおかよかとこ起業支援金」の交付決定を受けたことです。単身での移住は60万円、世帯での移住は100万円が支給されます。 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/sumai/wakuwakulife-support.html

住むなら北九州 定住・移住推進事業

若年層を対象に、市内に転入した人への賃借費用の一部補助があります。申請者が39歳以下で市外に1年以上居住していた2人以上世帯の場合、最大30万円の補助が受けられます。

申請者が29歳以下で、UIターン応援企業に就職するため転入・転居し、単身で生活する場合は最大10万円です。39歳以下の単身転入者も、1年以上市外に居住し、企業移転などに伴い移住してきた場合は対象となります。

また、転入世帯の持ち家取得にも最大50万円の補助金があります。市外に1年以上居住していた人、または39歳以下の新婚世帯で夫婦の少なくとも一方が市外に勤務していることが条件です。 https://www.city.kitakyushu.lg.jp/page/kitakyushulife/sumai/

福岡県北九州市の観光情報

福岡県北九州市の観光情報

北九州市には自然と歴史を感じられるスポットがいっぱいです。ユニークな地形の景勝地では絶景が楽しめます。また動物園をはじめ充実した設備を備えた広大な総合公園や、知的好奇心を満たす文化施設が数多くあり、あらゆる世代が楽しめるでしょう。

自然の地形

北九州市内には数々のダイナミックな地形があります。代表的なのが日本三大カルストの一つである平尾台で、国の天然記念物に指定されています。

丸みを帯びた石灰岩の柱があちこちに顔を出す「ピナクル」と呼ばれる地形は、羊の群れの様に見え、何とも不思議な景観を織りなしています。

近くにある千仏鍾乳洞では、全長1.2kmの観光洞の中を、冷水に膝くらいまで浸かりながら進む非日常感を楽しめます。標高622mの皿倉山は北九州の街を一望できる絶景スポットです。ケーブルカーやリフトがあり、気軽に素晴らしい眺望や夜景を見に行くことができます。

到津の森公園

到津(いとうづ)の森公園は「人に、動物に、自然に優しい」をテーマとした公園です。約100種・500頭もの動物がいる動物園は、自然の地形を活かして動物の生息地に近い環境が整えられ、動物の生態を身近に感じる展示が工夫されています。

園内は勾配などバリアフリーにも配慮され、清潔でおしゃれな雰囲気です。公園内にはメリーゴーランドや観覧車などの遊具や広々とした芝生広場もあり、家族で一日楽しめるでしょう。

北九州市立響灘緑地グリーンパーク

広大な敷地で1年中花と緑を楽しめる、大規模な都市公園です。約1.3ヘクタールのバラ園や約4,000本の熱帯性植物が植えられた熱帯生態園で、年間を通じて植物に親しむことができます。

カンガルーやポニーと間近に触れ合える動物コーナーや、巨大な空中冒険遊具、恐竜の時代を体感する「響灘ディノパーク」など、盛りだくさんです。有料施設に入らずとも、広大な敷地をサイクリングしたりピクニックしたりと、のびのび過ごすのもよいですね。

北九州市立いのちのたび博物館

工場跡地の一角に建てられた、昆虫・恐竜などの自然史や、東アジアの文物交流にまつわる歴史などを展示する博物館です。さまざまな生き物の化石や剥製、巨大な恐竜の動く模型など見応え抜群で、虫好き・恐竜好きの子供たちはもちろんのこと、大人も惹き込まれること間違いありません。

大人600円・小学生240円というリーズナブルな入場料とは思えないほどの充実ぶりで、非常に満足度が高いことが窺えます。

門司港レトロ・九州鉄道記念館

九州の玄関口として重要な役割を果たしてきた門司港には、明治から大正にかけて作られた建築が立ち並ぶ、ロマン漂う観光スポットが形成されています。

国指定重要文化財の木造駅舎や出光美術館、門司港美術工芸研究所など、貴重な文化的施設があり、散策するだけでレトロな雰囲気に心躍ることでしょう。敷地内にある九州鉄道記念館では、実物車両の展示のほか、運転シミュレーターやミニ鉄道で遊ぶことができます。

まとめ

かつて製鉄業で日本の近代化に大きく貢献した北九州工業地域。その要であった北九州市は、都市インフラが発達した住みやすい町です。

それでいて、非日常感に包まれる景勝地、豊かな花と緑、生き物の生態に間近で触れられるスポットなど、人と自然の共生を身近に感じさせます。移住定住促進の取り組みにも力が入れられており、心強いサポートが受けられるのではないでしょうか。