広島県ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口推計人口、 2,811,000 (2019年6月1日)
広島県HP広島県HP
広島県移住支援サイトこちら

広島県の特徴や歴史

広島県は中国地方の中央部に位置し、南側を瀬戸内海に面した県です。古くから海運や街道で近畿や北九州と結ばれ、中国・四国地方の中心都市となっています。毛利輝元が築いた広島城の城下町として賑わい、江戸時代には江戸・大坂・京都・名古屋・金沢に次ぐ大都市でした。

明治以降は軍事都市として整備が進みますが、1945年、原子爆弾で壊滅的な被害を受けました。しかしわずか十数年で戦前の人口を超える復興を遂げ、その歴史から国際平和文化都市として重要な役割を担っています。厳島神社と原爆ドームという2つの世界遺産を有し、国内外から多くの人が訪れる観光都市でもあります。

面積の8割が山地で占められており、都市は海沿いの平地に集約しています。特に広島市には県人口の4割が集中しており、都市機能が凝縮した暮らしやすいコンパクトシティとして知られます。

高速道路や新幹線、空港へのアクセスの良さ

広島県内は、中国自動車道・山陽自動車道などの自動車道路網が充実しています。新幹線広島駅があり、博多へ約1時間、大阪へ約1時間半と近く、東京への所要時間も4時間を切ります。広島空港は東京・仙台・札幌・沖縄の他、台北などアジアへも定期便が就航しており、広島駅から1時間ほどのアクセスです。

人口が集中する広島市内は鉄道・路面電車・バスなど公共交通機関が発達しており、移動に不便はありません。

その他の情報

広島県の気候は、沿岸部は瀬戸内式気候に属し晴天が多く温暖で、北部山間地域は降水が多く冬には積雪も見られます。瀬戸内海には美しい多島景観が広がり、中国山地の山々や田園といった緑豊かな風景は心を癒やしてくれるでしょう。ヤマネやオオサンショウウオといった希少な生き物が生息する地域もあります。

自然豊かな郊外や観光地と都心部が比較的近いことが特徴で、都会生活を楽しみつつ気軽に自然に触れられます。カヤックなどのマリンスポーツに挑戦したり、冬にはスキーができたりと、アウトドアスポーツが好きな人にも嬉しい環境ですね。瀬戸内海の海の幸や、レモンなどの農産物も見逃せません。

加えて、県内にはものづくり系を中心に優良企業が多数立地しており、仕事の面でも心強い環境があります。

広島県の移住支援・就業支援制度

広島県の移住支援・就業支援制度

暮らしやすい都市部と美しい自然が近接する広島県は、移住先としても人気があります。そんな広島県への移住を支える制度を紹介します。

移住支援金

東京23区在住または在勤者が、マッチングサイトに掲載された求人に応募して就職し、県内の対象市町に移住した場合に、移住支援金の支給を受けられます。2021年9月現在、県内7市3町が対象となっています。

金額は単身者の場合60万円、2人以上世帯の場合100万円です。転入直前の10年間のうち通算5年間以上、かつ直前1年以上連続して、23区内に在住または東京圏から23区内に通勤していた人が対象です。マッチングサイト「ひろしまワークス」に移住支援金対象として掲載された求人に就職・転入して、3ヶ月以上1年以内に転入先市町に申請します。 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/246/210901ijyu.html

空き家バンク

県内の17市町が空き家バンク制度を設けており、古民家暮らしをしたい人には助けとなるでしょう。県が運営するひろしま空き家バンク「みんと。」では、各市町の空き家バンクと連携し、県内全域の物件情報が整備されています。エリアや条件を指定して物件を検索できるほか、空き家に関する各種補助金についてもまとめられています。物件の詳細なレポート記事は読み応えがあり、物件や周辺の雰囲気を具体的に知ることができます。 https://minto-hiroshima.jp/akiya/

ひろしま暮らし支え隊

お試し暮らし

広島県交流・定住ポータルサイトによると、江田島と大崎上島に町営の定住体験住宅が、また広島市に家具家電付きの短期契約型賃貸マンションがあります。他にも、府中市・北広島町・世羅町など各市町に移住体験施設が設けられています。現地に滞在して暮らしを体験してみたり、移住準備中の拠点にしたりと、便利に活用できるでしょう。 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kouryuuteizyuuportalsite/sumai.html

広島県の子育て環境

広島県の子育て環境

都市部はコンパクトで暮らしやすく、海・山の自然にも気軽に触れられる広島県の環境は、子育てに理想的と感じる人も多いでしょう。県は「ひろしま版ネウボラ」(=妊娠・出産から子育てまで切れ目のない支援)の構築に向け、さまざまな子育てサポート体制に取り組んでいます。

男性の育児休業取得率は全国平均を上回り、出生率は上昇傾向にあります。子育て支援事業としては、会員証を見せると参加店で割引などの特典が受けられるデジタルパスポートがあります。また広島県では教育への取り組みも熱心です。

広島県教育委員会が進める高校のカリキュラム改革「広島LIFE-TECH ACADEMY NETWORK構想」は、経済産業省に採択され実証事業が始まりました。学科の垣根を越えて学際的な研究・創造活動を中心に学び、イノベーションを担う人材の育成を願う先進的な取り組みです。他に、大学や高校、インターナショナルスクールなど、グローバル教育にも早くから取り組んでいます。 https://www.meti.go.jp/press/2020/09/20200930003/20200930003.html

広島県で住むならどこがいい?

広島県で住むならどこがいい?

ここからは広島県内のおすすめの移住先をいくつか紹介します。住み心地に定評のある広島市をはじめ、周辺にも利便性の高い町がいくつもあります。

広島市の周辺に住むなら

県庁所在地である広島市は人口約119.4万人の政令指定都市で、県全体の人口の4割ほどが集中しています。中国・四国地方の中枢であり、府中町・海田町などの安芸郡の町や廿日市市を始めとする10%雇用圏は143万人を超えます。

地理的には県西部に位置しており、太田川が市の中心部を流れて広島湾に注ぎ、その河口に広がる三角州に市街地が形成されています。市域の約7割が山林で、可住地域に都市機能が凝縮したコンパクトな都市として知られます。市内は公共交通機関が充実しており、移動に不便はないでしょう。

移住・定住、創業などの相談に応じて宅建協会やNPO法人など適切な団体に相談をつなぐ「地域課題解決ネットワーク」連携事業を行っています。子育て支援として、広島市あんしん子育てサポートサイト「ひろまる」が運営されています。支援制度や相談窓口、お役立ち情報を調べることができ、心強い味方となるでしょう。

廿日市市

廿日市市は広島県西端に位置し、島根県・山口県との県境となる中国山地の脊梁部から、瀬戸内海まで広がります。地名の由来となった毎月20日の市は鎌倉時代中期に始まったとされ、現在も多くの出店で賑わいます。古くは木材産業の町として、近代は隣接する広島市のベッドタウンとして発展してきました。

世界遺産の厳島神社がある宮島を市域に含み、多くの観光客が訪れます。沿岸部には市街地が発達し、電車やバスの便もよく商業施設も充実した便利な生活環境です。海・山のレジャーや里山ののどかな景色に加え、山間部ではウインタースポーツも楽しめます。移住支援制度として、市外から転入し定住目的で対象地域に住宅を取得する場合、費用の一部を助成する定住促進補助金を申請できます。

補助金額は地域などによって異なり、限度額は60万円から150万円で、子育て世帯には1人あたり20万円から30万円の加算があります。

安芸郡海田町

安芸郡海田町は、日浦山をはじめとする山々に三方を囲まれ、中央を流れる瀬野川が西側の海田湾に注ぐ、自然あふれる町です。山陽道の宿場町として栄え、かつては安芸郡の役所が置かれていました。国道2号を中心に主要な道路網が集中しており、広島東部地域の交通の結節点となっています。

隣接する広島市との合併が協議されてきましたが、合意には至っていません。自動車のマツダ関連企業の工場や自衛隊司令部が立地していることから財政が安定し、安定した雇用が見込めます。

また湧水を町内で浄水、自主水道で供給しており、水道代が低く抑えられるというメリットがあります。コンパクトながら医療機関や商業施設が充実しており、出生率・年少人口率ともに高いことからも暮らしやすさが窺えます。

安芸郡府中町

安芸郡府中町は広島市に取り囲まれた特殊な立地にあり、広島県で最も小さい面積の町です。一方で単独市制条件を満たす程の5万人以上の人口を有し、人口密度は三大都市圏なみとなっています。

海田町同様、広島市との合併が協議されてきましたが、住民投票の結果などから合意に至らず協議会そのものが廃止されました。マツダ本社が置かれた企業城下町であり、豊かな財政を背景に病院や中国地方最大級の大型ショッピングモールなど、充実した都市機能が整備されています。

広島駅まで電車で約5分と、交通アクセスも抜群の住みやすい町です。府中町について、より詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 https://ijyu-sien.com/p/fuchu-town/

まとめ

風光明媚な瀬戸内の海や中国山地の山々と、広島市を中心とした便利な都会が近接する広島県。豊かな自然と生活利便性の両立は、多くの人が移住先に求めるところではないでしょうか。優良企業が多数立地するなど仕事の選択肢があることも、移住人気を後押ししているのでしょう。

子育て・教育面での独自の取り組みから、子育て世帯にとっても住みやすい環境であることが窺えます。観光地としても魅力的ですが、ワークライフバランスを叶える場所という視点で、改めて見てみてはいかがでしょうか。