石川県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口1,141,000 (推計人口、2019年10月31日)
石川県HP石川県HP
石川県移住支援サイトこちら

北陸新幹線の開業によって観光やビジネスでの交流が活発になり、求人も増加(2018年の有効求人倍率は1.99で全国5位)しています。首都圏からもアクセスがよくなった石川県の魅力を探ってみましょう。

石川県の特徴や歴史(歴史がある自治体であれば)

南北に細長く延びる石川県は、能登、金沢、加賀、白山の4エリアで特徴が異なります。能登は白米の千枚田などの日本の原風景と輪島の朝市、和倉温泉などゆったりとした時間が流れる地域です。

金沢エリアは、加賀藩のおひざ元として栄えた城下町で、日本三大名園の1つ兼六園、昔ながらの町家が並ぶ花街など、日本情緒たっぷりの伝統文化と観光の中心地です。加賀地方は北陸屈指の温泉郷で山城温泉、山中温泉などさまざまな湯が楽しめます。重要文化財が多数残る那谷寺もこのエリアにあります。

白山エリアには、日本三名山の1つである白山があり、霊峰白山を中心としたトレッキングやドライブ、スキーやキャンプなどができます。植物や野生動物の宝庫になっています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

2015年に北陸新幹線が開業したことで、東京から金沢まで約2時間半で着き、アクセスしやすくなりました。東京から飛行機だと約1時間、車だと約6時間の距離になります。飛行場は小松空港と里山空港の2ヶ所があり、小松空港は国内線で羽田、札幌、福岡、那覇の各空港との間で運航しています。また、名古屋や大阪からも新幹線を利用して約2時間半と便利な距離にあります。県内ではJRいしかわ鉄道やJR西日本、のと鉄道、北陸鉄道などの鉄道、路線バスやコミュニティバスなども利用されています。

その他の情報

石川県の気候の特徴は、年間降水量が2,000〜3,000mmと降水量が多く、湿度が高いことです。とくに冬は曇りがちで北西からの季節風で雪が降る日も多くなります。夏は降水日数が少なく、気温も比較的高くなります。

また、県内の地域ごとの特徴としては、比較的温和な気候の加賀地方、日本海の影響を強く受ける能登地方、気温が低く積雪も多い加賀山間部に大別されます。石川県のマイカー普及台数は1世帯あたり1.49台(2016年財団法人自動車検査登録情報協会調べ)です。マイカーを2台、3台持っている世帯も珍しくありません。

マイカーなしで生活している人もいますが、郊外に住宅がある場合には、通勤や買い物、レジャーなどで何かとマイカーを使う場面が多いのが実情です。家から職場や保育園の送迎など、ドア・トゥ・ドアで移動するため、通勤時間は30分未満の人が7割以上となっています。安心度、利便度、快適度、富裕度の4項目22の指標から各市区の住みよさをランキング化した「住みよさランキング」では、野々市市が全国1位となり、県内6市がトップ50にランクイン(東洋経済新報社)しました。

また、生活、雇用、安全、医療など40の指標から各都道府県の幸せ度をランキング化した「幸福度ランキング」では全国第3位(法政大学大学院幸福度指数研究会)です。全国平均に比べて物価も安く、ゆったりとした生活ができ、全国でもトップクラスの暮らしやすさが魅力です。

石川県の移住支援・就業支援制度

石川県の移住支援・就業支援制度

石川県では、さまざまな移住支援や就業支援をおこなっています。以下にあげるサポートのほかに、東京23区に5年以上在住もしくは通勤した後石川県内へUIターンし、対象法人に就業した人などに移住支援金を支給する制度もあります。詳しくは、対象要件を確認してください。

短期移住体験

石川県には希望する滞在の仕方に応じて、短期から長期まで多彩なメニューがそろっています。移住希望者が、移住の不安要素を解消するために仕事と生活などを移住モデルとして提案し、体験してもらうのが短期移住体験です。世界農業遺産に登録された能登を中心に、農業・漁業体験、観光に携わる民宿・ゲストハウス、輪島塗など職人体験、今のスキルが活かせる企業体験などの仕事体験のほか、古民家や短期滞在住宅、民泊などの滞在先、地域の人々との交流など、短期体感プランを作ります。※現在は受け入れを停止しています。

石川県空き家総合相談窓口

石川県からの要請を受け、国土交通省が補助事業として実施する「平成27年度空き家管理等基盤強化推進事業」に参画し、県・市町等地域行政、連携する有識者団体、そして会員事業者の協力のもと、法律や税制、売買や賃貸、管理や解体などのさまざまな相談に対応する「空き家総合相談窓口」が開設されています。

創業支援サポートデスク

県産業創出支援機構(ISICO)は、起業に関する総合支援窓口です。起業を考えている人や事業立ち上げから間もない人を対象にした「創業支援サポートデスク」では、中小企業診断士や社会保険労務士、税理士といった専門家が連携し、創業の手順や経営のイロハ、事業・資金計画の作成を手伝います。事業のステージに応じて、最適なプランを提案し、強みや弱み、外部・内部環境を分析した上で、単に売り上げが上がるだけではなく、しっかりと利益を出すための収益モデルづくりをアドバイスしてくれます。

事業が軌道に乗るよう、不安定なスタートアップ期を親身にサポートします。 県産業創出支援機構では、中小企業などの新たなビジネス創造や経営革新、経営力アップをめざす経営者のサポートとして、「よろずおたすけ隊(各分野の専門的な知識や経営を有する専門家)」で相談を受け付けています。

いしかわ移住パスポート(Iパス)制度

石川県への移住希望者および石川県に移住してから1年以内の人に対して、協賛事業者が各種割引サービスや特典を提供するパスポートを交付します。引越料金、不動産手数料、自動車学校講習料金、レンタカー基本料金、宿泊料金の割り引きなどです。

石川県の子育て環境

石川県の子育て環境

石川県は早くから保育所の整備や先進的な子育て支援施策に取り組み、全国でも子育て支援の進んでいる県です。2020年の保育所普及率は全国第6位と、保育所が数多く整備されており、待機児童はゼロです。

放課後児童クラブも19時まで開館しているところが多くあり、2015年国勢調査では女性就業率は全国第2位でした。全国トップレベルの子育てしやすい環境が整っているといえましょう。次に主な支援制度をあげますが、詳しくは各市町のホームページを確認してください。

子ども医療費の軽減

中学3年生まで(市町によっては高校3年生まで)の子どもが、病気やけがで医療機関を受診したときに、医療費の一部負担金を助成します(金沢市、野々市市、津幡町、内灘町以外の15市町については全額助成)。

出産祝金の交付

出産された人に出産祝金または商品券や記念品を贈呈します。中能登町は最大50万円、川北町は最大30万円、穴水町は最大20万円(七尾市、輪島市、羽咋市、かほく市、津幡町、内灘町、志賀町、宝達志水町、能登町は金券または商品券・記念品)を贈ります。

プレミアム・パスポート

妊娠中の子どもを含めて2人以上の子ども(18歳未満)がいる石川県内の家族を協賛企業が支援する制度です。各協賛企業の店舗で提示すると商品割引やポイントサービスなどの特典が受けられます。

オーダーメイド型いしかわ子育て移住ツアー

石川県では、UIターンを希望する子育て世帯の人向けに、日程や訪問先を自由に組み立てることができるオーダーメイド型のツアーを実施しています。ツアーにかかる交通費・宿泊費の半額(最大5万円)を助成します。※現在受入を停止しています。

石川県で住むならどこがいい?

石川県で住むならどこがいい?

では、石川県で住むならどこが良いのでしょうか。おすすめの街をいくつか紹介します。

金沢市の周辺に住むなら

県庁所在地の金沢市は人口462,690人、1583年に前田利家が入城して以降、大規模な城づくりが行われ、加賀、能登、越中を合わせた加賀百万石の城下町として繁栄しました。金沢城や大名庭園である兼六園、寺院群や茶屋街、用水網など、歴史的な建造物や街なみが残っています。

また、加賀藩を治めた前田家の歴代藩主が工芸振興に力を入れた結果、加賀友禅、九谷焼、金沢漆器、金箔など、多彩な伝統工芸が今も受け継がれています。金沢市外から移住してくるUJIターン世帯の住宅新築(購入)を支援する「ようこそ金沢住宅取得奨励金」や「ようこそ金沢まちなかマンション購入奨励金」「ようこそ金沢空き家リフォーム費補助金」「ようこそ金沢中古マンションリフォーム費補助金」などの住宅助成制度があります。

加賀市

人口65,295人の、伝統文化と名湯に癒され、自然とテクノロジーが調和する街です。山代・山中・片山津3つの温泉地があり、国内外からも旅行客が訪れます。豊かな自然と食文化にあふれ、山中漆器や九谷焼、機械産業も盛んです。また、子育て支援は県内トップクラスを誇ります。

住宅助成制度としては、住宅を新築または購入する市外からの転入者を対象に、上限50万円の補助金を交付します。ほかに、住宅ローン等を利用して住宅を新築または購入する45歳未満の人を対象に補助金を交付したり、築年20年以上の住宅に100万円以上の改修を行う45歳未満の人を対象に補助金を交付したりします。

小松市

小松市は、人口107,730人で、海や山があり自然を満喫できる街です。小松空港を活かした国内外との交流も盛んで、病院、文化、子育て施設も充実しており、子育てしやすいまちとしても全国上位にランクされています。

支援制度としては、小松市外から小松市内に転居する人に対し、住宅を新築または購入する場合、費用の一部を助成する「ようこそ小松」定住促進奨励金制度や、空き家バンクの登録物件を借りた45歳以下の人に家賃の1/2を補助する「空き家有効活用家賃補助金制度」などがあります。

白山市

白山市は人口113,511人で、白山のふもとから日本海まで県内一の広さがある一方、金沢にも近く、里山やまちなかでの多様な生活スタイルが楽しめます。支援制度としては、市外から転入し、白山市への定住を目的として一定の要件を満たす住宅を新築する人に、借入金の10%(上限50万円)を奨励金として交付します。

また、中古住宅を購入した転入者に、購入費用の1/3(上限30万円)を補助したり、45歳未満で、白山市への定住を目的として一定の要件を満たす住宅を新築する人に、借入金の10%(上限30万円)を奨励金として交付する制度などがあります。

能美市

能美市の人口は49,905人です。車で小松空港まで15分、金沢駅まで45分圏内という好アクセスです。45歳未満で市内に定住を目的として住宅を新築または購入する人に対し、10万~170万円を補助します。能美市定住促進補助金では、石川県外および能美市外から能美市へ転入し、住宅を取得する人に対して、補助額を加算しています。

能美市外から能美市へ住民票を移した世帯の人に対して、市内での買い物や飲食の割引などのサービスが受けられるNチケットを交付したり、東京圏から能美市への居住、市内の事業所等への勤務など、一定の要件を満たした人に最長半年間レンタカー代の一部を補助します(最大30万円)。

また、能美市外の人に、能美市の暮らしを体験してもらう「短期移住体験施設」(「ちょい住み体験施設」)を用意しています(最大6泊7日)。

野々市市

野々市市の人口は53,528人です。古代から続く歴史と生活に便利な街並みが並存しています。生活環境の良さから人口が増加中です。東洋経済「都市データパック」が発表している「住みよさランキング2021」では、昨年から連続して第1位に選ばれました。

野々市市は利便度が10位と高く、商業施設が多くあり、買い物などがしやすい環境がその評価の要因となったようです。支援制度としては、新築の住宅を建築・購入した資金について、市が利子の一部を補給(限度額75,000円)する「勤労者自己住宅資金利子補給制度」などがあります。

まとめ

石川県は、全国トップクラスの暮らしやすさ、充実した子育て環境、世界に誇る食・自然・文化が魅力です。地域によっては、冬の積雪が気になるところもあるでしょう。移住・定住を考えている人向けのポータルサイトやオンライン相談窓口もあるので、事前に研究し、実際に足を運んでみてはいかがでしょう。移住体験ができるところもあります。