関東地方の魅力

畑

関東地方とは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、群馬県、栃木県、茨城県を指します。首都圏の都会的な生活から、北関東に代表される自然豊かな生活まで多種多様です。それぞれの地域の特色を紹介していきます。

東京都

東京都の魅力は何といっても日本が誇る最大の都市ということです。全都道府県の中で3番目の小ささながら、国内総生産の6分の1以上を占める程の経済区域。日本の経済を支える最重要地域なだけでなく、東京タワーやスカイツリー、浅草寺に明治神宮など観光地の面もあります。

最近では、東京の一極集中を抑えるため地方への転出が盛んです。一方では東京都独自の子育てに関する支援もあり「東京都出産応援事業」として育児用品や子育て支援サービスなど10万円相当の支援が受けられます。

埼玉県

埼玉県は、関東西部に位置し海に面していない内陸県です。東京のベッドタウンとしての役割も担っていますが、一方で農業が盛んな面もあります。ネギや里芋、小松菜、ほうれん草の生産量は全国1位でブロッコリーや枝豆は全国2位の生産量を誇ります。

「中華麺」や「化粧水」などの製造も全国1位で、多くは首都圏に出荷されています。埼玉県でも「マイホーム借上げ制度」として50歳以上の方が所有する住宅借上げ、子育て世帯等に転貸する制度がありますが、県独自の制度として貸し主の年齢制限を撤廃している為、50歳未満でも制度利用が可能になっています。

千葉県

千葉県は、首都圏の東に位置しており三方を海に囲まれた冬暖かく夏涼しい温暖な気候の地域です。人口密度は第6位で都市部と言えます。しかし、自然豊かな場所もあり平野と丘陵が県土の大半を占めていて、海抜500メートル以上の山地がない日本で唯一の都道府県です。

千葉県は全国有数の農業県であり、日本なしや落花生、ネギなど多くの作物を産出しています。日本の玄関である成田空港など、重要な機関もあります。千葉県には「ちば起業家応援事業」があり、起業したい移住者などに交流イベントなど様々な支援が行われています。

神奈川県

神奈川県は、首都圏の一角を成しており人口は東京についで2番目の多さです。また、昼間の間の人口密度は、東京、大阪に次いで3位と多く、県内の政令指定都市は横浜市、川崎市、相模原市と全国で唯一の三市ある大都市と言える地域です。

その一方で、あたたかい気候にめぐまれ、西部には箱根、丹沢の山々が連なり、南部は相模湾などの海に面していて、風光明媚な観光地という側面もあります。神奈川県には、歴史情緒ある鎌倉や江の島など移住を考える人に人気の地域があります。東京にも通勤圏内という事もあり、移住に人気の県です。

群馬県

群馬県は、関東の北西部に位置し東京の100キロ圏内にある県です。県北部と南部で気候が異なり、北部は標高が高く積雪のある日本海側気候で、南部は首都圏と同じ太平洋気候です。草津、伊香保など日本を代表する温泉大国である群馬県には、100か所以上の温泉地があります。

また、東京に比べると物価が安く、物価の水準を示す「消費者物価地域差指数」は全国1位の低さです。関東の他県に比べて自然災害も少なく、住みやすい県と言えるでしょう。

栃木県

栃木県は関東北部にあり、海岸の無い内陸県です。世界遺産にも登録されている日光東照宮や鬼怒川温泉、宇都宮の餃子などが有名で、東京まで新幹線で1時間と近く、自然あふれた栃木県では農のある生活も実現可能でしょう。

さらに古い町並みや、新しいカフェなど多様な楽しさに溢れた県です。生産量日本一の「いちご」や産出額全国2位の「そば」などグルメにも事欠かない栃木県は、住むのにもってこいの場所でしょう。首都圏から手軽に移住ツアーに参加できるのもありがたいです。

茨城県

茨城県は関東平野に位置し、県の面積は全国の24位ですが可住地面積は第4位と、住みやすい県です。筑波山や日本で2番目に大きい湖の霞ヶ浦、190キロにも及ぶ海岸線が特徴的な自然豊かな地域です。秋葉原までつくばエクスプレスで45分の近さにあり、首都圏も通勤圏内です。

また可住面積が日本一ということもあり、1住宅あたりの敷地面積は全国1位です。平均の1.6倍もの広さで、ゆとりのある生活を送りやすい県でもあります。納豆やメロン、常陸牛が有名で食べ物もおいしい場所で、毎日の食事が楽しみになることでしょう。

関東地方に移住するならどこがいい?各都道府県のおすすめの自治体

東京の街並み

関東地方で移住を考えた場合に、どの自治体が良いのでしょうか。山間の集落や海沿いの地域など、それぞれが特色を持っています。今回は、関東の中でおすすめの自治体を紹介していきます。

東京都

東京都内で移住を考えている人におすすめの自治体は「奥多摩町」です。奥多摩町は、東京都に属する自治体では最大の面積を有する市町村で、大部分が山林であり、町自体が森林セラピー基地に認定されています。夏も都心に比べると涼しくて、8月でも30度を下回る日が多い事も特徴的です。

奥多摩町は人口の約1割が移住者な為、新たに移住された人も移住先で浮くことは無く、地域に溶け込むのが容易なこともありがたいです。移住・定住応援補助金として、奥多摩町内で住宅を購入やリフォームした方には、最大200万円の補助があります。ローンを組んだ場合でも、利子に対して補助があります。

他にも安く家が借りられる町営若者住宅や0円空き家など、移住・定住に対する支援が多くあります。また、都内ながらも移住支援金の対象区域ですので、都内23区で働いていた場合は最大100万円も支給されるのは、かなりお得です。
東京都で他の地域など、詳しくはこちらの記事をご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/tokyo/

埼玉県

埼玉県で移住を考えている方におすすめなのは「飯能市」です。飯能市にある「飯能駅」は西武池袋線の始発駅なので、池袋まで約40分で座って通勤も可能です。田舎過ぎず、都会過ぎない飯能市では「半農ライフ」がおすすめです。飯能市に移住して「農」に触れながら暮らしたい方に向けて、住宅の建築費が補助される制度「飯能住まい」があります。

「飯能住まい」は、住宅を建築できるエリアは決まっているものの、飯能駅から車で5分の好立地で農地を隣接できる制度で人気です。飯能市では、農業未体験の方に向けたエコツアーや市民農園の体験など、気軽に農業を体験できる取り組みもあります。

農業だけでなく、子育て環境も充実しており、中学3年生まで医療費を補助してくれたり、高校への通学費も一部補助してくれます。農業に触れあいながら、ゆったりとした子育てを考える方には飯能市はピッタリです。埼玉県の移住について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/saitama/

千葉県

千葉県で移住先としておすすめなのは、いすみ市です。千葉県いすみ市は、千葉県の南東部にあり九十九里浜の最南端に位置した市です。漁業が盛んでイセエビの漁獲量は日本一です。海を感じながら生活が出来て、東京まで特急で70分という事もあり首都圏への通勤も可能な地域です。

農業も盛んな地域で市内の小中学校では、学校給食におけるお米は全ていすみ市の有機米が使われています。いすみ市では、空き家バンクが充実しており、移住後に一軒家暮らしも夢ではありません。また「結婚新生活支援事業補助金」として住宅の賃貸や引っ越しにかかる費用を最大40万補助してくれます。

千葉県で移住を考えておられる方は、詳しくはこちらの記事をご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/chiba/

神奈川県

神奈川県の移住先としておすすめなのは「葉山町」です。葉山町は神奈川県の三浦半島西部に位置した町で、日本のヨットレース発祥の地とも言われています。別荘地としても有名で、多くの著名人や皇族も訪れる人気の場所です。町内に電車は通っていませんが、隣の逗子駅までバスが運行しており、都内へも通勤圏内。

葉山町は子育てに重点をおいており、児童手当が充実しています。子供が3歳までは毎月1万5千円が支給され、3歳以上は子供の人数に応じて額の変動はありますが、毎月1万円以上の現金支給があります。他にも、小学生までは通院と入院費が、中学生以上は入院費の助成もあります。

治安の良さや自然の多さでもポイントが高く、子育てしたい町といえるでしょう。
神奈川県で他の地域など、移住を考えた場合はこちらの記事をご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/kanagawa/

群馬県

群馬県で移住先におすすめなのは「高崎市」です。高崎市は駅周辺は開発が進む一方で、近隣には自然が多く残っており温泉やゴルフ場やスキー場などアクティビティを楽しめる施設も充実しています。東京駅から新幹線で約50分という近さで、通勤圏内でありながらも金沢や新潟など他の地域にも行きやすい街です。

そして高崎市は子育て世代に優しい支援があります。「高崎市子育てSOSサービス」という妊娠期や就学前児童のいる家庭に対してヘルパーが食事の準備や洗濯など家事をしてもらえるサービスがあります。さらに移住してきた高崎市で住居を取得した場合は「移住促進資金利子補給金」があります。

これは住居取得の際に受けた融資の利子5年分を高崎市が全額負担するというものです。高崎市は群馬県では、かなり大きな市ですが子育てや住居取得に対して、多くの補助がある為、移住に適した街です。群馬県への移住を考えた場合はこちらの記事をご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/gunma/

栃木県

栃木県で移住におすすめなのは「足利市」です。足利市は、東京から電車で70分ほどで行ける渡良瀬川で有名な街です。移住定住促進に取り組み始めたのは2016年と後発ながら、5年間で100人以上が足利市に移住しています。

足利市の特徴としては、栃木県でもっとも中小企業や個人事業主が多い地域で、個人で何かに挑戦しやすい土壌があります。2020年には起業を目指す筑波大学生を受け入れ、地域おこし協力隊と交流し、地域課題に取り組むなど「関係人口」を多く創出しています。

子育て世帯に対して「幼児教育・保育の無償化」として3歳から5歳までの幼稚園、保育園などの利用料を無償化しています。また、市内には子育て中の社員を積極的にサポートする企業もあり、市全体で新しいまちづくりを行っています。栃木県への移住には、こちらの記事もご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/tochigi/

茨城県

茨城県の中で移住におすすめの地域は「常陸太田市」です。常陸太田市は茨城県北部にあり、県内最大の面積を誇る市です。日本最大級のバンジージャンプでおなじみの竜神大吊橋や黄門さまの隠居所である西山荘といった観光地や、ぶどうに梨などの美味しい食べ物も豊富です。

常陸太田市では、移住者に対して多くの支援があります。「テレワーク移住奨励金事業」として、常陸太田市以外での勤務を継続しながらテレワークを行う人に移住者に対して支援があり、子育て世帯の場合は30万円が支給されます。子育て世帯に対しては、子供に対しては1歳まではおむつ代として2万円が助成されます。

そして、「住宅取得促進助成金」として子育て世帯で家を新築した場合は30万円が支給されます。
子育てしながらテレワークで働くことを応援してもらえる常陸太田市は、移住に適した街です。
栃木県に興味が湧いた、移住を考えてみたいという方はこちらの記事もご覧ください。https://ijyu-sien.com/p/ibaraki/

まとめ

首都圏で生活している人にとっては、関東で移住地を探すのはかなり現実的なことです。まず、今の仕事の通勤圏内など、近場での移住を考えてみてはいかがでしょうか。テレワークも一般化しつつありますので、少し遠い地域でも生活を変えずに移住できるかもしれません。少し離れただけで風景は一変しますので、是非、近場移住も考えてみてください。