島に移住するメリットデメリット

島に移住するメリットデメリット

島暮らしに憧れる人も多いですが、メリットもあればデメリットもあります。島に移住した後に「こんなはずではなかった」と後悔しないためにもメリットとデメリットを把握しておくことは大切です。ここでは、島に移住するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

のんびりと過ごせるイメージの強い島暮らしですが、自然を感じられる暮らしができたり、島ならではの楽しみ方ができたりとさまざまなメリットがあります。ここでは島に移住するメリットを紹介しますので参考にしてくださいね。

自然豊かな暮らしができる

綺麗な海、青々とした山に囲まれた島では、自然豊かな暮らしができます。季節や時間帯によってさまざまな表情を見せてくれる海は見飽きることもなく、見るたびに感動するでしょう。都心にはない草花や動物などを感じられるため、自然や動植物が好きな人にはメリットといえます。

地域との交流が深い

島に住む人たちは交流が深く、地域行事を盛んに行います。また、仲間意識が強いため、核家族や単身世帯でも孤立しにくいのが魅力。島で育つ子供たちにも地域の人がサポートしてくれるため、島全体でのびのびと安心して子育てができます。

島ならではの趣味が楽しめる


サーフィンや釣りなど、島ならではの趣味が楽しめるのもメリットです。美しい海だからこそ、楽しめる趣味も多いでしょう。その島の環境を活かしたマリンスポーツやアウトドアなどを堪能できます。

魚介類や農作物など地元ならではの食材が楽しめる

魚介類や農作物などの地域資源が豊富な島。鮮度の良い生鮮品が手に入るのも島暮らしの醍醐味と言えるでしょう。島内でしか流通していない食材を食べられる場合もあるため、貴重な経験ができます。

デメリット

綺麗な海や山に囲まれ、のんびりと過ごせる島暮らしですがデメリットもあります。ここではデメリットを紹介しますので、島への移住で失敗しないためにもしっかりチェックしましょう。

店舗が少なく、買い物が不便

島内ではお店の数が少なく、規模も小さいため、買い物を不便に感じるかもしれません。また、夕方に閉まるお店も多く、品揃えが悪い場合も。

魚介類や農作物など島内で作られているもの以外は本島から仕入れますが、輸送量がかかってしまうため、物価が高くなる傾向にあります。日数や別途送料がかかるものの、ネット通販やネットスーパーなどを便利に活用する人もいます。

車がないと移動が不便

島内での暮らしは基本的に車が必要です。バスが運行されている場合もありますが、本数が少なく、早朝や夜は移動できない可能性もあります。また、船で本島に移動しなくてはいけない島では、天候次第では孤立する恐れもあるでしょう。欠航が続くと日用品や食料品などが品薄になるリスクも考えられます。

医療や教育の選択肢が少ない

島内に学校や病院はありますが、私立の学校や塾のような手厚いサポートは受けられないでしょう。また、専門性の高い病院も少ないため、病気や症状によっては船で本島まで通う必要があります。

島に移住した際の生活はどんな感じ?

島に移住した際の生活はどんな感じ?

島に移住するなら、買い物や休日の過ごし方、仕事などをあらかじめ知っておくと安心です。島での生活を快適に過ごすためにも、普段の生活や仕事についてチェックしましょう。

普段の生活について

島で暮らすとしたら、どんな風に普段の生活を過ごすのか気になる人もいるはず。ここでは、島で暮らしていく上で欠かせない買い物や休日の過ごし方を紹介します。

買い物に行くときは船で本島に渡る場合がある

衣類や雑貨、日用品など島内で手に入らないものを買うために、本島に渡る場合があります。また、ほとんどの島にはチェーン店やファーストフード店などもありません。これらを利用するためには、船で本島に渡る必要があります。

休みの日は海などで自然を楽しむことができる

島暮らしの醍醐味といえば、海などの自然を楽しめることでしょう。休みの日は、目の前に広がる美しいビーチでお昼ご飯を食べたり、マリンスポーツを楽しんだりすることができます。

仕事について

島内での仕事は少ないと思われがちですが、意外とあるものです。島の大きさによって仕事の幅は異なりますが、医療福祉や観光関連、建築や教育関連などさまざまな業種があります。ここでは、島に移住した場合の仕事について解説します。

リモートなど前の仕事を継続している

新型コロナウィルスの感染拡大により、リモートワークという新しい働き方が急拡大しました。自宅で仕事ができるため、家賃の高い都心ではなく、自宅や周囲の環境、ライフスタイルを重視した人が島へ移住するケースが増えています。

接客業

観光地として有名な島では、ホテルや民宿、レストラン、ダイビングのインストラクターといった接客業を中心にさまざまな仕事があります。ホテルや民宿などは寮などが完備されているところもあるため、移住の準備負担も軽くすることができるでしょう。また、競合相手が少ないため、接客業で起業を考えている人にはビジネスチャンスになるかもしれません。

水産業や農業

島では水産業や農業が盛んなため、求人が多い傾向にあります。島内に住む人たちの過疎化や高齢化が進んでおり、水産業・農業の働き手が減少しているのも大きく関わっているのかもしれません。水産業や農業の再生支援として交付金を支援する組合もあるため、気になる人は調べてみると良いでしょう。

移住におすすめの島

移住におすすめの島

日本国内には約400の有人島があります。本土へのアクセスが便利な島やマリンスポーツ向きの島、広大な自然に囲まれた島などそれぞれの特色や魅力があり、どの島を選ぶのかによってライフスタイルも大きく変わるでしょう。ここでは数多くある島の中でも、移住におすすめの島を5つ紹介します。

宮古島(沖縄県)

沖縄本島から南西へ約300kmに位置する宮古島。珊瑚礁が隆起してできた島のため、山や川がありません。そのため、土砂が海に流れることがなく、透明度の高さを誇ります。澄んだ海や綺麗なビーチの美しさは圧巻の一言です。

観光や島の概要

人口:55,485人(2021年11月末)
面積:204k㎡

宮古島は、伊良部島、下地島、来間島、池間島、大神島の大小6つの島で構成されています。島全体はおおむね平坦で、島のいたるところにさとうきび畑や南国の花々が広がっています。

年間平均気温は23℃で年間を通して寒暖差が少なく、最低気温が10℃を下回ることはありません。高温多湿の気候ですが、海風の影響で蒸し暑さはさほど感じないでしょう。

宮古島には東京や大阪からの直行便が運行しており、アクセスも良好。さまざまなマリンアクティビティや絶景を堪能できるドライブなどが楽しめるため、観光地としても人気の島です。

参照:宮古島市ホームページ「宮古島市の概要」

助成金などの補助などについて

宮古島の保育士不足を解消するために、移住する保育士を対象に最大30万円を支給する支援制度があります。

その他にも第1子・第2子に3万円、第3子以降に5万円が支給される「出産祝い金」や70歳以上の高齢者を対象とした「敬老祝い金」などもあります。

小豆島(香川県)

瀬戸内海に浮かぶ島として2番目に大きな小豆島。雨が少なく温暖な瀬戸内海型気候を活かしたオリーブ栽培が盛んに行われています。雄大な自然や懐かしさを感じる昭和の風景などがあり、観光地としても有名な島です。

観光や島の概要

人口:13,542人/小豆島町(2021年12月09日時点)
  :14,002人/土庄町(2015年時点)
面積:153.30k㎡

香川県に属する小豆島は、高松や姫路、岡山からフェリーで行けるため、アクセスも良好です。日本三代渓谷美の一つ「寒霞渓(かんかけい)」もあり、海に囲まれながれも四季折々の自然を堪能できます。小豆島はオリーブの他にも、そうめんや醤油などの名産品が有名。数多くの観光スポットも点在しており、発展を遂げているため、離島ながらも不便のない生活が送れるでしょう。

参照:小豆島ホームページ「小豆島町の概要」
参照:土庄町ホームページ「人口について」

助成金などの補助などについて

移住先として人気の小豆島ですが、過疎化や高齢化などにより人口減少が続いています。そのため、小豆島への移住者促進に向け、さまざまな支援が行われています。町によって受けられる補助が異なりますので、それぞれをチェックしてくださいね。

小豆島町土庄町
賃貸補助● 住宅を選ぶ際の礼金、仲介手数料、保証料の半額(最大6万円まで)を支給
● 家賃は半額(最大2万円まで)を2年間支給
● 住宅を選ぶ際の礼金、仲介手数料、保証料の半額(最大6万円まで)を支給
● 家賃は半額(最大2万円まで)を2年間支給
空き家リフォーム補助費用の50%(最大100万円)を補助● 1名につき5万円(最大20万円)を交付
● 費用の50%(最大100万円)を補助
移住体験制度住宅やシェアハウスに低価格で移住体験ができる7日間以上の利用で移住体験ができる
オンライン相談オンラインによる移住相談・物件の画像や動画の閲覧オンラインによる移住相談・物件の画像や動画の閲覧

淡路島(兵庫県)

播磨灘、大阪湾、紀伊水道の3つの海に囲まれた瀬戸内海最大の淡路島。神戸と島を結ぶ世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」を渡れば1時間ほどで都心に行けます。アクセスの良さから関西圏ではリゾート地としても人気があり、「兵庫のハワイ」とも呼ばれています。

観光や島の概要

人口 127,114人(2021年2月1日現在)
面積 592.55k㎡

年間平均気温16℃と温暖な気候に恵まれ、四季折々の花々や豊かな自然に溢れている淡路島。地域ブランドとして認定されている淡路島玉ねぎやレタス、海苔や淡路ビーフといった自然からの恩恵を受けた特産品があります。また、数多くの温泉が湧き出ているため、疲れた体も芯から癒せます。日本の歴史が記された古事記・日本書紀によると、淡路島は日本で最初に生まれた島とされており、歴史や伝統文化を感じられる島です。

参照:兵庫県ホームページ「地域(ちいき)のようす」

助成金などの補助などについて

淡路島では、電話や面談などによる移住相談ができます。他にも移住希望者に空き家を紹介する制度や新婚世帯の家賃補助、空き家のリフォーム補助などの支援があります。

種子島(鹿児島県)

日本唯一の実用衛星の打ち上げが行われている種子島宇宙センターがある種子島。日本最大のロケット発射場でもあり、人工衛星やロケットの展示を楽しむことができます。もちろん離島ならではの美しい海やマングローブなどの大自然に触れることもでき、訪れた人を魅了するでしょう。

観光や島の概要

人口:27,608人(2021年3月時点)
面積:445.05k㎡

鹿児島県に属する大隈諸島の1つで、種子島の他に屋久島、馬毛島、口永良部島で構成されています。温帯性気候の地域に属しているため、1年を通して温暖な気候が特徴です。夏は湿度が高いですが、35度以上の猛暑になることがなく、過ごしやすいのが魅力。

美しいビーチがたくさんある種子島にはサーフポイントが多く点在しているため、サーフィンを目的に訪れる人も多くいます。シュノーケリングやSUP(サップ)などのマリンレジャーの他、ポルトガルから鉄砲が伝わられた鉄砲伝来など自然も歴史も宇宙も楽しめる魅力あふれる島です。

参照:鹿児島県ホームページ「種子島の概要」
   離島経済新聞

助成金などの補助などについて

過疎地域の活性化や人口減少などの対策として、西之表市に移住した人に対して1世帯につき100万円の補助金(条件あり)が交付されます。他にも、住宅補助金制度や就業支援、出産祝い金支給など、若い世代に向けた支援もあります。

佐渡島(新潟県)

沖縄本島に次ぐ大きさを誇る佐渡島は、10,000年以上も前から人が生活をしていたことがわかっている歴史ある島。佐渡金山遺跡を代表に数多くの遺跡が残されており、能や人形芝居といった伝統芸能も盛んに行われています。

観光や島の概要

人口:52,135人(2020年5月1日現在)
面積:855.34k㎡

新潟県の西部、日本海に浮かぶ佐渡島は、四季の変化に富んでいる島です。寒いイメージの強い日本海ですが、新潟本土に比べると平均気温も高く、積雪量は少なめです。佐渡島は昔から漁業が盛んに行われており、国の重要伝統的建造物群保存地区として指定されている、「宿根木」は、船の板などを使った情緒ある民家が立ち並んでいます。尖閣湾や大野亀など景勝地も多数あり、広大な自然を見ることができます。

参照:新潟県ホームページ「佐渡島の概要」

助成金などの補助などについて

移住相談や移住体験の他に、家賃や住宅リフォームなどの補助が受けられます。また、東京都から佐渡市へ移住した人には、1人以上の世帯100万円、単身世帯60万円の支援金が交付されます。

引越費用補助やUIターン者奨学金返還支援事業、一定のキャリアを持つ看護師が佐渡総合病院に就業した際に就業支度金総額100万円などの補助金が支給されるなど、佐渡島ならではの補助が特徴です。

まとめ

広大な自然に囲まれ、のんびりと過ごせる島の暮らし。多少の不便はあるものの、それ以上にたくさんの魅力があります。島に移住した場合、仕事や家はどうするのか、どんな暮らしをしたいのかを事前にプランニングしておくと安心です。島によってはさまざまな助成金や補助といった支援が受けられますので、しっかりリサーチしておくと良いでしょう。移住してよかったと思える島暮らしを実現してくださいね。