群馬県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

群馬県で田舎暮らしをするならここ!おすすめの場所5選

自然環境と都市機能を併せ持つ群馬県は、ほどよい田舎暮らしをするのに最適なエリアです。ここでは、群馬県で田舎暮らしをする際のおすすめの場所を5つピックアップしてご紹介します。おすすめの移住地は下記の5つです。

  • みどり市
  • 高崎市
  • 桐生市
  • 太田市
  • 伊勢崎市

上記の5つのエリアは、それぞれ特徴や文化が異なります。充実した田舎暮らしを送るために、各エリアの魅力をしっかりとおさえておきましょう。それでは各エリアの詳細についてご紹介します。

みどり市

みどり市

群馬県の東部に位置するみどり市は、山々や渓谷、滝に湖といった豊かな自然があふれるまちです。「小平の里」という観光地には、鍾乳洞や植物園、キャンプ場などのアウトドア施設がたくさんあります。みどり市の中心には渡良瀬川の清流が流れており、北部には田園風景が広がるエリアがあるなど、都会では味わえない環境がそろっています。

一方で市の中心部には商店街やショッピングセンターのほか、医療機関など、生活に欠かせない都市機能も発達しています。近代的な図書館や体育館、公民館が続々と建設されており、公共施設が充実している点も魅力的です。上州三大祇園に数えられる「大間々祇園まつり」は全国的にも有名で、地元民はもちろん毎年多くの観光客で賑わいます。

みどり市内には、4つの路線があるため市街に行くのにも便利です。東京都内へ行くにも東武伊勢崎線「特急りょうもう号」に乗れば、乗り換えなしで行ける点も移住地として人気の理由でしょう。

オンラインでの移住相談や、移住のイベントを開催するなど、移住支援制度も充実しているので、気になった方はぜひみどり市の自治体ホームぺージをチェックしてみてくださいね。

高崎市

高崎市

群馬県の南西に位置し、中核市といわれている高崎市は、群馬県内最大の人口を有しています。
高崎市は古くから交通の要として栄えてきました。現在でも新幹線で東京まで1時間、新潟や長野方面にも乗り換えなしで行くことができる内陸交通軸の中心となっているのには変わりありません。高速自動車道においても結節点のため、県内外へのアクセスは抜群です。

高崎市は温泉施設が多いため、移住すれば日常的に温泉を楽しめるのも人気の理由となっています。自然環境も多く、群馬県を一望できる観音山は、高崎市でも有名な観光スポットです。高崎駅周辺には、音楽芸術劇場やスポーツアリーナ、コンベンションセンターといった大型施設が建設され、人々の憩いの場となりつつあります。

中学生まで医療費の無料化を行うなど、子育て支援も充実している高崎市。市内には、地域の保育情報の提供や子育てに関する悩みの相談ができる子育て支援センターが点在しています。
妊娠期や就学前児童のいる家庭へヘルパーを派遣する「高崎市子育てSOSサービス」という支援も実施しています。移住を検討しているけど、「知らない土地で子育てをしていく自信がない」という方にとって心強いサポートではないでしょうか。
ほかにも「高崎市子育てなんでもセンター」や「子ども発達支援センター」など、子育ての環境や状況に応じて相談できる窓口が設けられています。地域の子育てに関する情報は高崎市子育て応援情報サイト「ちゃいたか」でチェックしてみてくださいね。

桐生市

桐生市

桐生市は群馬県と栃木県との境に位置しています。
歴史的な建造物や史跡も多く残されており、奈良時代から受け継がれていると言われる絹織物の産地としても有名です。柔らかな肌触りとほどよい光沢を持った桐生織は、着物はもちろん、バッグやポーチ、ワンピースといった服飾雑貨にも多く用いられています。

桐生市は、スーパーやコンビニも点在しており、生活する上で困ることはほぼありません。里山暮らしが楽しめるエリアもあるため、ほどよい田舎という言葉がちょうど良いまちでもあります。
子育て環境に力を入れており、未来創生塾やサイエンスドクターといった桐生市独自の教育プログラムも実施しています。

救急医療を担う「桐生厚生総合病院」をはじめとし、桐生市には100を超える医療機関がある点もメリットといえるでしょう。
桐生市での暮らしをサポートする支援では、空き家・空き地バンク、お試し暮らしのための費用を一部補助する制度のほか、移住相談会なども定期的に開催されています。空き家・空き地バンクに掲載されている物件を見学しながら、桐生市内を巡る「空き家見学会」なども実施しているので、移住を検討している方はぜひ参加してみてくださいね。移住後のイメージが沸くだけでなく、桐生市に住んでいる方の生の声が聞けるので、具体的なプランが立てられますよ。
詳細は桐生市の自治体ホームページよりご確認ください。

太田市

太田市

群馬県南東部、都心に近いエリアにある太田市は、全国有数の工業都市です。
群馬県内でも比較的栄えているまちでありながら、自然環境も持ち合わせているのが特徴です。教育環境が充実しているとして評判が高く、「おおた芸術学校」や「スポーツアカデミー」での学校外活動のほか、「ぐんま国際アカデミー」という英語教育に特化した学校もあります。

東京ドーム4個分の広さを有する「ぐんまこどもの国」では、謎解きチャレンジやナイトハイク、木工体験やサマーボブスレーなどのアクティビティも充実しています。
また、藪塚温泉といった温泉街も有名なことから、太田市は家族連れが週末に出かける場所が豊富なことも移住地として人気の理由です。

太田市の魅力が伝わる冊子「おおた暮らし人 笑顔の理由」では、太田市で暮らす家族の1日や、出産・子育てについての支援などが紹介されています。
また、市民が作る、太田市ガイドブック「OTA magazine」では、市民ライターによる等身大の記事が楽しめます。まちの人々やまちの風景など、より深く太田市のことを知ってから移住したいと思っている方におすすめです。

伊勢崎市

伊勢崎市

群馬県中部に位置する伊勢崎市は、人口が継続的に増加していることから、移住地としても人気のまちです。伊勢崎市の大部分が平地であることから、台風や地震などの自然災害が比較的少ないことでも有名です。伊勢崎市は利便性に優れた交通網を有しており、東京をはじめとする県内外各地へのアクセスも良好です。

「伊勢崎市民病院」「伊勢崎佐波医師会病院」をはじめ、小児医療や救急医療など、医療体制が整っている点も大きなメリットといえるでしょう。また、群馬県内でも有数の大型ショッピングモールを有しており、スーパーマーケットやコンビニも点在しているため買い物にも困りません。

伊勢崎市の華蔵寺公園では、春になると1,000本のソメイヨシノと5,000本のツツジが咲き誇ります。市内には公園もたくさんあるので、週末には家族連れでにぎわっています。伊勢崎市が発行している「いせさきぐらし」には、子育てや住まい、各エリアについての詳しい情報が掲載されています。移住者のインタビューもあるので、ぜひ移住者の生の声をチェックして移住を検討してみてくださいね。

群馬県での田舎暮らしのメリットデメリット

群馬県での田舎暮らしのメリットデメリット

群馬県で田舎暮らしをするためには、メリットだけではなくデメリットについても知っておくことが大切です。事前に調べることなく移住した場合、移住後に後悔を生んでしまう可能性が高くなります。群馬県で田舎暮らしを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

メリット

群馬県で田舎暮らしをするには、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 物価が安い
  • 子育てがしやすい
  • 災害の少なさ

暮らしていく上で重要な経済面でのメリットにくわえ、子どもと一緒に移住しやすいといった声が多く見られました。それではひとつひとつのメリットについて詳しく見ていきましょう。

物価が安い

群馬県は物価が安いことがメリットに挙げられます。
物価水準の平均を100とすると、群馬県は96.7と全国で2番目に低いと総務省統計局が発表しています。この結果から群馬県の物価は非常に安いといえます。
ちなみに全国で一番物価水準が高いとされた東京都は104.5となっています。費目別では、教育費と光熱費・水道費が全国で最も低く、住居費や交通・通信費に関しても平均以下という結果が出ています。

子育てがしやすい

群馬県は子育てがしやすいまちです。
自然環境の豊かさはもちろん、子育て支援の手厚さや、コミュニティの充実、金銭面での補助制度なども実施しています。
群馬県の待機児童数は常に1桁であることが多いため、共働き世帯でも比較的安心して移住することができるのではないでしょうか。
また、群馬県が運営している子育て応援ポータルサイト「ぐんまスマイルライフ」では、群馬県内のファミリーサポートセンターや、病児保育施設の紹介、子育てイベントについての情報が得られます。子育て家庭を地域で応援する「ぐーちょきパスポート」も好評です。
群馬県内の施設の入園料の割引や、アイスやドリンクが無料でもらえるなど、協賛店に行けばさまざまなサービスが受けられます。

災害の少なさ

群馬県に住むことのメリットとして、災害が少ない点が挙げられます。
1923年1月から2013年3月末までの90年間のうち、群馬県で震度4以上の揺れを観測したのは50回という結果が気象庁の統計データに出ています。これは、関東の12都県の中でも最も少ない数字だとか。
地震保険の基本料金も全国で最も安い「1等地」というランクに分類されています。とはいえ、近年の異常気象から見ても、いつ何が起こるか分からない状況のため、必要最低限の災害道具は完備しておきましょう。

デメリット

たくさんの魅力がある群馬県での田舎暮らしですが、デメリットについて把握しておきましょう。憧れだけで移住を決行してしまうと、思わぬ壁にぶちあたってしまうこともあります。
群馬県で移住する際のデメリットとして挙げられるのは以下の2つです。

  • 車の維持費がかかる
  • 夏が暑い

群馬県での田舎暮らしはどうしても車が必要となります。気候面でも思いがけぬ落とし穴があるようです。
悪い面に対して、自身がそれに対応できるのかをしっかり見極めてから移住を検討しましょう。それでは、各デメリットについて解説していきます。

車の維持費がかかる

群馬県での暮らしは、車がないと厳しいという声が多いことから、車の維持費がかかる点がデメリットとして挙げられます。路線バスや電車も、都会に比べると本数が少ないため、移動するには車が必須となります。
上記のメリットで、物価が安いことを挙げましたが、都会では必要なかった車の維持費を視野にいれて、バランス良く暮らしていけるような調整が必要となります。

夏が暑い

群馬県の夏は40度を超える猛暑日がたびたびあるようです。南からも北からも暑い空気が流れ込み、関東平野の山にこもってしまうことが猛暑日になる理由だとか。
また、都会のように高いビルなどが少ないため、太陽が近く感じることも暑く感じる原因といえます。暑さが苦手な方には、夏の群馬暮らしは厳しいかもしれません。

群馬県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

群馬県で支援制度のあるおすすめ自治体3選

群馬県では、自治体ごとにさまざまな移住支援制度があります。「群馬県に移住したいけど、エリアが決まらない」という方は、各自治体の移住支援をチェックしてみるのがおすすめです。ここでは編集部がピックアップした以下の3つの自治体をご紹介します。

  • 前橋市
  • 沼田市
  • みなかみ町

群馬県の移住支援は、トライアルステイなどの実際に田舎暮らしが体験できるものから、子育て世帯への補助金制度など、経済的な支援もラインナップされています。群馬県での田舎暮らしをスムーズに進めたい方はぜひ参考にしてください。

前橋市

前橋市

群馬県のほぼ中央に位置している前橋市は、群馬県の県庁所在地です。
ショッピングモールが立ち並ぶ市街地エリアと、田園風景が広がる田舎エリアからお好みの移住先が選べます。東京まで新幹線で1時間以内という好立地な点もおすすめの理由です。
また、過去100年間で震度5弱以上の地震の発生数はなんと3件!災害が少ないまちとして知られる前橋市は、子育てに関する支援が充実しています。一部の子育て支援についてご紹介します。

・第3子以降学校給食費無料化事業

前橋市内に住所を有しており、小中学校に在学する児童を3人以上養育している保護者が対象です。少子化と言われている現代に嬉しい支援といえます。

・保育料補助事業

第3子以降の認可外保育施設を利用する場合に利用料の一部を補助する制度です。前橋市に住所を有しており、子ども3人以上を扶養している家庭が対象です。補助金額は児童ひとりあたり月額27,000円までとなっています。

・産後ヘルパー派遣事業

前橋市に住民票があり、生後6か月未満の子がおり、家族や親族からの支援がない方を対象にヘルパーを派遣しています。利用料は1回500円で、食事の準備や買い物、洗濯、掃除といった家事のほかに調乳などのサポートが受けられます。移住したあとに子どもを授かった方は、積極的に利用してほしい制度です。
「群馬県に頼る人がいない」「相談する人がいなくて不安」という方にとって、ヘルパーさんは心ゆるせる存在になるのではないでしょうか。

沼田市

沼田市

日本百名山に掲げられる山々に囲まれた沼田市には、雄大な自然が広がっています。りんごやぶどう、さくらんぼなどの果物から、レタスや大根など野菜の生産地でもあります。
冬の降雪量が豊富なため、沼田市内のスキー場は例年都内からの観光客でにぎわいます。沼田市には、移住コンシェルジュがいるため、移住支援制度や補助金についてや、気になる子育て事情など小さな悩みにも対応してくれます。そんな沼田市のおすすめの移住支援をご紹介します。

・移住促進トライアルハウス(ぬまた暮らしの家)

沼田市外に居住しており、沼田市への移住・二地域居住を検討している方を対象に、トライアルハウス(ぬまた暮らしの家)の貸し出しをおこなっています。利用期間は1泊2日~4泊5日で、利用料はなんと無料!しかもお風呂は温泉です!沼田市の自然広がる環境の中、田舎暮らしの良さだけではなく、大変さをぜひ実際に体験してみてください。利用するには、沼田市の移住コンシェルジュとの面談が必須となります。利用する際の詳細は沼田市の自治体ホームぺージにてご確認ください。

・移住促進トライアルステイ(宿泊費補助)

トライアルハウスのほかにトライアルステイも実施しています。こちらの移住支援は、沼田市内の宿泊施設を連泊で利用した際に、1世帯20,000円を上限として宿泊費を補助する制度です。大人1人当たりの上限は5,000円、小学生2,500円、未就学児は対象外となっています。宿泊施設に連泊することで、沼田市のまちの様子をじっくりと見学できます。沼田市外に居住しており、市の移住相談会に参加した方が対象となります。連泊する前に相談会で気になることを聞いておけば、下見当日もきっとスムーズに調べることができるでしょう。

・沼田市田舎体験ツアー

沼田市では、野菜収穫や収穫した野菜での昼食作りなど、棚田や古民家で田舎を体験できるツアーを開催しています。自然に触れ合えるため、とても人気のイベントです。移住者向け対象ではありませんが、沼田市での田舎暮らしを検討している方にとって、暮らしの雰囲気を掴めるイベントではないでしょうか。田舎体験ツアーの開催は沼田市の自治体ホームぺージにてチェックしてみてくださいね。

みなかみ町

みなかみ町

みなかみ町は、群馬県の最北端に位置しています。みなかみ町の自然は、世界遺産で知られるユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の認定制度のひとつでもあります。
みなかみ町は、利根川上流域に位置する月夜野エリアと、利根川の谷沿いにつながる水上エリア、農村風景が広がる新治エリアの3つにわかれています。水上温泉郷や、猿ヶ京温泉といった温泉が多数あるのも特徴的です。
四季ごとに異なるアクティビティ体験ができるため、アウトドア好きの方に適した移住先といえます。そんなみなかみ町が実施する移住支援をご紹介します。

・空き家バンク

みなかみ町内の空き家を移住者に紹介するシステムです。「土地・建物を買いたいor借りたい」「売りたいor貸したい」方がマッチングして、取引が開始されます。「みなかみ町 空き家バンク」と検索すると、写真とともにたくさんの物件がチェックできます。思いがけないすてきな出会いがあるかもしれませんよ。ぜひ思い立ったときに検索してみてくださいね。

・空き家等活用促進事業

空き家バンクに登録された物件を賃貸および購入する際にかかる費用を一部補助する制度です。空き家の月額貸借費用の1/4、購入の場合は、家財道具処分などの費用も含まれます。詳細はみなかみ町の自治体ホームぺージをご確認ください。

・移住・テレワークに係るレンタカー借上料補助金

みなかみ町外に住所があり、移住検討するための視察にレンタカーを使用する際に補助金を支給する制度です。視察のほか、テレワーク目的にレンタカーを使用した場合も対象となります。1回あたり1日3,000円が補助されます。

まとめ

まとめ

群馬県は、ほどよい田舎暮らしができる移住地です。群馬県へ移住する際は、メリット・デメリットの両面をしっかりと理解してから実行にうつしましょう。
群馬県はそれぞれのエリアに魅力があるため、移住地が決められないと迷っている方は、各自治体の移住支援制度に着目してみてくださいね。事前準備をしっかりと行い、実際に訪れるなどして、ぴったりの移住先を見つけてください。