奈良県五條市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

更新日: Dec 28, 2020

奈良県五條市に住みたい!基本情報や移住支援制度などを調査!

奈良県五條市へ引っ越しや転勤、移住を考えている人は必見!五條市の魅力や人口などの基本情報や周辺へのアクセス、移住支援制度を調査しました。五條市に興味を持っている方、移住しようと考えている方は参考にしてください。

奈良県五條市(ごじょうし)ってどんなところ?

地図GoogleMapリンク
人口27,794人(推計人口、2020年11月1日)
自治体HP五條市HP

五條市は奈良県南西部、大阪府と和歌山県に接する位置にあり、和歌山へは電車・車とも約1時間半、大阪へは電車で2時間・車で1時間程度の距離です。

五條市には旧石器時代の遺跡や古墳など各時代の史跡が残り、古事記や日本書紀にも記述が見られる古い歴史をもつ地で、今も歴史を感じる街並みが見られます。紀州街道をはじめとするいくつもの街道と吉野川の水運によって、かつては多くの人が行き来する交通の要でした。

市の中心を通る吉野川は奈良県の気候帯を大きく二分すると言われ、市内の気候は地域によって差があります。北側の盆地は雨が少なく夏冬の気温差が大きい内陸性気候、南側は雨が多く冬には積雪も深くなる山岳性気候に属します。

美しい山々に囲まれ吉野川が流れる情緒にあふれた景観が、かけがえのない魅力を生み出しています。東部は吉野熊野国立公園、北部は金剛生駒紀泉国定公園に指定されており、里山の自然の中で子育てをしたい人にも魅力的な環境といえるでしょう。

奈良県五條市の移住支援、子育て支援制度

奈良県五條市の移住支援、子育て支援制度

五條市では移住支援制度として、移住体験施設や空き家情報バンクが提供されています。移住支援金や不妊治療助成といった、奈良県が実施する制度もあります。

移住体験型住宅

五條市への移住希望者向けに、無料の宿泊施設で現地での生活を試すことができる制度があります。山村にある古民家が移住体験型住宅として貸し出されており、連続した7日以内、9人まで利用できます。基本的な住宅設備・備品、Wi-Fi環境はありますが、食料や消耗品その他必要なものは自分で用意し、地域社会の一員としてのリアルな暮らしを体験できます。

五條市空き家バンク

登録された市内の空き家情報が公開されており、利用者登録することで紹介を受けることができます。五條市の空き家バンクは市の委託を受けたNPO法人が運営しています。このため、交渉・契約のサポートや不動産業者の紹介、賃貸物件の場合サブリース契約での仲介など、自治体では関与できない充実したサポートがあります。

奈良県移住支援金

奈良県が実施する、東京圏から移住して県内で就業・創業する人への支援事業です。転入までの10年間のうち通算5年以上かつ直前に1年以上連続して、東京23区内または東京圏に在住し、東京23区内へ通勤していた人が対象になります。奈良県が支援金の対象としてマッチングサイトに掲載した求人へ就業、または所定の起業支援金の交付決定を受けて、転入後3ヶ月以上1年以内に申請できます。金額は単身世帯60万円・2人以上世帯100万円の範囲内で市町村が定める額になります。

不妊・不育治療助成

五條市では一般不妊治療・不育治療の助成があります。保険診療、および特定不妊治療をのぞく自費診療にかかった費用について、自己負担額の範囲内で7万円を上限として交付されます。また特定不妊治療については奈良県による助成制度を利用できます。初回30万円・2回目以降15万円を限度に、体外受精・顕微授精・男性不妊治療について助成をうけることができます。

奈良県五條市の観光情報

奈良県五條市の観光情報

五條市では、吉野川を中心にふんだんな自然の恵みを満喫できる機会がたくさんあります。また古くからの歴史と文化を色濃く残すスポットも多く、はるか昔に思いをはせながら散策するのも楽しいでしょう。

吉野川

吉野川(和歌山県での名称は紀の川)は、熊野川と並び紀伊半島を代表する清流です。水遊びやバーベキューなど日頃からの遊び場であることはもちろん、季節ごとの行事が行われ、地域の生活に深く根ざしていることが感じられます。

4月初めに晴れ着の女の子たちが手作りの紙雛を流す「雛流し」が行われ、5月末までは寄贈された無数の鯉のぼりが空を泳ぎます。

もっとも賑わうお盆の吉野川祭りでは、大輪の花火と約2万基の灯ろうが辺り一面を彩り、音楽とレーザー光線による豪華なショーが催されます。多くの生き物の生息地となっているきれいな水質も大きな魅力です。

五條市のアウトドアアクティビティ

五條市のアウトドアアクティビティ

清流が流れ山々に囲まれた五條市では、豊かな自然をいかしたアウトドアアクティビティを満喫できます。吉野川では、子連れでも安心して参加できる親子ラフティングツアーから、身ひとつで渓流を下るハードなキャニオニングまで、さまざまなウオータースポーツが実施されています。

他にもロープを使った木登り=ツリークライミングや、周辺の山々で雪山・雪原を歩くスノーシューイングなどが楽しめます。もちろんハイキングやマラソン・ウォーキングなど気軽な運動をする環境にも事欠きません。

大塔コスミックパーク「星のくに」

大塔コスミックパーク「星のくに」

宿泊施設を中心に温泉・レストラン・バーベキューハウスなどを備えた総合施設が、大自然に囲まれた山間にあります。メインはその名称が表すとおり、奈良県唯一の天文学習環境です。

2つの天文台や施設内にいくつもある天体望遠鏡から銀河の姿を眺め、天体観測会やプラネタリウムで星空の勉強ができます。望遠鏡つきのコテージもあり、星空を感じながら夜を過ごすのはかけがえのない思い出になりそうですね。子供には専用ソリで芝すべりを楽しめる「ちびっこゲレンデ」も人気です。

五條市の歴史・文化

五條市の歴史・文化

五條市には歴史をしのばせる史跡や寺社が数多く残ります。中でも719年に藤原武智麻呂が創建したとされる栄山寺は、国宝の梵鐘と八角堂のほか、如来像や装飾画などいくつもの文化財があるお寺です。貴重な文化財を手が届くほど間近に見られ、写仏体験や寺子屋として絵画教室が開催されるなど、非常にオープンなあり方は大きな特徴といえるでしょう。

また、江戸参勤にも使われたとされる旧紀州街道は町並みに今でも江戸時代の景観が残り、漆喰塗りに格子壁の家々が立ち並ぶ新町通りは散策にぴったりです。

そのシンボルとして古い民家を改築して作られたまちなみ伝承館は、歴史・文化を学ぶほか、集会や作品展示にも利用されます。さらに、五條市には明治維新の先駆けとされる天誅組(天忠組)が本陣をおいた歴史があります。ゆかりのスポットも多く、歴史ファンには見応えがあることでしょう。

まとめ

五條市では、美しい山河の自然と、古くから多くの人が行き交ってきた歴史が、現在の暮らしにおいてもなお多くの豊かさをもたらしています。

移住体験施設や空き家バンクといった移住後の生活に直結するサポートもあります。悠久の時を感じ、アウトドアや星空を満喫できる五條市での生活を、検討してみてはいかがでしょうか。