北海道河東郡上士幌町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Feb 26, 2021

北海道河東郡上士幌町に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

北海道河東郡上士幌町へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!上士幌町の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。上士幌町に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

北海道河東郡上士幌町(かみしほろちょう)ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口4908人(2016年9月30日時点)
自治体HP上士幌町HP

北海道河東郡上士幌町(かみしほろちょう)は、北海道十勝地方の北部、日本一広い国立公園である大雪山国立公園の東山麓に位置しています。町の面積のうち約80 %を山地と原野が占めています。

また、十勝三股の山間盆地を除き平坦地が少ない一方、町の南部は緩やかな傾斜を持つおおむね平坦な丘陵性の地形となっています。気候は内陸性気候で、年間平均気温5℃前後と低く、冬期間に晴天の日が続くため日照時間は比較的長く、特に夏期の1日当たりの日照時間が長いため、冷涼な気温のもとでも農作物の生育にとっては恵まれた条件となっています。

冬は北西の風が多く、気温が-20℃から-30℃まで低下し、積雪は平地で20 cmから40 cmと比較的少ない一方で、山岳地帯では2m以上となるところもあります。

北海道河東郡上士幌町の移住支援制度

北海道河東郡上士幌町の移住支援制度

上士幌町では、移住者が暮らしやすいように、住宅の新築やリフォームをしたり、起業を支援したり、さまざまな取り組みをしています。ここでは主なものをご紹介しましょう。

定住住宅建設等促進奨励事業

上士幌町では、町内業者の施工によって住宅の新築またはリフォームを行う人に対して、建築・施工費の一部を商品券で助成します。

上士幌町内に住所がある建築業者が施工する住宅で、建築費用が500万円以上の住宅を自分の居住用に新築する人は、延床面積が49.5㎡以上の住宅の場合は50万円分、49.5㎡未満の住宅は20万円分の商品券がもらえます。

住宅の修繕・補修工事などの費用が50万円以上のリフォームを行う場合は、対象経費の10%以内に相当する額の交付(限度額は20万円)が受けられます。

また、手すりの設置、段差解消など、法と同様の要件で改修を行う場合は、支給限度基準額(20万円)を超える経費に対して10万円を限度として、商品券が交付されます。

上士幌町子育て支援・少子化対策住宅建設助成金交付事業

上士幌町内では、子育てをおこなうための住宅を新築・購入する方に対して助成金及び奨励金を交付します。中学生以下の子どもがいる世帯で、住宅を新築・中古購入して居住した世帯の代表者に、新築(建設及び建売)の場合は、子ども1人あたり100万円、町内建設業者による施工の場合は、50万円を加算します。土地付き中古住宅を購入する場合は、子ども1人あたり50万円(ただし、購入額の1/3以内)を交付します。

上士幌町農林商工等連携・ビジネス創出促進事業

上士幌町では、農林畜産物をはじめとする豊富な地域資源を活用し、地域の強みを生かした新たな商品やサービスの開発、販路開拓など、産業間の連携により新たな事業への進出や起業の取り組みを支援しています。

町内(事業完了までに転入見込含む)の個人・法人・団体に対して、新しい商品や試作品を作るプラン創出事業に対し、専門家に話を聞きに行く旅費や印刷製本費などの経費の8/10以内(限度額30万円)を補助します。

また、試作した商品等を実際に販売して消費者の反応を研究したり、販売先の開拓をして事業化を進めるための外注加工費などについても同じく経費の8/10以内(限度額10万円)を補助します。すでにある商品等をもっと売れるための調査などのブランド化を推進する事業に対しても同様に支援しています。

さらに、ソフト面だけでなく、ハード事業に対してや、新分野進出のための調査研究事業に対しても同様に支援しています。

北海道河東郡上士幌町の観光情報

北海道河東郡上士幌町の観光情報

登山・温泉などありのままの自然を楽しめるエリアで、鉄道遺産など、見どころもたくさんあります。北海道バルーンフェスティバルが開催されることでも有名です。

旧国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁

旧国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁

旧国鉄士幌線タウシュベツ川橋梁は、1937年に完成した、長さ130mのコンクリートアーチ橋です。ダムの水が少ない1月頃から凍結した糠平湖の湖面にその姿を現わし、水位が上昇する5月頃から沈み始め、夏頃には湖底に沈みます。このように、季節によってその姿が見え隠れするアーチ橋は日本でここだけで、幻の橋といわれています。

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場は、日本一広い、総面積約1700ha(東京ドーム358個分)の公共牧場で、牛の放牧を見ることができます。6ヶ月以上の低月齢の乳牛を飼い主より預かり育成し、分娩間近くなってから飼い主に戻すという、育成牛預託専門の牧場です。

夏は広大な草地で放牧し、冬は7棟ある畜舎で飼育します。ときどき野生の鹿も現れる、自然いっぱいの高原牧場です。

糠平湖(ぬかびらこ)

糠平湖(ぬかびらこ)

糠平湖は、1956年に竣工した人工ダム湖です。初夏から秋にかけては湖畔のキャンプ場には観光客が訪れ、カヌーやサイクリング、登山、森林浴を楽しみます。

ニジマス、ヤマベ、コイなどを釣ることもでき、自然の中での遊びを満喫できます。秋は、紅葉した木々が湖面に映えます。冬には、氷結した湖面上からワカサギ釣りが楽しめます。

ぬかびら源泉郷

「ぬかびら」とはアイヌ語で「人の形をした岩」という意味です。豊富な湯量のぬかびら源泉郷は、1919年に発見されました。肌が滑らかになる「美人の湯」だけでなく、飲用することで胃腸病にも効くといわれています。

源泉掛け流しの温泉を楽しめる温泉地として、温泉好きの人々から高く評価されています。キャンプ場やスキー場、旧国鉄士幌線の歴史を伝える資料館など多くの観光スポットもあり、家族で楽しめる場所です。

まとめ

上士幌町は、大雪山国立公園の東山麓に位置し、十勝平野の北端にある自然豊かな町です。さまざまな定住支援制度もあります。上士幌町に定住を考えている人は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう。