茨城県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口人口推計、2,871,000人 (2019年6月1日)
茨城県HP茨城県HP
茨城県移住支援サイトこちら

茨城県の特徴や歴史

茨城県は関東地方北東部に位置し、政令指定都市をもたない県としては国内最大の人口を有します。7世紀に常陸国が成立したとされ、豊かで広大な土地に昔から多くの人々が暮らしてきました。江戸時代には水戸徳川家が居を構え、江戸との水陸交通の要所としても発展しました。人口は特定の都市に偏らず全体に広く分布しており、エリアごとに特色ある都市圏を形成しています。首都圏の台所として農業が盛んである一方、製造業と学術研究分野が強く、食品などの企業本社や、大手製造業の工場・研究拠点が数多く置かれています。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

2005年に開業したつくばエクスプレスは、秋葉原とつくば市を最短45分で結び、茨城県の交通アクセスを大きく向上させました。県庁所在地の水戸駅からも、特急で上野駅へ65分ほどで出ることができます。また県内には常磐自動車道や北関東自動車道・圏央道などが縦横に走り、良好な交通網が敷かれています。東京への高速バスも多く運行され、多くの市町から頻繁に発着しています。都心勤務を続けながら移住することも十分に可能ですね。2010年に民間共用として営業開始した茨城空港は、県央にあり、水戸から約30分、つくばから約50分と、どの地域からもアクセスしやすい立地です。国内線は札幌・神戸・福岡・那覇・下地島、国際線は台北・上海・西安に就航しています。

その他の情報

茨城県は太平洋沿岸特有の穏やかな気候で、夏期は多雨多湿ながら気流の影響で比較的冷涼、冬は乾燥気味で北西山間部を除けば雪に悩まされることはありません。利根川水系などの川が潤す肥沃な大地は多くの農産物をもたらし、茨城県の農業産出額は北海道につぐ全国2位となっています。長い海岸線では海の幸が豊富に採れるとともに、多くの海水浴場がありサーフィンなどマリンスポーツも盛んです。また茨城県は1住宅あたりの敷地面積が全国1位で、その広さは全国平均の1.5倍以上にものぼります。広々とした自宅や庭を持つことができ、自然に気軽に触れられる環境は子育てにも嬉しいですね。消費者物価地域差指数は全国で38位(平成30年小売物価統計調査)と、物価の安さも住みよさにつながっているでしょう。つくば市を中心とする県南地域は、学術都市・科学都市として国家的に整備され、教育水準が高いことで知られます。

茨城県の移住支援・就業支援制度

茨城県の移住支援・就業支援制度

茨城県は、通勤の便がよく、ほどよい田舎暮らしができるとあって、移住先としても魅力的です。そんな茨城県の主な移住支援制度を見ていきましょう。

お試し居住

現地の雰囲気を肌で感じ、また地元の人と交流するためには、実際に暮らしてみるのが最も確実です。茨城県ではいくつかの市町村でお試し居住制度が用意されています。利用期間は施設によって異なり、最長1週間程度の短期滞在のものから、1年間利用できる長期滞在用の住居までさまざまです。中には利用料が無料の施設もあり、少ない負担で現地での暮らしを知ることができるでしょう。自治体によっては、職員による町案内や独自の体験プログラムなど、さらに検討を深められる機会が設けられています。 https://iju-ibaraki.jp/residence/stay/

空き家バンク

賃貸・売却を希望する空き家について情報登録し、利用希望者に提供する空き家バンク制度を、多くの市町村が設けています。募集中の物件情報は、県の移住定住ポータルサイトから、所在地や価格などの条件を選んで検索できます。空き家の取得やリフォームに対して助成が出る市町村もありますので、詳細は転入先に忘れず確認してください。 https://iju-ibaraki.jp/residence/

わくわく茨城生活実現事業

東京23区から移住し県内に就業する人への移住支援金制度です。マッチングサイトに登録された求人など所定の条件で就業・起業すると、単身60万円、2人以上世帯100万円が支給されます。転入直前に1年間以上連続、かつ10年間に通算して5年以上、東京都23区に在住または東京圏から23区内に通勤していた人が対象です。申請は転入後3ヶ月以上1年以内に、転入先市町村に行います。 https://iju-ibaraki.jp/work/emigration/

茨城県の子育て環境

茨城県の子育て環境

茨城県は、通勤や暮らしの利便性を確保しつつ、充実した自然体験やゆとりある住環境が実現できるとあって、子育てにも魅力的な環境です。過去に複数の市町村が、「田舎暮らしの本」の「子育て世代が住みたい田舎部門」で上位にランクインしてきました。県としては「いばらきkidsClub」という子育て家庭優待制度を設けており、協賛企業で割引や特典などの優待を受けられます。また、茨城県の優れた子育て環境として、教育面の充実も見逃せません。県教育委員会では「いばらきサイエンスキッズ育成」「英語コミュニケーション能力育成」「次世代グローバルリーダー育成」などの事業を行っています。自治体でも特色ある教育が行われ、例えば境町では、無料の先進英語教育、小中学生の海外派遣事業などグローバル人材育成に力を入れています。つくば市は、すべての公立校を小中一貫化し、研究都市の特性を活かし最先端科学に触れられるなど、充実した教育体制があることで知られます。

茨城県で住むならどこがいい?

茨城県は県内全体にバランス良く人口が分布しており、住みやすい町が各エリアにあります。ここでは東京とのアクセスに長けた県央・県南エリアを中心に、おすすめの町を紹介します。その他の市町村の移住情報については、以下の記事もご覧ください。 https://ijyu-sien.com/p/ibaraki-life/ https://ijyu-sien.com/p/ibaraki-life2/

水戸市の周辺に住むなら

茨城県で住むならどこがいい?

茨城県の県庁所在地である水戸市は、県中央に位置し、人口は26万人を超えます。水戸徳川家の城下町として栄え、茨城県の行政・経済の中心地として発展してきました。10%通勤圏には同じ県央エリアの笠間市・ひたちなか市・那珂市などの市町の他、県北の常陸大宮市を含み、経済圏の人口は約67万人におよびます。日本三大名園のひとつである偕楽園、日本最大の藩校であった弘道館など、歴史を感じる町であり、水戸芸術館など芸術施設も充実しています。美しく整備された偕楽園の他、世界第2位の広さの都市公園がある千波湖、珍しい英国式公園の七ツ洞公園など、都市らしい憩いの場にも恵まれています。里山や森林、合計27もの河川では多くの生き物が見られます。隣接する大洗町でマリンスポーツや水族館、海の幸を楽しむのもよいですね。移住・子育て支援としては、中学生以下の子供がいる世帯が特定のエリアに住宅を取得すると最大50万円の補助が出る「水戸市子育てまちなか住宅取得補助金」があります。基本額は最大30万円で、子供が3人以上の多子世帯や、空き地・空き家を取得した場合は加算があります。

牛久市

全高約120mの牛久大仏をシンボルとする牛久市は、県南エリアにあり、つくば市に隣接しています。東京駅へ乗り換えなしで各駅停車でも1時間程度で、都心から50km圏内のベッドタウンとして昭和後期から急速に発展してきました。駅前を中心に商業施設などが充実した便利な環境ですが、牛久沼や里山のゆったりとした自然に恵まれており、豊富な水系により農業も盛んに行われています。国内最初の本格的ワイナリー「牛久シャトー」は国の重要文化財に指定されています。18歳まで切れ目のない子育て支援を行っており、医療費助成をはじめさまざまな支援があります。基礎学力向上・学習習慣定着のための「うしく放課後カッパ塾」「うしく土曜カッパ塾」が無料で運営されるなど、教育にも力が入れられています。

つくば市

県南エリアの中心都市であるつくば市は、人口約23万人の業務核都市・特例市です。1960年代から、研究学園都市として国や大手企業の研究機関が置かれ、発展を遂げてきました。中心部はゆったりと洗練された町並みがあり、郊外は筑波山など雄大な自然を楽しむことができます。つくばエクスプレスの開業により、秋葉原へ45分と、利便性がますます高まりました。つくば市は「教育日本一」をスローガンに掲げており、レベルの高い教育体制に惹かれて子育ての地として選ぶ人も少なくありません。研究都市という資源を活用し、ICT教育に古くから取り組み、国際色豊かな教育が行われています。つくば市も「わくわく茨城生活実現事業」による移住支援金を設けていますが、テレワーク移住の場合、転入先が周辺市街地または市街化調整区域内に限定されているのでご注意ください。

笠間市

笠間市は県のほぼ中央に位置し、県庁のある水戸市に隣接しています。常磐線で東京まで約1時間10分、車で約1時間30分と、都心との往来にも便利です。伝統工芸品の笠間焼で知られ、のどかな里山の中にギャラリーや美術館が立ち並びます。笠間市では移住・二地域居住推進プロジェクト、特にアクティブシニアをターゲットにした独自の「笠間版CRCC」に取り組んでいます。移住者用の住宅整備や、医療機関や介護事業者のネットワーク構築などが進められており、移住者に心強い町と言えるでしょう。移住体験施設「かさちょこHOUSE」では、設備・備品付きの瓦葺き戸建て住宅でお試し暮らしができます。費用は1泊あたり光熱費として2,000円、3泊4日から2週間まで滞在できます。

ひたちなか市

ひたちなか市は県央エリアにあり、太平洋に面しています。合併前の旧勝田市は、隣接する水戸市のベッドタウンであるとともに、日立製作所の企業城下町として発展しました。旧那珂湊市は水戸藩の外港として栄え、水産業や海水浴場を主な産業とします。近年、ひたちなか市を代表するスポットと言えば、ひたち海浜公園でしょう。春にはブルーのネモフィラ、秋には真っ赤なコキアが丘一面を彩り、幻想的な美しさが多くの人を魅了してやみません。郊外型の都市機能の利便性と、海辺など自然の開放感を両立した暮らしができるでしょう。全国規模の企業の事業所が置かれていることから市外からの転入者が多く、移住者もなじみやすい環境です。県外出身の子育て世帯、市外から転入し三世代同居する世帯に対し、住宅取得費用や改修費用を助成する制度があります。

守谷市

守谷市は千葉県との県境に接し、つくばエクスプレスで秋葉原へ30分あまりと、沿線で最も東京に近い町です。つくばエクスプレスは、通勤ラッシュ時には2~4分間隔で運行し、半数ほどが守谷駅始発であるなど、東京都心への通勤しやすさは都内と比べても遜色ありません。商業施設や病院などが充実しつつ、緑地を保全しながら計画的に開発された緑豊かな町並みがあり、住みよさ・住み心地などの各種調査で上位になってきました。県内で最も小さい市ですが、その利便性と環境のよさから著しい人口増加を見せ、15歳未満の人口密度も県内トップです。

まとめ

首都圏の台所として、また国内最大の研究学園都市として、確固たる役割を果たしてきた茨城県。都心へのアクセスのよさ、住環境・教育環境のよさから、移住先として改めて注目されています。残念ながら「都道府県魅力度ランキング」最下位として話題になることもありますが、利便性とゆったりした暮らしを両立できる非常に優れた環境があります。裏を返すと、インパクトの強い観光資源に頼らず、質の高い暮らしを実現させてくれる堅実な魅力があると言えるのではないでしょうか。