広島県は人口約280万人(2020年)、全国第12位の都市です。
都市と自然が融合した美しい景観を織りなしており、原爆ドームや厳島神社といった世界遺産をはじめたくさんの観光地があります。また、お好み焼きや牡蠣、もみじ饅頭などの名物があり、野球やサッカーなどスポーツが盛んな県としても有名です。都市の良さと豊かな自然環境の両方が手に入るのが魅力です。

広島県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

広島県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

では、具体的に、広島県で田舎暮らしをするのにオススメな地域はどこでしょうか?オススメの5つの地域の特徴や気候について紹介しましょう。

尾道市

尾道市

尾道市は、瀬戸内のほぼ中央、広島県の東南部に位置し、1169年に荘園米の積み出し港となって以来、対明貿易船や北前船、内海航行船の寄港地として、中世・近世を通じて繁栄をとげました。港町・商都としての発展は各時代に豪商を生み、多くの神社仏閣の寄進造営が行われました。

海を望む階段や坂道、路地越しに見える尾道水道、点在する寺院など、歴史を凝縮した景観に魅かれ、この地では多くの文人が足跡を刻みました。歴史と文化にあふれる島々を結び、全長約70kmの海の道をサイクリングで満喫できる、しまなみ海道も魅力的です。近年では数々の映像作品の舞台となり映画のまちとしても有名です。

JR山陽新幹線、山陽本線の停車駅があり、山陽自動車道、瀬戸内しまなみ海道に加え、2015年に全線開通した中国やまなみ街道が交差する「瀬戸内の十字路」として交通利便性の高い都市です。5社のバス路線が運行されており、島しょ部へは尾道港を中心に定期航路が運航されていますが、自家用車の必要性は高いです。
東京から新幹線で約4時間、名古屋からは約2時間半、大阪からは約2時間でアクセス可能で、どこに行くにも比較的アクセスが良いです。尾道駅からは里山や島へ車を使えば1時間程度で行ける距離です。

気候は温暖で、平均気温は15.7度です。降雨量が比較的少ない瀬戸内型に属しますが、内陸部は温度較差がやや大きい山間部の特性を示しています。都会と自然の絶妙な距離感が尾道の魅力です。

福山市

福山市

福山市は瀬戸内海沿岸の中央、広島県東部に位置し、人口約46万人の中核市です。瀬戸内海式気候に属し、年間を通じて天気や湿度が安定しています。降水月が5、6、7月と9月の二峰性となっており、間の8月の降水量が著しく少なく、年間では約1200mmです。

また、河川の流量が少ないのが特徴です。冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂が観測されることも多いです。冬には氷点下まで下がる日もあります。太平洋高気圧に覆われる夏には瀬戸内海沿岸特有の凪が発生し、日中の気温は35℃を超える猛暑となる日もあります。降雪は少なく平地部の積雪は稀です。

福山市は、単一事業所として世界で初めて累計粗鉄生産量が4億トンに達した世界最大級の銑鋼一貫製鉄所(JFEスチール)を抱える重工業都市です。粗鋼生産量は日本一で、鉄鋼関連産業、造船、機械産業などが集積しています。

福山駅には新幹線「のぞみ」「さくら」「ひかり」「こだま」が停車します。飛行機は広島空港からはリムジンバスで約60分、岡山空港からも岡山駅経由でリムジンバスと新幹線で約60分です。山陽自動車道には、福山東インター、福山西インターがあります。また、国際港湾である福山港を擁するなど交通の要衝となっています。福山駅は、福塩線、多数の路線バス路線の起点であり、地方都市としては多い10路線を越える高速バスが発着します。

廿日市(はつかいち)市

廿日市(はつかいち)市

廿日市市は、広島県の西部に位置するまちで、南は瀬戸内海に面しています。気候は、沿岸・島しょ部では、温暖で比較的小雨の過ごしやすい気候です。
山間部は、冷涼多雨で豪雪地帯に指定されている地域もあり、夏期は過ごしやすいですが、冬期は平地でもかなりの積雪となります。そのため、冬はめがひらスキー場でのウインタースポーツも魅力のひとつとなっています。

また、我が国を代表する世界遺産の嚴島神社をはじめとする悠久の歴史文化、市内各所に点在する温泉施設、美術館、スポーツ施設などさまざまな観光資源があるまちです。日経BPが働く世代約2万人を対象に調査した「シティブランド・ランキング―住みよい街2021―」で、廿日市市は3年連続中国地方で第1位に選ばれました。

JR広島駅まで20分と通勤圏内で交通の便が良く、学校や買い物施設、公園等の生活環境も充実しています。JR山陽本線、広島電鉄宮島線が通り、バス路線が運行されている地域や、地域コミュニティバスが運行している地域もありますが、中山間地域では自家用車が必要です。

竹原市

竹原市

竹原市は、広島県沿岸部のほぼ中央に位置し、風光明媚な瀬戸内の自然と、平均気温15度の温暖な気候に恵まれています。市内南北を2級河川賀茂川が流れ、周囲は朝日山を中心に三方を山に囲まれています。河川上流から中流にかけて田畑が広がり、下流にはぶどう畑が広がっています。

うさぎの島として知られる大久野島をはじめ、瀬戸内海国立公園などの豊かな自然、海と山に囲まれた地形は、美しい水と四季折々の味覚を育んでいます。また、江戸時代に製塩業や酒造業で繁栄した面影をいまに伝える町並み「重要伝統的建造物群保存地区」など、歴史と文化に恵まれた街でもあります。

竹原市街地から広島空港までは車で約25分です。また、JR呉線が通り5つの駅があります。バス路線は4路線運行されており、広島市内の高速バス路線や広島空港行きのジャンボタクシーも運行され、都市部へのアクセスに恵まれています。地元の商店街やショッピングセンターもあり、日常生活には困りませんが、自家用車の必要性は高いです。

東広島市

東広島市

東広島市は、人口約19万人で、広島県のほぼ中心に位置している街です。周囲を低い山々に囲まれた標高200~400m の盆地状の地形が大部分を占め、南西部を中心に比較的平坦地に恵まれています。南東部は瀬戸内海に面しており、沿岸部に小規模な平坦地が広がり、大芝島などの島しょ部があります。
標高が北に高く南に低い地形のため、冬季の気温、積雪量に差は見られますが、全体的に比較的温暖な気候です。

また、瀬戸内海に面する地域は、四季を通じて寒暖の差が少なく、東広島市の中でも温暖な気候です。東広島市には山陽自動車道、国道2号線、JR山陽新幹線・山陽本線が通り、交通網が充実しています。広島空港からもほど近く、県内外へも気軽に移動ができます。

340年以上の歴史を紡ぐ、日本を代表する銘醸地のひとつ西条があり、酒造りの伝統が地域に根付いています。市内には4つの大学があり、約17,000人の学生が学んでいる学園都市でもあります。産・学・官の研究開発機関が集まる研究団地「広島中央サイエンスパーク」には、企業のみならず学生にとっても最先端技術の研究開発を行う環境が整っています。大学を中心とした学園都市づくりが進められています。

東広島市は、内陸部の里山や田園地帯、自然豊かな沿岸部の「いなか暮らし」と市内中心部での「まち暮らし」が両立するところです。

広島県で田舎暮らしをするメリットデメリット

広島県で田舎暮らしをするメリットデメリット

広島県での田舎暮らしをする際には、メリットだけではなくデメリットの理解も大切です。メリットやデメリットを知ることで、広島県での移住生活で何に重点をおいて暮らしたいのかが明確に見えてくるでしょう。メリットデメリットについてしっかり把握をし、失敗しない移住のためのプランを立てていきましょう。

メリット

まず、広島県での田舎暮らしのメリットを4つご紹介しましょう。

街がコンパクトで住みやすい

都心と比較すると広島県は人混みが少なく、街全体がコンパクトに収まっており、利便性がありながら、暮らしやすいのが特徴です。朝の通勤・通学時間帯であっても満員電車にはならないし、人混みでごった返すこともほとんどありません。
平地が少ないため、広島市の中心部には公共機関や商業施設、銀行や美術館などの文化施設など、いろいろな施設が充実しています。また、都市部でも川が多く、広い公園もあるなど自然が豊かで落ち着いた空間で生活を送ることができるのも魅力的です。

スポーツが盛ん

なんといっても広島県の魅力はスポーツが盛んなところです。県内には、野球の広島をはじめ、サッカーのサンフレッチェ広島、バレーボールのJTサンダース、バスケットボールの広島ドラゴンフライズなどさまざまなスポーツチームが活動しています。
また、スタジアムやアリーナ、ホールなども充実しており、スポーツ好きやスポーツ観戦が好きな人には嬉しい街といえるでしょう。特に広島東洋カープに対しては街全体がカープ色に染まるほどの、熱烈応援ぶりです。

海、山に囲まれ、アウトドアやレジャーを日帰りで楽しめる

海(瀬戸内海)や山(中国山地)が近く、車を使えば日帰りでもさまざまなアウトドアやレジャーが楽しめます。山間部ではスキーなどのウインタースポーツ、キャンプ場でのバーベキューなどが、海沿いの地域では、マリンスポーツや釣りはもちろん、しまなみ海道ややまなみ海道を利用したドライブやサイクリングも盛んです。
自然に触れながら過ごしたい人には魅力的な地域でしょう。

海の幸と山の幸が味わえる

広島県には瀬戸内海と中国山地があるので、海の幸と山の幸の両方を堪能することができます。
有名な食材が多くありますが、中でも宮島周辺で採れる牡蠣は秀逸です。広島県としての牡蠣の出荷量は全国1位です。広島牡蠣の殻は小さいですが身は大きく味は濃厚です。旬は1月~2月ですが、広島県のブランド牡蠣は夏でも味わえます。
また、温暖で台風の襲来が少なく、比較的雨が少ない気候を活かしたレモンを味わうこともできます。新鮮な野菜はあちこちで手に入ります。ほかに全国的に有名なお好み焼きがあります。

デメリット

では次に、デメリットについてもみてみましょう。

公共交通機関が不便で車必須の地域が多い

広島県にはJRが通っており、広島市には路面電車やアストラムラインといった公共交通機関がありますが、県全体や街中での移動を考えると不便な地域もあります。公共交通機関がバスのみの地域やバスの本数が少なかったり、バス代が高かったりして、自家用車が必須の地域があるのもデメリットといえましょう。

また、広島空港へのアクセスが、広島駅・福山駅・呉駅からバスでそれぞれ約1時間かかるのも不便に感じる人が多いようです。移住したい地域の公共交通機関について、ルートや本数などを事前によく調べておくのが得策でしょう。

カープ熱が高すぎる

これはデメリットとは言えないかもしれませんが、広島県民イコールカープファン、という前提で街中がカープ一色に染まっています。スポーツ熱、特にカープ熱の高さは他県からの移住者やカープ以外の球団が好きな人にとっては、居心地の悪さを感じるかもしれません。

河川周辺の低地では自然災害の不安がある

広島県に限ったことではありませんが、広島市など河川が多く低地の地域では、近年の異常気象による大雨、河川の氾濫といった自然災害の不安があります。自然河川周辺の低地では、災害に対する備えや対策をたてておくのが望ましいでしょう。

広島県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

広島県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

最後に、各自治体が実施する移住支援制度に着目しましょう。自治体ごとに、さまざまな支援制度があるので、自分に合った移住支援制度をチェックしましょう。ここでは、以下の3つの自治体を紹介します。

府中市

府中市は広島県の東部に位置しており、山々に囲まれた中山間地域です。
比較的雨は少なく過ごしやすいですが、盆地のため夏は暑く冬は寒いので四季の移り変わりを感じられます。
中心市街地は公共施設、医療機関、商業施設などが近くに集まっていて生活に便利なまちです。一方、近くは山で囲まれていて、街暮らしと山暮らしの両方を楽しめます。

府中家具や府中味噌など古くから受け継がれている伝統産業から国内をリードする製造業まで、幅広くさまざまな仕事があり、「ものづくり」が行われています。では、主な定住支援策をみていきましょう。
詳細はこちらから→https://www.pref.hiroshima.lg.jp/shi-machi/fuchushi.html

・空き家改修補助金・・・空き家バンクに登録されている物件を購入または賃借した人が、空き家の改修を行う際に要した経費の2分の1を補助します(上限60万円)。

・桜が丘団地販売補助金・・・桜が丘団地に住宅を建築する場合、費用の一部を補助します。

・府中市お試し住宅・・・府中市への移住を考えている人は、1泊500円で最大30日までお試し住宅を利用できます。

・空き家バンク・・・市内で空き家になっている物件をホームページに情報掲載し、希望者には個別に物件案内を行います。

・子育て支援・・・0歳から満15歳まで医療費が1日500円に。3歳~5歳までの副食費は無償です。不妊治療費の助成もしています。他にもさまざまな支援を行っています。

呉市

呉市は、瀬戸内海のほぼ中央部、広島県の南西部に位置し、政令指定都市である広島市から約 18 ㎞の距離にあります。
みかんやレモン、トマトやネギ、ちりめんやタチウオ、牡蠣などの農水産物の生産や加工、流通販売などが盛んです。また、大和ミュージアムなどの観光スポットを中心に、自然豊かな瀬戸内海やロマンあふれる歴史や文化など、地域の特色を活かしたまちづくりに取り組んでいます。
ではさっそく主な定住支援策についてみてみましょう。
詳細はこちらから→https://www.pref.hiroshima.lg.jp/shi-machi/kureshi.html

・呉市移住希望者住宅取得支援事業・・・市外からの移住者が、呉市内の戸建ての中古住宅を購入し入居する場合、購入費の一部(最大100万円)を助成します。

・宿泊助成事業補助金・・・視察等のために呉市を訪問する移住希望者で、広島県片道交通費支援制度を利用して呉市内のホテル等に宿泊する人に補助金(1泊上限5000円)を交付します。

・呉市空き家バンク・・・呉市で居住することを希望している人に、空き家・空き地の情報をホームページ上で紹介します。

・呉市見学ツアー・・・呉市定住サポートセンター職員が、移住希望者のニーズに合わせて市内各所を案内します。

・漁師弟子入り体験・・・本気で漁師になりたいと思っている人のために、きっかけを提供する「漁師弟子入り体験」を実施しています。 

三次市

広島県三次市は、人口51,352人(2020年)、中国地方のほぼ中央、2本の高速道路のクロスポイントに位置し、北は島根県に接する中山間地域です。
中心市街地は商工業・サービス業などが集積している一方で、周辺地域は昔ながらの里山風景が広がり、自然と共有した街になっています。
三次市は、企業誘致など雇用の創出に取組んでおり、高齢者が住みよい街、安心・安全な街、出産・子育てしやすい街としても高い評価を受けています。では、主な定住支援策をみてみましょう。
詳細はこちらから→https://www.pref.hiroshima.lg.jp/shi-machi/miyoshishi.html

・移住者住宅取得奨励金・・・移住者(2年以上市外に在住されている人、または市外に2年以上居住後、転入して3年以内の人)が、市内に住宅(新築・建売・中古)を取得した場合、奨励金を交付します。

・空き家情報バンク・・・市内にある空き家の売却または賃貸を希望する人に物件登録してもらい、情報提供を行います。

・起業支援事業・・・新たに市内で起業する人に対し、起業に必要な経費の一部を助成します。

まとめ

まとめ

近年移住を考える若者に人気が高まってきている広島県。温暖な気候にちょっと足を延ばせば山も海も島も楽しめる環境に加え、移住希望者へのサポート体制が充実していることも魅力になっているようです。
地域としてのさまざまな魅力が詰まった広島県の、各自治体の特徴や支援制度をチェックして、ぜひ後悔のない移住を実現させてください。