福岡県岡垣町へ移住するメリット

福岡県岡垣町へ移住するメリット

福岡県は、九州最大の都市・福岡市を有する都道府県です。都会のイメージが強い福岡県ですが、移住先によっては快適な田舎暮らしを楽しむことができます。
ここでは、福岡県遠賀郡に属する岡垣町のメリットについてご紹介していきます。以下のようなメリットを求めている方は、岡垣町への移住を前向きに検討してみてはいかがでしょう?

  • 都会の便利さと豊かな自然を兼ね備えた町
  • 福岡市や北九州市へのアクセスが抜群
  • 波津海水浴場をはじめとした観光スポットも

暮らしやすさ、立地、お出掛けスポットの充実度など、さまざまな恩恵を感じながら生活することができます。それでは、各メリットの詳細についてチェックしてみましょう。

都会の便利さと豊かな自然を兼ね備えた町

岡垣町を移住先に選ぶメリットのひとつが、利便性と自然環境のバランスの良さです。
福岡市から40キロ程度の場所に位置している岡垣町は、都市部との距離が近い利便性の良い移住先です。その一方で、高さ140メートルの「金毘羅山」や海の美しさが魅力の「波津」をはじめとする自然豊かなエリアとしても知られています。

便利な環境と大自然の調和が取れた住み心地の良いエリアとなっているため、「都会で生まれ育ったから田舎暮らしに適応できるか不安」「自然いっぱいの場所に移住したいけど不便な場所だとなじめない気がする」という方でも安心です。

福岡市や北九州市へのアクセスが抜群

岡垣町で田舎暮らしをするメリットに、都市部へのアクセスの良さが挙げられます。岡垣町は、福岡県最大の都市・福岡市から約40キロ、第2の都市である北九州市からは約30キロに位置する自治体で、2つの都市のほぼ中間に位置しているという特徴があります。

車を使った場合、岡垣町から福岡市までの移動時間は50分程度、北九州市までは40分ほどです。ショッピングや外食などを気軽に楽しめる距離感なので、初めて田舎暮らしに挑戦する方でもなじみやすい立地となっています。

また、電車で移動する場合、岡垣町内にある海老津駅から福岡市の博多駅までは40分強、北九州市の中心駅である小倉駅へは35分の所要時間です。通勤や通学の許容範囲内となっているため、就職先や子どもの教育機会が多いというメリットがあります。

都市部までのアクセスの良し悪しは、田舎暮らしの充実度を左右する大きな要因です。特に大都市から地方への移住を検討している方は、いざという時に都市部へ行きやすい距離感のエリアを選ぶよう心掛けましょう。

波津海水浴場をはじめとした観光スポットも

岡垣町に移住することで、さまざまな観光スポットを楽しむことができます。波津海水浴場は、岡垣町内でも特に有名な観光地です。環境省から「快水浴場百選」として認定を受けており、白い砂浜と静かな波が特徴です。大きな波が立ちにくいことから、プール感覚で子どもと泳げるというメリットがあります。

また、歴史や文化が根付いている岡垣町は、史跡の多い地域としても知られています。筑前岡城跡地、蔦ヶ嶽城跡、成田山不動寺などがあり、観光しながら現地の歴史を学べる移住先です。

自然と文化のバランスが良く、「せっかく移住するなら色々なジャンルのお出掛けスポットがある場所がいい」「休みの度に出掛けて飽きない田舎暮らしを叶えたい」という方におすすめです。

福岡県岡垣町へ移住するデメリット

福岡県岡垣町へ移住するデメリット

福岡県岡垣町を移住先に検討している方は、デメリットについても理解を深めましょう。
デメリットのチェックを怠ったまま移住した場合、思い描いていた田舎暮らしとかけ離れた生活になる可能性も考えられます。理想の田舎暮らしを実現する上で、以下のデメリットについて把握しておくことが大切です。

  • 移動手段が車中心になる
  • 仕事が限られる

車の所有が必須になる点と、就業先が多くない点に注意してください。以下では、各デメリットをより詳しく解説していきます。どのような田舎暮らしになるのかをしっかりとイメージし、自分自身にとって最適な移住先かどうかを見極めましょう。

移動手段が車中心になる

岡垣町で田舎暮らしをする場合、車が主な移動手段になります。JR九州・鹿児島本線の海老津駅が町内にあるものの、通勤や通学ラッシュの時間帯を除いて1時間に3本程度しか停車しません。電車の駅が町内に1つしかない、本数があまり充実していないといった理由から、日常的な利用に向いていないというのが実情です。

また、岡垣町には、西鉄バスが3路線、コミュニティバスが4路線走っています。さまざまエリアを網羅している点は魅力ですが、こちらもバスの本数に限りがあります。利用したいバスを長時間待つことになってしまうので、岡垣町への移住=車が必須という点に注意しましょう。

車社会で暮らすにあたって、自家用車の購入及び維持に関する費用と手間が発生します。さらに、運転免許証を保有していない場合は、移住前に準備を整えておくことが大切です。「ずっと都市部で暮らしてきたから運転なんてしたことがない」「ペーパードライバーだから運転するのが怖い」という方にとっては大きな負担になる可能性も高く、ストレスが溜まりやすい点に気を付けてください。

仕事が限られる

岡垣町への移住を考えている方は、就職難に陥る可能性がある点に注意が必要です。岡垣町は、第一次産業と第三次産業が中心となっている自治体です。農業や漁業のほか、ショッピングセンターや量販店での販売などが主流な仕事先となっています。

そのため、第二次産業やオフィスでの仕事を希望している場合、思うように就職活動が進まない可能性が高めです。特に自分の経歴や保有している資格を活かしたいと考えている方は、町外での就職も視野に入れて移住を検討しなければなりません。

田舎暮らしを成功に導く上で、収入先を確保することはとても大切です。生活の基盤となる要素となっているため、ある程度自分の要望を叶えられる移住先を選ぶよう心掛けましょう。「できるだけ自宅の近くで仕事をしたい」「通勤時間を短縮してライフワークバランスの取れた生活をしたい」といった希望を持つ方は、事前調査やイメージトレーニングなどを徹底するのがおすすめです。

福岡県岡垣町の定住支援制度を詳しくご紹介!

福岡県岡垣町の定住支援制度を詳しくご紹介!

田舎暮らしをスタートさせるにあたって気になるのが、移住支援制度の充実度です。福岡県岡垣町は、移住定住促進に力を入れている自治体です。そのため、岡垣町へ移住することに伴って以下のような移住支援制度を活用することができます。

  • 子育て世代や若年世帯に向けた「定住奨励金交付制度」
  • 子育て世帯や新婚世帯が対象の「家賃補助」
  • 新婚さんには嬉しい「結婚新生活支援補助金」
  • 東京・大阪・名古屋圏から移住した人向けの「移住支援金」

岡垣町は、少子化対策が盛んな移住先です。若い世帯への支援が特に充実しており、経済的負担の大幅な軽減に繋がります。また、東京・大阪・名古屋圏の都市部から移住する予定の方は、プラスアルファで支援を受けられる点も魅力です。以下では、各移住支援制度の内容を詳しく説明していきます。

子育て世代や若年世帯に向けた「定住奨励金交付制度」

岡垣町では、住宅を取得した子育て世帯や若年世帯向けに「定住奨励金交付制度」を施行しています。令和2年1月1日以降に住宅を取得した場合は「第3期 定住奨励金交付制度」の対象となっており、令和元年12月31日より前の場合は「第2期 定住奨励金交付制度」が適用されます。

対象となる住宅のタイプは、中古や中古を解体して新築に建て替えた住宅などさまざまです。ただし、床面積が50平方メートル~280平方メートルの住宅に限られる点に注意が必要です。

奨学金の額は、住宅のタイプや世帯構成で細かく分類されています。中古住宅を取得した場合、夫婦のみの世帯で20万円、子どもがいる世帯で40万円となっています。中古を解体して新築に建て替えた場合における奨励金額は、夫婦のみの世帯で50万円、子どもがいる世帯で70万円です。

尚、「定住奨励金交付制度」を受けるための条件には、夫婦の合計年齢が80歳未満か、中学生以下の子どもが一緒に暮らしていることなどが挙げられます。住宅にかかる出費を節約したい子育て世帯や若年世帯の方は、岡垣町での田舎暮らしを検討してみてはいかがでしょう?

子育て世帯や新婚世帯が対象の「家賃補助」

岡垣町の内浦・戸切小学校区内に移住する場合、賃貸住宅の「家賃補助」を受けることができます。対象となるのは、子育て世帯と新婚世帯です。補助額はどちらも最大で月額2万円となっており、交付期間は36ヶ月です。

子育て世帯の場合、小学生以下の子どもがいる、転入が平成28年12月1日以降といった条件を満たす必要があります。また、新婚世帯の条件は、夫婦の年齢の合計が80歳未満、平成28年12月1日以降に転入しているなどです。

「家賃補助」を活用することで、月々の住宅費を抑えることができます。長い目で見ると大きな節約になるため、浮いたお金を子どもの教育費や貯蓄に回せるというメリットがあります。移住後に賃貸住宅で生活する予定の方は、子育て世帯と新婚世帯に優しい岡垣町で田舎暮らしをするのがおすすめです。

新婚さんには嬉しい「結婚新生活支援補助金」

岡垣町では、新婚世帯を対象とした「結婚新生活支援補助金」を実施しています。結婚に伴う住宅取得費用、リフォーム費用、住宅賃貸借費用に関する補助のほか、引っ越し費用にも適用されるのが特徴です。

住宅取得費用には、住宅を取得する際の購入費が含まれます。リフォーム費用は、家屋の修繕、増築、改築のほか、設備工事にかかった費用などのことを指します。また、住宅賃貸借費用に関しては、家賃や敷金、礼金、共益費、仲介手数料が対象です。

補助金を受けるための条件には、1年間の世帯所得が400万円未満であることや、婚姻届を提出した時点での夫婦の年齢が共に39歳以下であることなどが挙げられます。奨学金の返済などがある場合は、返済額を控除した金額を所得と定めます。尚、結婚を理由に退職している夫婦は、所得なしとして扱われる点に留意しましょう。

具体的な補助額は、夫婦共に39歳以下で上限30万円、夫婦共に29歳以下で上限60万円となっています。新生活をスタートさせる新婚世帯にとって、移住生活にかかる出費は大きな痛手です。「結婚新生活支援補助金」を上手く活用し、経済的余裕のある田舎暮らしを叶えてください。

東京・大阪・名古屋圏から移住した人向けの「移住支援金」

東京・大阪・名古屋圏から岡垣町へ移住した場合、「移住支援金」の受給対象となります。東京圏には、東京都ほか、埼玉県、千葉県、神奈川県が含まれます。また、大阪圏とは大阪府、兵庫県、京都府、奈良県のことを指し、名古屋圏に該当するのは愛知県、岐阜県、三重県の3県です。

「移住支援金」を受け取るには、岡垣町への移住前10年間のうちの通算5年以上にわたって東京・大阪・名古屋圏に居住している必要があります。さらに、移住先、就業、プロフェッショナル人材事業等の利用、人材確保困難職種への就業、自営での農林漁業への就業、テレワーカー、起業、年齢などの条件も挙げられています。

「移住支援金」の支給額は、単身世帯で60万円、家族世帯の場合は100万円で、18歳未満の子ども1人あたり30万円が加算される仕組みです。東京・大阪・名古屋圏に在住している移住検討者の方は、経済的恩恵の大きい岡垣町の「移住支援金」を活用しながら快適な田舎暮らしを目指してみてはいかがでしょう?

まとめ

まとめ

岡垣町は、程良い田舎暮らしに最適な移住先です。利便性、自然環境、都市部へのアクセス、お出掛けスポットの豊富さといったメリットを兼ね備えており、満足度の高い移住生活を叶えることができます。しかし、車社会である点や雇用機会が限定される点についても考慮しなければなりません。
自分自身の状況や要望と照らし合わせ、岡垣町への移住を慎重に検討してみましょう。

より快適な田舎暮らしを送りたい場合は、移住支援制度を活用するのがポイントです。特に若い世帯への支援体制が整っているため、経済的負担を軽減しながら余裕のある新生活をスタートさせることができます。岡垣町での田舎暮らしを多方面から見つめて、移住先選びの参考に役立ててくださいね。