奈良県吉野郡上北山村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Mar 25, 2021

奈良県吉野郡上北山村に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

奈良県吉野郡上北山村へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見! 上北山村は修験者が修業をした霊峰に囲まれ、美しい滝が流れ落ちる自然豊かな土地です。吉野郡上北山村の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。吉野郡上北山村に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

奈良県吉野郡上北山村ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口415人(2021年1月1日現在)
自治体HP吉野郡上北山村HP

奈良県吉野郡南部の山間部に位置しています。村に人が住み始めたのは寺院の過去帳などの記録を調べると約800年ほど前だそうです。1185年に壇ノ浦で滅びた平氏の一族がやってきたのが始まりといわれています。

村には景徳寺や薬師堂など、平氏ゆかりの寺々が多数あり重要な仏像や古文書が残されています。大峰山脈、台高山脈・大台ヶ原を見上げる自然豊かな山村で、村の面積の97%を森林が占めています。

村の一部は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に指定されました。産業は林業から観光へと移っています。冬は雪が多く、近隣に和佐又山(わさまたやま)スキー場があるほどの積雪を見ますが、反対に夏は暑く最高気温が39°になることも。

四季の移り変わりを実感できます。次世代教育への熱意が高く、26年度からは保・小中一体型の一貫教育がスタートしました。教師、保育士のスキルアップ、伝統の継承などを通し地域全体で子どもたちを見守っていくあたたかさが見られます。

奈良県吉野郡上北山村の移住支援制度

奈良県吉野郡上北山村の移住支援制度

上北山村の移住支援制度を紹介します。少子高齢化が進む上北山村では移住受け入れに力を入れています。移住先を考えるときに参考にしてください。詳細な条件はHPで、または村役場へ連絡して確認を。

住宅補助金制度

定住人口の増加、活力ある地域づくりを推進するため、自分で住むための住宅を建築、または空き家を取得する人に「上北山村移住定住促進補助金」を交付します。

55歳未満の人が対象です。自分で10 年以上居住する目的で、村内で新築(建替え)する人へ最大300 万円(補助対象経費の20%)、中古住宅を購入する人へ最大150 万円(補助対象経費の50%)、中古住宅購入に伴う住宅の改修をする人へ最大150 万円(補助対象経費の50%)を支給します。

結婚定住金支給制度

上北山村で結婚すると結婚祝金5万円が支給されます。夫、妻いずれか、または両方が3年以上、上北山村に居住(住民登録)していることが条件です。また結婚後、引き続き上北山村に住んでいる夫婦には1年後に10万円、3年後20万円の「結婚定住奨励金」が支給されます。

また、赤ちゃんが産まれると補助金が支給される制度もあります。上北山村に1年以上(第1子は3ヶ月以上)居住し住所と生活の根拠を有する父母より産まれ、生後1ヶ月を経た新生児1人につき第1子10万円、第2子30万円、第3子以上50万円が支給されます。

1歳~満18歳までの子どもに対しては毎年10万円を、小学校入学・中学校卒業時にも各10万円が支給され、子育て世代への手厚い配慮がうかがえます。

空き家バンク

北山村の空き家を「売りたい」「貸したい」所有者から登録申込を受けて、その空き家の情報をホームページなどで公開しています。上北山村への移住を希望する人が居住物件情報を検索できるよう情報提供しています。 空き家について具体的に知りたい人は、上北山村の物件を取り扱う「空き家コンシェルジュ」をチェックしてみてください。

奈良県吉野郡上北山村の観光情報

奈良県吉野郡上北山村の観光情報

「大台ヶ原(おおだいがはら)」は大峰山脈の東にある、奈良県と三重県を分ける台高山脈の主峰で、吉野熊野国立公園に指定されています。日本百名山にも数えられ、年間降水量は3500mmと世界有数の最多雨地。原生林が残され、雨上がりの幻想的な樹木の佇まい、新緑が芽吹く季節の透明感は息をのむ美しさです。晴れていれば展望台からの絶景も楽しめます。

最近は2001年から始まった自転車レース、「ヒルクライム大台ヶ原」で全国に知られるようになり、各地から800名近くの選手が参加しています。一気に標高差1240m、距離28kmを駆け上がるハードなコースです。

北山村は「自転車のりに優しい村」のキャッチフレーズを掲げ、村全体でサイクリストを応援しています。 「大峯奥駈道」は吉野山から熊野本宮大社まで約80kmの道のりがあり、霊場「吉野・大峯」と「熊野三山」を結ぶ修験者の修行の道です。紀伊山地の霊場と参詣道は2004年に世界遺産(文化遺産)登録されています。

大台ヶ原

中でも上北山村地内の約20kmは最も険しい参詣道です。道沿いにはブナなどの原生林をはじめ、シロヤシオ、シャクナゲ、オオヤマレンゲなどが昔と変わらずに咲いています。最も厳しい修行が行われた行場「笙ノ窟(しょうのいわや)」へは登山道が整備され、一般の人でも比較的安全に訪れることができます。

村内には大台ヶ原に降る雨を源にした大きな滝が点在しています。上北山村の最大水量「千尋滝」、最大落差は「中の滝」、大和の水にも選定された「くらがり又谷の滝 (くらがりまただにのたき)」ほか。マイナスイオンたっぷりの大自然を堪能できます。

まとめ

奈良県吉野郡上北山村は山奥深くに修験者の記憶が残された貴重な場所です。心豊かな生活をおくれそうな移住先を探すなら、一度訪れてみてはいかがでしょうか。