北海道上川郡東川町ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口8,092人(推計人口、2016年)
自治体HP東川町HP
北海道上川郡東川町移住支援サイトこちら

東川町は北海道のほぼ中央に位置し、北海道の第二の都市である「旭川市」に隣接しています。東部は大きな森林地域を形成する山岳地帯です。日本最大の自然公園である大雪山国立公園区域の一部であり、自然に恵まれた素晴らしい景観を有しています。東川町へのアクセスは、旭川空港から車で約10分の距離です。

東川町には鉄道は通っておらず、最寄り駅はJR旭川駅となっています。旭川駅までは車で約25分ほどの距離です。中央部にある町なので、北海道内の各都市にもアクセスしやすいです。東川町の恵まれた立地や自然環境は、人気の移住先となっており今もなお注目を集めています。現に東川町の人口の半分は移住者だと言われているほどです。また、東川町は、水が美味しく全国的にもめずらしい上水道のない町としても知られています。地下水から湧く綺麗な水で食べる米や野菜はきっと絶品ですよ。

寒暖差の激しい地域で、夏は暑く、冬はとても寒くなります。平均的な初雪は10月中旬と早く、ふわふわとやわらかい雪が堪能できます。また、東川町は「写真の町」「写真文化首都」を宣言し、写真を通じたまちづくりを積極的に行っています。

カメラ好きな方にはぴったりな移住先ではないでしょうか。東川町のホームページに掲載されている写真もとても魅力的な1枚ばかりですよ。東川町の自然環境をバッグに撮影する写真はどれもフォトジェニックなものになることでしょう。また東川町では、さまざまな節目や日々の様子を、プロカメラマンが無料で記念撮影してくれる「写真の町、記念写真プレゼント事業」も実施しています。東川町に移住して、自分たちでは撮れない写真を一生の思い出として残してみませんか。

東川町は日本一の子育て・教育の町づくりという目標を掲げています。主な施策として、切れ目のない子育て支援や幼児センターの運営、学力向上推進事業などです。国際教育にも力を入れ、平成29年~32年度には、文部科学省より「研究開発学校」に指定されています。子育て支援のひとつとして、産まれてきた赤ちゃんに、東川町の家具職人が作った手作りの椅子をプレゼントする「君の椅子」プロジェクトを実施しています。家族の一員として、また東川町の一員として見守られている気持ちになれる温かい支援ですよね。

北海道上川郡東川町の移住支援制度

北海道上川郡東川町の移住支援制度

北海道上川郡東川町が実施する補助制度をご紹介します。対象者や必要書類などの詳細は自治体へ直接お問い合わせください。

体験移住

東川町では、貸別荘やロフト付き1LKの家、メゾンタイプの3つの宿泊施設を用意し「体験移住」を実施しています。東川町への移住を検討している方は、割引き料金での宿泊が可能です。宿泊施設によって、料金は異なりますので、詳細はホームぺージをご確認ください。
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/settlingdown/facility/index.html

産業振興支援制度

産業振興支援制度は、東川町にて
・企業の立地
・新たな事業への投資
・起業をする方
に向けた支援制度です。上記3つにかかる費用の助成や固定資産税の免除を行います。企業や産業の活力向上を図ることを目的として実施しています。条件や支援については内容によって異なるので、自治体のホームページをご確認ください。東川町に移住して、起業したいと考えている方は一度東川町の自治体に相談してみてはいかがでしょうか。
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/living/support/pdf/02-panf_r03.pdf

高齢者世帯リフォーム支援事業

「高齢者世帯リフォーム支援事業」は、高齢者が安心して暮らせる住まいづくりのため、住宅のリフォーム費用を補助する制度です。定年退職して東川町に移住しようと考えている高齢者の方や、両親とともに移住を考えている方にも嬉しい制度です。補助金額の上限は25万円です。対象者や要件に関しては自治体へお問い合わせください。
https://town.higashikawa.hokkaido.jp/living/support/#anchor01_08

北海道上川郡東川町の観光情報

北海道上川郡東川町の観光情報

北海道上川郡東川町の観光スポットやイベントをご紹介します。

大雪山旭岳ロープウェイ

大雪山国立公園の北側にある「大雪山旭岳ロープウェイ」。約1,100メートルにある山麓駅から、10分間の空中散歩が楽しめます。ロープウェイから見る山々はまさに絶景!季節によって山の表情も変わるので、春夏秋冬どの季節に訪れても楽しめるでしょう。とくに雪化粧の真っ白な山と空の青のコントラストは思わずシャッターを切るほど美しいです。雪山頂駅周辺には整備された遊歩道や、売店などもあるので北海道の壮大な自然をのんびり体感してみてくださいね。

キトウシ森林公園

東川町の北側にあるキトウシ山にある「キトウシ森林公園」は、東京ドームの約25個分の広さを持つ公園です。ホテルなどの宿泊施設も併設されており、ハイキングやトレッキング、バーベキューなどのアウトドアをまるごと楽しめます。レンタサイクルも利用できるので、北海道の大自然のなか、颯爽と風を切って走ってみるのはいかがでしょうか。また、ウッドクラフト、陶芸作家のギャラリーが並ぶ「クラフト街道」もあります。さまざまな楽しみ方を兼ね備えた公園なので、何度来ても新しい発見ができるでしょう。

イベント:ひがしかわ氷まつり

毎年1月の第三週の週末に羽衣公園で開催している「ひがしかわ氷まつり」。24時間という限られた時間で、氷の彫刻を完成させ競う氷像コンテストを行っています。会場周辺には、ちいさな雪だるまや、アイスのランタンが並び、イベント会場を鮮やかに彩ります。イベント初日に開催される花火大会も必見です。氷像に花火、また寒空の下に並ぶ屋台目当てに、多くの人が訪れる人気のイベントです。

イベント:写真甲子園

全国の高校写真部・サークルから作品を募集して全国一の高校写真部を選ぶ、その名の通りの「写真甲子園」です。全国11ブロックから優秀校18校を選抜していきます。代表校18校は写真の東川町に集い撮影会を行い全国1位を競います。写真甲子園の写真は各地域のさまざまな場所で展示されています。写真の町を宣言している東川町ならではのイベントですね。

まとめ

北海道上川郡東川町は、移住を検討している方々にとっても注目のエリアで、人口も右肩あがりで増加しています。アクセスしやすい立地と、豊富な自然環境のもと、のびのびとした暮らしが実現するのではないでしょうか。ぜひ一度訪れて東川町の魅力に触れてみてください。